一平ちゃん

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味!レモンサワースクワッドとのコラボによる爽やかな一杯

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味」を食べてみました。(2021年9月28日発売・明星食品/ローソン限定)

この商品は、焼そばでお馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズの新商品ということで、今回は“レモンサワースクワッド(LEMON SOUR SQUAD)”とのコラボによって…ソース・マヨ・“ふりかけ”それぞれにレモンの酸味と風味を付与し、いつもの濃厚なテイストとはひと味違った後味さっぱり・爽やかな味わいが特徴的な大盛り仕様の一杯が登場です!

それも…ベースはレモン味の塩ダレとなっているんですが、豚脂やポークエキスなどポークの旨味がシリーズらしい濃厚感やこってり感をさり気なく際立たせ、あっさりとした中にもコクのあるソースにレモンの爽やかな酸味と風味がバランス良く融合され、他にも“ふりかけ”に含まれるレモン粉末の酸味が非常に強く、全体的にさっぱりとしている中にちょうど良いアクセントをプラス、もっちりとした弾力と強いコシを併せ持つ中太麺が絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味”となっております。(税込258円)

ご覧の通り、パッケージには“レモン味 塩だれ”と記載されている通り、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば”の新フレーバーは“レモンサワースクワッド”とのコラボによってレモンをテーマに爽やかな酸味や風味を利かせた後味の良い一杯であり、フレッシュな味わいながらもポークの旨味が下支えしたことでメリハリのある味わいをうまく表現、それによって最後まで飽きることなく楽しめる風味豊かな味わいには期待したいところ。。

一方、こちらにはシリーズお馴染みの“レモンマヨ付(特製マヨ)”と記載されており、今回はいつもの“からしマヨネーズ”ではなく、“一平ちゃん夜店の焼そば”らしいコクのある味わいにレモンの酸味が加わった仕様となっているようですね!これが“レモンサワースクワッド”をイメージさせる後味さっぱりと感じさせる爽やかさを引き立て、コクと酸味をうまく表現しているものと思われます!

そしてこちらの背景にはポークの旨味をベースにソース・マヨ・“ふりかけ”のそれぞれにレモンの爽やかな酸味や風味を利かせ、香辛料や“ねぎ”がレモン味の“焼そば”を引き立てた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…シンプルにキャベツのみ使用されているようです!(“ふりかけ”にはレモン粉末・香辛料・“ねぎ”が含まれています。)

また、パッケージには“こちらの商品にはLEMON SOUR SQUADは使用されておりません。”と記載されているように、あくまでレモンサワースクワッドとのコラボによってレモン味の“焼そば”を表現しているようで、希にレモン味の爽やかな“焼そば”が発売されているように後味さっぱりとしたレモンの酸味・風味を利かせたテイストのようで、一応レモンサワースクワッドとよく合う味とのこと…(合うのかな?)

他にも特徴として、麺は中太・角刃仕様のほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっていて、ポークをベースにレモンの爽やかな酸味や風味を利かせたことによってメリハリのある味わいを表現し、シリーズならではの特製マヨによるコクはもちろん、こちらにもレモンの酸味を利かせたことでさっぱりとしたアクセントが心地良く、当然こってり感といった脂っこさなども一切ありませんので最後まで飽きることなくレモン特有の爽やかな味わいがたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“しおダレ”ベースのレモン味ということで非常にあっさりとしたテイストかと思いきや…ポークの旨味がしっかりと下支えしたことでコク・こってり感がプラスされ、さらに“ふりかけ”に含まれるレモン粉末の強い酸味がちょうど良いアクセントとなったことによって後味の良さが際立ち、さらにお馴染み特製マヨによるコク、風味豊かなレモンの風味を加えたことで、まさに濃厚なレモン味の“塩焼そば”を食べているかのようなあっさり感・こってり感がうまく調和されたボリューム感のある一杯となっていました!
これはまさに、レモン味の“塩焼そば”が好みの方はもちろん、ポークの旨味をベースに爽やかなレモンの旨味・風味をバランス良く合わせた後味の良い味わいがもっちりとした中太麺に絡むさっぱりとしたテイストをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はレモンサワースクワッドとのコラボによってレモンをテーマにソース・マヨ・“ふりかけ”それぞれにレモンの要素を付与し、コクもありつつ…爽やかな味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる一杯、「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“一平ちゃん夜店の焼そば”の新商品ということで、リキュールのレモンサワースクワッドとのコラボによってレモンの味わいをうまく“一平ちゃん夜店の焼そば”の“塩焼そば”として表現、ソースや特製マヨネーズ、“ふりかけ”にまで爽やかなレモンの旨味や風味を加えたことでいつもの“一平ちゃん”シリーズとはひと味違った後味の良いボリューム感のある一杯、“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味”となっています。

ご覧の通りパッケージにはレモンサワースクワッドと同じく黄色を基調に“レモンサワースクワッド”そのものが大きく掲載されている大胆なデザインとしてカップ麺コーナーに陳列されているため、気になっている方も多いのではないでしょうか?そしてレモンサワースクワッドとのコラボ・レモンサワースクワッドとよく合うといったレモンの酸味・風味を利かせた後味さっぱりとした“塩焼そば”ということで、シリーズとしてはひと味違ったテイストですから…若干好みが分かれそうなフレーバーと言えるでしょう!

ちなみにこの“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズでレモンをテーマにしたフレーバーは恐らく初かと思われ、突拍子もない味わいを表現した商品も数多く発売されてきましたが、まさかレモンサワースクワッドとコラボするとは思ってもみませんでしたからね!その仕上がりは非常に気になるものの…レモンサワースクワッドは全く関係なくレモンの酸味・風味を利かせた“塩焼そば”ということで若干テーマがブレているような感じも否めません。。

ただ、こういったレモンをテーマにした“塩焼そば”は後味さっぱりとしたテイストで、他メーカーでも登場しているということもあって女性層でも気軽に楽しめる一杯と言えるのではないでしょうか?

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、濃厚な“焼そば”を中心に商品展開され、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味”以外にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味”がどれほどレモンの酸味・風味を利かせた後味さっぱりとした爽やかな仕上がりとなっているのか?あっさり感だけでなくポークの旨味によるコク深さ・こってり感、さらに別添されている“ふりかけ”に含まれるレモン粉末との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもコシが強い中太仕様のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り701kcalとなっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)で大盛り仕様ということもあって非常に高い数値のようで、塩分も同じくやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり162g、麺の量は130gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、半固体状ドレッシングや“しょうゆ”をはじめ…

  • 豚脂
  • 食塩
  • 香味油
  • ポークエキス
  • レモン粉末
  • 香味調味料
  • 香辛料

といった、基本はポークをベースにしたコクのある塩ダレといったテイストで、そこにレモンならではの爽やかな酸味や風味を加えたことでシリーズらしい濃厚感もありつつ後味さっぱりとした塩味の焼そばソースに仕上がり、さっぱり感だけでなく深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、ソースといった材料が確認でき、ほどよく味付けされていることが伝わってきます。

JANコード4902881476904
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(半固体状ドレッシング、しょうゆ、糖類、豚脂、食塩、香味油、ポークエキス、レモン粉末、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料)、かやく(キャベツ)、ふりかけ(レモン粉末、糖類、香辛料、ねぎ、植物油脂)/加工デンプン、香料、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、酒精、かんすい、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、カロチノイド色素、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (162g) 当たり]
熱量701kcal
たんぱく質11.5g
脂質27.8g
炭水化物101.1g
食塩相当量6.1g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム193mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、ふりかけ、特製マヨといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にソースはポークの旨味を含んでいるとは言え…レモンの酸味・風味を利かせた塩ダレとなっているため、調理中は軽く温めておく程度で十分かと思われます。
※特製マヨは温めてはいけません。

また、麺はご覧の通り角刃の中太仕様ということで、爽やかなレモン風味香る塩ダレにしっかりとした食べ応えを感じさせるもっちりとした弾力・強いコシを兼ね備えたフライ麺が採用されているようです!

そしてこの中太麺の裏には、ご覧の通り具材として使用されているキャベツがすでに入っています。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:770ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、一回り太さを増したことで弾力のあるもっちり感と歯切れの良い強いコシが加わった食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…ポークを利かせた塩ダレながらも非常にサラッとした濃い目の色合いとなっていて、見た目とは裏腹にレモンならではの酸味の利いた爽やかな風味が一気に広がっていき、思っていたよりも柑橘系の後味さっぱりとした味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、ソースはサラッとした液体タイプということもあって…すぐに容器底へと沈んでいき、ポークのコク深さと爽やかなレモンの風味が意外と相性良くマッチした香りが印象的で、特に女性層が好きそうなテイストに仕上がっているような気がしますね!レモンを利かせた塩ダレですから…こってりとしたいつもの“一平ちゃん夜店の焼そば”シリーズとはひと味違ったテイストに間違いありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りやはりサラッとした液体ソースということもあってすぐに中太麺にも馴染んでいきます!しかし混ぜるほどにレモン特有の爽やかな風味が広がっていきますね!これはどんな味わいに仕上がっているのか?非常に気になるところ。。

そしてソースが全体に馴染んだら、続いてシリーズとしては欠かせない特製マヨを加えていきます!こちらは今回レモンの酸味・風味が加わっており、マヨネーズのコクだけでなく後味さっぱりと感じさせる爽やかさなんかも加わり、全体的にちょうど良いポークの旨味・さっぱり感に期待できそうです!

さらに最後に先ほどの“ふりかけ”をかけて完成です!
ちなみにこの“ふりかけ”には…レモン粉末・香辛料・“ねぎ”が使用されており、それによってキレの良さやレモンの強い酸味が加わり、レモンの味わい・風味に拘ったフレーバーであることが伝わってきます!(お好みによっては後ほど加えてみても良いかもしれません。)

こうして完成となるわけですが、やはりレモンをテーマにさっぱりとしたテイストに仕上げているものの…やはりポークの旨味がコクや濃厚感をさり気なく後押しし、単純にあっさりとしたレモン味というわけではなく、しっかりと美味いシリーズらしい厚みのある旨味が表現されているように感じられます!これは具材がキャベツのみでも特製マヨがたっぷりと使用されていることもあって全く物足りなさといった印象はありません!

また、今回の“レモン味”をイメージした塩ダレベースのソースには、ただでさえソース・マヨ・“ふりかけ”それぞれにレモン特有の爽やかな酸味・風味が加わっているわけですが…特に“ふりかけ”に含まれるレモン粉末の酸味が非常に強く、レモンテイストながらもさらに酸っぱさを引き立てるちょうど良いアクセントにもなり、特製マヨのコクがバランス良くマッチしたことで全体のバランスは思ったよりも良さそうです!!

食べてみた感想

一口食べてみると…レモンの酸味と風味を利かせた塩味の焼そばソースに仕立て上げ、さらにポークの旨味が物足りなさを感じさせることもなく、ちょうど良いこってり感とあっさり感がバランス良く融合しているもののレモン味の塩焼そばですからね女性には好評かもしれませんが、やや好き嫌いがはっきりと分かれるかと思われます!(ただ、試してはいませんがレモンサワースクワッドには合わないと思います笑)

また、ソースにもレモンの酸味と風味が加わっていますのでデフォルトでも十分レモンの酸味とシリーズらしいこってり感が楽しむことができるため、徐々に特製マヨネーズやふりかけを加えて酸味と風味を際立たせるといった味の違いを比べてみても良いでしょう!(特にふりかけに含まれるレモン粉末は酸味が強いです

そしてなんと言っても今回のフレーバーはレモンサワースクワッドとのコラボではありますが、決してレモンサワースクワッドの味を再現しているわけではなく…他メーカーでもたまに登場するレモン味の塩焼そばとなっており、レモンサワースクワッドとよく合うのかどうかを考えると個人的にはどうも腑に落ちません。。(レモン味の料理でレモンサワースクワッド飲むかな?と若干疑問が残ります

麺について

麺は、ご覧の通り中太・角刃仕様ということもあって、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを併せ持ったフライ麺となっています!(ほどよく味付けも施されているため、噛むほどに旨味が増して感じられます。)

そんな中太麺には、ポークをベースにソース・マヨ・“ふりかけ”それぞれにレモンの爽やかな酸味や風味を利かせたことで後味さっぱりとしたテイストながらもコク深く濃厚でもある塩ダレがよく絡み、一口ずつに柑橘系特有の爽やかな酸っぱさや香りがこってり感とうまく調和されたメリハリのある味わいが口いっぱいに広がっていき、爽やかなレモンの香りが後味良く抜けていきます!…というかこのレモン風味の塩ダレを表現した焼そばソースはクセになりますね。。いつもとはひと味違いますが、これはこれでさっぱりとした最後まで飽きが来ないのではないでしょうか?

また、このシリーズには欠かせない特製マヨを多めに付けて味わってみると…レモンの酸味が加わったまろやかなコクが加わったことで濃厚感が際立って感じられるため、少しずつ味の違いを確かめつつ加えて全体を混ぜ合わせて味の違いを楽しんでみても良いかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず…と言ってもこちらのキャベツのみとなっているんですが、シャキシャキとまではいかないものの、今回の一杯にちょうど良い彩りや食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“ふりかけ”には…レモン粉末・香辛料・“ねぎ”が使用されており、それによって強い酸味やピリッとした辛み、さらに美味しさそのものを引き立てる薬味が加わったことでレモンの酸味・風味がより一層引き立って感じられ、後味さっぱりとした塩ダレの“焼そば”を楽しむにはボリューム感もあってたまりませんね!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースにレモンの爽やかな酸味や風味を加えたことで、あっさりとした中にもこってり感やコクがあり、特にシリーズには欠かせないマヨネーズによって後味さっぱりとしていながらも決して物足りなさを感じさせない塩ダレに仕上がり、このポークの旨味・脂が麺にちょうど良いオイリーなツヤをコーティングしたことで最後までパサつくこともなく、後味さっぱりとしたレモン風味のひと味違った味わいが楽しめることと思われます!ちなみに…ポークに関しては塩ダレの旨味を引き立てるためのものであって、特に脂っこさ・臭みが強いというわけではありませんのでご安心ください!

そして、特製マヨや“ふりかけ”にもレモンの酸味や風味がしっかりとプラスされているため、後味さっぱりとした塩ダレがボリューム感たっぷりと楽しめるかと思われます!ただ…こういったテイストは好き嫌いがはっきりと分かれそうなので、好きな方にはかなりハマる一杯と言えるのではないでしょうか?女性層を中心に人気がありそうですが、食べ応えのある大盛り仕様ですからね…個人的にはレギュラーサイズでも良かったような気がします。。

このように、今回の“一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味”は、リキュール(お酒)でお馴染みレモンサワースクワッドとのコラボによってソース・特製マヨネーズ・ふりかけそれぞれにレモンの爽やかな酸味・風味を利かせた後味さっぱりとした仕上がりで、ポークの旨味がコク・濃厚感を引き立て、物足りなさを一切感じさせないシリーズらしい厚みのある旨味が表現され、実際レモンサワースクワッドと合うかどうかはさておき最後まで飽きの来ない塩ダレ・大盛仕様の一杯となっていたため、お好みによっては塩焼そばと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 レモン味」を食べてみて、お馴染み“一平ちゃん”シリーズとしては非常に珍しい“レモンサワースクワッド”といったリキュールとのコラボによってレモンの酸味や風味をソース・特製マヨ・“ふりかけ”それぞれに加え、ポークのコク深さとうまくマッチしたことでメリハリのある後味さっぱりとしたテイストに仕上げ、最後まで飽きの来ないボリューム感抜群な一杯となっていました!

しかしこのシリーズからレモンをテーマにしたテイストが登場するとは思いませんでしたから…個人的には非常に新鮮なフレーバーにも感じられ、さらにレモンの爽やかな酸味や風味だけでなくポークの旨味によってコク深さ・濃厚感を引き立てたバランスの良い仕上がりに関しては思ったより幅広い層に好まれる一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!