カップ麺

日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味!トマトの酸味とチーズのコクがマッチした旨辛な一杯

日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味

日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」を食べてみました。(2020年8月3日リニューアル発売・日清食品)

この商品は、唐辛子を麺に練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”でお馴染み“とんがらし麺”シリーズのひとつで、その名の通りトマトの酸味とチーズのまろやかさが唐辛子の辛さと美味しくマッチした一杯が登場です!

それも…チキンをベースにトマトの爽やかな酸味によってキリッとした口当りを引き立て、さらにコクのあるチーズに豚脂が厚みのある旨味として加わり、旨味と辛みが同時に楽しめる辛さとトマト&チーズの旨辛フレーバー、“日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味”となっております。(税抜き125円)

ご覧の通りこの“とんがらし麺”シリーズは、2016年3月16日のリニューアルによってパッケージが刷新され、黒を基調に落ち着いた雰囲気として統一されており、仕上がりイメージやフレーバーである商品名がシンプルに掲載されています!(“NISSIN”のロゴなんかもさりげなく唐辛子のイラストがあしらわれている辺りが印象的。)

日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味 パッケージ

ご覧の通りパッケージには、唐辛子を利かせた旨辛スープにトマトの酸味と相性抜群なチーズのコクが溶け込んだ赤みを帯びた食欲そそる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…チーズ風油脂加工品・卵・ねぎ・赤ピーマンが使用されているようです!

そのため、この真っ赤なスープは単純に辛みだけを強烈に強調しているわけではなく、トマトの旨味もしっかりと溶け込んでおり、素材の旨味も楽しめる旨辛スープに仕上がっています!

また、上記でもお伝えした通り、この“とんがらし麺”シリーズと言えば、唐辛子を麺に練り込んだあの赤みを帯びた麺が特徴的と言えるかと思いますが、ご覧の通り辛さレベルは「3」ということで、“辛口”と記載されているようにピリ辛程度のものと思われるので、辛さがそこまで得意ではない方にとっても入門的である“旨辛”な“とんがらし麺”が楽しめるのではないでしょうか?

ただ…昔は“激辛アラビアータ味(2016年7月25日発売)”や“激辛ジャークチキン味(2016年1月18日発売)”といった激辛好きも納得の強烈に辛いフレーバーもあったんですけどね。。最近は比較的落ち着いた辛さで商品展開している様子です!

しかもこの“とんがらし麺”、2016年のリニューアルによって辛さを調整できる“辛さ調節パウダー”が別添され、今回の“うま辛トマト&チーズ味”の場合だと…辛さレベル3を4にまで引き上げることが可能となっています!(旨辛程度で楽しみたい方はデフォルトのままで、もう少し刺激的なテイストで楽しみたい方はこの“辛さ調節パウダー”で辛みを際立たせることができるというわけです。)

他にも特徴として…なんと言っても唐辛子を麺に練り込んだことによって旨味が引き立ち、見た目としても赤みの強い食欲そそる仕上がりとなり、それによって今回のトマトの酸味とチーズのコクが合わさった旨辛スープが絶妙にマッチ、まさに美味くて辛いちょうど良い“旨辛”な味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

やはり“辛さレベル3”ということで辛さ自体は非常にマイルドとなっていて、トマトの酸味とまろやかなチーズがチキンの旨味を利かせたスープにフレッシュ感のある“旨辛”な味わいとして表現、さらに1食当たりのボリュームもやや少なめということもあって夜食にもぴったりなサイズ感で、小腹も満たす満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、トマトの酸味とチーズのコクを相性良くチキンをベースにした旨辛スープに溶かし込んだ後味の良い味わいを気軽に楽しみたい方におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“とんがらし麺”シリーズの新商品、トマトの酸味とチーズのまろやかさが唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”と絶妙にマッチした後味の良い辛口の一杯、「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味

今回ご紹介するカップ麺は、唐辛子を麺に練り込んだ赤みのある平打仕様の麺でお馴染み“とんがらし麺”シリーズの新商品ということで、トマトの酸味とチーズのコクが刺激的な旨辛スープと相性良く馴染み、さらにシリーズならではの唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”とともに最後までじっくりと旨辛な味わいが楽しめる“とんがらし麺”シリーズの辛さ控えめな一杯、“日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…容器側面と同じく黒を基調にシリーズ名や商品名、さらに特徴のひとつ“唐辛子練りこみ麺”といった文言が並び、唐辛子を練り込んだ赤みを帯びた麺リフト写真なんかも掲載されていて、辛いもの好きにとっては見るからに食欲をそそられますね。。

そしてこちらにも“うま辛の秘密は唐辛子練りこみ麺!”と記載されているように、唐辛子を練り込んだ噛むほどに唐辛子の辛みが感じられるイメージ写真なんかも掲載されていて、トマト&チーズの旨味をたっぷりと含む旨辛に仕上がった一杯であることが伝わってきます!

ちなみにこの“うま辛トマト&チーズ味”、元々の発売日は2017年4月3日で、これまで幾つかのリニューアルを繰り返し、さらに今回のリニューアルによってチーズのコクがアップされているとのこと!しかも今回は海鮮チゲの旨味をイメージした一杯、“日清のとんがらし麺 うま辛海鮮チゲ”も同時発売されています!

それでは、今回の“日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味”がどれほどチキンの旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?トマトの酸味やチーズのコクとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り299kcalとなっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、1食当たり66gとレギュラーサイズの中でも若干小さめなサイズということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり66g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと42kcalとやや低めにも感じられる数値となっていることからも、素材の旨味を活かした軽やかで後味すっきりとした味わいをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。
スープには、食塩やトマトパウダーをはじめ…

  • 香辛料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 豚脂
  • チキン調味料
  • チーズパウダー

といった、チキンの旨味をベースにトマトの酸味とチーズのコクが絶妙にマッチし、唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”と相性良く馴染んだ旨辛な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…“香辛料(唐辛子)”といった材料がしっかりと記載されており、噛むほどに辛みを感じさせる旨辛スープとの相性抜群な仕様となっていることが確認できます。

JANコード4902105264508
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、香辛料(唐辛子))、スープ(糖類、食塩、トマトパウダー、香辛料、乳等を主要原料とする食品、豚脂、チキン調味料、チーズパウダー)、かやく(チーズ風油脂加工品、卵、ねぎ、赤ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、酸味料、香料、かんすい、炭酸Ca、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (66g) 当たり]
熱量299kcal
めん・かやく: 257kcal
スープ: 42kcal
たんぱく質6.8g
脂質12.1g
炭水化物40.6g
食塩相当量4.9g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 3.2g
ビタミンB10.17mg
ビタミンB20.22mg
カルシウム83mg

引用元:日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“辛さ調節パウダー”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、これによると…

  • 入れなかったら辛さレベル3の辛口(353スコビル)
  • 全部入れると辛さレベル4の大辛(584スコビル)

とのことで、そこまで強い辛さというわけではないようでしたので、お好みに合わせて追加してみてください。

ちなみに以前ご紹介した“激辛アラビアータ味”は886スコビル、“激辛ジャークチキン味”は712スコビルとかなり高めな数値となっていて、旨辛というよりも激辛のレベルに十分達する仕上がりとなっていました。

また、具材には…

  • チーズ風油脂加工品
  • ねぎ
  • 赤ピーマン

が入っています。

さらに、麺はご覧の通りシリーズお馴染みの唐辛子が練り込まれた“唐辛子練りこみ麺”が採用されており、ほどよい厚みと幅広な仕様となっていて、見るからに辛みをイメージさせる赤みを帯びた辺りが印象的といったところ!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、チーズ風油脂加工品がまろやかなコクを際立たせるかのように溶け出したことで、トマトの酸味と相性抜群な味わいを旨辛スープに表現した満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

また、ご覧の通り“チーズ風油脂加工品”はまだ完全に溶け切っていない状態となっていますので、スープにコクを引き立てるためにも、しっかりと溶け込ませていくと良いでしょう!

続いてここに先ほどの“辛さ調節パウダー”を加えていきます!個人的に辛いもの好きなので今回は辛さレベル「4」の大辛で試してみたいと思います!

すると…思ったよりも粒子は細かくはなく、比較的荒削りといった唐辛子のようで、量もやや少なめに感じられますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…チーズのコクがプラスされているとは言え、割とさらっとした仕上がりとなっていて、この真っ赤に染まる旨辛スープが見た目からも食欲を掻き立てていきます!

また、風味としてはほんのりトマトの酸味が感じられる程度で、それよりも香ばしくも感じられる唐辛子の風味が香り立ち、ちょうど良いサイズ感と旨辛スープによって夜食にもぴったりな一杯に仕上がっているようです!

他にも香辛料の中には唐辛子以外にもブラックペッパーなどが使用されているようで、コクのあるチーズにもぴったりな黒い粒々が確認でき、唐辛子を利かせたシリーズらしい辛さだけでなく、しっかりとした旨味も楽しめる旨辛な味わいにメリハリが付き、さっぱりとした後味が心地良いトマトの酸味がクセになる…そんな幅広い層に好まれるテイストと言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…トマトの酸味がしっかりと感じられるんですが…チーズのまろやかな味わいとうまく調和されていて、酸っぱ過ぎずチキンベースの旨辛スープにバランス良く溶け込んでいます!

そして気になる辛さに関しては…やはり“辛さレベル3”ということで、“辛さ調節パウダー”を追加してもそこまで強烈な辛さというわけではなく、ちょうど良いアクセントとなって旨味を引き立てているようにも感じられますね!

このように“とんがらし麺”シリーズは、他の激辛なフレーバーと比較して全体的にやや控えめな印象で、先ほどお伝えした強烈な辛さが表現されたフレーバーもあったんですが、現在は万人受けするかのような辛さとして調節されており、まさに“旨辛”なテイストを楽しみたい層に高く支持される仕上がりと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り唐辛子を練り込んだ通称“唐辛子練りこみ麺”が採用されており、見るからに辛そうな仕上がりとなっているんですが…実際には麺自体はそこまで辛くはなく、旨辛スープと合わさったことで刺激的な味わいを際立たせています!

ただ、唐辛子の粒までは確認できませんが、“とんがらし麺”をイメージ付ける唐辛子が練り込まれた赤みのある麺が非常に印象的といったところ!

そんな麺には、チキンをベースに唐辛子を利かせ、さらにトマトの酸味やチーズのコクを加えたメリハリのある旨辛スープがよく絡み、一口ずつに爽やかな酸味やまろやかなチーズの旨味が口いっぱいに広がっていき、香ばしくも感じられる唐辛子ならではの風味が後味良く抜けていきます!このピリっとした辛みと旨辛な味わいは、まさに辛いもの入門にもぴったりなテイストで、万人受けする人気の高いフレーバーであることがよーく伝わってきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの赤ピーマンが入っていて、小さくカットされている点や若干色味が抜けているせいか…なかなか見つけられなかったんですが、じっくりと噛んで味わってみると、素材本来の苦味のある味わいがしっかりと感じられ、まろやかなチーズのコクとの相性も大変良く、“うま辛トマト&チーズ味”といったフレーバーにもぴったりな具材のようです!

また、こちらの“かきたま”をイメージさせる卵が入っていて、見た通りふんわりと柔らかな食感に仕上がり、味付け自体は感じられないものの…マイルドさをプラスし、真っ赤なスープにアクセントとなる彩りの良い具材としてさりげなく添えられています!

他にもこちらの“ねぎ”が入っていて、割と小さくカットされていたため、シャキシャキとまではいかないものの…ほどよい薬味にもなったことで、辛みの利いた旨辛スープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りチキンをベースにトマトの酸味やチーズのコクをバランス良く合わせ、唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”からも徐々に旨味・辛みが滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨辛な味わいに仕上がっています!

また、チーズの旨味をベースにしているということもあって、特に脂っこさや“くどさ”などもなく、爽やかなトマトの酸味がコク深くまろやかなチーズの旨味と絶妙にマッチし、さらっとしている割に深みのある味わいで、まさに男女問わず幅広い方に好まれるテイストと言えるでしょう!

さらに…気になる辛さに関しては…先ほどもお伝えした通り、“辛さ調節パウダー”を全て入れて“辛さレベル4”にしてもかなり辛さを抑えられたものとなっていて、ちょうど良いアクセント程度となっていたため、辛さが苦手な方でも十分楽しめるかと思われます。
※気になる方は“辛さ調整パウダー”の量で調整してみてください。

そのため、今回の“うま辛トマト&チーズ味”は、あくまでトマトとチーズがバランス良くマッチした美味しさに唐辛子ならではの辛みを合わせたことによって“旨辛”な味わいに仕立て上げ、ピリッとしたアクセントが美味しさを引き立てるメリハリのある一杯となっています!

このように、今回の“日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味”は、チキンの旨味をベースにトマトの酸味・チーズのまろやかなコクが絶妙にマッチし、唐辛子をはじめブラックペッパーなど様々な香辛料がちょうど良いアクセントとなった“辛さレベル3”ならではの辛さ控えめで旨味溢れる一杯となっていたため、お好みによってはさらに唐辛子を加えて辛みをより際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のとんがらし麺 うま辛トマト&チーズ味」を食べてみて、チキンをベースにトマトの酸味とチーズのまろやかさが互いに旨味を引き立て、思ったよりも素材の旨味を活かした深みのある味わいを表現、さらに唐辛子を練り込んだ“唐辛子練りこみ麺”とも相性良く馴染んだ“旨辛”な仕上りとなっていました!

こういった1食当たりの量が若干少なめにもかかわらず物足りなさを感じさせない旨味・辛みがしっかりと楽しめる一杯は、カロリーもかなり低めということもあって夜食にもちょうど良く、多少常備しておきたいところではないでしょうか?

ということで気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!