カップ麺

チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味!“甘旨い”牛脂を利かせた風味豊かな一杯

チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味

チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味」を食べてみました。(2019年8月12日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、今回は1958年の発売以来2019年8月25日で61周年を迎えるのバースデーを祝う新たなキャラクター“うしこちゃん”との友情によって作り上げられた一杯が登場です!

それも…馴染み深い醤油ベースの鶏ガラスープの香ばしい味わいに甘みのあるビーフの旨味である“牛脂”を加え、期間限定で楽しむことができる風味豊かなフレーバーが表現された“チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、どんぶり型となる今回のパッケージには“チキンラーメン”ならではのロゴに“ひよこちゃんフレンズ”である“うしこちゃん”との協力によって今回の一杯が表現されているようで、ビーフの旨味をイメージさせる“チキぎゅー”といった商品名が大きく記載され、その下には“鶏ガラペッパービーフ味”と記載されているように、今回の特徴が端的に伝わってきますね!

ただ、牛の旨味って若干クセがありますから…この辺がどのように馴染み深い醤油ベースの鶏ガラスープとマッチしているのか?非常に気になるところではないでしょうか?

チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味 パッケージ

一方、こちらにはたっぷりと使用された“かきたま”などが添えられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具財には…味付牛ミンチ・卵・ねぎが使用されているようです!

そしてその特徴としては…“チキンラーメン”発売61周年となるバースデーを祝う新キャラクター“うしこちゃん”・“ぶたこちゃん”が「協力して作り上げた友情の一杯」をコンセプトとして、お馴染み“チキン”の旨味に“ポーク”・“ビーフ”それぞれの旨味を加えた2品が登場ということで、今回は“うしこちゃん”との友情の一杯、甘旨い“牛脂”を加え、いつもの“チキンラーメン”とはひと味違った風味豊かな一杯が表現されているようですね!

また、こちらには“甘旨〜い牛脂とけこむチキンラーメン!”と記載されているように、ビーフの旨味はちょっとクセが強いせいか…今回“うしこちゃん”との協力によって使用されている材料は“牛脂”のようで、恐らくそこまでビーフの旨味は際立っていることもなく、あくまでベースはチキンの旨味を前面に押し出した“チキンラーメン”独特の旨味が楽しめ、そこに風味として甘みのあるビーフの香り立つ仕上がりを想像させます!

他にも特徴として…今回の一杯にはブラックペッパーが別添されていて、この香辛料を加えることによって甘みのあるビーフを利かせたスープに締まりがプラスされ、風味豊かな一杯をさらに食欲そそる香りへと引き立て、それによって“チキンラーメン”らしい鶏ガラの旨味とビーフの甘みのある風味がうまくマッチし、最後まで飽きることなく“チキン”と“ビーフ”を融合させた味わいを楽しむことができるわけです!

実際に食べてみて…

やはり牛脂によるビーフの旨味はクセが強いせいか…若干控えめにも感じられ、それによって“チキンラーメン”らしい鶏ガラの後味すっきりとした旨味がベースとなり、そこに牛脂の甘みがほんのりと旨味と香りに感じられ、コク深い味わいを表現し、キレのある“チキンラーメン”ならではの味わいにほどよい厚みが加えられた風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“チキンラーメン”の味わいにビーフの旨味“牛脂”を加えたことで、ひと味違った旨味・風味を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの超ロングセラー商品“チキンラーメン”発売61周年のバースデーを記念して“ひよこちゃん”フレンズである“うしこちゃん”との協力によって登場した甘みのあるビーフの旨味・風味が加わった一杯、「チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“チキンラーメン”の新商品ということで、2019年8月で61回目の誕生日をお祝いするために「チキンラーメンフェスwithひよこちゃんフレンズ」と題し、新登場となった“うしこちゃん”との協力によって作り上げられたビーフの旨味を加えた風味豊かな一杯、“チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味”となっています。

ちなみに、今回は“こぶたちゃん”との協力によってタテ型の“チキンラーメン チキとん 鶏ガラペッパー豚骨味”も同時発売となっていて、そちらのパッケージには“今年だけの限定登場”と記載されていたため、“ひよこちゃんフレンズ”である“うしこちゃん”と“ぶたこちゃん”は今回限りの登場と思われます!(他にも“チキンラーメン”ならぬ“ビーフラーメン”や“ボークラーメン”といった袋ラーメンが2019年8月19日に発売するそうです!)

また、以前の記事でもお伝えした通り、2018年はちょうど発売から60周年記念ということで、“チキンラーメンどんぶり たまフェス(2018年8月13日発売)”や“チキンラーメンビッグカップ チキフェス(2018年8月13日発売)”など…実に様々な記念商品が発売されていましたが、今回のように61周年をお祝いするために〜といった商品が登場すると毎年何らかの周年記念商品が登場するのでは??と勘ぐってしまいます。。

特に“チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯”は、60周年を記念する前の年からすでに記念商品として登場し(2017年11月20日発売)、大変好評だったようで2018年12月3日にも再発売されていましたね!その際ももちろん“60周年”といったロゴが記載されていたので、かなり大規模な記念商品かと思っていましたが…61周年をお祝いするとなるとちょっと微妙な感じはしますね。。

それでは、今回の“チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味”がどれほど旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?お馴染み“チキン”の旨味と牛脂による“ビーフ”の旨味・風味との兼ね合い、そして醤油ベースのチキンスープで味付けした麺から染み出す旨味とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り415kcal(めん・かやく362kcal / スープ53kcal)となっております。(塩分は5.5g)

カロリーは、若干低めにも感じられますが、塩分の方は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり88g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは53kcalと決して高くはありませんが、通常の“チキンラーメン”と比べて若干厚みのあるコク深い仕上がりを想像させます!
※通常の“チキンラーメン”は、386kcal(めん・かやく:363kcal / スープ:23kcal)

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“チキンラーメン”らしく油揚げ麺に味付けされていて、“しょうゆ”やチキンエキスをはじめ…

  • 香辛料
  • 香味調味料
  • オニオンパウダー

といった、お馴染み香ばしい醤油ベースの鶏ガラスープをイメージさせ、さらにビーフオイルとして牛脂、スパイスとして黒胡椒が加わったことで、馴染み深い味わいに風味豊かなビーフの旨味・風味がキリッとしたブラックペッパーとともにひと味違った仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4902105255506
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、しょうゆ、食塩、チキンエキス、糖類、香辛料、たん白加水分解物、卵粉、デキストリン、香味調味料、オニオンパウダー)、かやく(味付牛ミンチ、卵、ねぎ)、オイル(牛脂)、スパイス(黒胡椒)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、増粘剤(キサンタンガム)、香料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、くん液、ビタミンB1、カロチノイド色素、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (88g) 当たり]
熱量415kcal
めん・かやく: 362kcal
スープ: 53kcal
たんぱく質9.6g
脂質18.4g
炭水化物52.7g
食塩相当量5.5g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 3.3g
ビタミンB10.28mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム132mg

引用元:チキンラーメンどんぶり チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り特製ビーフオイル、ブラックペッパーといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、やはり牛の旨味はクセがあるせいか…若干オイル自体の量が少なめとなっているようですね!(オイルということもあって念のため調理中にはフタの上で温めておくと良いでしょう!)

そして、具材には…

  • 味付牛ミンチ
  • ねぎ

が入っています。

ご覧の通り、具材には牛の旨味を引き立てる“牛ミンチ”が味付けを施された状態で使用されているようで、今回はオイルだけでなく、この具材からもビーフの旨味が滲み出し、風味豊かなコク深い仕上がりを引き立てているようですね!

また、麺はご覧の通り“チキンラーメン”お馴染み醤油ベースの鶏ガラスープで味付けされた香ばしい麺が採用されていることが伝わって来る色の濃い仕様となっています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

まだビーフオイルを入れる前ということもあって、先ほどまでの麺からちょうど良く香ばしい鶏ガラの旨味が利いたチキンの旨味が滲み出し、この時点ではまだまだ馴染み深い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製ビーフオイル”を注いでいきます!
すると…ご覧の通り透明なさらっとした状態のオイルとなっていて、量自体が非常に少ないため、やはり牛の旨味はクセが強いのでしょうか?若干甘めの風味が一気に広がっていきます!

そして、ご覧の通りこのビーフオイルはスープ表面に油分としても浮かぶことはなく、しっかりとスープに旨味として溶け込んでいるようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが馴染んだら…最後に先ほどの“ブラックペッパー”を加えて完成です!

こうして完成となるわけですが、やはり通常の“チキンラーメン”にビーフの旨味やブラックペッパーを加えたアレンジレシピといった一杯は、ビーフ特有の甘みのある風味からもひと味違った仕上がりであることが伝わってきますね!

まさに馴染み深いチキンの香ばしい旨味、そして具材からもビーフの旨味が染み出し、牛脂による甘みなどがうまくマッチした味わいに締まりをプラスする香辛料であるブラックペッパーが添えられたことによってメリハリ効いた一杯であることが予想されます!

食べてみた感想

一口食べてみると…ビーフの旨味・風味はかなり控えめな仕上がりとなっていて、やはりベースとなる味わいは“チキンラーメン”お馴染みの香ばしさを伴う鶏ガラの旨味となっているんですが、ここにビーフオイルが加わることで若干スープに厚みのあるコクが増し、さらにビーフらしい甘みが風味として香ばしさをより引き立てています!

…というか牛の旨味ってやっぱり意外とクセありますね!甘みのある旨味が特徴的な牛脂とは言え少量のビーフオイルでもビーフの旨味がチキンスープに利いていることがしっかりと伝わってきます!そのため、このオイル程度の量がバランス良いと思われ、後は具材に使用された味付け牛ミンチから滲み出す旨味によってうまく味が整えられているのでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りお馴染み味付けされた“チキンラーメン”のやや柔らかめ・幅広な麺となっていて、つるみ・すすり心地は良いものの…個人的には調理時間を調整して少しでも麺を硬めで楽しみたいところではあります!(その際は味付けされた麺からしっかりと味を滲み出すためによーく混ぜていきましょう!)

そんな麺には、馴染み深い鶏ガラの旨味が利いた香ばしい醤油ベースのチキンスープに“甘旨い”と表現された牛脂の旨味が溶け込んだ風味豊かなスープがよく絡み、一口ずつにブラックペッパーによってメリハリ効いた味わいが口いっぱいに広がっていき、牛脂の甘みを感じる風味が後味良く抜けていきます!

また、ご覧のようにブラックペッパーを少し多めに付けてみても良いですね!ちょうど良いアクセントとなる辛みなどの香辛料がチキンスープに加わったことで、キリッとした味の締まりを感じさせます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付け牛ミンチが入っていて、こちらはクセのある牛の脂っこさといった感じは一切なく、じっくりと噛んで味わってみると…肉本来の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい具材となっています!

そのため、今回“チキぎゅー”の味わいを最大限に引き出すためにも食べはじめはスープ底に沈めておき、チキンスープにしっかりと牛の旨味を滲み出してもらいましょう!

また、こちらの“かきたま”をイメージさせる卵は味付け自体感じられなかったものの、この見た目通りの食感が優しく柔らかな仕上がりとなり、今回の一杯に華やかさといった意味での彩りをプラスしているようです!

さらに、こちらの“ねぎ”はサイズもやや大きめにカットされていて、シャキシャキとした食感はもちろん、ちょうど良い薬味にもなったことで、甘みのある牛の旨味をブラックペッパーとともに後味さっぱりと感じさせる相性の良い具材となっています!

スープについて

スープは、基本はお馴染み“チキンラーメン”らしい鶏ガラの旨味が利いた醤油スープとなっているんですが、今回ビーフオイルを加えることによって“甘旨い”牛脂の旨味がコク・風味を引き立て、いつもとはひと味違った深みのある味わいに仕上がっています!

ただ、先ほどもお伝えした通りこのビーフオイルは使用されている量自体そこまで多いわけではないため、牛の旨味ならではの脂っこさや“くどさ”といった感じは一切なく、具材として使用された味付け牛ミンチとともにほどよい牛の旨味を利かせたことで、“チキぎゅー”といった商品名通りチキンとビーフ(牛)によってバランスの良い味わい・フレーバーとなっているようですね!

ちなみに、今回の一杯は牛脂の旨味にブラックペッパーを加えたことによるテイストとなっているため、よくよく考えてみると…“チキンラーメン”のアレンジレシピとして牛脂と黒胡椒があれば再現できるのでは??と思ってしまいましたが。。そこはベースとなる“チキンラーメン”がシンプルな味わいだからこそのアレンジかと思われますので、今後の商品展開としても様々なフレーバーの登場に期待できそうです!!

このように、今回の“チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味”は、ベースとなるお馴染み醤油ベースの鶏ガラスープの味わいを活かしつつ、“甘旨い”牛脂の旨味を具材の味付け牛ミンチとともに加えることによって、甘みのあるコクと風味が香ばしいチキンスープに表現され、ブラックペッパーによる味の締まりが後味の良さを引き立てていたため、お好みによっては香辛料をさらに追加してメリハリ感を増して楽しんでみても良いかもしれません!

まとめ

今回「チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味」を食べてみて、商品名通りのチキンと牛がバランス良くマッチし、“甘旨い”牛脂の旨味がスープに溶け込んだことで、ほどほどに風味に甘さが感じられ、牛の脂っこいクセが“くどさ”を感じさせることもなく、さらにブラックペッパーによって後味の良さを引き立てたシンプルながらもやみつきになる一杯となっていました!

このように、お馴染みチキンラーメンに牛の旨味を合わせた一杯は、単調気味の香ばしいチキンラーメンにちょうど良いコクと旨味、そして何と言っても甘みのある風味が加わったことで、いつもとはひと味違った美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!