蒙古タンメン中本 辛旨焼そば 食べてみました!
カップ焼きそば

ペヤング 激辛やきそばEND 食べてみました!“END”を飾るペヤング史上最強の激辛な一杯!

ペヤング 激辛やきそばEND 食べてみました!“END”を飾るペヤング史上最強の激辛な一杯!

2018年8月27日にまるか食品から発売された「ペヤング 激辛やきそばEND」を食べてみました。

この商品は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回はなんと“ペヤング史上最強の激辛!”とのことで、これまでも辛さが際立った“激辛やきそば”の上を行く“もっともっと激辛MAXやきそば”といった商品が話題となっていましたが、今回はさらにその上を行く“激辛やきそばEND”となっております!

ご覧の通り、今回のペヤングは“END”という名にふさわしく、シンプルでありながらも果てしない辛さを思わせるパッケージデザインとなっていますね!

ちなみに、以前ご紹介した“もっともっと激辛MAXやきそば”は、通常の“激辛やきそば”の約2倍の辛さが表現されたものでしたが、今回の“激辛やきそばEND”は、約4倍もの辛さが表現された一杯となっているようです!

実際に食べてみましたが、“体中が熱く燃え上がる一品!”というだけあって、非常に強い辛みが表現された今回の一杯は、口に入れた瞬間から痛みを伴うアタックの強い刺激的なペヤングソースが胃に染みるほどの辛さとなって激辛フリークにも満足の仕上がりとなっていました!

では、今回はこの「ペヤング 激辛やきそばEND」についてレビューしてみたいと思います。

ペヤング 激辛やきそばENDについて

今回ご紹介するカップ麺は、ご存知“ペヤング”の新商品ということで、これまでも“辛さ”に際立った商品を数多く発売してきましたが、またさらに史上最強の激辛が表現された“ペヤング 激辛やきそばEND”となっています。

そして、非常に辛さが強い商品となっているため、ご覧の通りパッケージには“辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。”といった注意書きが確認できます!

ちなみに、以前の記事にも書きましたが、“もっともっと激辛MAXやきそば”は“激辛やきそば”の約2倍の辛さということで、もちろん辛い一杯ではあったものの…どうせならもーっと辛くしてほしかったと思っていたので、今回は“END”ということもあって期待しちゃいましょう!!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り554kcalとなっております。(塩分は3.0g)

カロリー・塩分ともにペヤング激辛シリーズとほぼ同じような数値となっていて、カロリーはやや高めですが、塩分は低めの仕上がりとなっているようです!
ちなみに1食119g、麺の量は90gとなっています。

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂やしょうゆをはじめ…

  • りんごピューレ
  • 香辛料
  • トマトペースト
  • ポークエキス
  • 野菜エキス

といった、すっきりとした旨味や風味が表現されたペヤングお馴染みの激辛ソースを想像させる材料が並びます。

また、この項目を見る限り、以前の商品とほぼ同じようなので、単純に辛さを増しての登場となっているようですね!

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、激辛ENDソースといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが底知れぬ辛さを秘めた“激辛ENDソース”となっているんですが…辛さを表現する赤い色を通り越して黒々しいソースとなっているようですね!

また、麺はご覧の通り、ペヤングお馴染みのやや細めの仕様となっていて、細麺ながらも歯切れの良い食感を想像させる麺となっています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 味付け鶏ひき肉

が入っています。

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをして、先ほどの“激辛ENDソース”を入れたところがこちら!

ソースは、強い辛みを凝縮したと思われるややどろっとしたものでしたので、調理中はしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう。

そして、この時点ではまだ、ペヤングらしい食欲そそる美味しそうな風味が香る出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り、厚みのあるソースではありますが、温めておいたせいか、ペヤングらしい歯切れの良い麺にもすんなりと馴染んでいきます!

そして、混ぜ終わってもやはりその風味は、ペヤングらしい食欲そそる風味が漂い、まるで辛さを感じさせない仕上がりとなっています!

ご覧のように、この見た目からは本当に激辛な一杯なのかどうか想像もつきませんね…!

食べてみた感想

一口食べてみると…ぅおぁっ!!口に入れた瞬間から感じるこの強い辛みは、辛さの最終地点である「END」らしい芯の強いアタックを感じますね!これは清々しい。。

そして、これだけ辛ければ以前との違いもはっきりとわかるのではないでしょうか?
全くもって以前の商品よりも辛さが増していることがわかります!

そして、その痛みを伴う激辛なソースには、ペヤングならではの美味しさもまた表現されていて、単純に辛いだけでなく、お馴染みの味わいも同時に楽しむことができます!

麺について

麺は、ご覧の通りいつものペヤングの仕様となっていて、非常にすすり心地は良いものの…今回の一杯は非常に辛みが強いソースが表現されているため、なるべく優しくすすった方が良いかもしれません!

そして、この麺には“END”という名にふさわしい非常に強い辛さが表現されたソースがよく絡み、どこを食べても逃げ場のない“激辛”な味わいが口に広がり、まさに辛さに際立ったペヤングを存分に楽しめる一杯となっていますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付け鶏ひき肉が入っているんですが、こちらはボソボソっとしたペヤングお馴染みの具材が表現されているものの…この具材にも激辛ENDソースがしっかりと絡み、小さい具材にも関わらず非常に強い辛みであることがよーく伝わってきます!

また、こちらのキャベツは、シャキシャキとしたほどよい食感が感じられますが、こちらもまた激辛ソースが絡んでいるため、良い食感に加えて、強い辛みも一緒に楽しむことができます!

ソースについて

ソースは、何と言っても“辛さ”に際立った仕上がりとなっていて、芯が強く、さらに口に入れた瞬間から伝わる衝撃とも言える強い辛みが表現されています!

ご覧の通り、麺にはしっかりと激辛ソースがコーティングされているんですが、汁なしの一杯にも関わらず、ここまで強い辛さが表現されていることが不思議なほどです!

そして、半分ほど食べ進めると汗は当然噴き出てきます。。

さらに辛さが徐々に積み重なることによって、一口ずつに痛みも増して感じられる激辛が心地良くも感じられます!辛いけど美味い。。

最後はホントに汗がやばいですね。。
今回の“激辛やきそばEND”はかなり衝撃の仕上がりでした!!

まとめ

今回は「ペヤング 激辛やきそばEND」を食べてみましたが、激辛シリーズに終止符を打つかのように登場した“END”という名にふさわしい強い辛さが表現されていて、激辛好きにも非常に満足度の高い仕上がりとなっていました!

もちろん、辛いものが苦手な方は食べないとは思いますが…なかなかの辛さが表現されていたので、存分に楽しめるかと思いますよ!

気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です