カップ麺

「巨牛荘」監修カップ麺 “濃厚肉汁焼きうどん” プルコギのシメで味わう焼うどんを再現した濃厚な一杯

巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん

巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん」を食べてみました。(2020年12月14日発売・明星食品)

この商品は、芸能界関係者が“究極の焼肉店”と大絶賛し、特にプルコギが人気の名店“巨牛荘(きょぎゅうそう)”のシメにいただく“焼うどん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、牛肉の旨味をたっぷりと利かせた醤油ベースの濃厚なタレにもっちりとした食感に拘った“うどん”が絡む食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…牛肉の旨味を利かせた醤油ソースに食欲そそる“にんにく”を加え、さらに“ごま油”の香味や香ばしい風味が臨場感溢れる味わいを再現し、麺量130gの大盛り仕様でがっつりと食欲を満たしてくれるインパクトのある逸品、“巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通りパッケージには“プルコギのシメで味わう牛肉の旨さとごま油の香り”と記載されているように、ここ“巨牛荘”は薄くスライスした和牛カルビを秘伝のタレに付け込んだプルコギを看板メニューとする名店として業界人にも広く知られ、シメに“うどん”を加えて肉の旨味をたっぷりと染み込ませた“焼うどん”が大変人気を博しているようですね!!そんな肉汁の旨味溢れる味わいが弾力のある“うどん”にしっかりと染み込ませた味わいがカップ麺に再現されたということで、かなり期待できそうです!!

また、“巨牛荘”といった店舗名が非常に大きく掲載されているインパクト絶大な今回の一杯は、そもそも名店と呼ばれる焼き肉店とのコラボ商品であり、舌の肥えた芸能業界関係者からも“究極の焼き肉屋”と言わしめるほど大絶賛の人気店で、文字通り素材本来の旨味を存分に楽しめる焼き肉屋のようですが、中でも特に“プルコギ”が大変有名で、鉄板焼による香ばしさが肉の旨味と合わさったことによるやみつき感のある味わいがもっちりとした弾力の“うどん”と絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯とのことで、聞いているだけで食欲そそられますね。。

一方こちらパッケージの背景には名店“巨牛荘”で味わう旨味溢れるプルコギのシメに味わう大盛り仕様の“焼うどん”といった肉の旨味がしっかりと染み込んだ食欲を掻き立てる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…牛肉チップ・キャベツが使用されており、実店舗ではドーム型の鉄板を使用したことによって周囲に溜まった肉汁が“うどん”に染み渡るようですね!これはプルコギの旨味を余すことなく凝縮させたパンチのある味わいが楽しめそうです!!
※“ふりかけ”には、ブラックペッパー・小ねぎ・ごま・チリが使用されています。

他にも特徴として…麺は上記の通り名店“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”をじっくりと味わった後にシメとして加えるもっちりとした“うどん”が採用されており、ほどよく“ちぢれ”が付き、厚みもある若干幅広な仕様によってソースの絡みが非常に良く、もちもちとした食感に拘ったという…食べ応え抜群なボリューム感はもちろん、業界人も唸る名店“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”に加えるシメの味わいをイメージさせる肉汁の旨味溢れるテイストが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

牛の旨味をしっかりと利かせた醤油ベースの濃厚な味わいに仕上がり、牛肉ならではの脂っこさや風味などのクセがほどよく際立っていたものの…“ふりかけ”に含まれるブラックペッパーやチリといった後味の良さを引き立てるピリッとしたアクセントがちょうど良いメリハリとなって“巨牛荘”の看板メニューにシメで味わう“焼うどん”の美味しさ・香ばしさをうまく再現、こってりとしていながらも最後まで飽きの来ないボリューム感抜群な一杯となっていました!(ただ…美味しいは美味しいんですが、カップ麺の限界を感じてしまいますね。。)
これは特に、“巨牛荘”ファンはもちろん、旨辛なプルコギならではの旨味溢れる濃厚なソースがたっぷりと“うどん”に染み込んだボリューム感のあるフレーバーを思う存分たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京都墨田区に本店を置き、住宅地にひっそりと佇んでいるにも関わらず焼き肉通や芸能関係の方々がこぞって訪れる名店“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”のシメに加える“うどん”を食べているかのような味わいをカップ麺に再現した旨味溢れるボリューム感抜群な一杯、「巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん

今回ご紹介するカップ麺は、東京都墨田区に本店を置く芸能関係など各方面からも“究極の焼き肉店”と呼ばれる名店“巨牛荘”の看板メニューの味わいを再現したもので、同店監修によって牛肉の旨味を利かせた醤油ソースに食欲そそる“にんにく”を加え、さらに“ごま油”の香味や香ばしい風味が特徴的な美味しさを凝縮し、まさにシメに加える“焼うどん”を食べているかのような臨場感溢れるテイストに仕上げた満足度の高い一杯、“巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん”となっています。

巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん パッケージ

ちなみにここ“巨牛荘”の創業は1977年、職匠と称される“桜井 要三(さくらい ようぞう)”氏が韓国での修行経験(特にプルコギについて)を経た後、東京都墨田区に“石原本店”をオープンさせたのがはじまりで、現在では“六本木店”や“半蔵門店”を合わせて3店舗を展開する人気店とのこと。

また、こちらには“秘伝が息づく東京・両国の焼き肉店”と記載されているように、“巨牛荘”の本店は両国エリアに位置する東京都墨田区にあり、秘伝のタレにしっかりと付け込んだ和牛カルビによる“プルコギ”が看板メニューとしての名店であり、特にこの“秘伝のタレ”という辺りが味の決め手と思われ、“究極の焼き肉店”と言わしめるほどの美味しさとのことですので、今回の商品化によって一気に認知度が広まりそうですね。。(ちなみに経営母体は“株式会社 WDI”という国内外に様々なブランドを幅広く店舗展開する上場企業となっています。)

さらに、以下の通りとにかく舌の肥えた芸能関係者からの信頼も厚く、足繁く通う人気店のようで、特に今回商品化された看板メニュー“プルコギ”の旨味が凝縮された“焼うどん”をシメに味わうのが定番であり、この味を求めて通っている方もいらっしゃるほどの美味しさが表現されているとのことで、カップ麺とは言え…かなり味も濃く牛肉の旨味を詰め込んだやみつき感のある絶品な仕上がりに期待したいところ!!

やはり本当の人気店というのは立地に関係ないんですよね!ここ“巨牛荘”も住宅地にあり、比較的不便な立地とのことでしたが、知る人ぞ知る“プルコギ”の名店のようで、こういった名高い焼き肉店は実店舗でもぜひ味わってみたいものです。。

口の肥えたアイドルやタレント、ワイドショーレポーターからテレビ局のプロデューサーなど、芸能業界関係者が“究極の焼肉屋”と絶賛し、通い詰める「巨牛荘(きょぎゅうそう)」は、職匠“桜井要三”氏が、1977年5月墨田区石原にオープンしたこだわりの焼肉店です。
引用元:旨さが違う、こだわりの焼肉 巨牛荘

他にもこちらには、“巨牛荘”の簡単な説明書きが創業時の実店舗と思われる写真とともに掲載されており、これによると…“和牛カルビの薄スライスを秘伝が息づく旨辛たれに付け込んだプルコギに加え、鍋にたまった肉汁へうどんを入れた焼うどんが名物。この焼うどんのために、プルコギを食べるファンも多数”とのことで、まずは秘伝のタレにしっかりと付け込んだプルコギの味わいを堪能し、シメとして肉汁溢れるタレを“うどん”に染み込ませていただくという…多くの芸能関係者をも唸らせる“焼うどん”が人気のようですね!

それでは、今回の“巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん”がどれほど牛肉の旨味を凝縮させた醤油ソースに仕上がっているのか?食欲そそる“にんにく”や“ごま油”の香味など香ばしい風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力のある食べ応え抜群な“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り743kcalとなっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、汁なしカップ麺・大盛り仕様、さらに牛肉の旨味をしっかりと利かせた濃厚なフレーバーということもあってかなり高い数値のようで、塩分も同じくやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり162g、麺の量は130gとのこと。

このカロリー・塩分の数値を見てわかるように、ここ“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”のシメにいただく“焼うどん”は、秘伝のタレをしっかりと染み込ませた濃厚な旨味はもちろん、かなりボリューム感もある満足度の高い一杯に仕上がっていることをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や豚脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • 食塩
  • 甜麺醤
  • 香辛料
  • ビーフエキス

といった、牛肉の旨味をしっかりと利かせた醤油ベースのソースにブラックペッパーやチリ(唐辛子)を加えたことによって濃厚・こってりとしたソースにメリハリが引き立ち、もっちりとした“うどん”がボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高い味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

他にも麺の項目には食塩や“しょうゆ”といった材料が掲載されており、ほんのりと味付けが施されていることが確認できますね!

JANコード4902881451116
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、ソース(しょうゆ、豚脂、糖類、植物油脂、食塩、甜麺醤、香辛料、ビーフエキス)、かやく(キャベツ、味付牛肉)、ふりかけ(ごま、香辛料、ねぎ、赤唐辛子)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、トレハロース、カラメル色素、リン酸塩(Na)、増粘剤(アラビアガム、加工デンプン)、香料、酒精、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に乳成分・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (162g) 当たり]
熱量743kcal
たんぱく質10.6g
脂質33.7g
炭水化物99.4g
食塩相当量6.1g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム214mg

引用元:明星 巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、“ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースには牛肉の旨味をしっかりと利かせた濃厚なテイストに仕上がっているとのことでしたが、そこまでドロッとした状態ではありませんでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通り、厚みもあり幅のやや狭めな“うどん”が採用されており、ほどよく“ちぢれ”を付けたことでソースとの絡みも非常に良く、もちもち感に拘ったというだけあって、麺量130gの大盛り仕様によってしっかりと食欲を満たしてくれる…そんなインパクトのあるボリューム感となっています!

さらにその“うどん”の裏側には、かやくとして…

  • 牛肉チップ
  • キャベツ

がすでに入っています。

今回のボリュームからするとやや少なめではありますが…秘伝のタレに付け込んだ牛カルビによるプルコギの旨味・シメに加えた“焼うどん”の味わいを再現した辺りが注目ポイントですから、そこまで気になるほどではありません。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:770ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”にはもっちりとした弾力のある食感が加わり、“究極の焼き肉店”との呼び声高い名店“巨牛荘”の味わいがたっぷりと楽しめる130gもの食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…まずは牛肉の旨味・脂と思われる無色透明な油分がたっぷりと出てきます!

そしてその後からは醤油ベース・割とサラッとした状態の濃厚なソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう。

そしてこの液体ソースは非常にサラッとしていて量も多めとなっていたため、すぐに容器底へと沈んでいき、牛肉ならではの良い意味での脂っこさやクセのある風味が一気に広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りサラッとした状態、そしてほどよい油分が含まれているせいか…すんなりと麺量130gもの食べ応え抜群な“うどん”にも濃厚なソースが馴染んでいきます!

そして液体ソースが全体に馴染んだら…最後に“ふりかけ”を加えて完成となります!

ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • ブラックペッパー
  • 小ねぎ
  • ごま
  • チリ(唐辛子)

が入っています!

牛肉の旨味をしっかりと利かせたほどよい脂っこさをうまく調和させるかのような香辛料などがバランス良く含まれているようですね!

こうして完成となるわけですが…ソース自体の色合いからは想像も付かないほど牛肉ならではの旨味溢れる濃いめの風味が香り立ち、牛の旨味・甘味をバランス良く融合させたコク深く後に残らない醤油ベースの味わいが香辛料によってうまう調整されているように感じられます!

また、具材・“ふりかけ”には“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”の旨味を引き立たせるかのような材料が各種豊富に使用されており、そもそも牛カルビを秘伝のタレに付け込んだ旨味溢れる味わいを“うどん”に染み込ませたことで、すでに物足りなさを一切感じさせない仕上がりとなっているため、風味からして食欲を掻き立てていきます。。

食べてみた感想

一口食べてみると…牛肉の旨味がしっかりと利いているんですが、再現性としてはどうなんでしょう?個人的にはかなり微妙な印象で、牛ならではのクセのある旨味・風味が感じられるものの…パッケージのインパクトだけが先走っているように感じられますね。。

…なんと言うか、牛肉の旨味が最後まで飽きさせない全体的なバランスの良さは好印象の反面、イマイチどこにでもありそうな牛肉の旨味を利かせた“焼うどん”といったところで、特筆すべきて点がこれといって見当たらない辺りがカップ麺としての限界を感じさせ、実店舗との再現性は定かではありませんが、商品紹介の文面からして肩透かしを食らうかもしれません。。(やはり簡単には秘伝のタレを再現することは難しいということなんでしょう。当然ですが…)

とは言え、牛の旨味をバランス良く融合させたタレの美味しさはしっかりと際立っており、濃厚な味わいがコーティングされた麺量130gのボリューム感抜群な“うどん”を最後まで飽きさせない香辛料の利かせ具合は秀逸で、まさに牛肉の旨味を利かせた“焼うどん”をがっつりといきたい時におすすめの一杯と言えるでしょう!ただ、“にんにく”はそこまで利いてはいませんので、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり若干幅は狭めではありますが、非常にもっちりとした弾力のある“うどん”となっていて、もちもち感に拘ったというだけあってシメにいただいているかのような…タレをしっかりと染み込んだ感じがうまく再現されています!

そんな“うどん”には…名店“巨牛荘”の看板メニュー“プルコギ”の味わいをイメージした旨辛で濃厚なソースがよく絡み、一口ずつに牛肉の旨味をしっかりと利かせた濃いめの味わいが口いっぱいに広がっていき、牛肉ならではの風味が後味良く抜けていきます!この辺りに関しては賛否分かれそうな感じはしますが…麺のもちもち感は非常に良く出来ていますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付牛肉が入っていて、見た通りかなり小さめにカットされているため、物足りなさを感じさせる仕上がりかと思いきや、割とジューシーな牛肉の旨味が凝縮された具材となっていたため、単品で味わうと言うよりも全体をしっかりと混ぜて“ふりかけ”に含まれる様々な香辛料などと一緒に絡めていただくと、より一層牛肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキャベツは、シャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです。

他にもこちら“ふりかけ”に含まれるブラックペッパーやチリ(唐辛子)などのピリッとした香辛料が今回の濃厚・こってりとした味わいをうまく調和させ、メリハリのあるテイストとして最後まで飽きさせることもなく、“小ねぎ”や“ごま”なんかもちょうど良い薬味や香ばしさをさり気なく加え、こってりとしたプルコギの美味しさを引き立てているように感じられます!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り、臭みのない牛肉の旨味をしっかりと利かせた醤油ソースに食欲そそる“にんにく”をほんのりと加え、さらに“ごま油”の香味や香ばしい風味がバランス良く融合し、濃厚ながらも“ふりかけ”に含まれる各種香辛料が最後まで飽きさせないキレの良さとこってり感をうまく調和させた仕上がりとなっています!

そしてこの肝心なプルコギの美味しさや秘伝のタレといった旨味まではさすがに再現しきれていないようにも感じられ、実店舗との再現性は定かではありませんが…非常に濃厚なテイストながらもちょっと物足りなさを感じさせる仕上がりで、どうしてもカップ麺ではここまでが限界かな?と思わせるのが正直な感想です!(実際に焼いて香ばしさをプラスしたいくらいです。。)

ここは油揚げ麺ではなく、ノンフライ麺にしてソースもたっぷりと使用し、ソースを染み込ませない仕様にした方がプルコギの残った肉汁に浸していただくシメの“うどん”がうまく整合性とれていたようにも感じられますね。何かが足りない印象で、ハードルが高いだけあって残念な感じがどうしも心残りではあります。

このように、今回の“巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん”は、東京墨田区に本店を置く芸能業界関係者にも絶大な支持を得る職匠“桜井 要三”氏が作り出す看板メニュー“プルコギ”のシメに加える“うどん”を味わっているかのような仕上がりをイメージさせるも、秘伝のタレや牛肉の旨味に関しては期待していただけあってちょっと物足りなさを感じてしまう一杯となっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”などをちょい足ししてパンチのある口当たりを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「巨牛荘監修 濃厚肉汁焼きうどん」を食べてみて、舌の肥えた芸能関係の方も足繁く通うという…プルコギの名店“巨牛荘”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯は、牛肉の旨味に相性抜群な“にんにく”を加え、さらに醤油ベースのキリッとした口当たりと牛ならではのこってり感がうまく融合したボリューム感抜群なシメにいただく“焼うどん”を気軽に楽しめる仕上がりとなっていたものの…強烈に美味い!とは言えない今ひとつ何かに欠ける味わいとなっていました!

そのため、実店舗で味わうようにサニーレタスで巻いていただいても良いでしょうし、お好みで“おろしにんにく”など、濃厚なプルコギの美味しさを引き立てる香辛料などを足して味を調整してみると、より一層美味しくいただけるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら
この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!