凄麺

凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン!食感の良い白菜がたっぷりと楽しめる期間限定の一杯

凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン

凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン」を食べてみました。(2020年1月28日発売・ヤマダイ/セブンイレブン限定)

この商品は、ヤマダイのお馴染み“凄麺(すごめん)”シリーズならぬ“凄盛(すごもり)”シリーズといった姉妹品とも言えるセブンイレブンとのコラボ限定カップ麺ということで、驚くほどの白菜が凄盛り状態で使用されており、シャキシャキとした食感がたまらない…食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…後味すっきりとしたキレの良い赤味噌をベースに体温まるキムチの旨味・辛みをしっかりと溶け込ませ、大盛り仕様(麺量85g)の麺とともに食欲をがっつりと満たしてくれるこの季節にぴったりな期間限定で味わえる一杯、“凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン”となっております。(税抜き298円)

ご覧の通り、パッケージには白菜の“デカギリ白菜”といった文字が大きく配置され、その背景には大きな白菜のイメージ写真が掲載されていることからも、大量の白菜が使用された一杯であることを物語っていますね!

また、今回一風変わった“凄盛(すごもり)”というだけあって、フリーズドライ仕様の白菜はなんと2つも使用されており、麺量も大盛り仕様ということで、ご覧の通り容器の高さも通常よりもかなり高く、かなり特別感のある一杯であることが伝わってきます!!(もはや“どんぶり型”というよりも“どんぶりバケツ型”といったサイズ感!!)
※以前発売された“凄麺スペシャル濃厚背脂醤油ラーメン”とほぼ同等サイズと思われます。

凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン
凄麺スペシャル濃厚背脂醤油ラーメン

ちなみにヤマダイがセブンイレブンとコラボしてカップ麺を発売するのは…これまでを考えても非常に稀なケースで、そういった経緯・理由からもヤマダイ公式サイトにも一切情報は記載されていません。(公式Twitterの方には告知されています。)

一方こちらには、赤味噌ベースにキムチの旨味が相性良く馴染んだスープや、シャキシャキ感を思わせる厚みのある白菜やニラなどがたっぷりとレンゲによってすくい上げられた仕上がりイメージとともに“どっさり旬菜れ”と記載されているように白菜の旬はちょうど今頃のようで、これを見る限り具材には…白菜・ニラ・唐辛子が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は、太麺ノンフライ仕様の歯応えも良く非常に強いコシが表現されたヤマダイらしい食べた感のある食感などが心地良く、赤味噌ベースにポークなどがコク深さを引き立てたキムチ鍋をイメージさせる旨辛くクセになるスープと絶妙にマッチし、たっぷりと使用された食感の良い白菜とともにしっかりとした食べ応えに満たされる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

フリーズドライ製法による野菜ブロック仕様ならではのシャキシャキ感のある白菜は変な水っぽさなどは一切なく、むしろキムチの旨味を引き立てる素材本来の旨味が滲み出しているようで、キムチならではの“にんにく”の旨味や魚介系の良い出汁がスープを最大限に引き立て、美味しさがたっぷりと詰まった一杯として体温まるピリ辛な味わいを表現していました!
これは特に、キムチ鍋が好みの方はもちろん、ポークや魚介の旨味にキムチを合わせた後引く辛さ・旨味がクセになり、大きくカットされた白菜のシャキシャキ感がたまらない一杯をがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はフリーズドライならではの臨場感溢れる白菜が凄盛り使用されたシャキシャキ感と体温まるキムチ鍋をイメージさせる味わいが大盛り麺とともに満足度高く楽しめる期間限定の一杯、「凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“凄麺(すごめん)”シリーズかと思いきや…よく見ると“凄盛(すごもり)”といったセブンイレブンとの希少価値の高いコラボカップ麺で、シャキシャキとした白菜がその名の通り凄盛り状態となってキムチ鍋を思わせる赤味噌ベースのスープと絶妙にマッチし、特別仕様の容器による大盛り麺とともにしっかりとした食べ応えが楽しめる期間限定の一杯、“凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン”となっています。

ご覧の通りパッケージには、見るからに食欲そそる真っ赤なキムチ鍋風スープに大きく厚切りされた“デカギリ”ごとくシャキシャキ感がままらない白菜が豊富に使用された一杯ということで、麺量も大盛り仕様の食べ応え抜群な一杯となり、まさに“凄盛(すごもり)”といった名前にふさわしい一杯のようです!

ちなみに、この高さのある特別仕様の容器は、以前ご紹介した下記の商品と恐らく同等のものと思われ、白菜と麺ともに凄盛り仕様によるかなりのボリューム感に仕上がっていることが予想されます!(必要なお湯の量も580mlと大容量となっているため若干注意が必要です!)

凄麺スペシャル濃厚背脂醤油ラーメン
凄麺スペシャル濃厚背脂醤油ラーメン!“凄麺の日”を記念したスペシャルバージョンが登場「凄麺スペシャル濃厚背脂醤油ラーメン」を食べてみました。(2019年10月21日発売・ヤマダイ) この商品は、“ゆでたての旨さ”と...

…というか、ヤマダイのカップ麺って塩気も強くて美味しいんですよね!それが今回キムチ鍋を思わせる赤味噌ベースの味わいに白菜がドカ盛りされ、こういったテイストには欠かせない白菜のシャキシャキ感を思う存分楽しめるのはもちろん、キムチに含まれる“にんにく”の旨味なんかも美味しさを引き立て、麺量85gの大盛り麺(通常は60~65g程度)とともに食欲を大いに満たしてくれる特別感のある一杯として仕上がっているようです!

それでは、今回の“凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン”がどれほど赤味噌ベースの汗を誘うキムチ鍋らしい味わいに仕上がっているのか?凄盛り仕様のシャキシャキとした大量の白菜との兼ね合いはもちろん、なんと言っても麺量85gの大盛り麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り456kcalとなっております。(塩分は8.6g)

カロリーは、大盛り仕様の割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分は希に見る非常に高い数値のようで、パッケージ側面にも“塩分が気になる方へ!”といったお決まりの注意書きなんかも記載されています!

ちなみに1食当たり152g、麺の量は85gの大盛り仕様とのこと。

また、カロリーの内訳は記載されていませんでしたが、塩分の内訳を見てみると…スープだけで6.5gもありますからね…量もさることながら、塩気の強い旨味が凝縮されたキムチの味わいをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、味噌や植物油脂をはじめ…

  • ポークエキス
  • ニンニクペースト
  • 動物油脂
  • 魚醤
  • えびペースト
  • コチュジャン
  • ショウガペースト
  • 香辛料

といった、赤味噌をベースにした後味すっきりとしたスープには、キムチならではの魚介系の旨味が“にんにく”や生姜など香味野菜とともに美味しさを引き立て、さらにコチュジャンがちょうど良いコクを際立たせたことによって…ついつい止まらなくなるような旨辛い味わいを想像させる材料が並びます。

原材料名

めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(味噌、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、ポークエキス、ニンニクペースト、糖類、動物油脂、魚醤、えびペースト、コチュジャン、ショウガペースト、香辛料)、かやく(白菜、ニラ、唐辛子、ゼラチン、でん粉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、香料、酸味料、増粘剤(グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、(一部に小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (152g) 当たり]
熱量456kcal
たん白質12.7g
脂質9.2g
炭水化物80.7g
食塩相当量8.6g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 6.5g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りフリーズドライ製法の“かやく”がふたつ、後入れ液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特にふたつも使用されている野菜ブロックの“かやく”が大きいせいで…液体スープが小さく見えるかもしれませんが、この液体スープの量はかなりのもの!!

さらに赤味噌ベースとのことで、触ってみた感じだと若干ドロッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り極太とも言える太麺仕様のノンフライ麺が採用されていて、しっかりとした強いコシや歯切れの良さを思わせる力強い食感が表現されているものと思われます!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく”を入れてみます。
このフリーズドライ製法による野菜ブロックには、白菜・ニラ・唐辛子が入っています。

見た感じだとほぼ白菜のみなんですが…相当な量の白菜が使用されていることがわかりますね!!これが湯戻しされたことによってどこまで増えるのか?非常に気になるところ!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:580ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は一回り太さが増し、極太仕様にも見てとれる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ちなみに容器側面に記載されていた調理方法によると…麺をほぐしてから液体スープを入れるとのことで、かなり太いノンフライ麺が採用されているようでしたので、軽くほぐしてから液体スープを入れましょう!

では続いて先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…スープは割とドロッとしたキムチの味わいをイメージさせる赤みを帯びた状態となっていて、食欲そそるキムチ特有の“にんにく”などが利いた風味が一気に広がっていきます!!これは絶対美味いやつ。。

そして、先ほどもお伝えした通り液体スープの量はかなり多く、ずしっと重みがあり、ほどよいポークの旨味と思われる油分なんかもスープ表面に広がっていくのが確認できますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…赤味噌ベースのキムチ鍋風ということで、コチュジャンは利いているものの、思ったよりもスープはさらっとした仕上がりとなっていて、なんと言ってもフリーズドライ製法によるかなりリアルな白菜がたっぷりと使用されているのが印象的!

そして、見るからに“デカギリ白菜”シャキシャキとした食感の良さが伝わって来るのと同時に…食欲そそる“にんにく”や魚介系が利いたキムチ特有の風味が香り立ちます!

…というか、この大判サイズの容器は仕上がりを想定してのことではなく、単純にふたつの“かやく”などが入らないから…といった理由のようですね。。

また、刺激的な辛さを思わせる赤みを帯びたスープではありますが、あくまでスープ表面に浮いたキムチらしいピリッとしたラー油のような油分となっていて、スープ全体としてはそこまで強烈な辛さが表現されているわけではなく、むしろ赤味噌ベースのキリッとした味わいにコチュジャンがちょうど良いコクをプラスし、喉越しの良さを引き立てているようにも感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…赤味噌ならではのキレのある口当たりには、キムチならではの旨味が凝縮され、さらにたっぷりと使用されたフリーズドライ製法による食感の良い白菜が絶妙にマッチしています!

そして当然、食べ応えのある麺も一緒に使用されていますから、まさにキムチ鍋のシメをはじめから楽しんでいるかのような味わいで、この白菜の旨味なんかもまた良いですね!コチュジャンの利いたコク深いスープを引き立てているようです!

…というか白菜の旨味って意外とラーメンにも合うんですよね!個人的に最近訪問したラーメン店でもこういった旨味をうまく活かした一杯を看板メニューとして提供していたほどですから!しかも今回はキムチテイストということもあって、その相性の良さは旨味・食感ともに言うまでもありません!

麺について

麺は、ご覧の通り仕上がってみると極太仕様のノンフライ麺ということで、もっちりとした滑らかな食感やコシの強い歯切れの良さが際立ち、スープだけでなく麺までも美味しいと思わせます!

そんな太麺には、赤味噌をベースにポークや魚醤、コチュジャンといったキムチの旨味を引き立てるかのような材料が豊富に使用された旨味溢れるコク深いスープがよく絡み、一口ずつに後味すっきりとした染みるような旨味が口いっぱいに広がっていき、食欲そそる“にんにく”などの風味が後味良く抜けていきます!

この酸味を控え目にしたスープが絡むコシの強い麺は、ついつい箸が止まらなくなりますね。。ストレートに美味いです!これは期間限定ということもあって急いで試してみる価値ありでしょう!!(“凄盛”シリーズの商品展開なんかも気になるところ。。)

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの白菜がたっぷりと使用されていて、商品名にあるような“デカギリ”の通り、白菜は白菜でも厚みのある芯の辺りを中心にかなり大きくカットされ、イメージ通りのシャキシャキ感がたまりませんね!

さらに、先ほどもお伝えした通りフリーズドライ製法のおかげでしょうか?変な水っぽさなども一切なく、白菜の旨味・食感だけを閉じ込めたことによって、スープにも相性抜群な旨味を滲み出す美味しい仕上がりとなっています!

また、こちらのニラはキムチにぴったりな“にんにく”の旨味をさらに引き立てるかのような具材となっていて、白菜のサイズ感・量のインパクトが凄過ぎるので…若干存在感が薄いんですが、今回のキムチ鍋風スープに相性良く添えられています!

さらに、こちらの唐辛子は通常よく見かける輪切り唐辛子よりもやや大きめなサイズ感となっていて、もちろんしっかりとした辛みが表現されていますから…キムチの食欲そそるピリッとした辛さを引き立てるちょうど良いアクセントが加えられているようです!

そしてなんと言っても思う存分シャキシャキとした白菜の食感・旨味を堪能することができるのはもちろん、白菜そのものがかなり多く使用されているため、歯応えの良い麺と絡めて食べることによって満足感も一際高まりますね!!美味いっ!

スープについて

スープはご覧の通り赤味噌ベースの後味すっきりとしたキレのある口当たりが印象的で、キムチ鍋らしい“にんにく”の旨味や魚介出汁が絶妙なバランスとなってマッチし、コチュジャンによって旨味引き立つコクが加えられています!

そのため、割とさらっとしたスープにはキムチの旨味が凝縮されており、キムチ鍋には欠かせない白菜がまた良い味を演出しているため、塩分が高めとわかってはいるんですが…ついついスープが止まらなくなる…そんなクセになる旨辛な美味しさに感じられるのではないでしょうか?

また、スープには“にんにく”はもちろん、生姜といった香味野菜なんかも利かせているため、食べ進めていくに連れて体もポカポカと温まってきますね!

これはこの寒い季節にもぴったりなテイストであり、白菜の仕上がり具合やコシの強い麺が申し分のない食べ応えを表現し、キムチ鍋特有のピリッとしたアクセントが最後まで飽きさせません!

このように、今回の“凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン”は、キリッとしたキレの良い赤味噌をベースにポークやコチュジャンがキムチの旨味をコク深く引き立て、ピリッとした辛みや香味野菜の旨味が体温まる味わいを表現していたため、麺と白菜を十分に堪能した後は追い飯してみても良いでしょう!

まとめ

今回「凄盛 デカギリ白菜キムチ鍋風ラーメン」を食べてみて、キムチ特有の酸味が抑えられた旨味溢れる仕上がりは、赤味噌をベースにポークや香味野菜、コチュジャンや魚介の旨味など…実に様々な材料が加えられたことによって後味すっきりとしたスープが表現され、そこに“デカギリ”仕様のシャキシャキ感がたまらない白菜の旨味・食感や大盛り仕様のノンフライ麺が絶妙にマッチし、非常に満足度の高い特別感のある一杯となっていました!

やはりフリーズドライ製法による野菜の仕上がりは食感が良いですね!今回のキムチ鍋をイメージしたテイストにも非常に合っていて、かなり幅広い層の方に好まれる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!