カップヌードル

カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味!人気の韓国グルメが楽しめる甘辛な一杯

カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味

カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味」を食べてみました。(2022年4月11日発売・日清食品)

この商品は、様々な分野で注目を集める“韓国”にスポットを当て、“韓国グルメ”の中でも人気の高い“チーズタッカルビ”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジしたもので、鶏と味噌をベースにチーズのコクとコチュジャンの旨味をバランス良く合わせたことによって甘辛くも後引く辛さがクセになる刺激的な一杯が登場です!

それも…上記の通り本来麺類でもない“チーズタッカルビ”ならではの濃厚な味わいを“カップヌードル”流にアレンジし、鶏や野菜をコチュジャンなど甘辛いタレで炒めたかのような味わいを臨場感高く再現、甘辛くコク深い韓国グルメがたっぷりと楽しめる一杯、“カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通りパッケージには2020年9月より“カップヌードル エスニック”シリーズから順次リニューアルされた“世界のおいしいを、お届け!”がコンセプトの“世界のカップヌードル”といったシリーズ名が記載され、その下には“韓国の鉄板料理”、“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”とのことで鶏や味噌をベースにチーズやコチュジャンを合わせたコク深く濃厚なテイストに仕立て上げ、そこにシリーズらしいつるっと滑らかな食感の幅広な麺が絶妙にマッチした味わいが最後までたっぷりと楽しめるテイストのようですね!

カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味 パッケージ

一方こちらには“甘辛〜い刺激!”と記載されているように、今回の新フレーバー“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”は…まさにまろやかなチーズのコク×コチュジャンの旨味による甘辛な美味しさがポイントのようで、“カップヌードル”シリーズで“チーズタッカルビ”をアレンジしたテイストは個人的に知る限りこれまでありませんでしたが…鶏と味噌をベースにチーズ×コチュジャンの組み合わせに関しては恐らく間違いない味わいがたっぷりと楽しむことができ、特にとろけるチーズのまろやかなコクにはかなり期待できそうです!

また、こちら容器側面には…鶏や味噌をベースにチーズのコクとコチュジャンの旨味をバランス良く合わせた甘辛く赤みを帯び、さらに具材にたっぷりと使用されたとろけるチーズや味付鶏ミンチからも良い旨味が滲み出す甘辛スープといった仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…チーズ風油脂加工品・味付鶏ミンチ・キャベツが使用されているようで、コク深く濃厚な見た目とは裏腹に意外としっかりとした辛さがちょうど良いアクセントとなっているような気もしますね!

ちなみにこちらには辛さレベルが掲載されており、今回は5段階中「3」ということで、やはりコチュジャンの旨味・コクだけでなく後引く辛さがクセになるほどよい辛さがちょうど良いアクセントとなっているようですね!これによってまろやかなチーズのコクが最後まで飽きることなく楽しむことができ、甘辛くも後味すっきりとしたテイストに仕上がっているものと思われます!

このように今回の“カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”は、鶏や野菜をコチュジャンなど甘辛いタレで炒め、チーズを加えたやみつき感のある韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”の味わいをアレンジ、そこに相性抜群な味付鶏ミンチやキャベツの具材を豊富に使用したコク深くも後味すっきりとした仕上がりで、レギュラーサイズとしての登場ですから、〆に白飯を投入してもぴったりと言えるのではないでしょうか?

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様を若干変更しており、今回は厚みがあり幅の広い仕様となっていて、しなやかでほどよいコシとつるっと滑らかな仕上がりによってコク深くまろやかなチーズタッカルビ味に仕上げた濃厚なスープがよく絡み、最後まで思う存分チーズのコク×コチュジャンの旨味による甘辛い美味しさがたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

上記の通り鶏や味噌をベースにチーズやコチュジャンをバランス良く合わせたことで甘辛くも後引く辛さがクセになる“チーズタッカルビ”ならではの味わいが臨場感高く再現され、濃厚ながらも脂っこさといった感じも一切なく、割とガツンとした味わいにちょうど良い辛みがアクセントとなり、まさに甘辛いスープが最後まで飽きることなく楽しめる“チーズタッカルビ”ならではのまろやかな一杯となっていました!
これは特に、“チーズタッカルビ”のようなコク深く濃厚なテイストが好みの方はもちろん、鶏や味噌をベースに甘辛くもピリッとした辛みが全体をうまく調和した韓国の鉄板料理を“カップヌードル”流にアレンジしたチーズ×コチュジャンといった相性抜群な美味しさをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“カップヌードル”シリーズから登場した韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、鶏や味噌をベースにチーズのコクとコチュジャンの旨味が絶妙にマッチした甘辛くもクセになるスープがレギュラーサイズで楽しめる濃厚な一杯、「カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”シリーズの新商品ということで、韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”を“カップヌードル”流にアレンジ、鶏や味噌をベースにチーズのコクやコチュジャンの旨味をバランス良く合わせたことによってトロッとした甘辛スープに仕立て上げ、チーズ×コチュジャンといった相性抜群な組み合わせによる濃厚な味わいを表現、さらに味付鶏ミンチやキャベツなどまろやかなテイストにぴったりな具材が豊富に使用され、“とろみ”の付いたスープが麺にしっかりと絡むことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな甘辛スープがたっぷりと楽しめるやみつき感抜群な一杯、“カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”となっています。

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!

一方こちら容器側面には…“世界のおいしいを、お届け!”とのことで今回のフレーバーに関する簡単な説明書きが記載されており、これによると…“韓国鉄板料理のチーズタッカルビ。チーズのコクと、コチュジャンの旨みがきいた、甘さと辛さが絶妙なバランスのカップヌードルです!”とのことで、今回の“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”に関しては“タッカルビ”にチーズを組み合わせたことで一気に話題となった“チーズタッカルビ”を再現し、コク深くまろやかなテイストながらも旨味の強い味わいがたっぷりと楽しめそうです!

それでは、今回の“カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”がどれほど鶏や味噌をベースにチーズのコクとコチュジャンの旨味を合わせた濃厚な味わいに仕上がっているのか?まろやかなチーズのコクとピリッとした辛みを伴うコチュジャンの旨味との兼ね合いはもちろん、何と言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“カップヌードル”シリーズならではの幅広な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り396kcal(めん・かやく329kcal / スープ67kcal)となっております。(塩分は5.6g)

カロリーは、鶏や味噌をベースにチーズやコチュジャンを合わせた“とろみ”のある濃厚なテイストの割にレギュラーサイズということもあってやや低めな数値のようですが、一方で塩分はこのサイズを考慮すると若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり84g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと67kcalとやはりトロッと濃厚な“チーズタッカルビ”をアレンジしているだけあってコク深い旨味が凝縮されており、もちろん鶏や味噌をベースにしていることによって“くどさ”といった感じはなく、最後まで飽きの来ないチーズのコクにコチュジャンの辛さと旨味をバランス良く合わせたことで後味の良い甘辛な仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、糖類や豚脂をはじめ…

  • でん粉
  • 香辛料
  • 粉末みそ
  • クリーミングパウダー
  • 食塩
  • コチュジャン
  • プロセスチーズ
  • 粉末しょうゆ
  • チキン調味料

といった、鶏や味噌をベースにチーズのコクとコチュジャンの旨味をバランス良く合わせたことによって“チーズタッカルビ”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、甘辛くも濃厚で後引く辛さがクセになるとろける美味しさがうまく再現され、甘辛いタレで煮込んだ鶏の旨味にチーズがまろやかさをプラスし、そこに相性抜群な各種具材が豊富に使用されたことで最後まで飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105271902
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、糖類、しょうゆ、チキンエキス、ポークエキス、香味調味料、ポーク調味料)、スープ(糖類、豚脂、でん粉、香辛料、粉末みそ、小麦粉、クリーミングパウダー、食塩、コチュジャン、プロセスチーズ、粉末しょうゆ、チキン調味料、酵母エキス)、かやく(チーズ風油脂加工品、味付鶏ミンチ、キャベツ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、乳化剤、炭酸Ca、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、炭酸Mg、香辛料抽出物、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (84g) 当たり]
熱量396kcal
めん・かやく: 329kcal
スープ: 67kcal
たんぱく質9.3g
脂質18.3g
炭水化物48.6g
食塩相当量5.6g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 2.8g
ビタミンB10.19mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム104mg

引用元:カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、特に別添されている調味料などは一切ありません。

また、かやくには…

  • チーズ風油脂加工品
  • 味付鶏ミンチ
  • キャベツ

が入っています。

このように今回の“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”には、チーズタッカルビの美味しさをうまく再現するために相応しい具材を使用したことでコク深くまろやかな味わいに仕立て上げているようで、中でもチーズ風油脂加工品と記載されているプロセスチーズがトロッとしたコクや濃厚感をプラス、それによってやみつき感のあるチーズ×コチュジャンといった相性抜群な美味しさが満足度高く楽しめそうです!

さらに、麺はご覧の通りシリーズらしくつるっと滑らかな食感が印象的なシリーズらしいフライ麺となっており、今回は厚みもあり幅広な仕様で、トロッとしたやみつき感のある“甘辛スープ”もよく絡むすすり心地の良い仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:300ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…しっかりと湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、なんと言っても麺が確認できないほどキャベツや味付鶏ミンチなどが豊富に使用されていて、プロセスチーズもトロッと溶け出す途中で、こちらからもすでに良い旨味が滲み出しているようにも感じられますね!

これはまさに“甘辛スープ”の文字通りトロッとした濃厚感のあるテイストとやみつき感のあるコチュジャンの旨味を利かせたことによる臨場感溢れる仕上がりで、“チーズタッカルビ”好きも納得の一杯といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ほどよくトロッとした仕上がりではあるんですが、決して飽きるようなこってり感ではなく、プロセスチーズがスープに溶け込んだことで厚みのあるまろやかなテイストに際立ち、鶏や味噌をベースにしたことで濃厚ながらも後味すっきりとした旨味がベースとなり、そこにチーズ×コチュジャンを合わせたことによって相性抜群な組み合わせのクセになる一杯となっているようです!

また、具材の中でも特にキャベツと味付鶏ミンチがたっぷりと使用されているようで、他にもプロセスチーズは完全にスープへと溶け込み、食べ進めていくに連れて“チーズタッカルビ”特有の旨味が際立っていく…そんな満足度の高い甘辛な味わいが思う存分楽しめそうです!…というか以前ご紹介した“カップヌードル ガーリックチーズフォンデュ味(2022年1月17日発売)”のようにチーズをうまく活かした濃厚なテイストはこれからも増えそうな気がしますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏と味噌をベースにしているだけあってコクもあって濃厚なんですが…決して脂っこさといった感じは一切なく、物足りなさを感じさせない深みのある旨味にチーズのコクとコチュジャンの旨味をバランス良く合わせたことによって韓国グルメで人気の“チーズタッカルビ”をイメージする甘辛いテイストがうまく融合し、コク深くもピリッとした辛みがクセになりますね!想像以上にバランスも良くて美味しいです!

まずベースとなる鶏と味噌がしっかりとスープの美味しさを下支えし、その上にチーズのコクまろやかさを引き立て、さらにコチュジャンを合わせたことによって濃厚感とピリッとした辛みをプラス、まさに甘辛いタレでじっくりと煮込んだかのような旨味の強い味わいが気軽に楽しむことができ、ついつい箸が止まらなくなりますね。。

しかもトロッとしたスープですので麺との絡みも非常に良く、“チーズタッカルビ”らしいコク深くまろやかな味わいが際立ち、さらに思ったより塩気の強いキリッとした口当たりやコチュジャンの辛みが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることもなく、男女問わず幅広い層に好まれるフレーバーであることに間違いなく、個人的にはこのキリッとした口当たりとチーズのまろやかさ、コチュジャンのコクや後引く辛さが好印象といったところ!

…というか今回の“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”は、鶏や味噌をベースにトロッととろけるチーズや食欲そそるコチュジャンを合わせた濃厚なテイストで、コク深い美味しさがキレの良い辛みとうまく調和したことで全体としてのバランスは非常に良く、食べやすいこのレギュラーサイズということもあって季節商品としてまた登場してほしいですね!(残ったスープに追い飯でシメてみても良いかもしれません!)

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしいつるっと滑らかな食感が印象的で、他のフレーバーと比較すると…厚みもあり幅広で食べ応えのある仕様となっており、さらにフライ麺ならではの香ばしさが風味の良さを引き立てる食感滑らかなすすり心地の良い仕上がりとなっています!

そんな麺には…鶏や味噌をベースにトロッととろけるチーズが濃厚感をプラス、さらに食欲そそるコチュジャンの辛みやを利かせたことで韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”の味わいを“カップヌードル”流に再現したコク深くまろやかな甘辛スープがよく絡み、一口ずつにチーズの旨味やメリハリのあるキリッとした口当たり、さらに後引く辛さなどが口いっぱいに広がっていき、ふんわり香るまろやかなチーズの風味が後味良く抜けていきます!…というかかなりドロッとしているため、一口ずつに感じられる満足度も一際大きく、ついリピートしたくなりますね。。甘辛のバランスが絶妙です!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの謎肉(味付鶏ミンチ)が使用されていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…ふっくらとした柔らかな食感が印象的で、ほどよく味付けが施された鶏肉の旨味がじゅわっと滲み出す相性抜群な仕上がり具合となっていたため、まずはスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようで、彩りの良さも良いですね!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏や味噌をベースにトロッとしたチーズのコクや食欲そそるコチュジャンの旨味・辛みをバランス良く合わせたことでキリッとした口当たりと濃厚感のある味わいが互いに引き立てられ、まろやかでありながらも後味は非常に良く、後引く辛みによって全体のバランスがうまく調和されているようですね!これはまさに“チーズタッカルビ”らしいやみつき感のある美味しさを“カップヌードル”流にアレンジしたことで甘辛いタレでじっくり煮込んだかのような美味しさが最後までたっぷりと楽しめることと思われます!

そして、ベースは鶏や味噌といった“くどさ”は全くなく、そこにプロセスチーズを加えたことでコク深くまろやかな仕上がりではありますが、コチュジャンの後引く辛みが利いたことによって後引く辛さが心地良く、甘辛なスープがクセになるまろやかなテイストがしっかりと表現され、ついついスープが止まらなくなってしまうような熱々の“チーズタッカルビ”がスープとしてじっくりと堪能できることでしょう!

さらに、このチーズに関してはコク深さ・まろやかさを引き立てており、コチュジャンのちょうど良い辛さとうまく調和したことでイメージするほどクセは強くありませんから、“チーズタッカルビ”らしい深みのある美味しさとして相性良く溶け込み、甘辛なテイストとしてクオリティ高く完成しているようですね!…というかこの組み合わせ・バランスは非常に秀逸で“甘辛〜い刺激”というのも納得の仕上がりとなっています!

また、チーズのまろやかさによって厚みのある旨味が際立ち、食べ進めていくに連れてコチュジャンの辛さによって体もポカポカと温まる…そんなやみつき感のある旨味・風味がたまらない、メリハリの利いたテイストがバランス良く仕上がっているようです!これは期待値以上でした。。

そのため、容器底に溜まっている粉末スープを全体に馴染ませるようにしっかりと混ぜながら食べ進めていくと、より一層旨味が増して楽しめると思われ、チーズ本来の美味しさがコチュジャンの辛みによってメリハリのある味わいに引き立てられ、キリッとした口当たりに関してもちょうど良いアクセント程度でしたので、お好みによっては豆板醤といった本格調味料や香辛料をちょい足ししてみると、より一層クセになる味わいが楽しめるかもしれません!

このように、今回の“カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”は、鶏や味噌をベースにチーズのコクやコチュジャンの旨味や辛みが絶妙にマッチしたことで韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”を“カップヌードル”流にアレンジ、それによってコク深く濃厚でありながらも後引く辛さが心地良く、まさに甘辛いタレでじっくりと煮込んだかのようなチーズ×コチュジャンといった間違いない組み合わせによって物足りなさを感じさせることもなく、ついついスープが止まらなくなってしまうほどクオリティの高い一杯となっていたため、お好みによっては残ったスープに追い飯でシメを味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「カップヌードル 甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味」を食べてみて、韓国グルメの中でも人気の高い“チーズタッカルビ”を“カップヌードル”流にアレンジした一杯は、鶏や味噌をベースにトロッとしたチーズを加えたことでまろやかな味わいに際立っているものの…コチュジャンによる旨味やピリッとした後引く辛さがバランス良く調和し、まさにやみつき感のある甘辛なスープに仕立て上げたことによって濃厚ながらも最後まで飽きの来ない臨場感の高いテイストを表現、そこにシリーズ特有のつるっと滑らかな麺がしっかりと絡む満足度の高い一杯となっていました!

そしてなんと言ってもチーズ×コチュジャンの組み合わせはかなり良いですね!全体のバランスも非常に良いんでしょうけど、特に今回の“甘辛コチュジャンのチーズタッカルビ味”は鶏と味噌をベースにしたことで甘辛いタレをうまく表現し、その上でコク深いまろやかさと後引く辛さが相性良く馴染み、濃厚とも言える甘辛い美味しさとなっていたため、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!