ラーメン

横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)に行ってきました!鶏油香る家系が楽しめる札幌のラーメン店

横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)

横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)」に行ってきました!

このラーメン店は、札幌でもいくつか存在する数少ない横浜家系のラーメン店のひとつで、家系らしい豚骨の旨味を鶏油のコク・旨味とともにじっくりと楽しむことができる“横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)”となっております!

ちなみに“家系”と言えば…札幌ではまだ馴染みのない方も多く、“しょっぱい!”と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、家系には欠かせない鶏油(チーユ)ならではの特徴的な香りに加え、厚みのある濃厚なキレのあるスープがご飯にもぴったりなんですよね!

個人的にもそういった家系の濃い味が非常に好みでして…札幌で言うと他にも“横浜家系ラーメン 三元”や“らーめん 麺GO家”なんかも家系のラーメン店として非常に根強い人気があり、少しずつ認知度も高まっているような気もします!

そして、今回ご紹介する“銀家”は、元々は神奈川県横浜市の“日吉本店”が2007年に創業、横浜を中心に店舗展開し、当時の店員さんがそのまま“銀家 札幌宮の森本店”の店長を務めているようですね!(札幌市中央区・宮の森に2017年3月にオープン)

しかも店長さんはラーメン店としては珍しい女性の方で、非常に丁寧な方であり、清潔感溢れる店内はまさに女性一人でも入りやすい雰囲気なんですよね!

また、その気になるラーメンの特徴としては…もちろん家系ですから、豚骨の旨味がたっぷりと濃厚なスープに溶け込み、豚骨独特の良い意味での臭みは全くなく、鶏油の旨味・コクがバランス良く仕上がったクセになる美味い一杯です!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの札幌で数少ない家系ラーメンをじっくりと楽しむことができるラーメン店「横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)」についてレビューしてみたいと思います!

横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)

今回ご紹介するラーメン店は、札幌ではまだまだ数少ない“横浜家系ラーメン”が楽しめる“横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)”となっています。

ちなみに、札幌でこの家系をご存知の方ってどれくらいいるんですかね?
個人的には、あの濃厚な醤油ベースに豚骨の旨味がしっかりと利き、さらに鶏油(チーユ)によるコク深い風味豊かな一杯がご飯にも相性抜群で非常に好みのテイストなので、もっともっと広まって欲しいところではあります!

そんな家系について…店内のメニューにも記載されていました!

こちらによると家系とは…

  • 神奈川県横浜市発祥
  • 豚骨醤油ベース
  • 太いストレート麺
  • トッピングに使用されるほうれん草や海苔
  • 吉村家を源流に“〜家”と付く店舗が多いため家系と呼ばれる

といった特徴があり、特に鶏油による風味豊かで、塩分濃度もやや高めということもあって多くの方がご飯と一緒に濃厚なスープを楽しんでいます!

他にも…本店である“銀家 日吉本店”のオープン当初は、“吉村家”出身者も在籍していたということで、家系の味をしっかりと引き継がれているようですね!

また、“家系”と言えば基本は“豚骨醤油”なんですが…“銀家”の独自路線として、お客さんのニーズに応えて以下のように豊富なメニューが取り揃えられているんです!

  • 味噌
  • 担々麺
  • ガチヘルラーメン
  • ガッツリ系ラーメン

それでは、今回満を持して札幌に出店した“銀家”の味わいがどれほど濃厚な仕上がりとなっているのか?鶏油ならではの利かせ具合や濃厚なスープとの相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

ということで、今回はちょうど昼時に到着しましたが、ちょうどテーブル席がひとつ空いていたのですぐに案内してもらいました!

ちなみに暖簾には製麺所の記載はありませんでしたが、帰り際見掛けた麺箱によると“丸山製麺”といった製麺所を使用しているようで、何やら横浜からわざわざ取り寄せているようですね!あのもちっとした特徴的なストレート麺にもしっかりとこだわっているようです!

また、店内は10席程度のカウンターに加え、4人用のテーブルが4つ用意されていて、比較的広々とした明るく快適な雰囲気となっています!

注文方法について

そして、ここ“横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)”では、注文の仕方が少し変わった方法でして、ご覧の通り各テーブルに配置されたタッチパネルによって行います!(会計はレジにて)

ご覧の通り、それぞれカテゴリごとに分けられていて、人気ランキングなんかも表示されていますね!これによると…“キャベツラーメン”なんかも人気なんだとか?

そして、“銀家”ではこのタッチパネルでの注文時に以下のお好みを伝えることができます!

  • 麺…かため・普通・柔らかめ
  • 味…濃いめ・普通・うすめ
  • 脂…多め・普通・少なめ

他にも味付玉子やほうれん草などなど…豊富なトッピングが用意されていますね!
また、こだわりの食材についても簡単に説明が記載されています!

  • お米…北海道浦臼産「ななつぼし」を使用
  • 野菜…国産野菜使用、地産地消を推奨
  • 国産生ガラ…国産の豚・鶏それぞれの生ガラを使用

そして、“銀家”の無敵の食べ方として、着丼後はまずそのまま食べ、その後“にんにく”や胡椒、豆板醤やフライドガーリックなどをお好みによって追加して味変を楽しむことがおすすめされています!

特に家系ならではの濃厚な味わいには“にんにく”が合いますからね!この辺はお好みで楽しむと良いでしょう!

そしてこれですね!“家系”と言えばライスです!!
また、具材として使用されている海苔をスープにしっかりと染み込ませて、それをご飯に巻いて食べるのもまた良いんですよね!

こちらによると、さらに胡椒や豆板醤を加えて食べてみるのもおすすめされています!これは絶対美味いやつ。。

そして、こちらを見てみると…なんと毎週金曜日には“自家製塩ザンギ”が無料で食べ放題とのこと!(※黒ラベル小瓶と麺類の注文が条件となります。)

また、“家系”ではお馴染みライスが終日無料・食べ放題となっています!
先ほどもお伝えした通り濃厚な豚骨醤油スープにはご飯が合いますので、ぜひ少量でも味わってみると良いでしょう!“家系”の味にハマりますよ!

メニューについて

では、メニューを見てみます!
ご覧の通り“とんこつ醤油”をベースとしたラインナップが色々と並びますね!

  • ラーメン家系元祖(760円)
  • のり玉ラーメン(960円)
  • チャーシュー麺(1,060円)
  • ネギキャベツラーメン(1,000円)
  • ネギチャーシューラーメン(1,200円)
  • 銀家スペシャル(1,150円)
  • つけ麺(880円)

ん〜…つけ麺なんかも気になりますね!!

また、醤油ベースのラーメン以外にも“とんこつ味噌ラーメン”や“とんこつ塩ラーメン”、さらには辛さに際立った“ガチヘルラーメン”や“担々麺”なんかも用意されています!

さらに、こっそりと家系ラーメンのカロリーについて記載されていますね!
こちらによると…どうやらカロリーは高いらしいです!笑

しかも、さりげなく“替玉 極細麺 税込100円”といった記載なんかもありますね!

他にもサイドメニューなんかも充実していますね!

  • 餃子
  • 鶏唐揚げ
  • ポテトフライ
  • コロッケ
  • アジフライ
  • チキンカツ

この“おつまみメンマ”や、ピリ辛だれの味付けが食欲そそる“あかねちゃん”や“あかもちゃん”なんかも気になるところ。。

そして、注文は“とんこつ醤油(760円)”で、今回はご飯と一緒に楽しみたかったため、麺硬め・麺小盛りでお願いしてみました!(小盛りにすると-50円)

ちなみにテーブル調味料は、ご覧の通り“豆板醤”や“おろしにんにく”、フライドガーリックや“ふりかけ”などなど…実に様々な調味料が揃えられていますね!これはご自身のお好みで様々な味変を楽しめそうです!

食べてみた感想

そして、しばらくするとラーメンが運ばれてきます!

すると…ご覧の通りベースとなるのはいかにも濃厚さを思わせる豚骨の旨味をしっかりと利かせたスープが表現され、“家系”らしい琥珀色に輝く鶏油が香り高く旨味となってスープ表面に浮いていますね!

また、具材にはシンプルにチャーシュー、ほうれん草、海苔が使用され、至ってシンプルかつ十分な具材が取り揃えられているようです!

このように具材はシンプルとは言え、このチャーシューは非常にサイズも大きく厚みもあり、この時点ですでにしっかりとした食べ応えを思わせます!

では、さっそく一口食べてみると…非常にまろやかですね!臭みのない豚骨の旨味が丸みを感じさせる厚みとなって濃厚な醤油スープにコク深さを表現しています!

そして、気になる鶏油に関してもそこまで強烈な風味というわけでもなく、丁寧な処理を思わせる豚骨の旨味が引き立ち、それによって非常に食べやすい“家系”とも言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“家系”らしい太めのストレート麺となっていて、注文時に硬めでお願いしただけあって、ほどよい弾力だけでなく強いコシがあり、このしっかりとした噛み応えなんかも心地良く感じられます!

そんな太麺には、“家系”らしく豚骨の旨味をガツンと利かせた濃厚な醤油スープがよく絡み、一口ずつにまろやかな豚骨の旨味が口いっぱいに広がっていき、鶏油ならではのコクのある風味が後味良く抜けていきます!

また、“家系”のラーメンには欠かせない海苔をスープにしっかりと浸して麺に巻いてみると…海苔ならではの磯の風味が加わり、また一味違った美味しさを楽しむことができます!…これはトッピングで追加しても良いかもしれません!(追加トッピングは+100円)

そして…この海苔はもちろんライスにも合います!!合うと言うか…これこそ“家系”の醍醐味といった食べ方で、濃いめのスープだからこそそれを調和させるかのようなライスが合うんですよね!これがまた美味いっ!!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、この見た目からもわかるようにサイズ感は申し分なく、厚みもあって食べ応えもあるんですが、強いて言うなら…噛み切れないほどの硬さなのが若干気にはなりますね。。

これがもう少し脂身の部分を使用したり…トロチャーシュー寄りの仕上がりだと、濃厚なスープにももっとマッチしていたような気はします!

とは言え、“銀家”の濃厚な豚骨醤油スープにも合わないわけがなく、濃厚なスープに浸しながら食べ進めていくと良いでしょう!

また、こちらの“ほうれん草”は“家系”には欠かせない具材のひとつで、食感も良く、濃厚な豚骨醤油スープにも不思議と合うんですよね!

これがまたちょうど良い口直しにもなり、風味も合わせてどこかさっぱりと感じさせ、これによって何度でも豚骨醤油スープの味わいを改めて楽しむことができます!(追加トッピングの場合は+100円)

スープについて

スープは、まず臭みのない豚骨が醤油ならではのキレとコクを美味しく引き立てるかのように厚みのある旨味としてバランス良く溶け込み、全体としては非常にシャープな飲み口に加えて良い意味でのクセのある鶏油の香りが非常に心地良く感じられます!

また、注文時に脂の量を指定することができるものの、比較的乳化感の強い濃厚なスープに仕上がり、まろやかな味わいはコク深い濃厚さが際立ち、飲み応え・満足度の高い味わいによって、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

そして、途中で味変としてテーブルに置かれていた“おろしにんにく”や“豆板醤”などを加えてみようと思っていましたが、個人的にはこのままでも十分満足のいく仕上がりとなっていて、この濃厚な豚骨醤油を何度も味わいたくなりますね!

それくらい濃厚な豚骨の旨味なんですが、決してギトギトとした脂っこさではなく、ガツンと旨味を楽しむことのできる飽きの来ない仕上がりは、鶏油が決めてとも言える風味豊かなスープに仕上がり、この濃厚さ・キレの良さがご飯にぴったりです!

そのため、ご覧のようにご飯を直接スープに浸してみても非常に美味しく、これはこれでまたスープ・ご飯が止まらなくなってしまいます。。家系ハマりますよ!!

むしろ麺よりもこっちの方が美味しいのでは?と思ってしまうほどの相性の良さで、ご飯は少量でも必ず注文するべきでしょう!

そうこうしているうちに完食です!
“家系”はやっぱり美味しいですね!塩分濃度・カロリーともに高めとは言え…これはまた訪れたいと思います!

キャベツラーメン・味噌について

一方、こちらが“キャベツラーメン・味噌(900円)”となっていて、ご覧の通り“家系”ならではの“ほうれん草”に加え、メンマやキャベツといった具材が豊富に使用され、さらに3種の味噌をブレンドしたことで豚骨醤油スープとはまたひと味違った味わいが楽しむことができます!

そして、こちらの特徴としては…若干味噌感が強く、好みにはよるものの…やはり家系らしい豚骨の旨味を存分に楽しむには醤油ベースに限るかと思われます!

これはこれで香ばしさやコク深さが“とんこつ醤油”とはまた違った味わいが楽しめるわけですが、味噌そのものの旨味が全面に出ているようにも感じられるため、やはり豚骨の旨味・家系の良さが薄れているようにも感じられますね!

まとめ

今回「横浜家系ラーメン 銀家(ぎんや)」の“豚骨醤油”を食べてみて、丁寧に処理されたことが伝わってくる臭みのない豚骨の旨味がふんだんに利いたことによって濃厚な豚骨醤油スープに仕上がり、さらに鶏油によるコクが際立ったことで非常に風味も良く、“家系”ならではの良い意味でのクセのある味わいを存分に楽しむことができる仕上がりとなっていました!

…というか、やはり“家系”は美味しいですね!豚骨の旨味と鶏油によるコクと風味がたまらなく、ご飯にもぴったりな濃厚なスープはクセになるような味わいで、その良さに気付いた時にはしっかりとハマっているのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

横浜家系ラーメン 銀家 札幌宮の森本店 店舗情報

札幌市中央区宮の森1条11-3-1
※駐車場は店舗前に4台程度用意されています。

TEL:011-215-9170
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休