カップ麺

「花道」カップ麺!煮干し辛味噌ラーメン 食べてみました!煮干しを利かせた辛くて美味い濃厚な一杯!

「花道」カップ麺!煮干し辛味噌ラーメン 食べてみました!煮干しを利かせた辛くて美味い濃厚な一杯!

2018年10月15日に寿がきや食品から発売された「花道 煮干し辛味噌ラーメン」を食べてみました。

この商品は、東京都・野方の名店「味噌麺処 花道」の人気メニューをカップ麺に再現したもので、煮干しの旨みをしっかりと利かせた濃厚豚骨味噌スープに、激辛というべく辛みを表現した“花道 煮干し辛味噌ラーメン”となっております!

もちろん監修は“花道”となっていて、ご覧の通りパッケージには“大変辛いラーメンです。”といった注意書きとともに、濃厚なスープに豚骨や煮干し、さらにニンニクなど様々な旨みを利かせた激辛な味わいを想像させる仕上がりイメージが確認できますね!
これは辛いもの好きにとっては期待してしまいます。。

また、こちらには“煮干し”や、“激辛で濃い!!”といった記載が力強く表現されていて、今回の一杯はなかなか存在感の強い仕上がりを思わせます。。

特徴としては、煮干しから抽出された旨みがたっぷりと使用され、豚骨の旨みと合わさったことで、魚臭さのない煮干しの旨みが厚みのある美味しさとなって仕上がっているようですね!

さらにその濃厚豚骨味噌スープには、ラー油を含む唐辛子による強烈な辛みが表現されていて、満足度の高い旨み・辛みがたまらない激辛好きにも納得の一杯のようです!

実際に食べてみて…

今回の一杯は「味噌麺処 花道」監修の“煮干し辛味噌ラーメン”というだけあって、煮干しの旨みが非常に味濃く出てはいますが、濃厚な豚骨の旨みとバランス良く合わさったことで、変に煮干しだけが強く表現されているわけではなく、むしろ魚介系の甘みなんかも感じられるほどの美味しさとなって激辛な濃厚豚骨味噌スープが表現されていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの「花道 煮干し辛味噌ラーメン」についてレビューしてみたいと思います!

花道 煮干し辛味噌ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、東京都・野方の名店「味噌麺処 花道」の味わいを再現したもので、煮干しの旨み、濃厚な豚骨味噌、さらにニンニクや山椒といった実に様々な旨みが使用されたことで、何とも美味しいスープがベースとなり、そこにしっかりとした辛みが表現された仕上がりがたまらない…“花道 煮干し辛味噌ラーメン”となっています。

煮干しと濃厚な豚骨味噌って相性良いんですよね!それが今回、どれほどの辛みや旨みとなって仕上がっているのかが気になるところ!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り515kcalとなっております。(塩分は9.2g)

カロリーは想像以上に高い数値のようですが、塩分はまれに見る9g超えとなっています…!ちなみに1食157g、麺の量は75gとのこと。

しかも内訳を見てみると、スープに占める割合がこれまた高い数値を占めているようなので、商品名にある“煮干し辛味噌”といったスープには、非常に濃厚な旨みが厚みのある仕上がりとなって表現されていることを想像させますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、みそや動植物油脂をはじめ…

  • 香味油
  • 煮干しエキス
  • ポークエキス
  • チキンエキス
  • 魚介エキス
  • 煮干粉末
  • 唐辛子
  • にんにく
  • 香辛料

といった、実に様々な旨みが使用された濃厚な豚骨味噌スープに煮干しの良いダシが美味しく溶け込み、さらにニンニクや山椒といった旨みを含む良いアクセントがポイントとなったことで、美味くて辛い満足度の高い仕上がりを想像させる材料が並びます。

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白、たん白加水分解物)、スープ(みそ、動植物油脂、香味油、煮干エキス、ポークエキス、砂糖、チキンエキス、魚介エキス、煮干粉末、唐辛子、にんにく、香辛料、ゼラチン、食塩、たん白加水分解物、酵母エキス、ポークプロテイン)、かやく(にら)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、着色料(カラメル、クチナシ、パプリカ色素)、かんすい、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、増粘剤(加工デンプン)、酸化防止剤(V.E、ローズマリー抽出物)、(一部に小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:花道 煮干し辛味噌ラーメン:即席めん:ノンフライめん:寿がきや食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく入りスープの素、後入れ粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

特に塩分が9g超えということもあってなのか…この液体スープの量はかなり多めのようです!

そして、麺はご覧の通りしっかりとしたコシと弾力を想像させる太めのノンフライ麺となっていて、食べ応えも十分といったところ!

調理してみた

ではまず、かやく入りスープの素を入れてみます。
かやくには、シンプルにニラのみが入っています。

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

このラー油を含んだ液体スープは非常に量も多く、調理中にフタの上でしっかりと温めておいたにもかかわらず…どろっとしたもので、何とも濃厚な仕上がりを想像させますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、最後に後入れ粉末スープを入れたところがこちら…!

煮干しを含む魚介の旨み、そして激辛なテイスト…さらに濃厚豚骨からのこの仕上がりは何となくイメージできる一杯がありますね!

そうです!今回の“花道 煮干し辛味噌ラーメン”は、味の方向性としては想像通りあの味わいが表現されている仕上がりのようですね!これは一気に期待値も膨らみます!!

ちなみに、この粉末スープには魚粉や唐辛子などが含まれているようです!

では、さらによーくかき混ぜてみましょう!
良いですね!このドロドロ感はまさに旨みと辛みが凝縮されたかのような仕上がりで、激辛好きにはたまらない景色です!!

そして、味噌ならではのすっきりとしたキレとコクが濃厚な豚骨の旨みによって美味しく引き立ち、そこに飽きの来ない煮干しの良いダシが利いたことで、美味くて辛い…ついスープが止まらなくなってしまうような仕上がりとなっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…激辛ではありますが、煮干しをはじめとする魚介の旨みが非常に良く出ていて、さらに豚骨味噌といったコク深い旨みが加わったことで、そこまで強い辛みには感じられませんね!

とは言っても、辛みはしっかりと利いているため、心配な方は味を確かめながら“後入れ粉末スープ”の量を調整すると良いでしょう。

そして、この美味くて辛い濃厚な煮干し辛味噌スープは、ニンニクも利いているせいか、食べ進めていくうちに汗が止まらなくなります。。でも美味い!!!

麺について

麺は、ご覧のように、ノンフライ麺ならではの歯切れも良く、ほどよいコシと弾力が表現されたことで、すすり心地は恐らく良いんですが、今回は何せ辛みが強いスープに仕上がっているため、思いっきりすするのは止めておきましょう!

そんな太麺には、煮干しの旨みがしっかりと利いた辛味噌スープがよく絡み、一口ずつに魚介系の奥深い旨みとともに濃厚と呼ぶにふさわしいコク深い豚骨味噌の味わいが口に広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはシンプルにニラのみとなっていますが、スープの存在感が非常に強いため、全く物足りなさを感じさせません!

そしてこのニラは、ニンニクの旨みも含んだ今回のスープをさらに美味しく引き立てるかのような素材本来の味がしっかりと表現されています!…これはさらにニンニクを追加したくなりますね。。

また、今回の一杯は煮干しをはじめとする魚介の旨みが豚骨味噌との非常に良いバランスによって美味しく仕上がり、そこにニンニクやこのニラといった食欲そそる旨みがプラスされたことによって、煮干しダシの味わいが何とも美味しい…凝縮されたような味わいに感じられます!

スープについて

スープは、魚粉などを追加して混ぜた時よりも、思っていたほどのドロドロな仕上がりではなく、コク深い濃厚な仕上がりながらもすっきりとした後味の良いスープとなっています!

そして、ベースは豚骨味噌の厚みのある旨みがしっかりと美味しく仕上がり、そこに抽出された煮干しの旨みがたっぷりとプラスされたことで、この煮干し辛味噌スープからは桁違いな満足感がありますね!

さらに、強めに利いた辛みが激辛好きにもたまらないクオリティの高いスープに仕上がっていて、旨みが非常に強いので濃厚にも感じられます!美味いな…これ。。

まとめ

今回「花道 煮干し辛味噌ラーメン」を食べてみて、煮干しの良いダシが魚粉や豚骨味噌によってコク深い美味しさとなってバランス良く表現され、そこに食欲そそるニンニクや山椒といった風味の良いアクセントや、ラー油・唐辛子による強い辛みが加わったことで、美味くて辛い…といった非常に満足度の高い濃厚な一杯となっていました!

これは単純に辛いだけでなく、煮干しの旨みにニンニクが相性良く、さらに豚骨の旨みによってより一層美味しさが際立ち、その結果旨みが凝縮されたかのような濃厚な味わいとなっているため、何度も味わいたくなるようなクセになる一杯、といった仕上がりではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です