カップ麺

麺創研 紅「鬼紅 濃厚激辛味噌」食べてみました!辛さレベル最大の“鬼紅”を再現した激辛な一杯

麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌

麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌」を食べてみました。(2020年11月23日発売・サンヨー食品)

この商品は、東京・府中の辛味噌ラーメン専門店「麺創研 紅(めんそうけん くれない)」の人気激辛メニューである“鬼紅(おにくれない)らーめん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、豚骨をベースに赤・白の合わせ味噌を加えた繊細な旨味を利かせ、さらにガーリックなどの香味野菜を利かせた食欲そそる濃厚なスープが強い辛みの中にもしっかりと楽しめる激辛味噌味の一杯、“麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには“鬼紅”といったインパクト抜群な商品名である文言が大きく記載されているため、店頭に並ぶこの商品が気になっているという方も多いのではないでしょうか?

麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌 パッケージ

また、フタの上に別添されていた“仕上げの小袋”を剥がしてみると、一文字“鬼”と大きく記載された強烈なインパクトを放つパッケージとなっていて、なにやら…今回再現された実店舗でも一番辛いメニュー“鬼紅らーめん”は、激辛好きな方へのチャレンジメニューであり、ラー油や唐辛子などの強い辛さの中にもしっかりとした旨味が楽しめるという逸品のようですね!これは以前ご紹介した7割ものお客さんが注文するという“紅らーめん”よりも強烈な辛さが表現されているため、個人的にも非常に楽しみな一杯です!

さらに、こちら容器側面には…“麺創研 紅”で提供している各メニューの“辛さレベル表”が記載されており、今回の“鬼紅”がしっかりとした辛さが表現されていることがわかりますね!

鬼紅
みそ

このように、今回再現されたラーメンは実店舗でも特に辛さが強いという…辛さレベル5の“鬼紅らーめん”となっているため、これは以前発売されていた“紅”の味わいを再現した“濃厚辛味噌ラーメン 紅”についての記事にも書いたように“鬼紅”の商品化にも期待していただけあって、どれほど強烈な辛さが表現されているのか非常に気になるところ。。

ちなみに以前のパッケージに記載されていたように…“辛さのなかにうまさがある”といったコピーから、今回もまた単純に辛いだけじゃないしっかりとした旨みが凝縮されていることを想像させます!

一方こちらには、“濃厚激辛味噌”と記載されているように、今回の“鬼紅 濃厚激辛味噌”の特徴としては…ポークだけでなくチキンの旨味なんかも使用し、そこに赤味噌と白味噌を加え、さらに相性抜群なガーリックやオニオンの香味野菜、さらに唐辛子やラー油によって強烈な辛みを利かせた濃厚な味噌スープとなっていて、まさに辛さの中にもしっかりとした旨味が感じられる激辛フリークには見逃せない一杯のようですね!

そして、容器側面には上記の通り“鬼紅”といった非常にインパクトのある文字が掲載されているんですが、その背景にはラー油や唐辛子によって真っ赤に染まる強い辛さを表現した濃厚な激辛味噌スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・ポークダイス・唐辛子が使用されているようです!

他にも特徴としては、実店舗で提供されている自家製麺“特製乱切り麺(太さが異なる3種類の麺)”をサンヨー食品独自の技術“特殊切刃”によって太さの異なる麺を混在させたことで独特な食感を表現、さらに手揉み風の“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、動物系の旨味に合わせ味噌を加えたコク深い激辛味噌スープが最後まで飽きることなく思う存分じっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークやチキンといった動物系の旨味によって濃厚さを際立たせた味噌ベースのスープには、ガーリックやオニオンといった食欲そそる香味野菜がしっかりと利き、さらにラー油や唐辛子を加えた激辛テイストの汗が吹き出すしっかりとした強い辛さがが表現されたことによって、まさに“鬼紅”というイメージにもぴったりな一杯に仕上がっていました!(ただ…本当に激辛好きな方にとっては肩透かしを食らうかもしれません。。)
これは特に、“麺創研 紅”ファンはもちろん、辛いもの好き・激辛フリークな方や、辛さの中にもしっかりとした旨味を楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・府中の人気ラーメン店“麺創研 紅”の人気激辛メニュー“鬼紅らーめん”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したラー油や唐辛子の強い辛さの中にもコク深い旨味がしっかりと楽しめる激辛系・満足度の高い一杯、「麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌

今回ご紹介するカップ麺は、東京・府中の人気ラーメン店“麺を創造する研究所”「麺創研 紅(くれない)」の一番辛い人気激辛メニュー“鬼紅らーめん”の味わいをカップ麺に再現したもので、豚骨の旨みをしっかりと利かせたことで濃厚な仕上がりとなった味噌ベースのスープには、赤味噌と白味噌を合わせたキレとコクがバランス良く融合され、そこにたっぷりとラー油や唐辛子の強い辛さが加わり、まさに辛みの中にもしっかりと旨味が楽しめる激辛好きには見逃せない一杯、“麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌”となっています。

そしてなんと言ってもこのフタの上に別添されている調味料を剥がすと…以前は“紅”と記載されていたものが、今回はその上を行く“鬼”といった文字が大きく掲載されており、いかにも強烈な辛さを表現しているように感じられますね!

また、この“麺創研 紅”とは…メディアなどでも数多く取り上げられている東京・府中の超人気店で、今回また改めてカップ麺に登場!ということで期待値も膨らみます!…というか実際にカップ麺化されたのはこれで再発売も含めて3度目でしょうか?以前ご紹介しましたが、2018年11月12日に“サッポロ一番 麺創研 紅 濃厚辛味噌ラーメン 紅”が発売されており、その後2019年11月5日にはリニューアル発売され、今回はその“紅らーめん”の上の辛さを行く“鬼紅らーめん”の味わいがカップ麺化されたということです。

さらに、このラーメン店の特徴である“特製乱切り麺”といった太さの異なる麺による独特な食感が今回カップ麺にもしっかりと再現されているとのことで、激辛・旨味を兼ね備えた濃厚激辛味噌スープもさることながら、こちらの食感・仕上がりにも期待したいところ!

ちなみにこちら容器側面には、“麺創研 紅”に関する簡単な説明文などが“特製乱切り麺”の麺リフト写真とともに掲載されており、これによると…“刺激的な辛さに挑戦したい方にお薦めする辛味噌ラーメン専門店”とのことで、辛さ・旨味をバランス良く表現し、この太さが異なる“特製乱切り麺”も3種類の太さの麺を使用しており、非常に手の込んだ製麺によって独特な食感を表現しているようですね!

他にもこちらには“辛味成分が強いので、小さなお子様や辛味の苦手な法の飲食には十分ご注意ください。”といった激辛系のカップ麺特有の注意書きなんかも記載されています!

それでは、今回の“麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌”がどれほどポークやチキン、ガーリックやオニオンなど香味野菜の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?赤味噌と白味噌の合わせ味噌によるキレとコクや、ラー油・唐辛子による激辛系の辛さとの兼ね合いはもちろん、何と言っても実店舗でも使用されている“特製乱切り麺”を独自製法によって再現した独特の食感が特徴的なもっちりとした麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り461kcal(めん・かやく328kcal / スープ133kcal)となっております。(塩分は6.2g)

カロリーはポークやチキンなど動物系の旨味をしっかりと利かせた濃厚なテイストであり、ビッグサイズにもかかわらず割と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。(サイズのせいもありますが…)
ちなみに1食当たり101g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると、スープだけで133kcalもの数値を占めていることから、やはりポークやチキンの旨味をしっかりと利かせたことで、単純に辛いだけでなく濃厚な旨味が凝縮されていることをイメージさせますね!

ちなみに以前発売されていた“紅らーめん”の味わいを再現した“濃厚辛味噌ラーメン 紅”と比較してみると…ほぼ同等のカロリー・塩分となっているようです!

鬼紅 濃厚激辛味噌
濃厚辛味噌ラーメン 紅

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や食塩をはじめ…

  • 香辛料
  • 豚脂
  • 植物油脂
  • ポークエキス
  • チキンエキス
  • 油脂加工品
  • 香味油

といった、ポークやチキンなど動物系の旨味をベースに相性抜群な香味野菜や合わせ味噌を加えたことによって繊細かつコク深い味わいとして濃厚な仕上がりとなり、そこにラー油や唐辛子をたっぷりと加えたことで、まさに辛さの中にも旨味を感じられるやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます!

また、こちらも以前発売されていたものと比較してみると、表記名や順序は若干異なるようですが、ほぼ同等の仕様となっているようですね!

鬼紅 濃厚激辛味噌
濃厚辛味噌ラーメン 紅
JANコード4901734041160
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵)、スープ(砂糖、みそ、食塩、香辛料、豚脂、植物油脂、ポークエキス、米粉、チキンエキス、油脂加工品、酵母エキス、香味油、デキストリン、発酵調味料)、かやく(キャベツ、味付豚肉加工品、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、炭酸カルシウム、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、乳化剤、かんすい、微粒二酸化ケイ素、パプリカ色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (101g) 当たり]
熱量461kcal
たんぱく質8.7g
脂質20.4g
炭水化物60.6g
食塩相当量6.2g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 4.2g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム214mg

引用元:麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌 | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通り、フタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

ちなみにこの粉末スープを見る限り、そこまで強烈・刺激的な辛さではないようですね!もしかすると容器底にたっぷりと粉末がたっぷりと含んでいるかもしれませんので、調理後はしっかりと混ぜる必要がありそうです!

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…ラー油のような割とサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • キャベツ
  • ポークダイス
  • 唐辛子

が入っています。

さらに、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な太麺や細麺など…“特製乱切り麺”を独自製法によってうまく再現された様々な太さの麺が確認できますね!

特にこの太い麺は、しっかりとした噛み応えすら想像させる厚みもある仕様となっているようです!こういった強弱付けた麺はなかなか珍しいですからね!どんな食感が楽しめるのか非常に気になるところ。。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…お湯をしっかりと吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に太さの異なる“特製乱切り麺”を再現したという麺にはもっちりとした弾力が加わったことで想像以上にボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…非常にサラッとした状態ではありますが、しっかりとした辛みを思わせる赤みを帯びた油分となっていて、“鬼紅”の辛みを再現する刺激的な調味油となっているようです!

そしてこの“仕上げの小袋”は、思ったよりも少量でサラッとしているせいか…すぐにスープへと沈んでいき、特にラー油のような赤みを帯びた油分となっていて、濃厚な味噌ベースのスープに食欲そそるほどよい辛みがプラスされ、この時点ではまだまだ旨辛な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと、ご覧の通り激辛なテイストを思わせる真っ赤なスープへと仕上がっているものの…実際には表面に浮かぶラー油などの辛みが表現された油となっていて、そのすぐ下にはポークやチキンなど動物系の旨みをしっかりと利かせた濃厚なコク旨味噌スープが美味しそうに仕上がっています!

ただ…濃厚とは言ったものの、スープ自体は非常にサラッとした仕上がりとなっており、辛み・旨みをアピールしたカップ麺の中では、“鬼紅”の味わいを再現した割に思ったよりも旨辛程度な辛さをライトに楽しめるといった一杯に感じられますね!

また、具材に使用されたポークダイスからも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、容器底からしっかりと混ぜながら食べ進めていくことによって徐々に旨味も増していく…そんな序盤と後半では味の濃さ・辛みの違いなんかも楽しめそうな仕上がりが印象的といったところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…せっかくの“鬼紅”ということもあってしっかりと容器底からよーく混ぜていただいたんですが、悶絶するほどの激辛というわけではなく、辛さに関しては激辛好きからしてみるとかなり物足りなさを感じさせますね。。全く鬼ってない…

それよりも、ラー油や唐辛子などの辛みを利かせたキレの良い口当たりの後には、ポークやチキンなどの旨味がガーリックなどの香味野菜とともに押し寄せ、そういった意味では美味くて辛い濃厚な味噌スープが表現されていると言っても良いのではないでしょうか?もっと辛い仕上がりを期待していただけあってちょっと残念。。

そのため、パッケージデザインから想像させるような強烈な激辛なテイストは感じられないものの…刺激的な旨辛味噌スープが後味すっきりと楽しめる仕上がりとなっています!

麺について

麺は、先ほどもお伝えした通り“麺創研 紅”の特徴である太さの異なる“特製乱切り麺”を独自製法によって再現し、太い麺には厚みもあり幅広なもっちり感・弾力感があり、細めな麺にもしっかりとしたコシが表現され、手揉み風の“ちぢれ”を付けたことによってスープの絡みも非常に良く、様々な食感が楽しめる仕上がりとなっています!

そんな“特製乱切り麺”を再現した麺には、ポークやチキンなど動物系の旨味をベースに香味野菜やラー油・唐辛子をしっかりと利かせたことによって辛みの強い切れ・後味すっきりとした激辛味噌スープがよく絡み、一口ずつに辛いだけではない旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、香味野菜ならではの食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!

そして、これらの麺をよーく見てみると…太さの異なる手の込んだ麺が各種使用されていることが確認でき、コシの強いワシワシと食べ進めるような…心地良い噛み応えが表現されていて、それぞれの食感が混ざることで独特な食感を楽しむことができます!これは良いですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉加工品と記載されていたポークダイスが入っていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、じっくりと味わってみると…味付けされた肉の旨みがじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、食べはじめはしっかりとスープと馴染ませ、肉の旨味を存分に滲み出した後に今回の“特製乱切り麺”を再現した麺と絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツはほどよく食感を残した仕上がりとなっていて、こちらにも濃厚な旨辛味噌スープがしっかりと絡んだことで、素材ならではのシャキシャキとした食感とともに辛みの利いた旨辛味噌スープを楽しむことができ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークやチキンなど動物系の旨味をベースに赤味噌と白味噌をバランス良く合わせたことで、キレ・コクのある仕上がりとなり、そこに食欲そそるガーリックやオニオンといった香味野菜やラー油・唐辛子などの辛みを加えたことで、“鬼紅らーめん”ならではの辛さ・旨味を兼ね備えた濃厚味噌スープを表現しています!

ただ…ポークなどの旨味も利いてはいるものの、そこまで“とろみ”が付いたような濃厚さではないので、非常にすっきりとした後味の良い旨辛なスープに感じられますね!

しかも“鬼紅”という割にそこまで強烈な辛さというわけでもなく、スープ全体としては旨辛な味噌スープといったところで、ついついスープが止まらなくなり、ガーリックなどの香味野菜が食欲そそる旨み・風味を表現しているため、気付けば汗も止まらなくなります…

また、具材に使用されたポークダイスからも良い旨味が滲み出したことによって、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のあるテイストで飲み心地の良い後味すっきりとした印象のスープに仕上がっています!

強いて言えば…もう少し豚骨感というかドロッとした濃厚感があっても良いような気はしましたね…思ったよりもサラッとした仕上がりでしたので、ラード辺りをちょい足ししてみると辛さと旨味のバランスがちょうど良く感じられるかもしれません!

このように、今回の“麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌”は、東京・府中の人気ラーメン店“麺創研 紅”の一番辛いメニュー“鬼紅らーめん”の味わいを再現したというだけあって、ポークやチキンの旨味をベースに相性抜群な香味野菜を利かせ、さらにラー油や唐辛子を加えたことで旨味・辛さともに際立つ旨辛なテイストに仕上がっていたものの…思っていたほど濃厚感・強烈な辛さというわけではありませんでしたので、お好みによっては少しラードや唐辛子を加えて辛さやコク深さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺創研紅監修 鬼紅 濃厚激辛味噌」を食べてみて、ポークをはじめとする動物系の旨味にガーリックやオニオンなどの香味野菜を利かせ、さらに合わせ味噌ならではのキレとコクが美味しくマッチしたことで、後味の良い飲み心地がつい止まらなくなる…やみつき感のある旨辛スープに仕上がっていました!

そして辛さに関しては…“鬼紅”といったイメージにふさわしい超激辛とまではいかないものの、芯の強いしっかりとした辛さが表現されていたため、旨味もさることながら思う存分“麺創研 紅(くれない)”の濃厚激辛味噌スープが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

 

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!