カップ麺

チキンラーメン 鶏白湯 食べてみました!チキンの濃厚な旨みが楽しめる上質な一杯!

チキンラーメン 鶏白湯 食べてみました!チキンの濃厚な旨みが楽しめる上質な一杯!

2018年12月3日に日清食品から発売された「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」を食べてみました。

この商品は、お馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、チキンラーメンならではの香ばしい風味はそのままに、冬限定で楽しめるとろ〜りとした濃厚さが表現された“チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯”となっております。(税抜き205円)

この金の箔押しが非常に印象強いパッケージは、店頭で陳列されていても目立っているため、お馴染みチキンラーメンということもあって気になっている方も多いのではないでしょうか?

ちなみにこの商品、昨年も発売されていたもので、改めて再発売として登場していることから、もしかしたら毎年恒例の商品になるかもしれませんね!

しかも味わいはチキンラーメンと鶏白湯ですからね!この組み合わせは合わないわけがなく、単調になりがちなチキンラーメンのすっきりとした味わいに濃厚さが加わったということで、贅沢にも感じられる味わいがじっくりと楽しめるこの季節ならではの一杯のようです!

そして、こちらには“とろ〜り濃厚”と記載されていることからも、お馴染みのチキンラーメンのスープが鶏白湯スープ仕様となったことで、厚みのある旨みが食べ応えのある味わいとなっていることが伝わってきますね!

一方、こちらには“鶏の旨みが溶け込んだローストしょうゆが香る濃厚鶏白湯だよ”と、今回の一杯の特徴をチキンラーメンのキャラクターである“ひよこちゃん”が的確に教えてくれてますね!

このことからも今回の一杯は、香ばしいチキンラーメンならではの風味が踏襲され、そこに濃厚とも言える鶏の旨みが凝縮された仕上がりのようで、この金泊パッケージに劣らず上質な味わいが楽しめる一杯のようです!

他にも特徴としては、具材としてフライドオニオンが使用され、これによってロースト感のある香ばしい風味を旨みからも際立たせ、さらにはふっくらとした蒸し鶏を使用したことで、濃厚な鶏白湯スープを存分に堪能できる一杯ということで、この仕上がりには期待したいところ!

実際に食べてみて…

鶏の旨味が凝縮された濃厚な鶏白湯スープは、厚みのあるとろ〜りとした仕上がりではありましたが、決して飽きの来るようなまったりとした味わいではなく、ほどよくコクが感じられることで、飲み心地もすっきりとした印象で、いつものチキンラーメンとは打って変わって上質な一杯となっていました!
これは特に、チキンラーメン好きには見逃せない極上な一杯をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの冬限定で楽しめるとろ〜り濃厚な仕上がりとなった「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯について

今回ご紹介するカップ麺は、2018年8月25日で発売60周年を迎えたお馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、昨年も発売されていて好評だったという濃厚な鶏白湯が美味しくマッチした一杯が今年も登場となった“チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“冬限定”と記載されているように、この時期限定で楽しむことができる“とろ〜り”とした厚みのある極上とも言えるチキンラーメンのようで、“ひよこちゃん”までもとろけちゃってますね。。

とは言え、実際にはそこまでトロトロな仕上がりではないんですが…コク深く旨味が凝縮された厚みのあるスープには、まさにとろけちゃうような味わいが表現されているものと思われます!

ではでは、この辺りの濃厚鶏白湯スープの仕上がりなんかもじっくりとチェックしていきましょう!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り488kcal(めん・かやく386kcal / スープ102kcal)となっております。(塩分は6.1g)

さすが“とろ〜り濃厚”と言うだけあって、カロリーはやや高めな数値のようで、その内訳を見てみても、やはりスープに占める数値も高めとなっています!また、塩分は若干高めではありますが、平均的な範囲といったところではないでしょうか?

ちなみに1食102g、麺の量は80gのビッグサイズとなっています!

原材料・栄養成分表示について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やチキン調味料をはじめ…

  • でん粉
  • クリーミングパウダー
  • 乳化油脂
  • 香辛料

といった、チキンエキスや香辛料で味付けされたチキンラーメンならではの麺の他に、濃厚な鶏の旨味が凝縮されたことで、まさしく“とろ〜り濃厚”な鶏白湯スープがコク深く仕上がった味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、しょうゆ、食塩、チキンエキス、香辛料、糖類、たん白加水分解物、卵粉、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、スープ(豚脂、チキン調味料、小麦粉、糖類、でん粉、クリーミングパウダー、乳化油脂、香辛料)、かやく(味付鶏肉、卵、フライドオニオン、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、香料、かんすい、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、シリコーン、ビタミンB2、ビタミンB1、カラメル色素、カロチノイド色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (102g) 当たり]
熱量488kcal
めん・かやく: 386kcal
スープ: 102kcal
たんぱく質10.7g
脂質22.6g
炭水化物60.4g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 4.0g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム143mg

引用元:チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粒子の粗い粉末スープなどがすでに入っていて、鶏白湯の旨味を濃厚に引き立てるかのように量もやや多めにも感じられますね!
ちなみに別添されている調味料などは一切入っていません。

また、具材として入っている蒸し鶏なんかも、この時点ですでに大きくカットされていることが確認できるように、鶏白湯スープを上質なものにする良い脇役が揃っているようです!

ということで、蒸し鶏の他には…

  • フライドオニオン
  • ねぎ

が入っています。

そして、そのふんだんに使用された粉末スープと具材の下には、チキンラーメンお馴染みのやや柔らかめ・なめらかな麺が採用され、味付けもされていることから、食べ進めていくうちに旨味が滲み出し、濃厚なスープがさらに深みを増して感じられることと思われます!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

それぞれの具材がふっくらと仕上がり、さらにとろ〜り濃厚な仕上がりということもあって、粉末スープはまだ溶けきっていないようで、すでにかなり濃厚な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープが全体に馴染むと、思っていたほどトロトロな仕上がりではないものの…濃厚というだけあって、非常にコク深いスープを思わせる厚みのあるものとなっています!

また、透明度の低いこの旨味が凝縮された“とろ〜り濃厚”な仕上がりからは、まさにチキンラーメンとは思えないような上質な旨味が表現され、コク深くも鶏の美味しさを濃厚に楽しむことができる一杯のようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…まろやかにも感じられる鶏の旨味が濃厚な仕上がりとなって鶏白湯スープに美味しくマッチしていますね!

それも、チキンラーメンならではの香ばしいロースト醤油の風味に加え、鶏の旨味が詰まったコク深くも味わい深い口当たりによって、旨味だけでなく風味からも濃厚さを楽しむことができます!

そのため、とろ〜り濃厚な仕上がりというよりも、コク深い濃厚さに際立った一杯といった印象の飲み心地抜群なスープと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、チキンラーメンお馴染みのやや柔らかめな食感に仕上がり、若干調理時間を短めにするくらいがちょうど良くも感じられるつるっとなめらかな麺となっています!

その麺からもしっかりと旨味が滲み出してくると思われるため、よーくスープと混ぜていただくと、より濃厚さに旨味が増して楽しむことができるかと思われます!

そして、この麺には今回、旨味が詰まった濃厚な鶏白湯スープがよく絡み、一口ずつにほんのり“とろみ”が付いた濃厚なチキンの味わいが口に広がっていき、さらにロースト醤油の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの蒸し鶏が入っていて、見るからにサイズも大きく、しっかりとした噛み応えが表現された濃厚な鶏白湯スープにもぴったりな具材となっています!

その味わいはというと…噛むと鶏肉ならではのさっぱりとした旨味が滲み出し、淡白な味わいではありますが、その分スープが濃厚な仕上がりとなっているため、このスープと絡めて食べてみることで旨味も増して感じられ、相性の良さをうかがい知ることができます!

また、こちらの卵は非常にふっくら優しい食感に仕上がり、味付け自体は感じられなかったものの、とろ〜り濃厚な今回のチキンラーメンに見た目からも華やかな彩りをプラスしているようです!

さらに、こちらのフライドオニオンは、かなり小ぶりな具材ではありますが、オニオンならではの味わいがしっかりと確認できる仕上がりで、素材本来の甘みなんかも今回の濃厚な鶏白湯スープを美味しく引き立てているようにも感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り“とろ〜り”とした濃厚さではあるんですが、それよりも鶏の旨味が凝縮されたことで、コク深く旨味が濃いといった印象の仕上がりとなっています!

鶏の旨味を濃厚に表現した一杯…と聞くとドロドロ系スープを想像してしまうわけなんですが、そういった仕上がりではなく、厚みのあるスープに旨味が凝縮されたことでほんのりと“とろみ”が付いているようにも感じられるのではないでしょうか?

そのため、決して“くどさ”のような飽きる味では全くなく、思っていた以上に飲み心地すっきりとした鶏の旨味を楽しむことができますね!

この飲み心地すっきりとしたチキンラーメンならではの後味の良さは、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

鶏白湯らしい旨味が濃厚に楽しめ、風味豊かに厚みのあるスープが楽しめる一杯はまさにこの冬にもぴったりな仕上がりと言えるでしょう。

まとめ

今回「チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯」を食べてみて、お馴染みのチキンラーメンの味わいをとろ〜りコク深く濃厚な鶏白湯スープに表現し、厚みのあるスープからはたっぷりと鶏の旨味を楽しめる上質とも言える一杯に仕上がっていました!

やはりチキンラーメンということで、鶏白湯といったテイストは合わないわけもなく、非常に濃厚な旨味がロースト醤油の香ばしい風味とともに美味しくマッチしたことで、満足度も高く感じられるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です