ペヤング

ペヤング 獄激辛やきそば!史上最強の辛さを極めた強烈な一杯

ペヤング 獄激辛やきそば

ペヤング 獄激辛やきそば」を食べてみました。(2020年2月17日CVS先行/2020年2月24日一般販売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回はなんとあの激辛フレーバーの終止符を打ったと思われた“激辛やきそばEND”の3倍もの辛さを誇る史上最強・獄辛な一杯が登場です!(“極”ではなく“獄”です!)…個人的にもまさか“END”の次回作が来るとは思ってもいませんでしたから。。かなり衝撃的な一杯と言えるでしょう!!

それも…“ペヤング”ならではの香ばしい醤油ベースのソースには、もはや辛いというよりも舌を切るかのような痛烈とも言える究極の辛さによる強烈なインパクトが表現され、まさに激辛フレーバーとしては群を抜く辛さの極み“獄激辛”という名にふさわしい一杯、“ペヤング 獄激辛やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“獄激辛”といった文字が大きく不気味に配置され、あの“END”をも凌ぐ超越した辛さに絶えられるかどうか…?激辛好きにとってはぜひいただきたいところではないでしょうか?

そしてなんと言っても“獄激辛”という名にふさわしい地獄の閻魔王をイメージさせるイラストが印象的で、見るからに激辛を極めた味わいが表現されていることがヒシヒシと伝わって来ますね!!これは実に楽しみな一杯!

一方こちらには、“泣けるほど辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。”といった激辛テイストではお馴染みの注意書きなんかも今回ばかりは大きく記載され、中途半端・遊び半分でいただくとかなり危険であることがわかりますね!“END”の3倍という時点でかなりヤバそうな気配は感じられるかと思いますが。。

このように、超絶的な激辛をイメージさせるパッケージとなっているため、よく掲載されている仕上がりイメージなんかは一切なく、原材料を参考にしてみると具材には…キャベツ・味付け鶏ひき肉が使用されているようで、従来のシンプルな具材に“獄激辛”ソースが絡む一杯のようです!

また、上記パッケージにも記載されていましたが、今回ばかりはさすがに公式ページでも以下のように注意喚起が促され、中途半端・面白半分で食べると危険な一杯であることがよーく伝わってきますね!(激辛フリークとしてはたまりませんが。。)

※辛さが非常に強いため、激辛が苦手な方の喫食や早食い、大食いなどの挑戦はご遠慮ください。
引用元:ペヤング 獄激辛やきそば | まるか食品株式会社

他にも特徴として…麺は“ペヤング”ではお馴染みのラードを使用した油で揚げた麺が採用され、麺から滲み出るラードの旨味や香ばしさが後引く極辛な辛みの奥底に旨味として引き立て、泣けるほどに痛辛く仕上がったフレーバーではありますが、最後までじっくりと究極の辛さと旨味が堪能できる激辛好きにとっては見逃せない一杯というわけです!

実際に食べてみて…

一口目から伝わる衝撃的な辛さは、もはやヒリヒリとした痛烈な痛みがほとばしり、一気に胃まで染み渡る辛さが表現され、それと同時に汗も噴き出る激辛好きにはたまらない刺激的な味わいに仕上がり、まさに“獄激辛”といったイメージにふさわしい激辛の極みといった一杯となっていました!
これは特に、本当に激辛なテイストが好みの方で、痛烈な辛さが表現された焼そばを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は究極の辛さを兼ね備えた真の激辛好きにはたまらない極悪・最強の“獄激辛”が楽しめる一杯、「ペヤング 獄激辛やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 獄激辛やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、とんでもない辛さを秘めたフレーバーであり、あの一時話題騒然となった“END”の3倍もの辛さを表現した激辛の極みとも言える強烈な一杯、“ペヤング 獄激辛やきそば”となっています。

2020年に入ってからは、普通に美味しい“ペヤング 牛タン塩やきそば”が1月20日に発売されたかと思うといきなりこれですから…今年も“ペヤング”シリーズからは目が離せませんね!見るからに興味を惹かれるのはもちろん、激辛好きにとってはむしろ興奮する一杯とも言えるでしょう!

ペヤング 獄激辛やきそば パッケージ

ちなみにこの“獄激辛やきそば”の元を辿ると…“もっともっと 激辛MAXやきそば”が“激辛MAXやきそば”の2倍の辛さ、そして“激辛やきそばEND”では4倍の辛さが表現されて登場してきましたが、今回はなんと“END”の3倍ということで…単純計算してみると“激辛MAXやきそば”の12倍もの辛さを秘めた一杯ということになります!

このように“ペヤング”の激辛シリーズとしては、2倍、4倍、12倍と辛さレベルをアップさせて登場してきたわけですが、こうも一気に辛さが増すとなると…これまでの激辛との違いなんかもしっかりと認識できるほど桁違いの仕上がりとなっていると思われますので、公式ページにも記載されていたように一気食いにはちょっと注意した方が良いかもしれませんね!

それでは、今回の“ペヤング 獄激辛やきそば”がどれほど激辛な仕上がりとなっているのか?強烈な辛さの中にも“ペヤング”らしい旨味が果たして感じ取ることができるのか?そしてなんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしい風味との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り542kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって割と高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり119g、麺の量は90gとのこと。

しっかりとした食べ応えのある一杯のようですが、この塩分から想像すると…やはり唐辛子をはじめとする辛み(カプサイシン)に際立った強烈な一杯であることが容易にイメージできますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、食塩や“しょうゆ”をはじめ…

  • 醸造酢
  • 植物油脂
  • りんごピューレ
  • 香辛料
  • トマトペースト
  • ポークエキス
  • 野菜エキス

といった、ポークや野菜などの旨味を利かせた醤油ベースのソースには、“香辛料”と一言でまとめられた材料が非常に気になるところですが…恐らく強烈な辛さ“獄激辛”というほどですから。。通常の唐辛子ではなくキャロライナ・リーパーやブートジョロキアといった特に辛みの強い唐辛子が使用されているような辛さの極みが加わったインパクト抜群な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…今回も“ペヤング”らしいラードが使用されていることがしっかりと確認できますね!これがまた旨味といい…ほどよい香ばしさが加わってことを思わせます!

JANコード49 02885 00604 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、植物油脂、りんごピューレ、香辛料、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、味付け鶏ひき肉)/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(ステビア、カンゾウ)、重曹、ビタミンB2、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (119g) 当たり]
熱量542kcal
たん白質9.6g
脂質25.9g
炭水化物67.6g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング 獄激辛やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、獄激辛ソースといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、特に右側の獄激辛ソースに関しては、割とさらっとした状態ではありますが、唐辛子などの辛みが凝縮されているのでしょうか?ほんのわずかながらドロッとした感じにも見てとれましたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”お馴染みのやや細めにも見える中太仕様となっていて、原材料にも記載されていた通りラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味・香ばしい風味が単純に激辛に際立った一杯ではなく辛い中にも旨味を感じさせ、ソースの美味しさを引き立てる相性の良さを思わせます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 味付け鶏ひき肉

が入っています。

中でも“鶏ひき肉”は“ペヤング”お馴染みの具材ですね…個人的には食感が若干気になるところではありますが、ここは肉の旨味を引き立てた仕上がりに期待したいところ!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

湯切りしている最中からすでにラードの香ばしい風味が食欲そそる、この段階ではまだ普通に美味しそうないつも通りの“ペヤング”…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“獄激辛ソース”を注いでいきいます!
すると…しっかりと温めておいたにもかかわらず、唐辛子などの辛みが凝縮されているかのようにドロッとした状態となっていて、赤みを通り越してもはやどす黒い“獄激辛”な辛みを想像させるソースとなっています!!
※風味としてはポークや野菜などの旨味が利いているせいか非常に食欲そそる良い香りです。

そして、この重みのあるソースはゆっくりと容器底へと沈んでいき、見た目としては真っ赤なソースというわけではないせいか…底知れぬ辛さを秘めているようにも見えますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りかなりドロッとしています。。もちろん肉や野菜の旨味も含まれていると思われますが、ここに大量の唐辛子などの辛みなんかも使用されているのでしょう!!かなり濃いめのソースはまさに“獄激辛”という名にふさわしい仕上がりのようです!

そしてソースが全体に馴染むと…むしろ見た目は普通ですね。。
強烈な辛さが表現されているとはまるで思えない仕上がりというか…“ペヤング”らしい香ばしく旨味が凝縮された一杯にも見えるところが今回の“獄激辛”の恐ろしいところ!!ますます“獄激辛”の衝撃的辛さが気になってきます!!

また、このような仕上がりは“END”の時と同じで、見た目としてはあくまで普通なんですよね!ちょっと不思議なんですが…ここに強烈・最強な辛さが表現されていて、そのギャップに驚いた記憶があります。。恐らく今回もそういった極限の辛さに仕上がっていることでしょう!

ちなみにこの“獄激辛ソース”は強烈なインパクトを放つ仕上がりですので、気になる方は少しずつ足していっても良いかもしれませんね!※あくまで無理は禁物です。

食べてみた感想

一口食べてみると…口に入れた瞬間からその凄まじい辛さに衝撃を受けますね!!桁違いに辛いです!!!まるで舌を切るかのようなアタックの強い痛烈な辛さが突き抜けていきます!

そして、二口目…と食べ進めていくに連れて辛みは蓄積されていき、傷口に塩というくらい辛さも増して感じられ、一気に汗も噴き出します!さらに胃にも強い辛さが染みていくのが伝わり、一気食い注意というのも納得ですね!(激辛に相当慣れていない方が一気に食べると体調を崩しかねません。。)

また、“獄激辛”という名にふさわしい超絶的な辛さではあるんですが、“ペヤング”らしさもしっかりと感じ取るとこができ、ポークや野菜の旨味が激辛の奥底にしっかりと表現され、単純に辛みだけが強調された仕上がりというわけではありません!

ただ今回の一杯に関してはかなりの辛さですね。。激辛フリークの方でもかなり満足できるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”らしい中太仕様の香ばしくラードの旨味が滲み出る仕上がりとなっていて、超激辛を優に超えた獄激辛ソースがしっかりとコーティングされていますから…胃に染みるほどの激辛な味わいが楽しめるでしょう!

そんな麺には…商品名“獄激辛”の文字通り凄まじい痛烈な辛さを伴う激辛ソースがよく絡み、一口ずつにこれ以上ないインパクト抜群な辛さが口いっぱいに広がっていき、ほんのりとラードの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

また、よーく見てみると香辛料と思われる粒々が所々に確認できますね!
個人的にこういった焼そばソースでここまで強烈に辛さが表現できるとは思ってもいませんでしたが、“ペヤング”の激辛フレーバーに使用されている唐辛子は恐らく通常よりも遙かに辛いものが採用されているようで、見た目とは裏腹にその絶望的な辛さには驚かされるに違いありません!!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、ほどよいシャキシャキ感に仕上がり、今回の一杯に対してほどよいアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“味付け鶏ひき肉”は、“ペヤング”らしい食感に仕上がり、旨味自体は良いんですが…個人的にこの食感が若干気になるところではありますので、この具材単品で楽しむというより、麺などと一緒に絡めていただくと、より肉の旨味が引き立って激辛テイストとともに楽しめるのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、原材料にも記載されていた通りポークや野菜の旨味がしっかりと利いた醤油味がベースとなり、そこに“END”の3倍もの辛さを表現した“獄激辛”という名にふさわしい桁違いの辛さが加わり、強烈なインパクトを放つ胃にも染みる辛さの極地を楽しむことができるでしょう!

そのため、さすがに今回の“獄激辛”は、旨味よりも辛みの方がかなり強調された仕上がりではありますが、辛い中にもしっかりと“ペヤング”らしい肉や野菜の旨味を利かせた香ばしい風味が印象的な味わいに仕上がり、痛みを伴う清々しい辛さをストレートに堪能するにはおすすめの一杯と思われます!辛いけど美味い!!

こうして汗を噴き出しながら完食です!
今回の“獄激辛”は並大抵の辛さではありませんでしたね。。しばらくは口の中から辛みが消えることはなく、吐く息すら辛く感じるほどです!

そのため、さすがに今回で激辛テイストは打ち止めではないでしょうか?(辛さの種類が異なるフレーバーならまだまだ考えられますが…)

このように、今回の“ペヤング 獄激辛やきそば”は、激辛テイストの最後と思われた“END”の3倍もの辛さを秘めたことによって、まさに辛さの極みとも言える“獄激辛”といった商品名の文字通り強烈な辛さが表現され、“ペヤング”らしいラードの旨味や香ばしい風味なんかも激辛の中にも感じ取るとこができる絶大なインパクトを放つ仕上がりとなっていたため、激辛好きでも度が過ぎるのはちょっと…と思っている方は、様子を見ながら“獄激辛ソース”を少しずつ足していっても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 獄激辛やきそば」を食べてみて、パッケージデザインの通り容赦ない激辛な味わいが強烈に表現され、まさに“END”の3倍というのも納得の胃に染みる激辛テイストが十二分に味わえる真の激辛フレーバー向けといったインパクト抜群な一杯となっていました!

ただ、激辛好きにとっては…こうも簡単に“END”を超える一杯が登場するとなれば、さらなる強烈なフレーバーに期待してしまうところなんですが。。そもそも“ペヤング”は他にも面白いテイストが多く発売していますから、また次回作を楽しみに待ちたいと思います!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

おすすめの激辛カップ麺についてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!