カップヌードル

カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ!特製バター風味オイルで仕上げるコク深い一杯

カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」を食べてみました。(2024年4月22日発売・日清食品

この商品は、ポークと“あさり”の旨味を凝縮したお馴染み“シーフードヌードル”にバターとコーンをちょい足しするネットで人気のアレンジレシピを再現したもので、別添されている“特製バター風味オイル”を加えることによってバター風味が際立ち、“シーフードヌードル”とはひと味違う間違いない美味しさが堪能できるビッグサイズの一杯、“カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ”となっております。(値段:税別271円)

ご覧の通りパッケージには“シーフードヌードル”のロゴの上に“バターコーン”の文字が記載され、その下には特徴として“バター香るコク旨シーフード”とのことで…そもそも“シーフードヌードル”自体トップクラスの人気を誇るフレーバーなので、ちょい足ししたアレンジレシピが“ビッグサイズ”で楽しめるということもあって間違いない美味しさに期待できそうです!ただ…個人的にシーフードとバターコーンが合うのか?若干不安なところではあります。。

カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ パッケージ

そして、こちらフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…ポークや“あさり”の旨味を活かしたシーフードヌードルならではの白濁としたスープにバターの風味とコーンの甘みを加えたスープに仕上げ、各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…コーン・乾燥いか・キャベツ・“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様や味付けを若干変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干幅広に切り出したことで食べ応えがあり、さらに醤油や香辛料、香味調味料などで味付けが施された仕様となっていて、“シーフードヌードル”にバターとコーンのちょい足しレシピを再現したスープがよく絡み、最後まで風味豊かな味わいがたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

原材料を見る限りまさに“シーフードヌードル”にバターとコーンをちょい足ししたスープの構成となっているんですが、実際にはシーフードらしさがほぼ感じられずにバターとコーンが全面に押し出された仕上がりとなっていて、具材に使用されたコーンからも甘みが滲み出すことで今回のちょい足しレシピがミスマッチしているようにも感じられ、つるっと滑らかな食感のフライ麺が食欲を満たす食べ応えのある一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年4月22日に日清食品株式会社から発売された「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”シリーズの新商品ということで、定番商品である“シーフードヌードル”にバターとコーンを追加すると美味しいと話題のちょい足しアレンジレシピを再現したもので、ポークと“あさり”の旨味を利かせたコクのあるスープに別添されている“特製バター風味オイル”を加えることによってバターの風味が広がっていき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな間違いない味わいがたっぷりと楽しめる一杯、“カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!(“ビッグ”シリーズは1991年に発売されています。)

また、容器側面には…“バター香るコク旨シーフード”といった特徴が掲載されていて、今回は“シーフードヌードル”のアレンジレシピを商品化したテイストとなっており、そもそもこのフレーバー自体非常に人気の高い味わいなので、ちょい足し程度でひと味違った間違いない美味しさが楽しめるようです!

それでは、今回の“カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ”がどれほど馴染み深い“シーフードヌードル”にバターとコーンのちょい足しによって間違いない味わいとなっているのか?ポークと“あさり”の旨味を利かせた後味の良いスープとの兼ね合いはもちろん、何と言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“カップヌードル”シリーズならではの幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り438kcal(めん・かやく384kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は5.9g)

カロリーは、ビッグサイズながらもベースは後味すっきりとした“シーフードヌードル”ということもあってそこまで高い数値ではなく、塩分も同じくこのボリュームを考慮すると平均的といった数値となっています。
ちなみに1食当たり96g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと54kcalと若干低めな数値で、ポークや“あさり”の旨味を利かせたコクのあるスープにバターとコーンをちょい足ししたひと味違う仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料やチキン調味料をはじめ…

  • 植物油脂
  • 香辛料
  • 粉末しょうゆ
  • 乳等を主要原料とする食品
  • にんじん調味料
  • バターオイル
  • あさり調味料
  • 野菜調味油
  • 食塩
  • 紅しょうが
  • オニオンパウダー
  • 魚醤
  • ポーク調味油

といった、ポークや“あさり”の旨味を利かせたお馴染み“シーフードヌードル”とほぼ同等のスープにバターとコーンを加えたことでちょい足しアレンジレシピが再現され、豊富に使用された彩り豊かなコーンからも甘みが滲み出し、それによって“ビッグ”シリーズらしく食欲をガツンと満たすクセになる味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 関西工場(滋賀県)

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料や香味調味料といった材料が確認でき、今回のスープに合うようしっかりと味付けが施されていることが伝わってきます!

JANコード4902105283110
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料)、スープ(ポーク調味料、チキン調味料、植物油脂、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、乳等を主要原料とする食品、にんじん調味料、バターオイル、たん白加水分解物、あさり調味料、野菜調味油、食塩、紅しょうが、オニオンパウダー、魚醤、ポーク調味油)、かやく(コーン、乾燥いか、キャベツ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、香辛料抽出物、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量438kcal
めん・かやく: 384kcal
スープ: 54kcal
たんぱく質10.4g
脂質17.4g
炭水化物60.0g
食塩相当量5.9g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 3.1g
ビタミンB10.92mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム121mg

引用元:カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、フタの上には“特製バター風味オイル”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、文字通り非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分でしょう。

また、かやくには…

  • コーン
  • 乾燥いか
  • キャベツ
  • ねぎ

が入っています。

さらに、麺はご覧の通り粉末スープで確認できない状態なんですが…実際にはシリーズらしくつるっと滑らかな食感のフライ仕様で、今回は若干幅広に切り出され、お馴染み“シーフードヌードル”にバターとコーンを加えた風味豊かなスープがよく絡むすすり心地抜群な仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい滑らかさやコシが加わり、まだ別添されている“特製バター風味オイル”を加える前の状態ではありますが、ポークや“あさり”の旨味を利かせた“シーフードヌードル”にバターの風味とコーンの甘みを加えることで、いつもとはひと味違った味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製バター風味オイル”を加えていきます!
すると…無色透明なオイルが少量ながらも出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!そして文字通りバターの風味が広がっていき、ちょい足しではなく割と主張は強めです…

では、よーくかき混ぜてみます。
そして全体に馴染むと…“シーフードヌードル”らしくサラッとした仕上がりではあるんですが、ポークや“あさり”などの旨味を利かせたことでほどよいコクがあり、そこにバターコーン特有の甘みのある風味が香り立ち、彩り豊かなコーンからも甘みが滲み出すことでちょっと賛否分かれるような一杯となっているようです!

また、具材の“乾燥いか”からも良い旨味が滲み出しているようで、食べ進めていくに連れて魚介系の旨味も際立っていく…そんなひと味違った味わいが思う存分楽しめるのはもちろん、確かにバターとコーンが加わっていることが風味からも伝わってくるわけですが、実際にはちょっと合わないような気もします…

食べてみた感想

一口食べてみると…原材料を見る限りスープの構成は“シーフードヌードル”にバターとコーンをちょい足しするようなイメージだったんですが、実際味わってみるとベースのスープとバターコーンは合いませんね。。変な甘みと塩気が際立ってしまったことでシーフードの良さが完全に損なわれてしまい、しっかりと混ぜても何度味を確認してもバターコーンが全面に出てしまっているようです!

そのため、今回の新フレーバーはスープの仕上がりがイマイチで、正直“まずい…”と感じられる方も多いのではないでしょうか?完全にちょい足しするだけなら良かったのかもしれませんが、別添されている“特製バター風味オイル”を加える前の状態ですでに“シーフードヌードル”の味ではありませんし、安っぽいバターの味でまろやかさが皆無といったところ!

ん…これはちゃんと試食したのか疑うほどのスープで、“シーフードヌードル”の名前を出さない方が良かったような気もしますし、そもそもシーフード感がまるでありませんので、商品名も“カップヌードル バターコーン味”で良いと思います!しかもビッグサイズなので通常ならこれひとつで食欲もガツンと満たされるんですが、このフレーバーだとちょっと飽きますね!

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしいつるっと滑らかな食感が印象的で、他のフレーバーと比較すると…若干幅広に切り出された仕様となっており、さらにフライ麺ならではの香ばしさが風味の良さを引き立てる食感滑らかな仕上がりで、ボリューム感は抜群です!

そんな麺には…ポークと“あさり”の旨味を利かせた“シーフードヌードル”にバターとコーンをちょい足しすると美味しいといったネットで人気のアレンジレシピを再現した甘みのあるスープがよく絡み、イメージ通りバターコーンの風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“乾燥いか”が使用されていて、やや小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると…魚介系の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、まずはスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど食感滑らかなフライ麺と一緒に絡めていただくと、より一層魚介系の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは、ほどよいサイズでシャキシャキ感はほどほどに、今回の一杯にちょうど良いアクセントや彩りをプラスしているようです!

そしてこちらのコーンは、ちょい足しという割に使用されている数が多く、素材の甘みが滲み出すことで“シーフードヌードル”本来の美味しさを損なっているように感じられるものの、シャキッとした食感や華やかな彩りをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり小さくカットされたことで食感こそ期待できませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで今回のスープを美味しく引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、ポークや“あさり”の旨味を利かせた“シーフードヌードル”にバターの風味とコーンの甘みを加えたことで、いつもとはひと味違った味わいとなっているんですが、ちょい足しアレンジレシピとは思えないほどバターとコーンが全面に出ていて、正直“シーフードヌードル”とミスマッチしているようです!…とういか本来のちょい足しなら美味しいのかもしれませんが、この仕上がりはちょっとないですね!

そもそも“シーフードヌードル”らしさがどこにも感じられませんし、変な塩気が際立っていてコクやまろやかさがなく、コーンの甘みが強調されたことによって旨味そのものがすっぽ抜けた印象が強く、先ほどもお伝えした通りイメージとしては“バターコーン味”です!これは久しぶりにシリーズの黒歴史に名を残すフレーバーと言っても過言ではありません!

そのため、容器底に溜まっている粉末スープや香辛料を全体に馴染ませるようにしっかりと混ぜながら食べ進めていくと、少しか旨味が増して楽しむことができ、お好みによっては…といってもここまでバターコーンが強調されてしまっては味の調整も難しいと思いますので、逆にバターをもっと加えてコクやまろやかさを際立たせてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ」を食べてみて、ポークや“あさり”の旨味を利かせたお馴染み“シーフードヌードル”にバターとコーンをちょい足しすると美味しいといったアレンジレシピを実際に再現した一杯には…“シーフードヌードル”のスープに別添されている“特製バター風味オイル”を加えることによってバター風味が引き立ち、コーンの甘みなんかも強調していたせいかベースの美味しさが損なっているようにも感じられ、そこにシリーズらしいつるっと滑らかな食感のフライ麺が食欲をガツンと満たすバターコーンが際立つ一杯となっていました!

というか、今回の“カップヌードル バターコーンシーフード ビッグ”は想像以上に全体のバランスが微妙でした…元々ある“シーフードヌードル”の美味しさをそのままにして、単純にバターとコーンをちょい足しするだけで良かったと思うんですが、なぜかバターコーンが際立ったことによってベースの美味しさが完全に損なわれ、イメージとは全く異なる仕上がりでしたので、かなり賛否分かれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です