カップヌードル

カップヌードル シーフードパエリア味!魚介の旨味と香ばしい風味が広がる彩り豊かな一杯

カップヌードル シーフードパエリア味
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カップヌードル シーフードパエリア味」を食べてみました。(2023年5月22日発売・日清食品

この商品は、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジしたしたもので、ブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系、そして動物系や野菜の旨味などを凝縮し、サフランライスをイメージしたほんのり黄色く透明度の高いスープに仕上げ、さらにパエリアパン(パエリア鍋)で焼いたような香ばしい風味が食欲を掻き立てる臨場感の高い一杯が登場です!

それも…じんわりと染み渡るイカやアサリなど魚介系の出汁をポークやチキンといった動物系の旨味がコク深く引き立て、“シーフードパエリア”というだけあって魚醤や貝出汁が雰囲気ある味わいをプラス、まさに魚介類や野菜、肉などをじっくりと炒めたかのような味わいに際立ち、濃いめながらも最後まで飽きの来ないテイストが印象的で、彩りの良い各種具材からも旨味が滲み出し、そこにシリーズらしいつるっと滑らかな平麺が絡む風味豊かな一杯、“カップヌードル シーフードパエリア味”となっております。(値段:税別245円)

ご覧の通りパッケージには“パエリア”といった今回の商品名が大きく記載され、その下には特徴として“旨み豊かなシーフードパエリア味”とのことで…そもそも“パエリア”自体、魚介類の材料を豊富に使用し、他にもトマトなどの野菜や鶏肉などをじっくりと炒めて作られるスペイン料理の定番メニューで、まさに魚介の旨味と香ばしさを存分に活かした味わいが“ビッグサイズ”で楽しめるフレーバーとなっており、シリーズらしいつるっと滑らかで幅広な麺だけでなく、残ったスープに追い飯しても楽しめる食べ応え抜群なテイストのようですね!

カップヌードル シーフードパエリア味 パッケージ

一方こちらには“魚介の旨味がぎゅっと凝縮!”といった文言の他にもイカやアサリなどのイラストイメージが掲載されているように、今回の新フレーバー“シーフードパエリア味”は…ブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系の旨味を凝縮し、パエリアパンでじっくりと炒めたかのような香ばしい風味が特徴のようで、他にも肉や野菜の旨味が際立ち、“パエリア”ならではの旨味豊かなスープが満足度高く堪能できるテイストとなっており、全体のバランスや味の濃さを調えたことで最後まで飽きることもなく、上質な旨味がボリューム感たっぷりと楽しめる味わいに期待できそうです!

そして、こちらフタの方には…ブイヨンをベースにイカやアサリなどの魚介出汁、動物系・野菜の旨味などをバランス良く合わせ、サフランライスを彷彿とさせる若干黄色みがかったスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…いか・味付卵・魚肉練り製品・赤パプリカ・“いんげん”が使用されているようで、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、食欲そそる香ばしい“パエリア”ならではの味わいが想像以上にクオリティ高く再現されているように感じられます!

このように今回の“カップヌードル シーフードパエリア味”は、じっくりと炒めた魚介類や肉・野菜の旨味をしっかり利かせ、パエリアパンで焼いた香ばしさが食欲を掻き立てるスープに仕上げたことで日本でも人気のスペイン料理“シーフードパエリア”の味わいをシリーズらしくアレンジ、味も濃いめながらも香辛料によってメリハリが付き、じんわりと染み渡る魚介系の旨味が際立ち、そもそもパエリアは米料理ということもあって残ったスープに追い飯してもぴったりな食べ応えのある一杯と言えるでしょう!

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様や味付けを若干変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干厚く幅もやや広めにしたことで食べ応えがあり、醤油や香辛料、香味調味料などで味付けが施された仕様となっていて、コク深く染み渡る“シーフードパエリア”風に仕上げたスープがよく絡み、最後まで香ばしく旨味豊かなテイストがたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

米料理である“シーフードパエリア”を“カップヌードル”にアレンジしたテイストは実際どうなのか?若干疑問ではありましたが…まさにイカやアサリなどの魚介系や肉の旨味、そしてトマトを含む野菜の旨味などがバランス良く融合し、じっくりと炒めた香ばしい“シーフードパエリア”ならではの味わいが“カップヌードル”流にうまく再現され、パエリアパンで焼いたかのような食欲そそる香ばしさが広がっていき、具材に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出すことで臨場感の高い美味しさが際立ち、そこにつるっと滑らかな食感の平麺が絶妙にマッチした食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”のような魚介系の旨味や香ばしさが凝縮された味わいが好みの方はもちろん、ブイヨンをベースにイカやアサリなどの魚介類や肉、野菜などをじっくりと炒めたかのような旨味豊かなスープに食欲そそる香ばしい風味が広がる“パエリア”ならではの美味しさをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はスペイン料理の定番“シーフードパエリア”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、ブイヨンをベースにイカやアサリなどの魚介系や肉、野菜の旨味などをバランス良く合わせ、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが際立ち、フライ麺ならではの香ばしさも後押ししたことで本格感のあるテイストがビッグサイズで楽しめる食べ応え抜群な一杯、「カップヌードル シーフードパエリア味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル シーフードパエリア味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”シリーズの新商品ということで、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、ブイヨンをベースにイカやアサリなどの魚介系、肉や野菜の旨味などをバランス良く合わせ、サフランライスを彷彿とさせる黄色みがかったスープに仕上げ、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが広がっていき、まるで“シーフードパエリア”を食べているかのような味わいが臨場感高く再現され、つるっとした食感の平麺との馴染みも非常に良く、さらに彩りの良い各種具材からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな染み渡る味わいがたっぷりと楽しめる一杯、“カップヌードル シーフードパエリア味”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”シリーズは1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!(“ビッグ”シリーズは1991年に発売されています。)

一方こちら容器側面には…“旨み豊かなシーフードパエリア味”といった特徴が掲載されていて、今回は“シーフードパエリア”ということで魚介系の旨味に際立ったテイストとなっており、そもそも“パエリア”自体魚介類を多く使用する米料理なんですが、全体のバランスを考慮してポークやチキン、トマトなど野菜の旨味なんかも使用されているようで、単純なシーフード系のテイストとはひと味違った雰囲気ある仕上がりとなり、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが加わり、それによって臨場感の高い“シーフードパエリア”ならではの味わいを再現しているようですね!これは染み渡る旨味や香ばしい風味が気になるところ。。

それでは、今回の“カップヌードル シーフードパエリア味”がどれほどブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系、動物系や野菜の旨味などをバランス良く利かせ、サフランライスを彷彿とさせる黄色みがかったスープに仕上がっているのか?パエリアパンで焼いたかのような食欲そそる香ばしさとの兼ね合いはもちろん、何と言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“カップヌードル”シリーズならではの幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り379kcal(めん・かやく326kcal / スープ53kcal)となっております。(塩分は6.8g)

カロリーは、ビッグサイズ・魚介系の旨味を活かした風味豊かな“シーフードパエリア”ならではのテイストの割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮しても若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり89g、麺の量は75gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと53kcalと若干低めな数値で、ブイヨンをベースに魚介系の旨味や肉・野菜の旨味、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが広がる臨場感の高いスープに仕上げたことで満足度は非常に高く、まさにスペイン料理の定番“シーフードパエリア”をイメージさせる味わいを“カップヌードル”流にアレンジ、素材本来の旨味や風味を存分に活かした再現性の高い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ブイヨンや豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • チキン調味料
  • トマトパウダー
  • 魚醤
  • 香辛料
  • オニオンパウダー
  • いか粉末
  • あさり調味料
  • 魚介調味料
  • クリーミングパウダー

といった、ブイヨンをベースに魚介系の旨味や肉・野菜の旨味、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさをバランス良く利かせ、サフランライスを彷彿とさせる黄色みがかった臨場感の高いスープに仕上げ、豊富に使用された彩り豊かな各種具材からも良い旨味が滲み出し、それによってスペイン料理の定番“シーフードパエリア”を“カップヌードル”流にアレンジ・再現、“ビッグ”シリーズらしく食欲をガツンと満たすクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料や香味調味料といった材料が確認でき、今回のスープに合うようしっかりと味付けが施されていることが伝わってきます!

JANコード4902105279243
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料)、スープ(ブイヨン、糖類、豚脂、食塩、チキン調味料、トマトパウダー、魚醤、香辛料、酵母エキス、オニオンパウダー、いか粉末、あさり調味料、魚介調味料、クリーミングパウダー)、かやく(いか、味付卵、魚肉練り製品、赤パプリカ、いんげん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、カロチノイド色素、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、カラメル色素、イカスミ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、乳化剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (89g) 当たり]
熱量379kcal
めん・かやく: 326kcal
スープ: 53kcal
たんぱく質10.9g
脂質13.1g
炭水化物54.4g
食塩相当量6.8g
めん・かやく: 2.5g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.82mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム113mg

引用元:カップヌードル シーフードパエリア味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は特に調味料などは別添されていません。

また、かやくには…

  • いか
  • 味付卵
  • 魚肉練り製品
  • 赤パプリカ
  • いんげん

が入っています。

このように今回の“シーフードパエリア”には、スペイン料理の定番として人気の味わいを“カップヌードル”流にうまくアレンジ・再現するために相応しい豊富な具材を使用したことで雰囲気ある味わいに仕立て上げているようで、中でも“いか”や魚肉練り製品からも良い旨味が滲み出しているように感じられ、それによってやみつき感のある美味しさが満足度高く楽しめそうです!

さらに、麺はご覧の通りシリーズらしくつるっと滑らかな食感が印象的なシリーズらしいフライ麺となっており、今回は若干厚みもあり・幅もやや広めな仕様で、ブイヨンをベースに魚介系の旨味などをしっかりと利かせた食欲そそる風味豊かなスープもしっかりと絡むすすり心地抜群な仕上がりに間違いありません!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい滑らかさやコシが加わり、具材には“いか”や魚肉練り製品などが豊富に使用されていて、まだ全体を混ぜ合わせる前の状態ではありますが、ブイヨンをベースに魚介系の旨味や肉・野菜の旨味などをバランス良く合わせたことで、“シーフードパエリア”ならではのじっくりと焼き上げた香ばしい風味が食欲そそる本格感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…非常にサラッとした仕上がりではあるんですが、ブイヨンベースによるキレや“シーフードパエリア”ならではの魚介系の旨味やトマトの酸味などをしっかりと利かせた調理感のあるスープとなり、そこにパエリアパンで焼いたかのような香ばしさが雰囲気ある味わいを際立たせ、彩り豊かな各種具材からも旨味が滲み出すことで想像以上に本格感のある一杯となっているようです!

また、具材の中でも“いか”や“魚肉練り製品”が豊富に使用されているようで、食べ進めていくに連れて魚介系の旨味が際立っていく…そんな満足度の高い味わいが思う存分楽しめるのはもちろん、じっくりと焼き上げた香ばしさと魚介系の旨味、そしてブイヨンやトマトの酸味などを合わせたことで“シーフードパエリア”ならではの味わいが臨場感高く再現され、一見すると洋風な感じはしますが、実際には意外にも“パエリア”ならではの風味が印象的といったところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…スープは濃すぎるわけでもなく“シーフードパエリア”ならではの味わいが想像以上に再現されていて、まずブイヨンベースによるキレの良さ、そしてイカやアサリなど魚介系の旨味をはじめ、トマトの酸味や野菜の旨味、そしてポークやチキンがコクを下支えし、そこにパエリアパンで焼いたかのような香ばしさが加わることで臨場感の高い味わいが際立ち、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”を味わっているかのようなテイストとなっています!

そのため、今回の新フレーバーはスープの仕上がりが秀逸で、香ばしいフライ麺との相性も抜群、もちろん一緒に絡めていただくと、より一層“シーフードパエリア”の美味しさが堪能でき、そもそも脂っこさといった“くどさ”も一切ありませんから、最後まで飽きることもありません!他にも豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、特に“いか”や魚肉練り製品は魚介系の旨味を引き立たせ、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”が“カップヌードル”としてじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

そして、臭みのない動物系の旨味がスープの美味しさ・コクをさり気なくプラスし、その上に魚介系の旨味やトマトの酸味などがバランス良く融合したことで思ったよりスープ自体はコク深いだけでなく繊細なテイストが印象的で、まさにじっくりと炒めた“シーフードパエリア”を彷彿とさせる臨場感の高いフレーバーとなり、素材本来の旨味や風味を存分に活かした味わいが“ビッグ”シリーズらしくボリューム感たっぷりと楽しめるため、これひとつで食欲もガツンと満たされることと思われます!(余裕があれば残ったスープに追い飯もどうぞ!)

さらにブイヨンベースによるキリッとした口当たりや魚介系の旨味がじっくりと炒めた香ばしさと絶妙にマッチしたことで“シーフードパエリア”らしさをうまく再現し、男女問わず幅広い層に好まれるフレーバーであることに間違いありません!…というか今回の“シーフードパエリア”は、上記の通りブイヨンベースに様々な旨味などをバランス良く合わせたことで想像以上に複雑で繊細な構成となっていますから、具材の量も考慮すると“ビッグ”シリーズで正解ですね!

麺について

麺は、ご覧の通り“カップヌードル”シリーズらしいつるっと滑らかな食感が印象的で、他のフレーバーと比較すると…幅がやや広く割と食べ応えのある仕様となっており、さらにフライ麺ならではの香ばしさが風味の良さを引き立てる食感滑らかな仕上がりとなっています!

そんな麺には…ブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系の旨味をはじめ、トマトの酸味や野菜の旨味、ポークやチキンなどをバランス良く合わせ、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが加わることで調理感のある美味しさが際立ち、まさにスペイン料理の定番“シーフードパエリア”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジ・再現した旨味豊かなスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る魚介系の旨味やほどよいトマトの酸味などが口いっぱいに広がっていき、じっくりと炒めたかのような香ばしさが後味良く抜けていきます!…というか今回のフレーバーはコク深くもキリッとしたメリハリがあり、旨味に関してもしっかりと伴っているため、全体をしっかりと混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの魚肉練り製品が使用されていて、数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…ふっくらとした柔らかな食感が印象的で、魚介系の旨味がじゅわっと滲み出す相性抜群な仕上がり具合となっていたため、まずはスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層魚介系の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“いか”も上記の魚肉練り製品と同じく魚介系の旨味を引き立てる相性抜群な具材となっていて、噛むほどに旨味が滲み出るため、やはりしっかりと全体を混ぜながら麺中心に食べ進めていった方がスープの美味しさも引き立って楽しめることでしょう!

そして、こちらの味付卵は、そこまで味付けが感じられるわけではなく、ふっくらとした食感柔らかな仕上がりが印象的で、実際の“シーフードパエリア”にはあまり使用しない具材ではありますが、今回の一杯に華やかな彩りをプラスする見た目としてのアクセントとなっているようです!

さらに、こちらの“いんげん”は、ほどよいサイズで食感は非常に柔らかめ、そして素材本来の味わいもそこまで伝わってきませんでしたので、やはりこちらも彩りの良さを引き立てる具材としてさり気なく添えられているように感じられます!

他にもこちらの赤パプリカが使用されていて、やや小ぶりながらも素材本来の苦味などがしっかりと感じられ、上記の各種具材とともに彩り豊かな見た目を演出しているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系の旨味、トマトの酸味や野菜の旨味、そしてポークやチキンなど動物系の旨味などをバランス良く合わせ、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさが絶妙にマッチしたことで、まさにスペイン料理の定番“シーフードパエリア”ならではの味わいを“カップヌードル”流にアレンジ・再現し、想像以上に臨場感の高い味わいとなっています!

そもそもスープがブイヨンベースで雰囲気あるテイストとなっている時点で再現性が非常に高く、そこに“シーフードパエリア”には欠かせない魚介系の旨味やトマトの酸味、動物系の旨味などがバランス良く合わさったことで旨味溢れる味わいを再現、基本的に粉末スープのみでこの味に仕上げているため、脂っこさや“くどさ”といった感じは全くなく、キリッとした口当たりと申し分のない旨味が凝縮されたことで最後まで全く飽きが来ません!

そのため、容器底に溜まっている粉末スープや香辛料を全体に馴染ませるようにしっかりと混ぜながら食べ進めていくと、より一層旨味が増して楽しむことができ、キリッとした口当たりに関しても一応香辛料が加わっていたものの…直接辛さを感じさせるものではなく、ちょうど良いアクセント程度でしたので、お好みによってはもう少し唐辛子などの香辛料を足してみると、より一層メリハリの付いた味わいがじっくりと堪能できることでしょう!意外にも“シーフードパエリア”の味は再現できるものなんですね!

最近だと“カップヌードル BBQスペアリブ ビッグ(2023年3月6日発売)”や“カップヌードル コク旨だれの生姜焼き ビッグ(2023年1月16日発売)”が登場しており、どうしても味が濃すぎる辺りが難点でしたが、今回のフレーバーに関しては飽きる要素がありませんから、“シーフードパエリア”ならではの美味しさとして楽しむことができ、再現性も高いので余裕があれば残ったスープに追い飯しても合うでしょうし、これひとつで相当満足できるかと思われます!

このように、今回の“カップヌードル シーフードパエリア味”は、ブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系の旨味、トマトの酸味や動物系の旨味などをバランス良く合わせたことで“シーフードパエリア”ならではのクセになる味わいを再現、そして、パエリアパンで焼いたかのような香ばしさを加えることによって臨場感の高い味わいが際立ち、キレの良さと飽きの来ない旨味の組み合わせによって最後まで飽きることもなく、満足度の高い染み渡る味わいが“ビッグ”シリーズらしくボリューム感たっぷりと堪能でき、そこにつるっと滑らかな麺が絶妙にマッチしたクオリティの高い一杯となっていたため、お好みによっては唐辛子などの香辛料を加えて味を調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「カップヌードル シーフードパエリア味」を食べてみて、スペイン料理の定番“シーフードパエリア”の味わいを“カップヌードル”流にアレンジした一杯には、ブイヨンをベースにイカやアサリなど魚介系の旨味やトマトの酸味、ポークやチキンなど動物系の旨味などをバランス良く合わせ、さらにサフランライスを彷彿とさせる黄色みがかったスープに仕立て上げたことで見た目としても拘り、そこにパエリアパンで焼いたかのような香ばしさが食欲を掻き立て、シリーズらしいつるっと滑らかな食感のフライ麺とも相性良く馴染む食べ応えのある一杯となっていました!

というか、今回の“シーフードパエリア”の味わいを再現した一杯は想像以上の仕上がりでしたね!ブイヨンベースに魚介系をはじめ様々な旨味をバランス良く合わせたことで本格感のあるスープに仕立て上げ、豊富に使用された彩りの良い各種具材からも良い旨味が滲み出す雰囲気あるフレーバーでしたので、唐辛子で味を調整してみたり、残ったスープに追い飯をしてみても相性良くマッチするのではないでしょうか?(むしろそちらの方が本格的かもしれません。)

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です