カップ麺

「吉祥寺 武蔵家」カップ麺 “家系MAX 豚骨醤油ラーメン” 鶏油が香り立つ濃厚な一杯

吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン

吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」を食べてみました。(2020年5月18日発売・寿がきや食品)

この商品は、東京・吉祥寺にある“横浜家系”で人気のラーメン店“吉祥寺 武蔵家”の人気メニュー“アジコメ アブラオオメ カタメ(通称MAX)”の味わいをカップ麺に再現したもので、家系らしい鶏油が香り立つ一杯が登場です!

それも…濃厚な豚骨醤油スープには、鶏ガラと豚骨の旨味をしっかりと利かせたキレの良い醤油を合わせ、さらに家系ラーメンには欠かせないコク深い鶏油(チーユ)を加えたことによって、”味濃いめ・油多め・麺硬め”といった家系ならではの味わいに仕上がった深みのある一杯、“吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン”となっております。(税抜き260円)

ご覧の通り、パッケージには通称“MAX”と呼ばれているという“アジコメ アブラオオメ カタメ”といった家系らしさをよりブラッシュアップして楽しめる濃いめな味わいが再現されているようで、個人的にも家系のテイストはかなり好みなので白飯必須の鶏油が香る風味豊かな仕上がりにはかなり期待できそうです!

一方こちらには、“武蔵家”のロゴや今回の特徴である“味濃いめ 脂多め 麺硬め”といった文言が記載され、その背景には濃厚な豚骨醤油スープに味の決め手となる鶏油が表面に浮かぶ香り高い一杯といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チャーシュー・ほうれん草・海苔が使用されているようです!家系には欠かせない“ほうれん草”や海苔がしっかりと使用されていることが確認できますね!

このように、横浜家系ラーメンではほとんどがこのスタイルなんですが…ここ“吉祥寺 武蔵家”でも同じく“味の濃さ・油の量・麺の固さ”が選べるようです!

ちなみに家系は基本味が濃いです!なので白飯との相性が非常に良く、ほとんどの家系ラーメン店は白飯が無料で提供されており(有料でもおかわりは無料がほとんど)、今回もまたお好みによっては海苔を濃厚なスープにしっかりと浸し、それをご飯に巻いて食べる…といった家系ならではの醍醐味を味わってみても良いでしょう!

もちろん麺に巻いて磯の風味を際立たせてみても相性良く、ひと味違った味わいが楽しむことができ、海苔のトッピングなんかも家系のラーメン店では意外と人気なんですよね!

他にも特徴として…麺は太麺・ノンフライ仕様となっていて、パッケージにも記載されていた通り硬めではありますが、表面のもっちりとした食感に仕上がり、それによってじっくりと煮込んだ豚骨の旨味が利いた家系ならではのパンチのある豚骨醤油スープに鶏油がコク深さを際立たせた濃厚で風味豊かな味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

家系の人気店“吉祥寺 武蔵家”の人気メニュー“MAX”の味わいを再現したとのことで個人的にかなり期待していたせいか…鶏油の風味・コク、そして粘り気のある脂の感じが非常に弱く、家系らしく味の濃い塩気の強いテイストではありましたが…思っていたよりもさらっとした仕上がりで、そういった意味では万人受けする味わいとも言える根強い家系ファンにとっては若干物足りなさを感じさせる一杯となっていました!
これは特に、家系ならではの豚骨醤油スープの特徴である鶏油や獣臭を抑えた比較的オーソドックスな味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回は名店“六角家”での修行経験を持つ人気・実力を兼ね備えた東京・吉祥寺の家系ラーメン店“吉祥寺 武蔵家”の人気メニュー“アジコメ アブラオオメ カタメ(通称MAX)”の味わいをカップ麺に再現した鶏油が香る濃厚な一杯、「吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、吉祥寺の人気ラーメン店“吉祥寺 武蔵家”の“アジコメ アブラオオメ カタメ(通称MAX)”の味わいをカップ麺に再現したもので、鶏ガラと豚骨をベースに鶏油がコク深さを際立たせ、家系らしい白飯必須の濃いめな味わいに仕上がった一杯、“吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン”となっています。

ご覧の通りパッケージの“家系MAX”といった商品名がインパクトありますね!
しかも味濃いめ・脂多めということで、特に仕上がりイメージの豚骨の旨味をしっかりと利かせた醤油ベースのスープ表面に浮かぶ鶏油ならではのコクや風味といった“吉村家”を起源とする横浜家系ラーメンらしい濃厚な豚骨醤油スープには期待できそうです。。

吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン パッケージ

ちなみにここ“吉祥寺 武蔵家”は1999年5月に創業、名店“六角家”での修行経験の後、店主である“藤崎 茂也”氏によって東京都武蔵野市吉祥寺にオープンしたのがはじまりで、2012年5月に現在の住所に移転し、正統派の家系ラーメンとして人気のラーメン店のようですね!
※新中野にある“武蔵家”とは全く関係なく、別の系譜のようです。

また、こういった横浜家系ラーメンの味わいを再現したカップ麺と言うと…最近では“家系総本山 吉村家 豚骨醤油ラーメン(2019年12月3日発売)”以来ですから、家系ラーメン好きにとっては見逃せない一杯とも言えるのではないでしょうか?

他にも、家系のカップ麺については下記の記事にもまとめてあるので、ぜひご覧ください!

家系カップ麺!本当に美味しいおすすめの家系カップラーメンをご紹介!【随時更新】
家系カップ麺!本当に美味しいおすすめの家系カップラーメンをご紹介!【随時更新】家系のカップ麺って定期的に食べたくなりませんか? このブログでも横浜家系のカップ麺をいくつかご紹介してきましたが、今回はその中から...

それでは、今回の“吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン”がどれほど豚骨の旨味を凝縮したコク深く濃厚な仕上がりとなっているのか?家系には欠かせない鶏油による風味豊かな香りとの兼ね合いはもちろん、もっちり感と硬めの食感を兼ね備えた太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り463kcal(めん・かやく239kcal / スープ224kcal)となっております。(塩分は8.8g)

カロリーは、濃厚な豚骨醤油スープの割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分は希に見る非常に高い数値となっています。
ちなみに1食当たり133g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで224kcalもの数値を占めていますから…やはり家系らしい塩気の強い濃厚な味わいをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”やチキンオイルをはじめ…

  • ポークエキス
  • チキンエキス
  • 食塩
  • 香味油
  • ゼラチン
  • 魚醤

といった、鶏ガラや豚骨の旨味をしっかりと利かせた濃厚こってりな豚骨醤油スープに仕上げ、家系には欠かせない鶏油が香り立つ風味豊かな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901677082725
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、チキンオイル、ポークエキス、チキンエキス、食塩、香味油、酵母エキス、ゼラチン、魚醤)、かやく(チャーシュー、ほうれん草、海苔)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、かんすい、香料、炭酸カルシウム、着色料(クチナシ、カラメル)、カゼインNa、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.E)、増粘多糖類、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (133g) 当たり]
熱量463kcal
たんぱく質12.5g
脂質20.1g
炭水化物57.9g
食塩相当量8.8 g
(めん・かやく 3.0 g)
(スープ 5.8 g)
カルシウム293mg

引用元:吉祥寺武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン:商品情報:寿がきや株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく、海苔といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体スープはカロリー・塩分の高さからして納得のかなり量の多い仕様で、触ってみた感じだと思ったよりさらっとした状態ではありましたが、原材料を見る限りポークやチキンの旨味が含まれているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り太麺・ノンフライ仕様ということで、もっちりとした弾力と硬めの食感を兼ね備えた食べ応え抜群な家系らしい麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには…

  • チャーシュー
  • ほうれん草
  • 海苔

が入っています。

チャーシューはカップ麺らしいチープな仕様のようですが…家系の一杯には欠かせない“ほうれん草”がしっかりと使用されているようですね!(最後に添える海苔も別添されています。)

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:450ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺がひと回り太さを増し、もっちりとした弾力が加わり、カップ麺ながらも家系らしいしっかりとした食べ応えを感じさせる一杯…といった印象の出来上がりです。

続いて先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…スープ自体は非常にさらっとした状態ではありますが、動物系の旨味・脂などがしっかりと溶け込み、かなり量が多く塩分の高さも納得の家系らしい濃いめな色合いとなっています!

そのため、すぐに容器底へと沈んでいくんですが…家系の特徴のひとつでもある鶏油ならではの風味はそこまで強くはないようですね!それによって個人的感想としては…かなりライトな家系といったところでしょうか?実店舗との再現性なんかも気になるところ。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして最後に海苔を添えて完成です!

ちなみにスープは思ったよりも“とろみ”というか…濃厚感はなく、非常にさらっとした印象が強く、表面に浮かぶわずかな鶏油と思われる油分が確認でき、“家系MAX”といった商品名からはちょっと肩すかしを食らう仕上がりではありますね。。

そのため、今回の一杯は調理する際の熱湯をかなり少なめにしてみても良いかもしれません!(その分かなり塩気は強まるかと思われますが…)または、ラードをたっぷりと加えたいくらい見た目・風味からは軽やかな仕上がりをイメージさせます!

やはり家系と言えば濃厚こってり…なのにキレの良いシャープな飲み口といったスープで、良い意味でクセのある鶏油の風味・コクが際立った深み・粘り気のある味わいであるべきなので、ちょっと賛否分かれそうな一杯ではありますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…しょっぱいくらいにキレの良い口当たりには、ほどよく豚骨の旨味が利いてはいるものの、やはり濃厚といったイメージとはちょっとかけ離れた仕上がりで、個人的にはもう少し豚骨の旨味や鶏油のコクを強く利かせてほしかったところではあります。。

ただ、こういった塩気の強いテイストだからこそ白飯が絶妙に合うんですよね!今回は特に用意しませんでしたが…味の濃い豚骨醤油スープは海苔との相性も非常に良く、ほんのり香る磯の風味がまたひと味違った美味しさを感じさせ、パンチのある仕上がりでも脂っこさがありませんから、最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

しかし“アブラオオメ”だけがもったいないですね。。ここに豚骨のこってり感や鶏油のコク深さが際立っていればもっと臨場感高い家系ならではのテイストに仕上がっていたと思われるだけあって、脂身の多いギトギトチャーシューを別途炒めて脂ごと加えたいくらいです!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・ノンフライ仕様ということで、もっちりとした弾力とコシのある硬めの食感を兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には、豚骨の旨味を利かせた醤油ベースの濃いめなスープがよく絡み、一口ずつに“くどさ”のない豚骨を利かせたキレの良い味わいが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る鶏油の風味が後味良く抜けていきます!(ん−、もっと鶏油足したいところ…笑)

また、別添されている海苔をしっかりと濃いめのスープに浸して麺に巻いてみると…これまた磯の風味が加わってひと味違った美味しさを楽しむことができ、お好みによっては追加したいほどの相性の良さ!!(もちろん白飯に巻いても美味しいと思いますよ!)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、カップ麺らしい薄くカットされた小ぶりなチープな仕様でしたので、敢えて入れない方が良かったのでは?と思ってしましますが…じっくりと噛んで味わってみると、それなりに肉の旨味が感じられるため、単体で楽しむというよりかは、麺と一緒に絡めて食べてみると、より肉の旨味が引き立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの“ほうれん草”は、若干量は少なく、味も素材本来の“らしさ”が感じられない仕上がりとなっていたため、今回の“吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン”は、脂っこいチャーシューと“ほうれん草”を別途用意して追加トッピングするべきですね!これで税抜260円はちょっとコスパ悪いような気もします。。

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り豚骨の旨味を利かせてはいるものの…濃厚感・こってり感がまるでなく、さらっとした塩気の強い仕上がりとなっています!ただ…栄養成分表によるとスープだけで224kcalと記載されていたんですが、それに伴った良い意味での脂っこさがなく、どうしても物足りなさを感じてしまう一杯のようです!

ただ、家系らしい濃いめの味だけはしっかりと表現されているようでしたので、別途チャーシューをじっくりと炒めて脂ごと加えることによってかなり旨味も引き立つのではないでしょうか?ちょっと手間はかかりますが…今回の一杯をより美味しくいただくには“脂っこさ”を足す必要がありますね!

もしくは言い方を変えると…臭み・クセのない品の良い豚骨の旨味がしっかりと溶け込んでいるとも言え、これがもう少し厚みのある旨味を表現していれば“アブラオオメ”というのも納得の仕上がりだったのかもしれません!

また、さらっとした非常に飲みやすい豚骨醤油スープであるため、塩気は強いながらも幅広い層に好まれるテイストであり、味が濃いだけあって白飯と一緒に味わってみるとちょうど良いかと思われます!

そして、個人的にはなんと言っても…鶏油による独特な風味が弱いのも物足りなさを感じさせる要素のひとつで、ここが際立っていないせいでギトギト感やちょうど良いコク深さに対してしっくり来ないんだろうと思います!そのため、本当に家系が好きな方ならちょっと期待はずれかもしれませんね。。

このように、今回の“吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン”は、豚骨の旨味を丁寧に利かせた醤油ベースの濃いめなスープにほんのり鶏油が香り立ち、家系ならではの濃厚感・コク深さに若干物足りなさを感じさせる仕上がりではありましたが、キレの良い塩気の強い口当たりの豚骨醤油スープなため、白飯にもぴったりなクセのない一杯となっていましたので、お好みによっては“おろしにんにく”や別途チャーシューなどを加えて脂っこさを際立たせてみると、より一層美味しく楽しめるのではないでしょうか?

まとめ

今回「吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」を食べてみて、臭みのない豚骨の旨味を丁寧に利かせた醤油ベースのスープには、家系らしいキリッとしたシャープな飲み口が印象的で、味が濃く塩気の強いテイストだからこそ白飯にもぴったりな仕上がりではありましたが、家系には欠かせない鶏油(チーユ)ならではのコク深さや独特の風味が若干弱く感じられたため、パッケージに記載されていた“アブラオオメ”という点においてはちょっと物足りなさを感じさせる一杯となっていました!

やはり家系は鶏油が肝心ですね!もちろん豚骨の旨味・利かせ具合なんかも重要なポイントなんですが、今回の一杯は全体のバランスを考慮すると…かなりライトな仕上がりとも言える濃いめ(塩気の強い)の味わいが際立っていたため、白飯と一緒に味わってみるとちょうど良いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「吉祥寺 武蔵家 家系MAX 豚骨醤油ラーメン」を検索

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!