カップ麺

ビンギリ花椒激辛タンタン麺 食べてみました!花椒による痺れる辛みが利いた旨辛な一杯!

ビンギリ花椒激辛タンタン麺 食べてみました!花椒による痺れる辛みが利いた旨辛な一杯!

2018年8月27日にサッポロ一番から発売された「ビンギリ花椒激辛タンタン麺」を食べてみました。

この商品は、東京・荻窪にある激辛担々麺で人気の「ビンギリ」の味わいを再現したもので、ポークやチキンをベースとした醤油味のすっきりとしたスープに、花椒の痺れる辛さがプラスされたことで、旨辛な激辛タンタン麺となった“ビンギリ花椒激辛タンタン麺”となっております!

ご覧の通り、パッケージには“痺れる辛さの旨辛スープ!”と記載されているように、たっぷりと使用された花椒によって、強烈な痺れる辛さが表現されたと思われるイメージ写真が確認できますね!

また、こちらには、花椒についての簡単な説明も確認できます。
これによると、花椒とは強烈な痺れと辛みが特徴とのこと!

この“花椒”は、最近ではだいぶ知られているかと思いますが、中華料理などにも使用されるスパイスとなっていて、入れる量にもよるものの…爽やかな風味と痺れる辛みが特徴的で、今回の一杯には、この花椒による痺れる辛みが際立った仕上がりのようですね!

実際に食べてみましたが、別添されている花椒を全て入れることで、非常に強い辛みが後々痺れる辛みへと変わり、キレのある口当たりにも爽やかな風味がプラスされ、存分に花椒の痺れる辛みを楽しめる激辛タンタン麺となっていました!

では、今回はこの「ビンギリ花椒激辛タンタン麺」についてレビューしてみたいと思います。

ビンギリ花椒激辛タンタン麺について

今回ご紹介するカップ麺は、東京・荻窪にある担々麺専門店の人気店「ビンギリ」監修の元、商品化されたもので、唐辛子やラー油による辛さに加え、花椒による痺れる辛さによって激辛に表現された“ビンギリ花椒激辛タンタン麺”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“ビンギリ”のロゴが記載され、この実店舗では“勝浦タンタン麺”といったメニューが激辛として提供されているようですね!

そして、いかにも辛そうなパッケージとなっているので、痺れる系の辛みではありますが、その仕上がりやどの程度の辛さとなって表現されているのか?など気になるところではないでしょうか?

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り392kcalとなっております。(塩分は6.1g)

思っていたよりもカロリーは低い数値となっているようですが、塩分はやや高めといったところ。

しかし、内訳を見てみるとスープに占める割合がやや高めとなっているため、やはり存在感の強い仕上がりには期待してしまいますね!
ちなみに1食95g、麺の量は60gとなっています。

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料や香味食用油をはじめ…

  • 豚脂
  • ポークエキス
  • しょうゆ
  • チキンエキス

といった、醤油ベースのキレのあるスープには、動物系の旨味によってほどよく厚みがプラスされ、すっきりとした仕上がりのタンタン麺スープに、たっぷりと使用された花椒によって爽やかな風味を兼ね備えた痺れる辛みが楽しめる一杯を想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、あといれ特製スープ、あといれ特製調味油、特製ふりかけといった4つの調味料などが入っています。

また、麺はご覧の通りやや細めにも感じられる中細といった仕様となっていて、細麺ながらもしっかりとしたコシの強い食感を想像させるノンフライ麺となっているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • フライドオニオン
  • ニラ

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどのあといれ特製スープ、あといれ特製調味油を入れたところがこちら!

ここで一気にラー油による赤みを帯びた油が広がり、すっきりとした仕上がりに強い辛みを表現したことで、見た目からもインパクトの強い出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、最後に特製ふりかけをかけて完成です!

この“特製ふりかけ”は、花椒と思われるスパイスとなっていて、花椒特有の非常に爽やかな風味が香ります!

また、唐辛子と合わさったことで、今回“激辛”と呼ぶにふさわしい強い辛みが表現されているようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にキレのある醤油味がベースとなったタンタン麺スープには、動物系の旨味がほどよく利いたことで、ほんのりと厚みがプラスされ、そこに唐辛子やラー油、そして大量の花椒によって強い辛さが表現されています!

また、この辛みについてですが、最初は唐辛子の強い辛さが感じられますが、食べ進めていくうちに、徐々に花椒による痺れが効いてきて、後半にもなると口の感覚が麻痺するほどの強い辛みとなっているため、特製ふりかけは、様子を見ながら少しずつ量を入れて調整してみると良いかもしれません!

麺について

麺は、先ほどもお伝えしたように、中細といった仕様となっていて、細麺ながらも歯切れの良い食感がたまらない麺となっています。

しかし、恐らくすすり心地は良いはずなんですが、今回は強めの辛みが利いたスープとなっているため、思いっきりすするとむせます。。

そのため、しっかりと麺をスープに絡めて優しく口に運び、花椒による痺れる辛みを旨味の利いた醤油ベースの味わいとともにじっくりと楽しむと良いでしょう。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏・豚味付肉そぼろが入っているんですが、こちらは旨味の利いたタンタン麺スープをよく吸っていて、噛むとほろほろと崩れると同時に肉の旨味がじゅわっと口に広がる美味しい具材となっていて、スープにもこの旨味が滲み出ているようにも感じられますね!

また、こちらのフライドオニオンは、シャキシャキとした食感もありつつ、素材本来の甘みなんかも感じられる具材となっていて、花椒を利かせた激辛タンタン麺にも意外と合いますね!これならもっと量をお好みで追加してみても美味しいかもしれません!

そして、こちらのニラもじっくりと味わってみると、素材本来の味がしっかりと表現され、こちらもまたもう少し量が欲しいくらい、今回の一杯にぴったりな具材となっています!

スープについて

スープは、ポークやチキンの旨味が利いているものの、仕上がりはさらっとしたもので、花椒の爽やかな風味も合わせて、非常に後味の良い辛みが表現されています!

そして、辛さについては激辛ではありますが、それ以上に花椒による痺れる辛みが強く感じられますので、辛さというよりも痺れを存分に楽しめる仕上がりのように感じられます!

また、別添されている花椒は、全て入れるとこれくらいの量となっていて、唐辛子と合わさったことで痺れる辛みとともに、花椒特有の風味が“ビンギリ”らしい激辛タンタン麺を表現しているものと思われます!これは実店舗の味も気になるところ。。

まとめ

今回は「ビンギリ花椒激辛タンタン麺」を食べてみましたが、唐辛子やラー油による非常に強い辛みと、花椒による強い痺れがタンタン麺らしい“痺れる辛さ”を表現し、それが醤油ベースのすっきりとしたタンタン麺スープと相性良くマッチしたことで、後引く辛さがまさに“旨辛”な味わいに仕上がっていました!

そして、別添されている花椒を全て入れるとかなりの痺れとなりますので、お好みで調整してみると良いでしょう。

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です