【ペヤングの新商品】からしMAXやきそば 食べてみました!
カップ麺

チキンラーメンどんぶり たまフェス 食べてみました!発売60周年を記念する賑やかな“たまご”尽くしのチキンラーメン!

チキンラーメンどんぶり たまフェス 食べてみました!発売60周年を記念する賑やかな“たまご”尽くしのチキンラーメン!

2018年8月13日に日清食品から発売の「チキンラーメンどんぶり たまフェス」を食べてみました。

この商品は、今年で発売60周年を迎えるお馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、今回はチキンラーメンと相性抜群な“たまご”に際だった一杯“たまフェス”となっております!

また、発売60周年大感謝フェスティバルの幕開け!ということで、先日ご紹介した“チキン”に際だったチキン尽くしの“チキフェス”も同時発売となっています!

ご覧の通り、パッケージには“卵黄ソースと賑やかたまごのフェスティバル!”と記載されているように、今回のチキンラーメンには、味付たまごとかきたまに加え、卵黄ソースによるたまご尽くしな一杯となっているようですね!

実際に食べてみましたが、たまごの具材が多く入ったことで、まさにたまご尽くしとなった一杯には、卵黄ソースによるまろやかなコクがプラスされ、香ばしいキレのあるチキンスープがたまごとの相性抜群な味わいとなって、いつものチキンラーメンとはまたひと味違った美味しさが楽しめる一杯に仕上がっていました!

では、今回はこの「チキンラーメンどんぶり たまフェス」についてレビューしてみたいと思います。

チキンラーメンどんぶり たまフェスについて

今回ご紹介するカップ麺は、今年で発売60周年を迎えるお馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、今回はチキンラーメンと相性抜群な“たまご”尽くしとなった“たまフェス”となっています。

冒頭でもお伝えした通り、今回の一杯は以下の3つの“たまご”によって賑やかなたまご尽くしな仕上がりとなっているようです!

  • 味付たまご
  • かきたま
  • 特製卵黄ソース

すっきりとしたチキンラーメンにこの“たまご”のコクが加わることによって、“チキフェス”とはまた対照的とも言える味わいを想像させますね!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り412kcalとなっております。(塩分は5.5g)

カロリー・塩分ともにやや低めにも感じられる数値となっているようです。
ちなみに1食90g、麺の量は80gとなっています。

では原材料も見てみます。

スープには、しょうゆやチキンエキスをはじめ…

  • 香辛料
  • 卵粉
  • 香味調味料
  • オニオンパウダー

といった、鶏ガラを利かせた醤油ベースのお馴染みチキンラーメンのすっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付けされた麺とともに具材がすでに入っていて、特製卵黄ソースと記載された調味料がひとつ入っています。

そして、具材には…

  • 味付卵(2種)
  • ねぎ
  • 赤ピーマン

が入っています。

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

2種類の味付卵がふっくらと仕上がっているものの…量がそこまで多くないように感じられるため、“たまフェス”といった賑やかさに欠ける…といった出来上がりです。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、最後に別添されていた特製卵黄ソースをかけて完成です!
(※卵黄ソースはフタの上で温めてはいけません。)

ご覧のように、具材をまとめると“たまご”尽くしになった感じは出てきますね!

個人的にはもう少し具材の量が欲しかったところではありますが、“たまご”に際だったことで、“たまフェス”といった発売60周年を記念する一杯にふさわしい仕上がりとなっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…チキンラーメンの安定した美味しさである鶏ガラの旨味を利かせたすっきりとした味わいはそのままに、卵黄ソースを少しずつ溶かしながら食べ進めていくと…卵黄特有のまろやかなコクがプラスされ、ほんのりと奥行きのある上質なチキンラーメンへと変化します!

さらに相性ぴったりな2種類の味付卵も加わったことによって、まさにたまご尽くしとなった一杯は、味わい深くも卵のふっくらとした食感とともに“たまご”を存分に楽しむことができるチキンラーメンとなっています!

麺について

麺は、味付けされたチキンラーメンお馴染みのやや柔らかめな麺となっていて、なめらかであり、すすり心地も非常に良く、鶏ガラの旨味が利いたスープがよく絡むことで、一口ずつに香ばしい旨味が美味しく口に広がっていきます!

また、卵黄ソースを絡めて食べてみると、卵黄のまろやかな口当たりがプラスされ、非常にコク深い味わいへ変化し、より一層美味しさが増して感じられます!

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらの味付卵が入っているんですが、こちらはふっくらと仕上がり、卵黄ソースのコクを引き立てるかのように柔らかい食感が“たまご”尽くしの一杯を美味しく感じさせています!

ただ、先ほどもお伝えした通り、こちらは量も多めではあるものの…“賑やかフェスティバル”とまでは感じられないかもしれません。。

また、こちらの“かきたま”も仕上がりはふっくらとした舌触りとなっていて、たまご尽くしとなった今回の一杯を美味しく引き立てています!

そして、今回の一杯にもこちらの赤ピーマンが入っていて、こちらは小さくカットされてはいるものの、じっくりと味わってみると…しっかりと苦味といった素材としての味が表現された仕上がりとなっていて、コク深いスープにちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

スープについて

スープは、原材料を見る限りお馴染みのチキンラーメンのスープと同じく、鶏ガラを利かせた醤油ベースの仕上がりが全く飽きの来ない味わいとなっています!

そして、最後に入れた特製卵黄ソースを少しずつ溶かしながら食べ進めていくと卵黄のコクが加わることによって、スープには厚みが増し、何とも味わい深い仕上がりに感じられますね!

せっかくなので今回は、卵黄をさらに追加しちゃいましょう!

すでに卵黄ソースによるコクがプラスされた仕上がりとなっていますが、このチキンラーメンと卵黄の相性がとても良いので、さらに際だった味わいを楽しみたい場合はお好みで追加しても良いかもしれません!

そもそもこの組み合わせは非常に美味しいので…当然すでにやっている方も多いのではないでしょうか?

ん〜、コク深いまろやかさがさらに加わったことで、より鶏ガラの旨味も引き立って感じられます!チキンラーメンと卵黄の組み合わせは良いですね!美味いっ!

まとめ

今回は「チキンラーメンどんぶり たまフェス」を食べてみましたが、味付卵とかきかま、そして卵黄ソースが加わったことで、まさに“たまご”尽くしとなった一杯は、いつものチキンラーメンをコク深く感じさせ、鶏ガラ醤油と卵黄の組み合わせが非常に美味しくマッチした仕上がりとなっていました!

先日ご紹介した“チキフェス”はチキン尽くしとなった一杯でしたが、卵黄もまた相性良く仕上がっていたため、どちらにしてもチキンラーメンには卵黄のトッピングがおすすめでしょう!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です