カップ麺

ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば 食べてみました!羊肉を使用した再現性の高い味わい

ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば 食べてみました!羊肉を使用した再現性の高い味わい

ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」を食べてみました。(2019年1月21日発売・まるか食品)

この商品は、毎回面白いテイスト・味わいで話題となるお馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回はなんと具材に羊肉を使用し、その旨味・風味によってまるでジンギスカンを食べているかのような味わいが表現された“ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば”となっております。(税抜き185円)

このように今回は、北海道を代表とするお馴染みの郷土料理“ジンギスカン”の味わいをイメージした一杯ということで、ご覧の通りパッケージには北海道のシルエットや、北海道の観光地ならではの“時計台”を思わせるイラストが背景にあしらわれています!

また、ジンギスカンと言えば、やはりあの独特な風味の“羊肉”ですよね!
今回の一杯にはその羊肉が具材として使用されているわけですが、北海道ではむしろあの風味・クセは馴染みある味で個人的にも好きな味でして…そういったややクセが賛否ある風味・旨味がどこまで再現されているのか気になるところ。。

他にも特徴として、ソースには玉ねぎや香辛料などをしっかりと利かせた醤油ベースの味濃い仕上がりとなっていて、具材として使用された羊肉ならではのクセのある風味と合わさったことによって、まさしく“ジンギスカン”を食べているかのような味わいに仕上がっているようです!

実際に食べてみて…

具材として使用された羊肉からは、思っていた以上にリアルな風味が表現された上に、さらっとした醤油ベースのタレに利いたピリッとした辛みと玉ねぎなどの旨味が利いた香ばしい風味なんかもしっかりと再現されたことで、口の中に広がるのはまさにジンギスカンそのもの!といった美味しい仕上がりとなっていました!
これは特に、羊肉ならではの旨味が特徴的なジンギスカンの味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの北海道を代表とする郷土料理“ジンギスカン”の味わいを再現した「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそばについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、具材に羊肉を使用し、ジンギスカンならではの旨味がリアルに再現され、香ばしい風味がたまらない“ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば”となっています。

そしてジンギスカンと言えば、“羊肉”のやや臭みのある特徴がクセとなったことで、好き嫌いが別れる北海道の定番料理ですが、他の肉と比べて意外とヘルシーということもあって、道外でも好みの方も多いかと思われます!

それでは、そんなジンギスカンの味わいがどのように“ペヤング”らしく表現されているのか?羊肉の旨味・タレの仕上がりに関してもじっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り548kcalとなっております。(塩分は4.1g)

カップ焼そばということもあって、ややカロリーは高めな数値ではありますが、塩分は低めのようですね!
ちなみに1食122g、麺の量は90gとのこと。

ジンギスカンといえば、あのしょっぱいくらいにキレのあるタレが特徴的なので、塩分はやや高めかな?と思っていましたが、これを見る限りやや控え目ということもあって、羊肉の旨味が全面に押し出した仕上がりなのでは?といったペヤングらしい強烈なテイストを思わせます。。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • たまねぎ
  • はちみつ
  • りんご
  • 香辛料
  • レモン果汁

といった、ほどよく酸味の利いた味濃い醤油ベースの味わいに、香辛料によるピリッとした辛みが利いた羊肉との相性抜群なタレによって、まさに“ジンギスカン”の味わいを思わせる材料が並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、たまねぎ、はちみつ、りんご、香辛料、発酵調味料、醸造酢、レモン果汁)、かやく(キャベツ、乾燥羊肉、にんじん、もやし)/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、グァーガム)、香料、カラメル色素、加工デンプン、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、リン酸塩(Na)、pH調整剤、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB₂
引用元:ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、ソースといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“ペヤング”お馴染みのやや細め・ウェーブの付いた麺ということで、ジャンク感のある風味が特徴的な油揚げ麺が今回も同じく採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 乾燥羊肉
  • にんじん
  • もやし

が入っています。

この辺りは、羊肉をはじめ“ジンギスカン”を思わせる豊富な具材がたっぷりと使用されているようです!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

彩りの良いそれぞれの具材がふっくらと仕上がり、香りを確認してみると…しっかりと羊肉ならではの良い意味でクセのある風味が表現されています!!それによって、この時点で“ジンギスカン”の味わいがクオリティ高く仕上がっているのでは?といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどのソースを注いでいきます!
ちなみにこのソースは元々さらっとした仕上がりで、これを入れることによって…ジンギスカンならではのほんのり香ばしい食欲そそる風味が一気に漂ってきます!

そして、このソースは羊肉の風味をさらに引き立ててるようで、この羊肉の仕上がりとソースの組み合わせはかなり相性良くマッチしていることがよーく伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ソースはさらっとしたものでしたので、“ペヤング”ならではの麺にもすんなりと馴染んでいきます!それにしても風味良いですねこれ!!

そして、仕上がりはまさに羊肉の香りと、香ばしい風味のタレが合わさったことで、かなりジンギスカンのイメージに近いようにも感じられ、旨味・風味ともにバランス良く北海道のソウルフードの味わいを美味しく表現しているようです!

そして、この豊富に使用された野菜の具材がまたジンギスカンのイメージをより再現性高くしているようにも感じられ、食感としてのちょうど良いアクセントが羊肉の旨味をさらに引き立てているようにも見えますね!

ジンギスカンは野菜がつきものですから!羊肉の旨味を野菜が染みこみ、そこがまた美味しかったりするので、タレと羊肉、そしてこの野菜が絶妙なバランスとなっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…あ!良いですね!羊肉ならではの特徴的な臭みがしっかりと表現されていて、そこに相性抜群なジンギスカンらしい香ばしさとしょっぱさ、さらにピリッとした香辛料による辛みが感じられ、北海道で慣れ親しんだ味に仕上がっています!

しかも、羊肉らしく脂っこさは全くなく、まさにジンギスカン鍋で余計な脂を落としたかのような肉の旨味だけが感じられるため、最後まで飽きることなく存分に“ジンギスカン”の味わいを楽しむことができるのではないでしょうか?

そのため、豊富に使用された具材もまた引き立っています!羊肉の旨味が野菜にも染みこみ、香ばしく仕上がったタレとともに食感からも“ジンギスカン”を食べているような仕上がりを再現しているようですね!

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”らしいやや細めの軽やかな麺となっていて、調理時間2分程度ならほどよく硬めの食感が楽しめ、どことなくジャンク感のある風味が特徴的な仕上がりとなっています!

そんな麺には、今回“ジンギスカン”の味わいを再現した醤油ベースのほんのり酸味の利いたピリ辛なキレのある味濃いソースがよく絡み、一口ずつに具材に使用された羊肉の特徴的な旨味が口に広がっていき、良い意味でクセのある“ジンギスカン”らしい香ばしい風味が心地良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらの羊肉が使用されていて、やや小ぶりではありますが…風味からすでに羊肉ならではのクセのある香りが確認でき、噛むとこちらもまた肉の旨味が滲み出ることで、北海道で慣れ親しんだ味わいが表現された美味しい具材となっています!

というか、この臭みがむしろ良いんですよね!個人的に食べ慣れているので、“ジンギスカン”はそこまで特徴ないようにも思っていましたが、やはりこの羊肉の特徴ですよね!これが“ジンギスカン”らしくもあり、しょっぱいくらいに表現されたタレを再現したソースとの相性も良く、肉の旨味をさらに引き立てているようにも感じさせます!

また、こちらの“もやし”はかなり小さくカットされてはいたものの、意外とシャキシャキとした食感が表現されていて、“ジンギスカン”の味わいにちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらのキャベツなんかも使用されていて、“もやし”ほどの良い食感ではありませんでしたが、“ジンギスカン”にはこういった野菜は相性良いですからね!ソースの味わいや羊肉の旨味もしっかりと染み込んだことで、今回の一杯に彩り良く添えられています!

そして、こちらの人参はキャベツとともに彩りも良く、特に素材ならではの変な臭みもなく、今回のテイストにもぴったりな具材として食感も意外と良く、ちょうど良いアクセントとなっています!

こういった具材を絡めて食べてみると…それぞれの具材にも羊肉の旨味がしっかりと染み込んでるため、“ジンギスカン”を表現した味わいが食感良く引き立てられ、口に入れた瞬間から、まさに“ジンギスカン”を食べているかのような旨味・風味が非常に再現性高く感じられます!

ソースについて

ソースは、後味すっきりとした醤油ベースのソースとなっていて、そこに玉ねぎの旨味や隠し味のようにレモン果汁による酸味をほんのりと利かせ、さらにはピリッとした香辛料によって味が締まり、羊肉の旨味を非常に美味しく引き立てたことで、“ジンギスカン”の味わいを丁寧に再現しているように感じられます!

そして、この状態でも十分“ジンギスカン”の味わいがしっかりと表現されているんですが、こちらの“ジンギスカンたれ”を少し加えてみて、さらに味濃くしてみたいと思います!!(道外でも売っているのでしょうか?)

すると…今回の“ペヤング”のソースは、このタレを再現しているようにも思えるほど味の方向性はかなり似ているようです!羊肉と合うはずですね!

さらに、具材に使用された羊肉ならではの旨味がしっかりと表現されているだけあって、当然のように美味しさ自体引き立ちますね!これは美味い。。

“ジンギスカン”の特徴である香ばしいタレには、しっかりと香辛料が利いたことで後味すっきりとしたキレのある仕上がりとなっていたため、相性の良い“にんにく”なんかをお好みで追加アレンジしてみると良いかもしれません!唐辛子なんかももちろん良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」を食べてみて、醤油ベースのすっきりとしたソースには“ジンギスカン”のタレを思わせる濃い目の味わいが表現され、玉ねぎの旨味などが利いた後味の良い仕上がりとなり、そこに羊肉ならではの特徴的な旨味・風味がクオリティ高く再現された具材と合わさったことで、まさしく“ジンギスカン”を食べているかのような一杯となっていました!

そして、今回のソースは、羊肉の臭みを消すかのように若干濃い目に仕上がっているため、キレのある口当たりとなり、最後まで飽きの来ない納得の味わいが存分に楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です