カップ麺

SKE48コラボカップ麺!SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯 食べてみました!

SKE48コラボカップ麺!SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯 食べてみました!

2018年11月12日に明星食品から発売された「SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」を食べてみました。

この商品は、名古屋・栄を拠点に活動するお馴染み“SKE48”の10周年、そして同じく創刊10周年を迎える“ラーメンWalker”といった“ダブル10周年”の特別企画として“SKE48ラーメン部”がプロデュースしたカップ麺が登場です!

それも、名古屋ラーメンのトレンドを取り入れつつも、メンバー同士の議論によって、ラー油や花椒といった痺れる辛みを表現したシビ辛オイルを利かせた鶏白湯スープをベースに“進化系名古屋ラーメン”と言うべく一杯に仕上がった“SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯(シビカラトリパイタン)”となっております。(税抜き218円)

ご覧通りパッケージには、非常に賑やかにも感じられるデザインがあしらわれ、今回は“SKE48ラーメン部”公認のプレゼント企画なんかも実施されているようですね!
※キャンペーン期間は2019年1月31日(木)当日消印有効とのこと。

ちなみに、この“SKE48ラーメン部”とは…こちらにも簡単な説明が記載されているように、SKE48の中でもラーメン好きのメンバーから構成されているとのことで、少なくとも週に1度はラーメンを食べているようです!

また、今回の一杯は「名古屋」への愛が表現されているとのことで、名古屋ラーメンを踏襲しつつも、メンバー同士の議論によって“進化系”となって新たな一杯に仕上がっているようですね!

また、この“SKE48ラーメン部”は、2期生の高柳明音を部長として構成されているとのことで、ご覧通りパッケージにもそのメンバーがプリントされています!

他にも、須田亜香里、松村香織、高木由麻奈、竹内彩姫、相川暖花といった計6名のメンバーで構成されているようです!また、こちらには“SKE48 10TH ANNIVERSARY”といったロゴなんかも確認できますね!

そしてフタの裏面には、ご覧の通り今回の“SKE48ラーメン部”による公認プレゼントキャンペーンの概要が記載されています!

これによると…この“キャンペーン応募券”を1枚一口として応募することができ、「SKE48ラーメン部公認レンゲ」が抽選で当たるようですね!(6種類のうちいずれかひとつ)

このように今回のカップ麺は、情報量がやや多いので整理するのが大変なわけなんですが…肝心な仕上がりの特徴としては、旨みを利かせたコク深い鶏白湯をベースに、別添されている“シビ辛オイル”に含まれるラー油・花椒によって、後引く痺れる辛みが刺激的な味わいとなってバランス良く表現されているようです!

実際に食べてみて…

鶏白湯と聞いてドロッとしたスープを想像していたんですが、実際にはそこまでまったりとした仕上がりではなく、旨みはもちろんしっかりと利かせつつもパンチもあり…ラー油と花椒による痺れる辛みが良いアクセントとなって鶏白湯スープに良い味の締まりをプラスしたことで、むしろ後味すっきりとした印象の味わいが表現され、まさに進化系といったイメージにぴったりな“シビ辛鶏白湯”となっていました!
これは特に花椒による痺れる辛みが好みの方におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“SKE48ラーメン部”によって商品化された「SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」について詳細にレビューしてみたいと思います!

SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯について

今回ご紹介するカップ麺は、“SKE48”と“ラーメンWalker”の“ダブル10周年”の特別企画として“SKE48ラーメン部”がプロデュースして誕生したカップ麺“SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されていた“シビ辛オイル”を剥がすと…今回10周年を迎える“SKE48”と“ラーメンWalker”のロゴが記載され、“SKE48ラーメン部”監修によって商品化された一杯であることが確認できますね!

また、今回の一杯には“シビ辛オイル”による痺れる辛みがまろやかな鶏白湯スープにプラスされているとのことで、ご覧の通りパッケージ側面には“※小さなお子様や辛味が苦手な方は十分ご注意ください。”といった注意書きが確認できます!

そのため、今回パッケージデザインやキャンペーン企画など…かなりインパクトのある商品ではありますが、カップ麺自体の仕上がりもまたしっかりとラーメン好きにも納得の味わいが表現されているようなので、この辺りには期待したいところ!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り443kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリー・塩分ともに平均的といったところでしょうか?どちらともそこまで高い数値ではないようですね!
ちなみに1食100g、麺の量は75gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、鶏・豚エキスをはじめ…

  • 豚脂
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • チキンオイル
  • 香味油
  • 植物油脂

といった、豚の旨みも含んだことで、厚みのある風味豊かな鶏白湯スープに仕上がり、そこに“シビ辛オイル”に含まれるラー油・花椒によって痺れる辛みがすっきりとした後味を感じさせる一杯を想像させる材料が並びます。

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、酵母エキス)、スープ(鶏・豚エキス、たん白加水分解物、糖類、デキストリン、食塩、豚脂、乳等を主要原料とする食品、香味調味料、香辛料、チキンオイル、香味油、酵母エキス、植物油脂)、かやく(豚・鶏味付肉、卵、香辛料、ニラ)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、カロチノイド色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:明星 SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯: 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通り、フタの上には“調味油”と記載された“シビ辛オイル”が別添されていました。

そして、具材には…

  • 豚・鶏味付肉
  • 唐辛子
  • ニラ

が入っています。

ちなみに写真ではちょっと確認しにくいんですが…麺は中太といった仕様で、ちょうどいい食べ応えとすすり心地を想像させる麺が採用されているようです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの“シビ辛オイル”を入れたところがこちら!

それぞれの具材がふっくらと仕上がり、スープも良い感じでお湯を吸っていることから、濃厚な仕上がりを思わせますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープ全体が馴染むと、ほどよいコクを想像させますが、思っていたほどトロトロな仕上がりではないようです!そのため、口当たり・後味ともに飽きの来ない味わいに仕上がっているようにも見えますね!

また、まろやかな鶏白湯スープには、しっかりとした辛みもプラスされているようで、スープの表面に浮かぶ赤みを帯びた油がまた何とも食欲そそります。。

食べてみた感想

一口食べてみると…おっ!ラー油によってキレが引き立ったことで、思っていた以上にパンチのある口当たりが表現されています!

そして、そのすぐ後からは、鶏白湯のコク深い旨みが物足りなさを全く感じさせない美味しさとして染みていき、爽やかな風味を伴う花椒の痺れが心地良くも感じられますね!

全体的には、鶏白湯の深い旨みが表現されているものの、ラー油と花椒によって味が締まり、まったりとすることなく後味の良い仕上がりとして“進化系名古屋らーめん”が表現されているようです!

麺について

麺は、高柳部長が推したという…中太といった仕様となっていて、調理時間5分ではありますが、しっかりと噛み応えのあるコシが表現された麺に仕上がっています!

そんな中太麺には、まろやかな旨みが利いた鶏白湯スープがよく絡み、一口ずつにコク深い旨みとともに痺れる辛みが心地良く口に広がり、花椒による独特な爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚・鶏味付肉が入っていて、噛むとしっかりと肉の旨みが感じられる仕上がりとなっていて、今回のような鶏白湯スープにも相性良く馴染み、旨みをより一層引き立てるかのような美味しい具材のようですね!

また、この具材には辛みを付けているとのことで、シビ辛オイルによるパンチのある口当たりに、ほどよい辛みをさらにプラスしているようです!

また、こちらのニラは、素材本来の良い意味での食欲そそる臭みが鶏白湯スープに美味しくマッチし、思わず止まらなくなるようなスープを後押しするかのように旨みを表現しているように感じられます!

さらに、こちらの卵は、食感の優しい仕上がりとなり、今回の一杯に唯一マイルドな味わいを表現した具材となっていて、見た目からも華やかに彩り良く添えられています!

そして、こちらの輪切りとなった唐辛子は、意外と入っている数も多く、じっくりと味わってみると…もちろん唐辛子ならではのピリッとした辛みが表現され、痺れる辛さをより引き立てる具材として、こちらもまた良いアクセントとなっているようです!

これらの具材は、全体的に具だくさんな印象で、麺と一緒に絡めながら食べ進めていくことで、旨み・食感なども色々と楽しめるのではないでしょうか?

スープについて

スープは、ベースが鶏白湯ということで、まろやかな旨みが表現されていて、そこにチリで辛みを付け、さらには別添されていたラー油・花椒を含んだ“シビ辛オイル”をプラスしたことによって、鶏白湯ならではの丸みを感じさせる旨みといった味に締まりがプラスされ、思っていた以上にまったりすることなく、むしろすっきりとした口当たりと後味が好印象といった仕上がりとなっていました!

そして、この鶏白湯はちょうど良い旨味というんでしょうか?痺れる辛さが加わったことによって、やみつきになるような美味しさが表現され、パンチもありつつ旨みを存分に楽しめる一杯に感じられます!

また、気になる辛さについてですが…具材に入っていた輪切りの唐辛子や、スープに利いたチリ、そして別添された“シビ辛オイル”に含まれるラー油といった、そこまで激辛ではない辛さとなっていて、むしろ花椒による痺れが後々利いてくることで、食べ進めていくうちに気付けばほんのり汗が出てきます!

そのため、辛さが気になる方は、この“シビ辛オイル”の量で調整してみると良いかもしれませんね!

まとめ

今回「SKE48ラーメン部監修 進化系名古屋らーめん シビ辛鶏白湯」を食べてみて、鶏白湯ならではのまろやかな旨みが、その美味しさを引き立てるかのように痺れる辛みが利き、全体的な仕上がりは非常に絶妙なバランスとなってパンチのある口当たり、そして旨み、さらには痺れる辛みと花椒の爽やかな風味が抜群な食べ心地となって楽しめる一杯となっていました!

これは個人的にも納得の味わいが表現されていたため、まさにSKE48好きだけでなく、普通にラーメン好きにもおすすめの一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です