カップ麺

「らーめん五丈原」カップ麺 “塩とんこつ” 後味の良い豚骨スープに背脂が加わったコク深い一杯

らーめん五丈原 塩とんこつ

らーめん五丈原 塩とんこつ」を食べてみました。(2021年4月20日発売・東洋水産/ローソン限定)

この商品は、札幌市中央区の繁華街“すすきの”の少し外れに本店を構える豚骨の旨味を活かした名店“らーめん 五丈原(ごじょうげん)”の看板メニュー“とんしお”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、後味すっきりとした臭みのない豚骨の旨味が丁寧に抽出されたことによってキリッとしたシャープな飲み口とコク深くまろやかな味わいが品良く仕上がった一杯が登場です!

それも…あっさり系の豚骨の旨味をベースにした“塩ラーメン”には大粒の背脂がたっぷりと加えられ、後味の良い豚骨スープにコク深さが際立ち、まさに最後まで飽きの来ないメリハリの付いたことで飲んだシメにもぴったりな一杯、“らーめん五丈原 塩とんこつ”となっております。(税込232円)
※実店舗では“あっさり”と“こってり”から選ぶことができ、“こってり”には大粒の背脂がたっぷりと加わります。

そしてここ“五丈原”は、上記の通り豚骨に拘った味わいが大変人気で、“すすきの”で飲んだシメにもちょうど良いあっさり感とこってり感が融合されているんですよね!そのため地元の方はもちろん、北海道のお土産にも販売されているため、道外でもご存知の方も多いのではないでしょうか?

ご覧の通り、パッケージには名店“五丈原”の看板をイメージさせる赤を基調に店舗ロゴや“塩とんこつ”といった今回の商品名、そして白濁としたクリーミーで後味すっきりとした豚骨スープに背脂がたっぷりと使用された仕上がりイメージなんかも掲載されており、以前にも商品化されていたようですが、かなり久しぶりの登場とのこと!!(取り扱いはローソン限定で期間・数量ともに限定なので気になる方はお急ぎください!)

らーめん五丈原 塩とんこつ パッケージ

そしてその“五丈原”の特徴としては…やはり一番人気の“とんしお”と呼ばれる“豚骨塩ラーメン”となっていて、とことん豚骨の旨味に拘ったクリーミーかつ濃厚でありながらも後味すっきりとした味わいで、丁寧に炊き出したことによって豚骨臭はまるでなく、まさに昼夜問わずあっさりとした豚骨ならではの美味しさが堪能できるという点が挙げられます!

一方こちら容器側面には、“まろやかでコクのある塩とんこつスープに、こってり背脂入り!”と記載され、その背景にはサラッとしていながらも白濁とした乳化感のある豚骨スープにたっぷりと背脂が加わったことによってコク深さが引き立った仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…背脂加工品・味付豚肉・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!ほんのりラー油のような油分も確認できますね!(背脂が加わっているということは今回再現されているのは“とんしお”の“こってり”かと思われます。)

しかもここ“五丈原”周辺にはまず、斜め向かいに全国的人気を誇る“えびそば一幻(総本店)”があり、さらに近くにはこちらも大変人気の“らーめん信玄(南6条店)”といった名店がひしめく中、負けじと行列を作る札幌の人気ラーメン店のひとつです!

そんな名店“五丈原”には本店以外にも“月寒店”があり、切れ端のチャーシューを利用した名物“ちゃーしゅーおにぎり”なんかも大変人気を博し(お持ち帰りも可)、今回は北海道のローソン限定でその“チャーシューおにぎり”を再現した一品も発売されています!

他にも特徴として…麺はやや細めの若干幅広なフライ麺が採用されており、旭川の製麺会社“佐藤製麺”による旭川ラーメン特有の低加水率の麺を再現しているかのような強いコシが心地良く、あっさりとした中にもコク深くまろやかな豚骨の旨味が凝縮されたスープにたっぷりと使用された背脂がほどよいこってり感をプラスし、最後までじっくりと上品な旨味溢れる豚骨スープが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

丁寧に抽出したかのような臭みのない豚骨の旨味が凝縮されたあっさりとした豚骨スープには、大粒の背脂がたっぷりと使用されたことによってコク深さが際立ち、それによってこってり感を演出するも…基本は後味すっきりとした飲み心地抜群なテイストとなっており、決して脂っこさ・“くどさ”といった感じはなく、実店舗ならではのメリハリの付いたキレ・コクのあるまろやかな味わいとなっていました!
これは特に、札幌の名店“五丈原”ファンはもちろん、あっさりとした豚骨スープに背脂をたっぷりと加えたことによってコクが引き立つ上品な味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は豚骨ラーメンの人気有名店で後味すっきりとした豚骨スープにたっぷりと背脂を加えたことによって実店舗でも人気の看板メニュー“とんしお”の味わいをカップ麺に再現したコク深くクリーミーな一杯、「らーめん五丈原 塩とんこつ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

らーめん五丈原 塩とんこつ

今回ご紹介するカップ麺は、丁寧に炊き出した豚骨の旨味を溶け込ませたキレの良い軽やかなテイストながらもコク深くクリーミーなまろやかさがクセになる“とんしお”を看板メニューとする地元では知らない方がいないのでは?というほど有名な“五丈原”の味わいをカップ麺に再現したもので、後味すっきりとした豚骨スープに背脂を豊富に使用したことでコク深さが際立ち、最後まで全く飽きの来ない豚骨の醍醐味がたっぷりと楽しめる一杯、“らーめん五丈原 塩とんこつ”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…容器側面と同じく実店舗の看板の赤を基調に店舗ロゴや“塩とんこつ”といった今回の商品名が記載され、シンプルながらも何度食べても飽きの来ない後味すっきりとした名店の味を思い出しますね!

また、こちらには“二代目店主 東 英俊 監修”と記載されているように、ここ“五丈原”の創業は1994年、旭川出身の“東 俊治”氏によって豚骨の旨味を活かした“とんしお”を看板メニューとしてオープンさせたのがはじまりで、現在では2代目となる“東 英俊”氏がその味を引き継いでいるようですね!

…というか、この“すすきの”の外れ周辺は飲んだシメでラーメンを食べるお客さんが非常に多く、深夜でも行列ができていても珍しくないエリアであり、この“五丈原”もまた昼時でも客足の絶えない人気店です!

ちなみに店舗外観はこちら容器側面にも掲載されている通り年季の入った割とこぢんまりとした佇まいとなっていて、中道に入った東本願寺の斜め向かい辺りに位置し、駐車場は店舗横に5台分用意され、他にも周辺にはパーキングもあるので駐車に関しての不便さはありません。

そして他にも“燕三条らーめん”といった新潟でお馴染みのテイストや“ますらお”といった二郎系の一杯など…看板メニューの“とんしお”以外にもバラエティに富んだ味わいが色々と楽しめる人気ラーメン店で、個人的にも何度も足を運んだことのある名店のひとつです!

そのため、“五丈原”の看板メニュー“とんしお”に加え、メジャーなサイドメニュー“ちゃーしゅーおにぎり”はもちろん、他にも当時なかった“ますらお”といった二郎系のガツ盛りメニューを提供したりと工夫を凝らした営業によって今もなお客足の絶えない人気店となっています!実店舗の詳細については下記のページもぜひご覧ください!

五丈原(ごじょうげん)
らーめん五丈原(ごじょうげん)に行ってきました!豚骨にこだわった“とんしお”が人気の札幌ラーメン店豚骨の旨味が凝縮された“とんしお”が人気の札幌ラーメン店「らーめん五丈原」に行ってきました! このラーメン店は、中央区南7条西8丁...

それでは、今回の“らーめん五丈原 塩とんこつ”がどれほど豚骨の旨味を丁寧に利かせたコク深くまろやかな仕上がりとなっているのか?豊富に使用した大粒の背脂や“ごま”によるこってり感や食欲そそる香ばしい風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても歯切れの良いコシが表現された細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り454kcal(めん・かやく350kcal / スープ104kcal)となっております。(塩分は6.3g)

カロリーは、名店“五丈原”の人気メニュー“とんしお”らしく後味の良い豚骨の旨味を凝縮させたことによって低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり98g、麺の量は70gとのこと!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと104kcalと思ったよりも高めな数値となっており、後味すっきりとした豚骨スープながらもたっぷりと使用された背脂によって物足りなさを感じさせないコク深いテイストをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや食塩をはじめ…

  • 豚脂
  • 植物油
  • 香辛料
  • ごま
  • 香味油脂
  • 魚介エキス
  • 粉末野菜
  • こんぶエキス

といった、豚骨の旨味を引き立てるかのような材料が豊富に使用されており、“五丈原”の看板メニュー“とんしお”らしい後味すっきりとした中にもコク深くクリーミーな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990368803
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉)、添付調味料(ポークエキス、食塩、豚脂、植物油、香辛料、砂糖、ごま、香味油脂、たん白加水分解物、酵母エキス、魚介エキス、粉末野菜、こんぶエキス)、かやく(背脂加工品、味付豚肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、カラメル色素、パプリカ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量454kcal
たん白質10.1g
脂質22.7g
炭水化物52.4g
食塩相当量6.3g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.32mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム225mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製油”と記載された調味料が別添されています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ割とサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 背脂加工品
  • 味付豚肉
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

見た通り豊富に使用されている粉末スープに大粒の背脂がたっぷりと含まれているようで、後味すっきりとした豚骨スープにどれほどコク深さが際立った仕上がりなのか非常に気になるところではないでしょうか?

さらに麺は、ご覧の通りやや細めで若干幅広なフライ麺が採用されており、実店舗で使用されているほんのり“ちぢれ”を付けたすすり心地の良い仕上がりをイメージさせますね!

調理してみた

では熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:460ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことによって先ほどまでの中細麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に細めの麺にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わわり、まさに名店らしい臭みのないあっさりとした豚骨スープに背脂が絶妙にマッチした旨味溢れる飽きの来ない一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの特製油を加えていきます!
すると…ピリッとした辛みを思わせる赤みを帯びた油分が出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り赤みを帯びた油分がスープ表面に広がっていき、風味としては特徴的な感じもなく、後味すっきりとした豚骨スープにメリハリを加えるかのような辛さをアクセントとしてプラスしているようですね!(ちなみに実店舗にはこういった辛みは加わっていません。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはり非常にサラッとした仕上がりとなっていて、丁寧・じっくりと炊き出した豚骨の旨味を利かせた後味の良いスープにたっぷりと背脂が使用されたことによってコク深さ・濃厚感が加わり、このピリッとした辛みがプラスされたことで最後まで飽きの来ないメリハリの付いた味わいが楽しめそうです!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクオリティの高いテイストが想像以上に再現されているようです!スープに浮かぶ上質な油分もまた良いですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…この塩ベースならではのあっさりとした感じ、それでありながらも豚骨の旨味をしっかりと感じさせるコクやまろやかさが調味油に含まれるピリッとした辛みとしてのアクセントと絶妙にマッチしたことでメリハリの付いた仕上がりが印象的で、大粒の背脂がたっぷりと使用されたことによってコク深さが際立ち、スープ全体のバランスは非常に良いですね!個人的に実店舗の味もよーく知っているんですが、これは再現性かなり高いのではないでしょうか?

そのため、縦型ビッグサイズといったボリューム感のある一杯ながらも最後まで全く飽きることもなく、丁寧に処理された豚骨の旨味ならではのクリーミーな味わいが後味の良さと背脂のコクによってうまく調和され、アクセントに加えられた辛みがビシッとスープの美味しさをまとめているようにも感じられます!

そしてなんと言っても豚骨臭はどこにもなく、じっくり丁寧に炊き込んだかのような豚骨の旨味はもちろん、キリッとしたシャープな飲み口によってついついスープが止まらなくなりますね。。(お好みによっては相性抜群な“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いかもしれません。)

麺について

麺は、ご覧の通りやや細め・若干幅広な仕様となっていて、ほんのり“ちぢれ”を付けたことによってスープその絡みも非常に良く、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたすすり心地抜群な仕上がりとなっています!

そんな中細麺には、丁寧に抽出したと思われる豚骨の旨味をしっかりと利かせたキレ・後味の良いコク深くもまろやかなスープがよく絡み、一口ずつに上質な豚骨の旨味や背脂のコクなどが口いっぱいに広がっていき、豊富に使用された“ごま”による香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりはかなり良いですね!あっさりとしていながらも素材本来の旨味を活かしたテイストはかなり幅広い層に好まれるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、若干小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると…肉質がしっかりと感じられる噛み応えのある仕上がりとなっていて、ほどよい味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、食べはじめはスープとよく馴染ませておき、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の美味いが引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの背脂は見るからに大粒で、使用されている数も思っていた以上に多いんですが…決して脂っこさや“くどさ”といった感じは一切なく、丁寧に抽出された豚骨の旨味をコク深く引き立てる相性抜群な具材として実店舗の人気メニュー“とんしお(こってり)”の味わいを臨場感高く再現しているように感じられます!

さらにこちらのメンマは、ほどよいコリコリ感が心地良く、メンマならではの味付けや素材本来の旨味もしっかりと感じれられる美味しい具材としてちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、割と大きめにカットされたことによってシャキシャキとした食感に仕上がり、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の豚骨スープの旨味を引き立てるのはもちろん、後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは先ほどもお伝えした通り、じっくりと丁寧に炊き出したことで全く臭みのない豚骨の旨味が溶け込み、サラッとしたキレ・後味の良い仕上がりながらも豊富に使用された大粒の背脂によってコク深さが際立ち、“こってり”というと若干誤解があるかもしれませんが、深みのあるテイストといったところで脂っこさや“くどさ”は全くなく、最後まで飽きの来ない非常に上品な豚骨スープとなっています!

そして今回は別添されている調味油に含まれているアクセント程度の辛みがちょうど良いキレを後押しし、それによってメリハリのあるキリッとした口当たりが好印象で、これはぜひローソン名店シリーズとして定番化してほしいところですね!(今回は期間・数量ともに限定商品となっています。)

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された味付豚肉や大粒の背脂がスープに馴染み、旨味が際立っていくことによって徐々にコク深さ・満足度も増していき、スープも箸も止まらなくなってしまいます。。

そして、そもそも今回“五丈原”監修のカップ麺はかなり久しぶりということで、個人的にはこれを機にこの名店の名が一気に全国区に広まってほしいですね!非常に丁寧に炊き出した豚骨の旨味はクセがなく豚骨臭も全くありませんから、男女問わず好評な一杯であることに間違いなく、飲んだシメにもちょうど良いあっさり感とコク深さがうまく融合されたテイストは再現性に関してかなり高く感じられることでしょう!

このように、今回の“らーめん五丈原 塩とんこつ”は、丁寧に抽出した豚骨の旨味を塩味のスープとバランス良く合わせたことによって後味すっきりとした抜けの良い味わいが印象的で、あっさりとは言っても…そもそも豚骨ならではのコク深くまろやかなテイストに関しては物足りなさといった感じは全くなく、そこに大粒の背脂がスープに加わったことでコク深さやほどよい濃厚感が際立ち、調味油に含まれるアクセント程度のピリッとした辛みが全体のメリハリを際立たせた旨味溢れる上品な一杯となっていたため、お好みによっては豚骨ラーメンと相性抜群な“おろしにんにく”や紅生姜などを別途追加してみても良いでしょう!

まとめ

今回「らーめん五丈原 塩とんこつ」を食べてみて、札幌の名店“五丈原”の味わいをカップ麺に再現した一杯には、実店舗さながらの豚骨の旨味が品良く溶け込み、あっさりとしていながらもコク深くまろやかな美味しさがたまらなく、背脂に関しても豊富に使用されたことによってコク深さが際立ち、まさに飲んだ後のシメにもちょうど良い軽やかなテイストであり、豚骨の旨味もしっかりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていました!

やはり“五丈原”と言えばこのあっさりとした中にも物足りなさを感じさせない豚骨の旨味が凝縮されている点が何度食べても飽きさせないポイントで、今回の一杯にはそういった丁寧に抽出された豚骨の旨味がしっかりと再現されており、後味すっきりとした塩スープとの相性も非常に良かったため、かなり再現性の高い好評の仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!