カップ麺

ゴーゴーカレー スープごはん 食べてみました!ごはんで楽しむスパイシーな一杯

ゴーゴーカレー スープごはん 食べてみました!ごはんで楽しむスパイシーな一杯

2019年1月8日に丸美屋からローソン先行商品として発売された「ゴーゴーカレー スープごはん」を食べてみました。

この商品は、金沢カレーブームの火付け役としてお馴染み、関東・北陸を中心に店舗展開する有名人気チェーン店「ゴーゴーカレー」ならではの濃厚な味わいを“カレースープごはん”に仕上げた一杯“ゴーゴーカレー スープごはん”となっております。(税抜き198円)

ご覧の通り、“ゴーゴーカレー”と言えば…このゴリラのイメージが強いパッケージがなんとも印象的な商品で、昨年もカップ麺として登場していましたが、今年は“カレーヌードル”とともに“カレースープごはん”も同時発売となっているようですね!

もちろん、この商品がカップ麺と一緒に並ぶとなかなかのインパクトですからね。。“ゴーゴーカレー”をご存知ない方へのアピールも絶大なものと思われます!

そして、その特徴としては…“ゴーゴーカレー”らしく濃厚な味わいが表現され、さらに下記のようにウスターソース感のあるスープに仕上がっているとのことで、ほんのり酸味があり、スパイシーさに際立ったさらっとしたスープのようですね!

ゴーゴーカレー監修のカップスープごはんです。キャベツ・豚肉そぼろが入ったスパイシーなカレーをベースとした、ウスターソース感のあるスープが特長です。
引用元:丸美屋 ゴーゴーカレー スープごはん【ローソン先行商品】|ローソン公式サイト

そして、ご覧の通りパッケージには“スパイシーな魅惑のスープ”と記載されているように、“ゴーゴーカレー”ならではのスパイシーさは健在で、“魅惑”という単語を使用するほどの引きつけられる美味しさが表現されているのでしょうか?これは仕上がりが気になるところ。。

さらに、こちらには“ふっくら押し麦入りごはん”と記載されているように、今回“カレースープごはん”となった“ごはん”には、押し麦も含まれているとのことで、ヘルシーさや麦飯特有の食感なんかも良いアクセントとなっていることを期待させます!

その他にも、具材にはキャベツ・豚肉そぼろが使用されていて、この豚肉から滲み出る旨味もまた今回の“カレースープ”の味わいを美味しく引き立てているものと思われます!

実際に食べてみて…

“ゴーゴーカレー”らしいドロッとした濃厚さではなく、“カレースープ”というだけあってさらっとした仕上がりのスープには、本格スパイシーな香辛料が利いたことで旨味もまた引き立ち、後味すっきりとした味わいが表現されていました!
これは特に、スパイシーなカレースープを“ごはん”と一緒に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“ゴーゴーカレー”の味わいをスパイシーな“カレースープ”に表現した「ゴーゴーカレー スープごはん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ゴーゴーカレー スープごはんについて

今回ご紹介するカップ麺は、黒くドロッとしたカレールーが特徴的な金沢カレーの有名店“ゴーゴーカレー”の味わいを“カレースープ”に表現したもので、押し麦入りご飯とともにスパイシーな旨味をじっくりと楽しむことができる“ゴーゴーカレー スープごはん”となっています。

もちろん監修は“ゴーゴーカレー”ということで、今回は先日ご紹介した下記の“カレーヌードル”と同時発売されています!詳しくはこちらの記事もご覧下さい!

ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味 食べてみました!スパイシーかつ濃厚な一杯が今年も登場!
ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味 食べてみました!スパイシーかつ濃厚な一杯が今年も登場!2019年1月8日に東洋水産(マルちゃん)からローソンにて先行発売された「ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味」を食べてみました。 ...

それでは、この“ゴーゴーカレー”の味わいが“カレースープごはん”にどれほどの濃厚さによって表現されているのか?この辺りについてもじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り192kcalとなっております。(塩分は3.0g)

今回は“スープごはん”ということもあって、カロリー・塩分ともにかなり低めな数値のようですね!ちなみに1食91.9gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、植物性たん白や砂糖をはじめ…

  • 食塩
  • カレー粉
  • トマト粉末
  • デキストリン
  • エキス(チキン、ポーク、オニオン、酵母)
  • ぶどう糖
  • 醤油
  • 香味油
  • 豚脂
  • クミン
  • 鶏脂
  • 加工油脂
  • でん粉
  • 胡椒
  • 唐辛子粉末
  • 玉ねぎ粉末
  • 生姜
  • にんにく
  • ウコン

といった、実に様々な旨味・香辛料が使用されているようで、“ゴーゴーカレー”らしい本格スパイシーなカレースープが楽しめる仕上がりを想像させる材料が多く並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“ごはん”、具入りスープといった2つの調味料などが入っています。

今回は“スープごはん”ということもあって、内容はいたってシンプルなものとなっていますね!

調理してみた

では、調理していきましょう。
調理方法は、こちらにも記載されているように、“ごはん”や調味料などを全て入れ、熱湯を注いだらすぐに約15秒かき混ぜます。

続いて“ごはん”をスープに沈めて、フタをしない状態で3分待ち、食べる直前に再度かき混ぜて完成とのことです!こういった簡単調理も“スープごはん”の良いところ!

ではまず、“ごはん”を入れてみます。
押し麦ごはんが入っているとのことで、半々くらいの割合で使用されているようにも見えますね!

ちなみに、この状態ですでに張りのあるふっくらとした仕様のようで、ここにお湯を注ぎ込むことで、さらにふっくら感が増して仕上がるのかもしれません!

また、“スープごはん”って食べ進めていくとスープが染みこむことで“べちゃっ”とした食感になってしまうんですが…これが押し麦を使用したことで最後まで張りのある“ごはん”を楽しめることを期待しましょう!

では、ここに先ほどの具入りスープを入れていきます!
この具入りスープはやや多めとなっていて、これを入れることによって、一気にカレーならではのスパイシーな風味が加わります!

そして、具材には…

  • キャベツ
  • 豚肉

が入っていて、他にも細かくカットされたパセリ、赤ピーマンなんかも含まれているようです!

それでは熱湯を注ぎ、すぐに約15秒ほどかき混ぜてみましょう。
ちなみに、原材料に“でん粉”と記載されていましたが、お湯を入れた直後に粉末スープを溶かしていっても、まださらっとした仕上がりのようですね!

続いて“ごはん”をスープに沈めて3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

お!やはりスープはさらっとした仕上がりのようで、どちらかと言うとスープカレーにも近く、“ゴーゴーカレー”らしい濃厚さは旨味としてスープに溶け込み、“ごはん”と一緒に楽しめる軽やかな印象の出来上がりです。

この仕上がりからは“ごはん”は確認できませんが、スープ底に沈めておいたことで、弾力のあるもちっとした食感に仕上がっているものと思われます!

また、想像通りのスパイシーな風味が香り立ち、それによって食欲はどんどんかき立てられていきます。。これはパッケージに記載されていたように“魅惑のスープ”というのも納得の仕上がりではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…さらっとしたスープではありますが、原材料に記載されていたように様々な材料が使用されたことで、しっかりとした旨味が感じられるスパイシーな風味を併せ持った味わいが表現されています!

これは今までの“カップ飯”といった一杯とはまた少し違った仕上がりのようで、さらっとしたスープがむしろ好印象に感じられるのではないでしょうか?

それによって“押し麦ごはん”を使用した“ごはん”も粒の立つしっかりとした食感が楽しめる仕上がりとなっています!

また、ウスターソース感のあるスープとのことでしたが、そこまで酸味は強くはなく、むしろスパイシーな味わいを密かに引き立てているようにも感じられますね!

ごはんについて

ごはんは、先ほどもお伝えした通り“押し麦ごはん”が半分ほど含まれた仕様となっていて、麦飯らしい張りのある食感がしっかりと表現されています!

また、通常の“ごはん”の方も粒の立つしっかりとした食感が心地良く感じられ、食べ進めていっても特にふやけることもないようです!そのため、この状態でも問題ないかと思われますが、もっと硬めがお好みの方は調理時間で調整してみると良いでしょう!

そんな“ごはん”には、旨味が利いたカレースープがよく絡み、一口ずつにスパイシーな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、かなり細かい肉そぼろ仕様のため、さらっとしたスープにも良い旨味が滲み出しやすく、じっくりと味わってみると…臭みのない豚肉ならではの旨味がしっかりと表現されたことで、今回の一杯にも相性ぴったりな具材となっています!

また、こちらのキャベツは、ほどよく食感を残した仕上がりとなっていて、スープの味わいを損なうこともなく、野菜の旨味としてカレースープの味を美味しく引き立てているようにも感じられます!

ちなみに、これらの具材は意外と豊富に使用されているようで、どのように“ごはん”をスプーンですくってみても具材が一緒に絡んできます!

そのため、一口ずつに感じるスープの旨味はより引き立っているようで、さらっとしたスープの割に満足度の高い味わいを楽しむことができるのではないでしょうか?

スープについて

スープは、原材料に“でん粉”と記載されていましたが、非常にさらっとした仕上がりとなっていて、その割に豚肉・野菜の旨味がしっかりと表現されたスパイシーな風味が特徴的といったところ!生姜もけっこう利いていて体ポカポカです!

そして、気になる辛さについてですが、“ゴーゴーカレー”自体辛さに訴求した仕上がりではないため(特徴は黒くドロッとした濃厚カレールー)、今回の一杯も辛さ自体はほぼないといっても良いでしょう!

とは言え、カレーならではの香辛料がしっかりと利いているため、本格的スパイシーさが際だったことで、変に甘ったるい仕上がりといった感じもありません!

また、その他様々な野菜の旨味がスープの味を引き立てているようで、さらっとしたスープにもかかわらず深みのある味わいに感じられるのではないでしょうか?

スープがさらっとした仕上がりでしたので、“とろみ”が欲しい場合は若干お湯を少なめにして濃厚さを増してみても良いかもしれません!また、辛みもそこまで強くはないため、香辛料の追加アレンジも良いですね!

まとめ

今回「ゴーゴーカレー スープごはん」を食べてみて、思っていたよりもさらっとしたスープに仕上がったことで、“押し麦ごはん”らしい芯の強い食感もまた引き立ち、軽やかな仕上がりかと思いきや、しっかりと旨味が利いた“ゴーゴーカレー”らしい本格スパイシーな味わいとなっていました!

そして、カレーということもあって“ごはん”にも合わないわけがなく、“カレーヌードル”とはまたひと味違った食感とヘルシーな味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!