カップ麺

ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば!厳選スパイスを利かせた“カレーつゆ”が絡む本格的な一杯

ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば

ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば」を食べてみました。(2019年9月16日発売・ヤマダイ)

この商品は、“ゆでたての旨さ”といった質の高い麺の仕上がりでお馴染み“凄麺”シリーズの新商品ということで、今回はこだわりのスパイスと鰹出汁を利かせた“とろみ”のある“カレーつゆ”を表現し、大きくカットされた豊富な短冊“ねぎ”が絶妙にマッチした“カレー南ばんそば”が満を持しての登場です!

それも…ポークをベースに鰹の出汁と厳選されたスパイスが絶妙なバランスとなってコク深く濃厚な“カレーつゆ”に仕上がり、そこに風味豊かな本格感のあるノンフライタイプの“蕎麦”、そしてシャキッとした食感が心地良い甘め“ねぎ”がたっぷりと使用された本格的な雰囲気ある一杯、“ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“カレー南ばんそば”といった商品名が大きく記載され、体温まる厳選スパイスを利かせた“カレーつゆ”らしい配色で彩られ、“とろみ”の付いた“つゆ”がそば粉を使用した本格的な蕎麦にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…ねぎ(FDタイプ)・唐辛子・鶏ほぐし肉が使用されているようです!

ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば パッケージ

そして、こちらには“油で揚げていない風味豊かな蕎麦”と記載されているように、今回使用されている麺はノンフライ仕様・そば粉によって本格感のある風味や食感を表現した蕎麦に仕上がり、肉の旨味が利いたコクのある“カレーつゆ”の美味しさをさらに引き立てているようですね!

一方こちらには“シャキッとしたネギ入り”と記載されているように、今回使用されている“ねぎ”はFD(フリーズドライ)仕様の“ねぎブロック”となっていて、それによって“ねぎ”本来の自然な風味や味わいが他のカップ麺にはないシャキシャキ感とともに演出され、本格感のある“カレー南ばんそば”を完成度高く仕上げているものと思われます!

他にも特徴として…麺には挽きたてのそば粉を練り込んだ本格派にも納得の風味豊かな蕎麦を使用し、挽きたてならではの香り高い蕎麦がポークの旨味によって“とろみ”を付けたコク深くまろやかな“カレーつゆ”と絶妙にマッチし、シャキシャキとした大きめにカットされた“ねぎ”と相性良く馴染むことで、最後まで飽きの来ない口当たりや後味、そしてなんと言っても“カレー南ばんそば”ならではのスパイス感のある味わいがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークをしっかりと利かせたことによってコク深く“とろみ”が付いた“カレーつゆ”には、鰹出汁が“蕎麦つゆ”の味わいをバランス良く引き立て、挽きたてのそば粉を使用したことで風味豊かな仕上がりとなった蕎麦によーく絡み、一口ずつに出汁の利いたスパイシーな味わいが染み渡るかのように香り高く楽しめるクオリティの高い蕎麦屋さながらの仕上がりとなっていました!
これは特に、出汁の利いたスパイシーな風味の良い温かい蕎麦を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は麺の美味しさに定評のある“凄麺”シリーズから登場した鰹出汁の利いた“とろみ”のあるスパイシーな“カレーつゆ”が風味豊かな蕎麦と絶妙にマッチした一杯、「ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば

今回ご紹介するカップ麺は、“ゆでたての旨さ”をカップ麺に再現した質の高さに定評のある“凄麺”シリーズの新商品ということで、鰹出汁を利かせた“和風つゆ”にポークを利かせたことでコク深く“とろみ”が付き、さらに厳選スパイスを加えたことによって後引く旨味を引き立てた満足度の高い味わいを表現し、そこにそば粉を使用した風味豊かなノンフライ仕様の蕎麦が相性良く馴染んだ本格感のある一杯、“ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば”となっています。

また、いつものようにフタの裏麺には、ご覧の通り“フタの裏ばなし”として“カレー南ばんそばのルーツ”といった簡単な説明文が記載されています!

これによると…“カレー南ばんそば”とは、明治時代の大阪が発祥とのことで、洋食の味を蕎麦に取り入れてみよう!といった試みから誕生したと言われているようです!

このように“凄麺”シリーズの“フタの裏ばなし”はいつも商品に関する説明が端的に記載されているので、さらに味わいに関しても納得して楽しむことが出来るんですよね!(地味にいつもしっかりと読んでます!!笑)

そして、このお馴染み“凄麺”シリーズにはご存知“ご当地シリーズ”や“逸品シリーズ”など様々なテーマ・テイストに合わせた商品が数多く発売されているんですが、この“蕎麦”に関しては“鴨だしそば”のみとなっており、そこに今回新たにカレーテイストの一杯が追加となったわけですね!
※以前は“かき揚げ天ぷらそば”も発売されていましたが現ラインアップからは外されているようです。

ちなみに、今回は以前ご紹介した“ニュータッチ 凄麺 鴨だしそば”の“ねぎ”を見直してリニューアルされ、2019年9月16日に同時発売されています!(※この商品は元々2017年9月11日発売ですが、2018年11月5日にも麺の配合を見直し、具材やスープも改良を加えられてリニューアル発売されています!)

それでは、今回の“ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば”がどれほど鰹出汁の利いた染みるような味わいに仕上がっているのか?ポークを利かせたことによってコク深く濃厚な“とろみ”の具合はもちろん、そば粉を使用した風味豊かな蕎麦との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り305kcalとなっております。塩分は6.9g(めん・かやく2.1g / スープ4.8g)

カロリーは、ポークを利かせた“とろみ”のある濃厚な“カレー南ばんそば”の割にそこまで高い数値ではなく、むしろかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっているため、“塩分が気になる方へ!”といった注意書きが記載されています!

ちなみに1食当たり87g、麺の量は60gとのこと。
この総カロリーを見てみると…やはり素材の旨味をうまく活かした仕上がりであることを想像させますね!肉の旨味はもちろん、鰹出汁を利かせた蕎麦ならではの染み渡るような味わいには期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や野菜粉末をはじめ…

  • カレー粉
  • 植物油脂
  • しょうゆ
  • 鰹節粉末
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 食用風味油

といった、鰹出汁を利かせた深みのある“蕎麦つゆ”ならではの味わいにカレー粉やポークの旨味が厚み・コクを加え、さらに“とろみ”を付け、スパイスを加えたことによって後引く旨味を引き立てるスパイシーな“カレー南ばんそば”特有の満足度の高い仕上がりを想像させる材料が並びます。

また、“めん”の項目を見てみると、しっかりと“そば粉”と記載されているのが確認できますね!しかもノンフライ仕様ですから…これによって蕎麦特有の風味豊かな香りに加えて噛み応えのある仕上がりがスパイシーな“カレーつゆ”とともに相性良く楽しめるわけです!

JANコード4903088014319
原材料名

めん(小麦粉、そば粉、植物性たん白、食塩、大豆食物繊維)、スープ(食塩、糖類、野菜粉末、カレー粉、植物油脂、デキストリン、しょうゆ、鰹節粉末、ポークエキス、香辛料、食用風味油、酵母エキス)、かやく(ねぎ、鶏肉加工品、糖類、唐辛子、でん粉)/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・そば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (87g) 当たり]
熱量305kcal
たん白質11.2g
脂質1.4g
炭水化物62.0g
食塩相当量6.9g(めん・かやく2.1g/スープ4.8g)

引用元:カレー南ばんそば|ヤマダイ公式通販サイト

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り後入れ粉末スープ、かやく(2種類)といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、2つある“かやく”のうちひとつはシャキシャキとした食感が保たれた“ねぎ”が豊富に含まれているようで、粉末スープ(後入れタイプ)も塩分がやや高めということもあって多めに使用されているようです!
※粉末スープにはトロミ成分が入っているとのことで、良くかき混ぜてください。とのこと。

また、麺はご覧の通りちょうど良い部分の蕎麦の実を使用した“そば粉”が練りこまれていることが見て取れる色の付いたノンフライ麺となっていて、これによって蕎麦本来の噛み応えのある食感と風味がうまく表現されているようですね!

近づいて見てみると…挽きたてならではの“そば殻”なんかもちゃんと確認できます!ちなみに太さ的にはやや太めとなっていて、田舎蕎麦を彷彿とさせ、いかにも食べ応えのありそうな仕様です!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • ねぎ(FDタイプ)
  • 唐辛子
  • 鶏ほぐし肉

が入っています。

蕎麦にぴったりな鶏肉もさることながら…この大きな“ねぎブロック(唐辛子入り”が印象的ですね!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでのFD仕様の“ねぎ”が本来の新鮮さを取り戻したかのように仕上がり、まだ粉末スープを加える前ではありますが…風味豊かな出汁の利いた蕎麦にカレー粉・スパイス、そしてポークによってコク深く濃厚な一杯にちょうど良い薬味が楽しめる仕上がり…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの粉末スープを加えていきます!
すると…やはり量もかなり多く、カレー粉やスパイスの利いた食欲そそる風味が強く香り立ち、この時点ではまだ“蕎麦つゆ”らしい鰹出汁の味わいは感じ取るとこはできません。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…粉末スープのパックにも記載されていたように、“とろみ”成分が含まれているため、コク深く濃厚な味わいを引き立てるかのような出汁の利いた厚みのある“カレーつゆ”に仕上がり、風味豊かな蕎麦にもしっかりと絡みそうな“とろみ”がほどよく付いていきます!

そして、なんと言ってもこの濃厚かつスパイシーな“カレーつゆ”にちょうど良い薬味にもなる豊富に使用された短冊切りの“ねぎ”によって“カレー南ばんそば”ならではの濃厚感がうまく調和され、鰹出汁をベースにした“カレーつゆ”を後味すっきりと楽しめる満足度の高い一杯となっているようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは美味しいですね!カップ麺の域を超えているとも言えるのではないでしょうか?“とろみ”の付いた濃い目に仕上がった“カレーつゆ”には、鰹出汁とカレー粉がバランス良く合わさり、染み渡るかのような“和風つゆ”と食欲そそるスパイシーなカレーテイストがコク・旨味を互いに引き立て、そば粉を使用した風味豊かな噛み応えのある蕎麦との相性も抜群です!

麺について

麺は、ご覧の通りお店さながらの茹でたてにも感じられる強いコシと、そば粉を使用したことによる風味の良さが表現された仕上がりとなっています!
※すすり心地は非常に良いんですが、“とろみ”の付いた“カレーつゆ”の跳ねに注意です。

そんな蕎麦には、鰹出汁の利いたコク深く“とろみ”の付いたスパイシーな“カレーつゆ”がよく絡み、一口ずつにポークによって旨味が引き立った深みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、蕎麦ならではの風味や食欲そそるスパイシーなカレーの香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのFD仕様の短冊切りされた“ねぎ”がたっぷりと入っていて、シャキシャキ感はもちろん、カップ麺とは思えないほどの鮮度の高い味わいが表現され、濃い目に仕上がった“カレー南ばんそば”にもぴったりです!

そして、この“ねぎ”がほどよい薬味にもなり、風味の良さや食欲増進はもちろん、これによって何度でも改めて出汁の利いたスパイシーな“カレーつゆ”の味わいを最後まで飽きることなくじっくりと楽しむことができるでしょう!

また、こちらの“鶏ほぐし肉”とは…要は鶏肉の胸肉をほぐしたものなんですが、鶏肉らしいさっぱりとした淡白な旨味がしっかりと表現され、じっくりと味わってみると…噛み応えのある肉質なんかもあり、今回の“カレー南ばんそば”の味わいを損なうことなく絶妙にマッチした美味しい具材となっています!

さらに、こちらのFD仕様の“ねぎブロック”に含まれていた唐辛子は、使用された数自体は若干少ないものの…ピリッとした辛みがちょうど良いアクセントとなり、スパイシーな“カレーつゆ”をより一層刺激的な味わいに引き立て、鰹出汁とスパイスの利いたカレーとの相性の良さをより際立たせているようです!

そして、このたっぷりと仕様された“ねぎ”と一緒に風味豊かな蕎麦を絡めて食べてみると…コシの強い蕎麦や、シャキシャキとした食感が同時に楽しむことができ、さらに濃厚とも言える濃い目の味わいをさっぱりと楽しむことができるかと思われます!

…というか、このたっぷりと使用された一杯は“ねぎ”好きにはたまりませんね!

“カレーつゆ”について

“カレーつゆ”は、鰹出汁を利かせた“和風つゆ”がベースとなっているんですが、そこにスパイシーなカレーならではの香辛料の利いた味わいが美味しくマッチし、ポークを利かせたコク深く“とろみ”を付けたことによって非常に旨みが増して感じられるクオリティの高い仕上がりとなっています!

そして、カレー粉によるスパイス感ももちろん主張が強いんですが、鰹出汁を利かせた味わいとも非常にバランス良く、互いの旨味・美味しさを引き立てているかのように厚みのある“カレーつゆ”が表現されているようですね!

また、この“とろみ”も絶妙といったところで、ドロドロし過ぎることもなく、ほどよくトロッとした仕上がりとなったことによって、ぶ厚い旨味・コクとして“カレーつゆ”を楽しむことができ、鰹出汁がまた良い感じで染みていきます!

ちなみに気になる辛さの強さについては…FD仕様による唐辛子がピリッと感じられる程度のもので、それよりも食欲そそるスパイシーなカレーならではの味わいが一瞬辛そうに感じられるかもしれませんが、実際に食べ進めて行くと意外と辛さというよりも汗を誘い、後引く旨味を引き立てるスパイス感が心地良く感じられるため、辛いというよりも後味すっきりとしたスパイシーな味わいが際立っているように感じられます!

このように、今回の“ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば”は、鰹出汁やカレーならではのスパイスといった香辛料を利かせ、ポークを合わせたことによってコク深く仕上がり、さらに“とろみ”を付けたことで旨味が増して感じられる満足度の高い“カレーつゆ”となっていたため、お好みによっては七味などの香辛料を少し追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「ニュータッチ 凄麺 カレー南ばんそば」を食べてみて、鰹出汁やカレーならではの香辛料を利かせたスパイス感や肉の旨味が絶妙なバランスとなって旨味溢れる仕上がりとなり、さらに“とろみ”を付けたことで風味豊かな“カレーつゆ”がコクのある味わいを表現し、そこにそば粉を使用した噛み応えのある蕎麦と一緒に楽しむことによって、本格感のあるお店さながらの“カレー南ばんそば”を最後までじっくりと堪能できる一杯となっていました!

やはり“凄麺”シリーズは麺が美味しいですね!そして麺だけでなくスープの方もクオリティ高いため、出汁を利かせた蕎麦好きの方はもちろん、カレー粉ならではの香辛料を利かせたテイストがお好みの方も納得のできる仕上がりと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!