カップ麺

「ハイパーファットン」カップ麺!でかまる 汁なしスッパメン!爽やかな酸味がクセになる一杯

「ハイパーファットン」のカップ麺!でかまる 汁なしスッパメン

でかまる 汁なしスッパメン」を食べてみました。(2019年4月22日発売・東洋水産)

この商品は、「第10回 最強の次世代ラーメン決定戦!」の“汁なし部門”にて優勝に輝いた神奈川県横浜市のガッツリ系で人気のラーメン店“ハイパーファットン”の“汁なしスッパメン”の味わいをカップ麺に再現したもので、ポン酢風味の食べ応え抜群な一杯が登場です!!

それも…“ハイパーファットン”実店舗の限定麺である“スッパ”シリーズで最も人気が高いメニューであり、ポーク・ラードを利かせた醤油ダレにもかかわらず柚子の風味やポン酢による酸味を利かせたことで、後味すっきりとした相性抜群な仕上がりとなった一杯“でかまる 汁なしスッパメン”となっております。(税抜き210円)

そして、こちらに掲載されている“汁なしスッパメン”といった商品名やガッツリ系ならではのこってり感のある醤油ダレの仕上がりイメージなんかが印象的で、こちらを見る限り具材には味付豚肉・粗挽唐辛子・ねぎが使用されているようです!

「ハイパーファットン」のカップ麺!でかまる 汁なしスッパメン パッケージ

また、ご覧の通りパッケージには“ポン酢風味の醤油ダレ、後引く旨さの汁なしラーメン!”と記載されているように、今回の商品はポークを利かせた濃厚な醤油ダレをバランス良く調和させるかのように、ポン酢風味を合わせたことによって脂っこさを感じさせないさっぱりとしたクセになる味わいが表現されているようですね!これは面白い!

そのため、このインスパイア系とも言えるガッツリ系“ハイパーファットン”ならではの味わいに柚子やポン酢による酸味がどれほど利いているのか?醤油ダレとのマッチ具合など…この辺りがひとつのポイントとなるのではないでしょうか?

一方、こちらには今回“汁なし部門”で優勝となったことが大きく記載され、その優勝作品である“汁なしスッパメン”の味わいが“うまい大盛り!”でお馴染み“でかまる”シリーズとして再現されたわけです!

ポークを利かせた濃厚な醤油ダレにまさかポン酢や柚子による酸味や風味を加えるとは…この発想はありませんでしたね!個人的にもこの濃厚さと後味のさっぱり感との相性の良さには期待したいところ!

他にも特徴として…麺にはガッツリ系にぴったりな極太麺が採用され、角麺仕様による強いコシや歯切れの良い食べ応え抜群な食感、さらには“でかまる”シリーズらしい大盛り仕様によって強い満足感に満たされる“ハイパーファットン”の人気メニューの醍醐味がこの一杯に凝縮されているようです!

実際に食べてみて…

ベースとなる味わいには…ラード・ポークをしっかりと利かせた濃厚な醤油ダレに仕上がり、そこにポン酢や柚子の風味による後味さっぱりとした酸味が合わさったことによって食べ応えのある割に脂っこさは不思議となく、口に広がる旨味にプラスされた酸っぱさが爽やかな風味や味の締まりを引き立てたことで、絶妙なバランスとなってクセになる味わいを表現していました!
これは特に、“スッパ”シリーズの虜の“ハイパーファットン”ファンはもちろん、インスパイア系に酸味を加えたひと味違った美味しさを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの横浜の人気行列店“ハイパーファットン”の味わいを再現した濃厚なタレに酸味が美味しくマッチした一杯「でかまる 汁なしスッパメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

でかまる 汁なしスッパメン

今回ご紹介するカップ麺は、神奈川県横浜市のガッツリ系で人気のラーメン店“ハイパーファットン”の“汁なしスッパメン”の味わいを再現したもので、“ハイパーファットン”らしい濃厚な醤油ベースのタレにポン酢風味が爽やかに香り、まさに次世代ラーメンといった意味合いにぴったりなクセになる一杯“でかまる 汁なしスッパメン”となっています。

ちなみに、ここ“ハイパーファットン”とは…もともとガッツリ系で人気の「ファットン」の2号店として2017年にオープンしたもので、その名の通りさらにパワーアップしたガッツリ系とのことで、まさにインスパイア系としても広く知られる人気店のようですね!

一方、こちらには“ハイパーファットン”の店主である“折原 亮”氏の写真が実店舗とともに掲載されています!もちろん監修は店主とのこと!

そんなガッツリ系で人気の味わいが今回カップ麺に再現されたということで、自ずとこちらも期待値も高まってきますね。。

それでは、今回の“でかまる 汁なしスッパメン”がどれほどのこってり感を表現しているのか?ポン酢を合わせたことによる後味や相性の良さ、全体のバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り733kcalとなっております。(塩分は5.3g)

カロリーは、今回大盛り仕様・“ハイパーファットン”の味わいを再現した一杯、ということもあって非常に高い数値のようですが、一方で塩分の方は低めにも感じられる数値のようです!
ちなみに1食当たり167g、麺の量は130gの大盛り仕様とのこと!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や豚脂をはじめ…

  • 植物油
  • 醸造酢
  • ポークエキス
  • 粉末野菜
  • フライドオニオン

といった、ポークをしっかりと利かせた食べ応えのある仕上がりの濃厚な醤油ダレに加え、ポン酢の酸味や柚子の風味が後味さっぱりと感じさせることで、食べ飽きることのないサッパリ系汁なし麺といったクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺は油揚げ仕様で、精製ラードや香辛料、粉末野菜なんかも使用されていることから、濃厚なタレを引き立てるほどよい味付けなんかも施されているようです!

JANコード4901990362955
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、しょうゆ、香辛料、粉末野菜、卵白)、添付調味料(しょうゆ、豚脂、植物油、デキストリン、醸造酢、ポークエキス、砂糖、粉末野菜、フライドオニオン、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、香辛料、ねぎ)/加工でん粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、酸味料、酒精、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・大豆・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (167g) 当たり]
熱量733kcal
たんぱく質14.2g
脂質34.7g
炭水化物91.0g
食塩相当量5.3g
ビタミンB10.67mg
ビタミンB20.62mg
カルシウム251mg

引用元:でかまる 汁なしスッパメン | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体スープ、後入れ粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り極太麺と呼ぶにふさわしく、“ハイパーファットン”ならではのガッツリ系にぴったりな噛み応えのある麺が採用されているようで、すでに若干濃い色をしていることから、やはり原材料にもあったように、麺にまで味付けがされているものと思われます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付豚肉
  • 香辛料
  • ねぎ

が入っています。

この粗挽き唐辛子は後入れのようにも感じられますが、この時点ですでに唐辛子ならではの香ばしさと言うんでしょうか?非常に良い風味が確認でき、先に入れることによってこの風味が麺に馴染むと思われます!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの極太麺がさらにふっくらと仕上がり、さらに角麺仕様による強い歯切れ・コシが楽しめる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの液体スープを注いで行きます!
ちなみにこの液体スープは、比較的さらっとした感じではありますが、ラードやポークなどの脂なども含まれているものと思われるため、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

そして、この液体スープは量もやや多いせいか、すぐに容器底へ沈んで行き、ラードを利かせた濃厚なタレではありますが、ポン酢ならではの酸味もまた爽やかに香ります!このバランスは意外にも良いですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りスープは調理中にフタの上で温めておいたせいか、すんなりと極太麺にも馴染んでいきます!

また、これを見る限り…特に脂っこさといった油分なんかもないようで、この辺りからもさっぱりとした後味の良さを思わせる仕上がりのようですね!

そして、スープが全体に馴染んだら、最後に先ほどの後入れ粉末スープを加えていきます!

すると…実際にはこの粉末スープを混ぜていただくわけですが…この粉末スープからは柚子の風味が表現されているようで、ポン酢の風味に加えてさらに後味さっぱりとした香りが印象的な仕上がりとなっています!

そのため、今回の“汁なしスッパメン”からは…ポン酢ならではの酸味の利いた風味や、柚子の後味さっぱりとした風味、さらに唐辛子の香りなど、実に香り立つ濃厚な一杯といった仕上がりのようです!

そして、これだけさっぱり感が風味から漂うということは、濃厚な醤油ダレにもかかわらず当然飽きの来ない味わいであることを伺い知ることができますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…美味っっ!!このポン酢の酸味・柚子の爽やかな風味はクセになりますね!!濃厚な醤油ダレと酸味ってどうなんだろう。。と最初は思ってましたが、これがまた絶妙なバランスでストレートに美味いと思わせる次世代ラーメンにふさわしい仕上がりとなっています!

ただ、ポン酢や柚子といった多少賛否が割れるクセが表現されているため、食べる人を選ぶことは確かかもしれません…しかし、個人的にはこの組み合わせはありですね!

ガッツリ系である“ハイパーファットン”らしい旨味が利いた濃厚とも言える醤油ダレがそもそも美味しく仕上がり、そこにポン酢の酸味と柚子の香りが後味さっぱりと感じさせ、しっかりとした食べ応えがあるものの、不思議とこってり感や“くどさ”といった脂っこさを感じさせないクセになる味が表現されています!

そして、何よりこの後入れ粉末スープに含まれる柚子の香りがたまりません!!
これ…一気に混ぜるのではなく、最初は味の違いを楽しみつつ徐々に馴染ませてみると面白いかと思います!

麺について

麺は、ご覧の通り極太麺ということで心地良い噛み応えがあり、さらにこの角麺仕様による歯切れの良さが濃厚な醤油ダレにもぴったりな存在感のある仕上がりとなっています!

そんな麺には、今回“ハイパーファットン”の限定麺“汁なしスッパメン”の味わいを再現した濃厚かつ爽やかな風味が印象的な醤油ダレがよく絡み、一口ずつに満足度の高いポークの利いた味わいが口に広がっていき、さらに柚子の風味が心地良く後味として抜けていきます!

そして、先ほどもお伝えした通り、柚子の風味が利いた後入れ粉末スープを濃いめに付けてみてもまた美味いんです!!

ちなみにこの粉末スープには、キレのあるポン酢の酸味のような味わいも含まれているようで、今回の濃厚な醤油ダレとちょうど良いメリハリにもなり、これによって最後まで飽きの来ないクセになる後味さっぱりとした味わいが楽しめるのでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや小ぶりではありますが…噛むとしっかりと肉の旨味が感じられる仕上がりのようで、今回のようなポークを利かせた濃厚な醤油ダレにもぴったりです!

また、こちらの粗挽唐辛子は…そこまで強い辛みというわけではないようで、風味の良い唐辛子ならではのピリッとした刺激が今回の味わいにちょうど良いアクセントにもなっているような気がしますね!

タレについて

タレは、ポークやラードを利かせた濃厚な醤油ダレではありますが、脂っこさといった感じは一切なく、むしろ醤油ならではのキレとコクを美味しく引き立てるかのような厚みを表現したものと思われ、そこに今回酸味と柚子の風味を利かせたことで、後味さっぱりとした印象のクセになる味わいとなっています!

そのため、極太麺とともにしっかりとした食べ応えを楽しみつつも、旨味の利いた醤油ダレ、そしてさっぱりとした後味の良い酸味が相性良く、この絶妙なバランスによって“ハイパーファットン”の“汁なしスッパメン”の味わいを表現しているようです!

これは…再現性の高さについては定かではありませんが、かなり良い仕上がりと言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“でかまる 汁なしスッパメン”は、ガッツリ系で人気の“ハイパーファットン”の味わいを再現しただけあって旨味の利いた醤油ダレと酸味の利いた風味が相性抜群な仕上がりとなっていましたが、辛みが若干弱くも感じられたため、お好みによっては唐辛子などの香辛料をさらに追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「でかまる 汁なしスッパメン」を食べてみて、ラードやポークを利かせた醤油ダレにポン酢風の酸味が絶妙な相性の良さに仕上がり、さらに柚子の爽やかな風味が香ることによって、食べ応え抜群の大盛り仕様にもかかわらず最後まで飽きの来ないクセになる一杯となっていました!

この濃厚な醤油ダレと酸味の組み合わせは新たな発見でしたね!インスパイア系とも言えるガッツリ系の味わいに酸味が合うとは思ってもみませんでしたから…クセになる方続出なのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!