わかめラーメン

EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍 食べてみました!大盛り“わかめ”にラー油を利かせた風味豊かな一杯

EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍

EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍」を食べてみました。(2020年6月22日発売・エースコック)

この商品は、お馴染み“わかめラーメン”と“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”とのコラボによる新商品ということで、今回もまた“わかめ”の量が3.5倍入ったインパクト絶大な一杯が登場です!

それも…2108年の“わかめラーメン”発売35周年にちなんで通常の3.5倍もの“わかめ”を使用した“わかめ3.5倍”シリーズの新フレーバーであり、鰹などの魚介出汁を利かせたシリーズらしいキレの良い醤油スープにラー油を合わせた比較的がっつりとした甘辛いテイストに仕上がった一杯、“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“わかめラーメン”らしさはもちろんあるものの、“EDGE”らしい“驚き&やりすぎ”といったコンセプトが確認できますね!これによると…“わかめラーメン ごま・しょうゆ 2019年発売品対比”とのことで、文字通り通常のレギュラー商品と比較して3.5倍もの“わかめ”がどっさりと楽しめる一杯に変わりないようですね!(“わかめ3.5倍”というのはもはやシリーズ名のようです。40周年になったら4.0倍になるのかな??)

一方こちらには、しっかりと“そば粉”が練り込まれた歯切れの良い太い蕎麦にラー油を加えた甘辛い醤油スープ”が絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…どっさりと盛り付けられた“わかめ”・深煎りごま・唐辛子が使用されているようです!

そしてその特徴としては、お馴染み“わかめラーメン”と同じく、いりこや鰹をはじめとする魚介系の旨みを利かせたすっきりとした醤油スープにラー油を合わせ、甘辛く後引く旨味・辛みが食欲そそる仕上がりとなり、そこに通常でも多く感じられる“わかめ”がこれでもかと言うほどの大盛り仕様となったことで思う存分“わかめ”を楽しめる一杯です!

また、ご覧の通り容器自体も“わかめが多すぎるので大盛りの容器を使用しました。”とのことで、通常の“わかめラーメン”よりも高さのある“バケツ型”の仕様となっています!この辺りも前回と変わりありませんね!

さらに、今回も以前ご紹介した“わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ(2020年4月20日)”と同じく“わかめ祭”としてCMキャラクターを務める“柳沢 慎吾”さんが期間限定でパッケージに登場しています!

他にも特徴として…麺は太麺・角刃仕様の歯切れの良い蕎麦となっていて、しっかりと“そば粉”が練り込まれたことによって風味豊かな仕上がりとなり、それによって魚介出汁を利かせた醤油スープにラー油を加えたクセになる味わいとともに盛りに盛られた“わかめ”を思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

鰹などの魚介出汁を利きせた醤油ベースの後味すっきりとしたスープには、ラー油が加わったことによってそこまで辛みは強くはないものの…思いのほか相性抜群な味わいが表現されており、“わかめラーメン”らしい魚介出汁の旨味が強調された染み渡るかのようなキレの良さが心地良く、まさに磯の風味豊かな味わいがこれでもかというほど堪能できるヘルシーかつボリューム感抜群な一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“わかめラーメン”が好みの方はもちろん、鰹などの魚介出汁を利かせたキレ・後味の良い醤油スープにクセになるラー油を加えたことで、ちょうど良いメリハリとなった磯の風味香る“わかめ”を十二分に味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はもはや恒例となってきた“わかめ3.5倍”シリーズの新フレーバーとして登場した“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”とのコラボカップ麺、「EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“わかめラーメン”と“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”とのコラボによる新商品ということで、もはやシリーズ化しているとも言える“わかめ”が3.5倍もの量が使用されたボリューム感抜群な一杯で、シリーズらしい染み渡る魚介出汁を利かせた醤油スープにラー油を加えたことでピリッとした辛みがクセになる比較的ガツンとした味わいが楽しめるやみつきな一杯、“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”となっています。

EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍 パケージ

ご覧の通りパッケージにはインパクト抜群な大盛り仕様の“わかめ”がどっさりと盛り付けられ、後引く辛みがクセになるラー油を加えた醤油スープが太い蕎麦にしっかりと絡むイメージ写真が食欲そそります。。この3.5倍もの“わかめ”は磯の風味はもちろん、魚介出汁を利かせた醤油スープにも合うんですよね!

ちなみに2018年に発売された“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”は、“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 帰ってきたわかめ 3.5倍”と名称を若干変更し2019年6月17日に再発売、“EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると 6.0倍”とともに登場していました。

また、今回も“EDGE×わかめラーメンごま・しょうゆまた帰ってきたわかめ3.5倍”が同時発売されています!(こちらは改めて再発売)この流れを見ると毎年何らかのコラボとともに2商品ずつ発売されそうですね!

それでは、今回の“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”がどれほど鰹など魚介の旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?ピリッとしたアクセントとなるラー油との兼ね合いはもちろん、3.5倍ものボリューム感抜群な“わかめ”から滲み出す旨味や風味、なんと言っても“そば粉”を練り込んだことで風味の良い太い蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り323kcal(めん・かやく288kcal / スープ35kcal)となっております。(塩分は7.5g)

通常の“わかめラーメン”と比べてみると、容器自体は大きいものの、内容量はほぼ同じく、カロリーはこちらの方がやや低めな数値となっていて、“わかめ”が通常の3.5倍もの量が入っているからなのか…塩分はかなり高めのようですね!

ちなみに1食当たり96g、麺の量は60gとのこと。
また、カロリーの内訳を見てみると…スープは35kcalとかなり低い数値となっていることから、鰹など魚介出汁といった素材の旨味を活かした醤油スープにラー油を加えたキレの良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 醸造酢
  • 香味油
  • カツオブシエキス
  • 魚介パウダー

といった、通常の“わかめラーメン”とは若干異なり、今回は蕎麦にぴったりな魚介の旨味を際立たせた醤油ベースのスープにラー油を加えたことによるピリッとしたアクセントがやみつき感を際立たせる味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…そば粉やヤマイモパウダーといった蕎麦ならではの材料なんかも確認できます!

JANコード4901071235253
原材料名

揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、砂糖、ヤマイモパウダー)、スープ(しょうゆ、食塩、糖類、植物油脂、たん白加水分解物、醸造酢、香味油、カツオブシエキス、魚介パウダー)、かやく(わかめ、ごま、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、炭酸カルシウム、リン酸三ナトリウム、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタンガム)、カロチノイド色素、甘味料(ステビア)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・ごま・大豆・豚肉・やまいもを含む)

栄養成分表示 [1食 (96g) 当たり]
熱量323kcal
たんぱく質10.4g
脂質11.2g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
47.9g
(42.3g/5.6g)
食塩相当量7.1g
めん・かやく: 2.8g
スープ: 4.3g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム208mg

引用元:EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、液体スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、3.5倍もの“わかめ”は湯戻りする以前からすでに物凄いボリューム感であることが伝わり、さらに液体スープの方はシリーズらしいさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通りしっかりと“そば粉”が練り込まれた比較的色の濃い太めの蕎麦が採用されており、角刃ならではの歯切れの良い風味豊かな香りが楽しめそうです!

ただ、容器はかなり大きめなサイズではありますが、麺量は60gと通常の商品とほぼ同等で、主に“わかめ”が大半を占めると思われるため、ボリューム感はあるものの…かなりヘルシーにも感じられますね!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • わかめ
  • 深煎りごま
  • 唐辛子

が入っています。

すでに“わかめ”がどっさり。。笑

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:540ml)
そして出来上がりがこちら!

見た通り“わかめ”の量が物凄いことになっていて、しっかりと湯戻りされたことによって容器の縦半分はこの“わかめ”が使用されており、思う存分磯の風味が楽しめるインパクト抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…ラー油を含む若干赤みを帯びた醤油スープとなっていて、鰹など魚介の旨味が利いた風味豊かな香りが“わかめ”の磯の風味とともに一気に広がっていきます!

そして、液体スープは非常にさらっとしていたため、すぐに容器底へと沈んでいき、大量の“わかめ”だけがただただ印象的な一杯には、ほんのりラー油のような赤い油分が確認できます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染んだところがこちら!!今回はパッケージのように3.5倍もの“わかめ”を盛りに盛ってみました!(この下にもまだまだたっぷりと“わかめ”が存在します…)

また、たっぷりと使用された“わかめ”以外にも、魚介出汁を利かせた醤油スープに加えたラー油によって若干赤みがあり、ピリッとした味わいが“わかめ”や太い蕎麦にも絶妙にマッチしているようです!

こういった比較的ガッツリ系の蕎麦も流行ってますからね!“わかめラーメン”もよく考えたものです!シリーズらしさも活かしつつがっつり系の蕎麦を表現する…まさに“驚き&やりすぎ”をテーマとするシリーズ“EDGE”との完璧なコラボ!

食べてみた感想

一口食べてみると…スープは見た目ほどの辛みはなく、“わかめラーメン”ならではの魚介出汁がしっかりと利いたことでじんわりと染み渡る旨味にラー油がちょうど良いアクセントになったことでやみつきになる味わいを表現しています!しかも辛みも全く強くはないので、かなり幅広い層に好まれるテイストに仕上がっているのではないでしょうか?

また、なんと言ってもこのボリューム感抜群な“わかめ”の旨味や磯の風味が心地良く、魚介出汁を利かせた醤油スープにもぴったりです!ガシガシ食べ進めていってもまだまだ容器には大量の“わかめ”が残っていますから…たっぷりと“わかめ”が楽しめますね!

ただ、この“わかめ”ばかりを優先してしまうと蕎麦が伸びてしまうので、“わかめ”と蕎麦を思い切りひっくり返して蕎麦から先に味わってみると良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通りしっかりと“そば粉”が練り込まれたことによって風味豊かな蕎麦に仕上がり、角刃使用ならではの歯切れの良さと太い仕様による噛み応えが心地良く、魚介出汁・ラー油を利かせた醤油スープにもぴったりです!

そんな蕎麦には、ラー油による比較的がっつりとしたスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る鰹などの魚介出汁の旨味やピリッとしたラー油の辛みが口いっぱいに広がっていき、3.5倍もの“わかめ”が使用された磯の風味などが後味良く抜けていきます!

ちなみに今回の調理時間は5分となっていて、この“わかめ”の湯戻りを考慮しているのかと思いましたが、他の商品は3分となっているため、太い蕎麦が理由のようです。

ただ、調理時間5分は正直長すぎで、せっかくの角刃使用の強いコシがなくなってしまうため、調理時間は3分程度でも十分かと思われます。(この辺りはお好みで調整してみてください。)

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちら大量の“わかめ”が使用されていて、3.5倍の量は物凄いですね。。食べても食べてもなかなか減らないほどのボリューム感抜群な“わかめ”は、その見た目だけでなくたっぷりと磯の風味や旨味を醤油スープに滲み出し、食べ進めていくに連れて魚介出しも際立っていく…そんな相性抜群な具材となっています!

しかも使用されている食物繊維をたっぷりと含む“わかめ”そのものも、厚みがあり上質で食感も非常に良く、この食べ応えで税抜価格210円ですから…かなりリーズナブルにも感じられるでしょう!健康志向なシリーズらしさもありますね!

また、こちらの唐辛子はピリッとした辛みのアクセントをプラスし、ラー油を利かせた醤油スープにちょうど良いメリハリを後押ししているように感じられます!

さらに、このたっぷりと使用された“わかめ”は最後まで楽しむことができるほど大量に使用されており、太い蕎麦と絡めていただくのもまた良いですね!磯の風味が蕎麦の香りとうまくマッチしていて思う存分“わかめ”の美味しさが楽しめるかと思われます!

スープについて

スープは、いりこや鰹の出汁をしっかりと利かせたシリーズらしいじんわりと染み渡るかのような醤油ベースにラー油を加えることによってピリッとしたアクセントが利き、ガッツリ系の蕎麦のようなテイストに仕上がってはいますが、肉の旨味が利いているわけではありませんので、あくまで魚介出汁の旨味を全面に押し出した“わかめラーメン”ならではの後味すっきりとした味わいとなっています!

また、さりげなく具材に使用されている“深煎りごま”なんかもちょうど良い香ばしさを引き立て、こちらもまた磯の風味が香る“わかめ”との相性も抜群です!

そのため、今回の“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”は、こういった魚介出汁を利かせたシンプルな醤油スープではあるんですが、具材にたっぷりと使用された“わかめ”から滲み出す旨味が食べ進めていくに連れて際立っていき、ラー油のピリッとしたアクセントが後引く旨味を引き立て、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

そして、ラー油の辛み自体はそこまで強くはないので、もっとガッツリ系の本格的な“ラー油蕎麦”を楽しみたい場合はラー油をもっと加えたり、手間ですが…豚バラ肉を焼いて追加トッピングしてみても良いかもしれませんね!個人的にはこのたっぷりと使用された“わかめ”をじっくりと堪能したいところではありますが…

他にも容器自体の縦幅が高く設計されており、大容量の“バケツ型”容器となっているため、スープそのものの量が非常に多いので、その辺りを考慮しても十分デフォルトでも満足感に満たされる一杯と言えるでしょう!

このように、今回の“EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍”は、いりこや鰹など魚介出汁を利かせたシリーズらしい染み渡る旨味が凝縮された醤油スープをベースにラー油を利かせたことによって食べ応えのある太蕎麦にもぴったりな味わいに仕上げ、そこに通常の3.5倍もの“わかめ”をたっぷりと使用したことで、思う存分磯の風味やボリューム感のある素材の旨味を堪能できる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによってはさらにラー油を足して辛みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍」を食べてみて、ベースとなる味わいはシリーズらしい魚介出汁を利かせた染み渡る仕上がりとなっており、そこにラー油を加えることによってピリッとしたアクセントが加わり、角刃ならではの歯切れの良い太い蕎麦と相性良くマッチし、なんと言ってもレギュラー商品と比較して3.5倍もの“わかめ”がたっぷりと楽しめる食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはり3.5倍もの“わかめ”は湯戻りすることによってもの凄いボリュームになりますね。。ただでさえ多めに使用されているのにもかかわらず3.5倍ですから…しかも今回は“ラー油蕎麦”といったひと味違ったテイストとして登場したため、今後の商品展開なんかも楽しみなところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!