カップ麺

「六角家」まぜそば!豚骨醤油まぜそば!家系の名店の味わいが“まぜそば”として登場

六角家 豚骨醤油まぜそば

セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば」を食べてみました。(2019年4月8日発売・明星食品×セブンプレミアム)

この商品は、横浜市戸塚区の横浜家系で超人気の“六角家(ろっかくや)”監修によるカップ麺で、お店では味わえないオリジナルメニューが登場です!

それも…家系ならではの鶏油(チーユ)を利かせた豚骨醤油スープを何と“まぜそば”にアレンジし、コク深い濃厚な味わいを食べ応えのある太麺とともにじっくりと楽しむことができる一杯“セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば”となっております。(税抜き218円)

ご覧の通り、パッケージには“芳醇な鶏油の香りと豆板醤の辛み”と記載されているように、今回の“まぜそば”は、醤油ならではのキレのある口当たりに加え、家系らしい豚骨の旨味を利かせた濃厚なタレに鶏油の独特な風味が香り、そこに豆板醤のコク深い辛みが味変として楽しむことができる仕上がりのようで、まさしく家系好きには見逃せない一杯ではないでしょうか?

一方、こちらには“お店では味わうことのできない限定メニュー”と記載されているように、今回の“豚骨醤油まぜそば”は、“六角家”実店舗では提供されていないメニューのようで、家系ならではの濃厚な味わいに鶏油を加えた味わいをカップ麺限定の“まぜそば”として楽しめる一杯のようですね!個人的にも家系は好みのテイストなので、これは期待したいところ!!

そして、その特徴としては…家系らしい厚みのある味わいがそのまま“まぜそば”のタレにうまく表現され、さらに別添されている“豆板醤ペースト”による辛みを加えることによって濃厚な鶏油豚骨醤油の味わいにもぴったりなちょうど良いアクセントとなり、まさしくガツンとした味わいが楽しめるということで、なんとも楽しみな一杯です!

実際に食べてみて…

パンチのある家系の豚骨醤油ならではといったキレのある口当たりというよりも…家系らしい鶏油の風味や油分に引き立った仕上がりとなっていて、確かに濃厚ではありますが、若干塩分濃度が抑えられているかのような落ち着いた味わいとなり、そこに豆板醤ペーストを馴染ませながら食べてみることで、ガツンとした力強い家系らしい味が食欲そそる辛みとともに楽しめる一杯となっていました!
これは特に、家系お馴染みの味わいが好みの方はもちろん、ガツンとした豚骨醤油を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「六角家 豚骨醤油まぜそば」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの横浜家系の名店“六角家”の味わいをカップ麺オリジナルメニュー“まぜそば”に表現した濃厚な一杯「セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、家系でお馴染み“六角家”監修によって鶏油を利かせた豚骨醤油スープの味わいを濃厚な“まぜそば”に再現したもので、豚骨の旨味を利かせたガツンとした醤油ならではのキレとコクに加え、豆板醤ペーストによるピリッとした辛みが食欲そそる仕上がりとなった“セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば”となっています。

ご覧の通り、パッケージには今回の“六角家”監修による“豚骨醤油まぜそば”についての簡単な説明書きが記載され、こちらによると…芳醇な鶏油の香りと豚骨のコクが特徴的な醤油ベースのタレに仕上がり、そこにコシのある太麺を合わせたことで、お店では味わうことのできない限定メニューとのことで、家系らしく非常に食べ応えのある仕上がりとなっているようですね!(※創業は昭和63年とのこと。)

そして、その食べ応えのある太麺というのも…こちらにも記載されているように130gの大盛り仕様ということで、濃厚かつ豆板醤ペーストによるピリッとした辛みが加わったタレとともに、ガツンとしたボリューム感をじっくりと楽しめる一杯となっています!

ちなみに今回は“セブンプレミアム 博多だるま 背脂豚骨まぜそば”と同時発売となっているようですね!

また、現在発売されている“セブンプレミアム 銘店紀行 横浜ラーメン六角家”については下記の記事もぜひご覧ください!

六角家カップ麺!セブンプレミアム 銘店紀行 横浜ラーメン六角家 食べてみました!
六角家カップ麺!セブンプレミアム 銘店紀行 横浜ラーメン六角家 食べてみました!2017年12月18日にセブン&アイ・ホールディングスから発売された「セブンプレミアム 銘店紀行 横浜ラーメン六角家」を食べてみ...

それでは、今回の“六角家”の味わいを“まぜそば”にアレンジした“豚骨醤油まぜそば”がどれほど濃厚な味わいとなって仕上がっているのか?鶏油の利かせ具合や全体のバランス、家系ならではの特徴などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り737kcalとなっております。(塩分は8.3g)

今回汁なしカップ麺・大盛り仕様ということもあって、カロリーはかなり高めな数値のようで、塩分もまたかなり高い数値のようですね!
ちなみに166g、麺の量は先ほどもお伝えした通り130gの大盛り仕様です!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、“しょうゆ”や香味調味料をはじめ…

  • 香味油
  • チキンオイル
  • 植物油脂
  • 豚脂
  • ポークエキス
  • 豆板醤
  • 香辛料

といった、まさに家系らしい濃厚な豚骨の旨味をしっかりと利かせたキレのある醤油味の仕上がりに加え、豆板醤ペーストによるピリッとした食欲そそる辛みが相性抜群な香辛料となり、太麺に絡む食べ応え抜群な仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード 4902881483940
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末油脂、ソース)、ソース(しょうゆ、糖類、香味調味料、香味油、チキンオイル、植物油脂、豚脂、ポークエキス、食塩、豆板醤、たん白加水分解物、香辛料)、かやく(チャーシュー、ほうれん草、ねぎ、のり、香辛料(赤唐辛子))/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (166g) 当たり]
熱量 737kcal
たんぱく質 12.2g
脂質 33.2g
炭水化物 98.8g
糖質 95.7g
食物繊維 3.1g
食塩相当量 8.3g
ビタミンB1 0.33mg
ビタミンB2 0.37mg
カルシウム 204mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、液体ソース、ふりかけ、特製豆板醤といった4つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通りしっかりとした食べ応えを思わせる太麺仕様となっていて、弾力とコシともに兼ね備えたボリューム感抜群な油揚げ麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • チャーシュー
  • ほうれん草
  • ねぎ

が入っています。

家系の一杯にはちょうど良い口直しにもなる欠かせない具材のひとつ“ほうれん草”がさりげなく使用されていますね!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの太麺がさらに一回りふっくらと仕上がり、まさに弾力あるコシ、強い噛み応えといった食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体ソースを注いでいきます!
ちなみにこの液体ソースは、比較的さらっとしたソースではありますが、家系らしく豚骨の脂や鶏油なんかも含まれているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

そして、やや量も多かったせいもあって、すぐに液体ソースは容器底へと沈んでいき、家系ならではの鶏油の香りがキレのある醤油と混ざり合った食欲そそる風味が一気に漂ってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りさらっとしたソースではありますが、鶏油らしい色や油分がしっかりと確認できますね!しかし太麺・大盛り仕様ということもあって…なかなか混ぜるのも大変です!

なるべく早めに…麺を切るようなイメージで素早くタレを馴染ませていきましょう!!

そして、最後に先ほどの“ふりかけ”と特製豆板醤を添えて完成です!
※豆板醤はお好みで量を調整してみてください。

ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • のり
  • 赤唐辛子

が含まれています。

ご覧の通り、思ったより濃い色には仕上がってはいないものの、鶏油らしい風味が特徴的な家系の味わいを“まぜそば”にうまく表現したことで、スープタイプとはまたひと味違った濃厚さが楽しめるガツンとした仕上がりのようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…豚骨の旨味や鶏油ならではの風味が濃厚なタレに利いたことで、家系らしい味わいは確かに表現されてはいるものの…若干味の濃さに物足りなさを感じるかもしれませんね!

というのも…個人的に別添されていた特製豆板醤を後から味変として楽しもうと思って、こちら完全には混ぜていなかったんですが、これを加えることで今回の“豚骨醤油まぜそば”の味わいが完成となるようで、豆板醤をお好みの量を加えて馴染ませながら食べることで、しっかりとパンチの強い味わいが楽しめるようです!

すると、豚骨ベースの濃厚な醤油タレに食欲そそるコク深い辛みが加わり、家系には欠かせない鶏油の風味とともに厚みのある旨味を存分に楽しめる力強い仕上がりが最後まで堪能できる一杯となっています!

麺について

麺は、ご覧の通りかなりの太麺仕様となっていて、この見た目通りしっかりとした弾力と芯には強いコシがあることで噛み応えのある食感が楽しめるボリューム感抜群な麺となっています!

そんな太麺には、家系らしい豚骨の旨味を利かせた濃厚な醤油スープの味わいを“まぜそば”風にアレンジしたタレがよく絡み、一口ずつに厚みのある豚骨醤油の味わいが口いっぱいに広がっていき、鶏油の風味が後味良く抜けていきます!

ただ強いて言えば…食べ進めていくに連れて、この麺がタレを吸ってしまうため、ノンフライ麺などの仕様であれば、もっとつるっとしたタレが絡む食感や味濃い家系ならではの味わいなんかも楽しめたような気はしましたね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのやや小さくカットされたチャーシューが入っていて、カップ麺らしい仕上がりで、噛むとほどよく肉の味なんかもあるものの…単体で楽しむというよりも他の麺や具材とともに絡めていただくことで、豚骨の旨味も増して楽しめるかと思われます!

また、こちらの家系には欠かせない“ほうれん草”は、素材本来の味や風味は若干弱くも感じられましたが、豚骨醤油といったテイストの濃厚なタレにも相性抜群な具材として添えられています!

他には、赤唐辛子や“のり”といった具材が使用されていて、ほんのり磯の風味が香る“のり”を麺に絡めて食べてみると…こちらもまた家系ならではの醍醐味とも言えますからね!当然美味いです!

ただ…できればカットされていない状態で巻いて食べてみたかったところではあります。。

そして、他にも“ねぎ”といった薬味なんかも使用され、濃厚なタレを絡めた麺と一緒に食べてみると…家系らしい鶏油の香りとともに具材による旨味引き立つ味わいや食感などが同時に楽しめることで、これはこれで“まぜそば”ならではの醍醐味を家系の味わいでじっくりと堪能できるのではないでしょうか?

そして、こちら!特製豆板醤です!
こちら量的にはそこまで多くはないんですが、やや辛みが強めではありますので、お好みで調整してみると良いでしょう!

そして、こちら豆板醤ということでしたが、特製のペースト状となっていて、すっと伸びることで麺にも非常に馴染みやすい仕様のようですね!

そして、こちら先ほどもお伝えした通り最初に全体に馴染ませるよりも、この豆板醤を加える前後でその味わいの違いを楽しんでみると良いでしょう!

…というか、この豆板醤を加えることで思っていた以上に味が変わるので、家系ならではの味わいをじっくりと楽しみたい場合は特に食べ進めていく途中の味変としてとっておくと良いかもしれません!

そして、こちら豆板醤を絡ませた状態となっています!
すると…思っていた以上にピリッとした辛みがやや強めとなっていて、豆板醤ならではの風味や旨味が家系の味わいに加わり、けっこう味が変わりますね!

それによって家系らしさが薄れてしまうような気もしないでもないですが…この辺りはやはりお好みで調整してみるべきでしょう!

タレについて

タレは、家系らしく豚骨の利いた厚みのある旨味がキレのある醤油ベースのタレに溶け込み、それによってほどよい濃厚さが楽しめる食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そして、何と言っても家系には欠かせない鶏油による良い意味でのクセが嫌味もなくしっかりと再現され、旨味の利いた醤油タレとバランス良く仕上がり、それによって最後までじっくりと豚骨醤油の味わいを楽しめるかと思われます!

ただ、個人的にはもう少し濃厚な仕上がりで、タレも多めであれば追い飯なんかもしたかったところではありますね。。

とは言え、今回は食べ応えのある大盛り太麺仕様ということで、このガッツリ系とも言えるボリューム感で濃厚な豚骨醤油の味わいを楽しむと良いでしょう!

このように、今回の“豚骨醤油まぜそば”は、豆板醤の調整によって大幅に味が変わるため、味を確かめながら少しずつ調整してみると良いでしょう!
また、お好みによって“おろしにんにく”といった家系の味わいにもぴったりな香辛料などを追加アレンジしてみても良いかもしれませんね!

まとめ

今回「セブンプレミアム 六角家 豚骨醤油まぜそば」を食べてみて、ベースとなるタレには豚骨による厚みのある旨味がしっかりと利き、それによって醤油ならではのキレのある味わいがコク深く仕上がり、さらに風味には鶏油による家系らしいクセがしっかりと表現されたことで、食べ応えに関しては申し分ない仕上がりとなっていました!

そして、そこに特製豆板醤をお好みで加えながら食べてみることによって、ピリッとしたアクセントが加わり、濃厚な味わいがまたひと味違った美味しさとなって最後まで飽きることなく楽しむことができるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「六角家 豚骨醤油まぜそば」を検索

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です