カップ麺

ペヤング 牛タン塩やきそば!牛タンの旨味を利かせた後味の良い一杯

ペヤング 牛タン塩やきそば

ペヤング 牛タン塩やきそば」を食べてみました。(2020年1月20日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は牛タンの塩焼きをイメージした一杯が登場です!

それも…牛タンの旨味が感じられる味わいとのことですが、牛タンの味というより“ねぎ塩ダレ”を含めての旨味を再現しているとも言え、ペヤングらしいラードを使用した油で揚げた麺から香る香ばしさが絶妙に臨場感を高めた風味豊かな一杯、“ペヤング 牛タン塩やきそば”となっております。(税抜き193円)
次々と登場する“ペヤング”シリーズとしては地味に今年初の一杯ですね!

ご覧の通り、パッケージには牛タンを炭火焼きした香ばしさをイメージさせる黒を基調に特製ソースによって牛タンの旨味を表現した食欲そそる風味が伝わって来るかのような仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…牛タン・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

ペヤング 牛タン塩やきそば パッケージ

そしてご覧の通り、パッケージには“旨味のつまった特製ソース仕上げ”と記載されているように、やはり牛タンということでソースは“ねぎ塩ダレ”らしくごま油なんかも含まれていることが予想されます!

つまり…塩ベースの後味さっぱりとした味わいに牛タンの旨味を利かせた一杯ということですね!これはある意味ペヤングらしくないストレートに美味しいフレーバーといったところでしょうか?笑

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズではお馴染みのラードを使用した油で揚げたことによる旨味や香ばしさが牛タンならではの美味しさをさらに再現性高く感じさせ、旨味・風味ともに満足度の高い味わいに仕上がり、香辛料や唐辛子のピリッとしたアクセントによってキリッとしたメリハリが際立ち、最後まで飽きの来ない味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

多少ごま油の風味が強い気もしましたが、塩味がベースの後味すっきりとしたソースには牛タンの旨味が利き、香辛料や具材にたっぷりと使用された“ねぎ”とともにキレの良い口当たりと“牛タン塩”ならではの美味しさが麺から香る香ばしさと絶妙にマッチした安定感のある仕上がりとなっていました!
これは特に、後味さっぱりとした牛タン塩の旨味を“焼そば”として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はペヤングとして今年一杯目となる新商品、“牛タン塩”の味わいをイメージし、牛タンの旨味を利かせたソースや具材に使用した“ねぎ”、それらが香ばしい麺と絶妙にマッチしたことで臨場感溢れる仕上がりとなった一杯、「ペヤング 牛タン塩やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 牛タン塩やきそば

ということで今回ご紹介するカップ麺は、みんな大好き“ペヤング”シリーズの今年一杯目となる新商品で、“牛タン塩”の味わいをイメージした後味の良さと牛タンの旨味が麺から香る香ばしさと絶妙にマッチし、臨場感の高い味わいを表現した幅広い層に好まれるフレーバー、“ペヤング 牛タン塩やきそば”となっています。

“牛タン塩”と言っても牛タンの味そのものだけではなく、しっかりと“ねぎ塩ダレ”に付けていただく味わいに仕上がっているため、具材にはたっぷりと“ねぎ”が使用され、ソースに牛タンの旨味を利かせており、さらに風味として香ばしさやごま油の香りが全体のバランスをうまく調和したことによる旨味・風味がしっかりと楽しめる一杯のようですね!

ちなみに、“まるか食品”としては“ペヤング 火炎風やきそば超大盛(2019年11月11日発売)”や“ヨシモリ 超ボンビーやきそば(2019年12月9日発売)”に続く新フレーバーということで、昨年は毎週のように新商品が登場していた“ペヤング”ですが、2020年1月はこの“牛タン塩やきそば”のみということで、2019年の末辺りから若干動きが鈍化しているような状態です。。

ただ、あの超激辛で話題沸騰となった“ペヤング 激辛やきそばEND(2018年8月27日発売)”の3倍もの究極の辛さを表現した“ペヤング 極激辛やきそば”といった商品が2020年2月24日に発売予定となっていますから、恐らく強烈な話題となることが予想され、やはり今年も目が離せませんね!
※“END”は“激辛やきそば”の4倍の辛さでしたので、それを基準に考えると12倍もの辛さが秘められているのかもしれません…!

それでは、今回の“ペヤング 牛タン塩やきそば”がどれほど牛タンの旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?“ねぎ塩ダレ”を思わせる後味すっきりとした風味豊かなソースの仕上がり具合はもちろん、ラードを使用した油で揚げた香ばしい風味が印象的な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り549kcalとなっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって、割と高めな数値のようですが、塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり113g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香辛料
  • ポークエキス
  • 食塩
  • デンプン

といった、牛タンの旨味を利かせた割とシンプルな塩ベースの味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目にはしっかりとラードが使用されていることが確認できますね!
このように今回の“牛タン塩”はソースに牛タンの旨味を利かせ、具材に“ねぎ”や唐辛子などを加えることによって旨味・風味をうまく表現しているようで、“ペヤング”シリーズは意外と各種フレーバーを工夫して表現している点が個人的な印象です!

JANコード49 02885 00602 2
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(たん白加水分解物、植物油脂、糖類、しょうゆ、香辛料、ポークエキス、食塩、デンプン)、かやく(牛タン、ねぎ、唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、加工デンプン、増粘剤(グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、リン酸塩(Na)、甘味料(ステビア)、ビタミンB2、カラメル色素、(一部に小麦・牛肉・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (113g) 当たり]
熱量549kcal
たん白質9.2g
脂質31.5g
炭水化物57.1g
食塩相当量3.8g

引用元:ペヤング 牛タン塩やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など2パックとなっていて、特に右側の“やきそばソース”は触った感じだとさらっとした状態のようですが、割と量も多く、牛タンの旨味が詰まっているとのことでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!(“ねぎ”もたっぷりと使用されているようです!)

また、麺はご覧の通り“ペヤング”お馴染みのやや細めの仕様となっていて、原材料にも記載されていたようにラードを使用した油で揚げたことによって香ばしさや旨味が滲み出し、それによって風味豊かなフレーバーにもぴったりな味わいを引き立てることが予想されます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 牛タン
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

やはり“牛タン塩やきそば”ということで、タレである“ねぎ塩”らしく“ねぎ”がたっぷりと入っていますね!これによって後味の良さが際立ち、さっぱりとした味わいが表現されているようです!

また、“牛タン”そのものが使用されているようですが…その仕上がり具合なんかも気になるところではないでしょうか?

ちなみに今回の一杯はレギュラーサイズということで、必要なお湯の目安量は480mlとなっています。

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材などがふっくらとした仕上がりとなり、なんと言っても湯切りしている最中からラードの香ばしい風味が漂い、“牛タン塩”の味わいが香り高く表現された後味さっぱりとした一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を注いでいきます!
すると…原材料には“ごま油”といった材料は記載されていなかったものの、“ねぎ塩ダレ”らしく風味が非常に良いですね!なんとも食欲そそられます。。

また、ソースは量も多く、しっかりとフタの上で温めておいたおかげでさらっとした仕上がりとなり、すぐに容器底へと沈んでいき、ペッパー系の香辛料でしょうか?黒い粒々なんかも確認できますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはさらっとしていながらも、ほどよい油分なんかも含んでいるようで、牛タンならではの旨味が香ばしい麺に相性良くマッチし、すんなりと麺にも馴染んでいきます!

そして、ソースが全体に馴染むと…塩味らしいすっきりとした風味に香ばしさが加わり、なんとも食欲そそられますね。。ただ、香りからは牛タンらしさは感じられないようです。ま、牛タンの香りといってもピンと来ませんから…当然と言えば当然かもしれません!

そして、具材に使用されている“ねぎ”が思った通りやや多めに使用され、塩味テイストの後味さっぱりとした味わいがより一層際立ち、牛タンの旨味と“ねぎ塩ダレ”との味わいをうまく表現し、なんと言っても麺から香る香ばしさが炭火焼きしているかのような臨場感を高めています!

食べてみた感想

一口食べてみると…あっさりとした塩味かと思いきや、食欲そそる牛タンの旨味が利いたソースには“ねぎ”とごま油が合わさった“ねぎ塩ダレ”のような風味豊かな味わいがうまく表現され、塩味ならではのキレもあり、“牛タン”と言うよりか…“ねぎ塩”テイストに牛肉の旨味がほどよく利いた香ばしい一杯といった印象です!

ただ、今回は“牛タン”ということもあって、以前発売された“ペヤング 牛脂MAXやきそば”のような牛特有の脂っこさといった感じは一切なく、後味すっきりとした塩味に“ねぎ”をたっぷりと使用し、さらに香辛料なんかもちょうど良いアクセントとなり、このキリッとした味わいに凝縮された旨味は最後まで飽きが来ませんね!ストレートに美味い一杯といったところではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めな“ペヤング”お馴染みのラードを使用した油で揚げた仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、なんと言ってもラードの旨味・香ばしさが今回の“牛タン塩”といったフレーバーにぴったりです!

そんな麺には、牛タンの旨味が利いた後味の良い塩ベースのソースがしっかりと絡み、一口ずつに香ばしい“牛タン塩”らしい味わいが口いっぱいに広がっていき、“ねぎ塩ダレ”を思わせるごま油のような風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの牛タンが入っているんですが…やはりカップ麺ということもあって、ややチープな仕上がりで単品で牛タンの美味しさが楽しめるとは思えませんので、牛タンの旨味を利かせた塩ベースのソースがコーティングされた麺と一緒に食べてみることによって、より一層臨場感溢れる美味しさが楽しめるかと思われます!

また、こちらの“ねぎ”は、“牛タン塩”の味わいを表現するには欠かせない具材として後味の良さを一層際立たせ、塩ベースのソースとの相性なんかも抜群で、割と大きくカットされているため、シャキシャキとした食感なんかも心地良いですね!

それ以外にも、こちらの輪切り唐辛子なんかも使用されていて、じっくりと噛んで味わってみると…ピリッとした辛さがしっかりと表現されていて、ソースに含まれている香辛料とともに“牛タン塩”の旨味にメリハリを加えるちょうど良いアクセントがプラスされています!

そして、これら具材を一緒に絡めて食べてみると…より一層“牛タン塩”らしい旨味溢れる味わいを楽しむことができ、香ばしさや旨味が意外と刺激的な香辛料によってクセになる美味しさとして堪能できるでしょう!

ソースについて

ソースは、牛タンの旨味を利かせた塩ベースの後味すっきりとした味わいに仕上がり、そこにペッパー系の香辛料によってキリッとしたキレの良い口当たりを表現しています!

そして、先ほどもお伝えした通り牛タンそのものの味はわかりにくいものの…牛タンらしい“くどさ”や変なクセ、臭みなどが一切ない牛の旨味によって物足りなさを感じさせない美味しさに仕上がり、そこに具材として使用された豊富な“ねぎ”によって“牛タン”にぴったりな“ねぎ塩ダレ”のような味わいを香ばしい風味とともに楽しめるかと思われ、やはり香ばしさがひとつのポイントとなっているようですね!

このように、今回の“ペヤング 牛タン塩やきそば”は、塩ベースのソースに牛タンの旨味を利かせ、香辛料や具材に使用された“ねぎ”と合わせたことによって“牛ねぎ塩”らしい香ばしく旨味溢れる味わいに仕上がっていたため、お好みによっては牛タンと相性の良いレモンなんかをちょい足ししてみてもまたひと味違った美味しさが楽しめるかもしれません!

まとめ

今回「ペヤング 牛タン塩やきそば」を食べてみて、焼き肉の中でも人気の高い“牛タン塩”をイメージし、塩ベースの後味すっきりとしたソースに牛タンの旨味を利かせ、さらに香辛料や具材に使用した“ねぎ”や牛タンによって食べ飽きることのない美味しさが香ばしい風味とともに臨場感高く表現されていました!

また、今回の“牛タン塩やきそば”は、ある意味ペヤングらしい奇抜なフレーバーではなかったものの…ストレートに美味いと思わせる後味の良さに際立った仕上がりでしたので、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら