カップ麺

富山ブラック風まぜそば!黒胡椒の強い辛さが利いた富山ブラックをアレンジ

富山ブラック風まぜそば

富山ブラック風まぜそば」を食べてみました。(2019年4月15日発売・寿がきや食品)

この商品は、富山県のご当地ラーメン“富山ブラック”ならではのたっぷりと使用した胡椒の辛みによるガツンとした濃厚な味わいをなんと食べ応え抜群な“まぜそば”風にアレンジし、真っ黒なイメージをそのままインパクトの強い一杯に表現した“富山ブラック風まぜそば”となっております。(税抜き238円)

ご覧の通り、パッケージには“ガツンと辛い!!黒胡椒の刺激”と記載されているように、この富山ブラックは味も濃いめで黒胡椒がたっぷりと使用された仕上がりが特徴的なんですよね!

そして、その仕上がりイメージとして富山ブラックらしい色濃い漆黒スープがよく絡む麺の上には…たっぷりと使用された黒胡椒が山盛りとなったことで、まさしく刺激的とも言える辛みが伝わってくるようですね!!見てるだけで汗かきそうです。。

ちなみに寿がきや食品の“富山ブラック”といえば、以前ご紹介したこちらのカップ麺があったように、こちらもまた非常にパンチのある仕上がりで印象的だったことを覚えています!

富山ブラックラーメンのカップ麺「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」食べてみました!黒胡椒が利いた漆黒の醤油ラーメン!
富山ブラックラーメンのカップ麺「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」食べてみました!黒胡椒が利いた漆黒の醤油ラーメン!2017年9月18日に寿がきや食品から発売された「全国麺めぐり 富山ブラックラーメン」を食べてみました。 この商品は平成21年から...

そして今回の特徴もまた…文字通り富山県のご当地ラーメンということで味濃い仕上がりを思わせる真っ黒なスープとなり、胡椒がたっぷりと使用されたことで割と辛めなテイストとなっていて、“富山ブラック”ならではの特徴的なインパクトある味わいがうまく“まぜそば”として表現されているようです!

一方、こちらにも“胡椒の辛味が強いラーメンです。辛いものが苦手な方はご注意ください。”といった辛さの強いカップ麺特有の注意書きなんかもしっかりと確認できます!

そして今回は“まぜそば”ということですから、黒胡椒がスープに溶け込むことなく直に感じることで、余計に刺激的な辛さが楽しめそうな気もしますね!!

また、寿がきや食品はコシの強い麺の仕上がりにも定評のあるメーカーですから、今回もまた“まぜそば”にぴったりなもちっとした弾力のあるコシがノンフライ麺として表現され、それによってしっかりとした食べ応えなんかも楽しめる仕上がりには期待したいところ!

他にも特徴として…濃厚さを物語る漆黒のスープにはチキンやポーク、さらに魚介の旨味なんかがバランス良く利いたことで、単純にしょっぱいだけの仕上がりというわけではなく、たっぷりと使用された黒胡椒によるガツンとした刺激的な味わいの中にもしっかりと旨味が楽しめる一杯のようです!

実際に食べてみて…

醤油ベースのキレのある口当たりのすぐ後からは…旨味溢れる味わいが味濃く表現され、何と言っても富山ブラックらしいたっぷりと使用された黒胡椒がインパクトある後引く辛みを感じさせ、もっちりとした食感の太麺とともに非常に食べ応えのある味わいが楽しめる一杯となっていました!
これは特に、富山ブラックが好みの方はもちろん、味濃く胡椒の辛みをガッツリと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの富山県のご当地ラーメン“富山ブラック”の味わいを“まぜそば”風にアレンジし、黒胡椒ならではのインパクト抜群な辛みをストレートに楽しむことができる一杯「富山ブラック風まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

富山ブラック風まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、“寿がきや食品”から新たに登場したもので、真っ黒な仕上がりでお馴染み醤油ベースの富山ブラックを“まぜそば”風にアレンジし、黒胡椒による強い辛みと味濃い醤油スープが相性良くマッチした一杯“富山ブラック風まぜそば”となっています。

ちなみに“富山ブラック”とは…そもそも塩分補給が目的だったのが起源のようで、“麺屋いろは”などをはじめ黒いスープを提供するラーメンを指すみたいですね!しょっぱいくらいに仕上がった濃い目の醤油スープというのも納得です!

そして、こちらには、そんな富山ブラックを食べ応え抜群な“まぜそば”風にアレンジした仕上がりイメージなんかも掲載され、これによると…非常に味濃い醤油ベースのスープがよく絡み、たっぷりと使用された黒胡椒などの香辛料が強い辛さとして相性良くマッチした仕上がりのようです!

それでは、今回の“富山ブラック風まぜそば”が黒胡椒によってどれほど強い辛さが表現されているのか?醤油スープの味の濃さや旨味との兼ね合い、“まぜそば”としての全体の仕上がりなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り427kcalとなっております。(塩分は5.0g)

カロリーは、汁なしカップ麺の割に意外にも低めにも感じられる数値のようで、塩分も“まぜそば”だからでしょうか?非常に濃いめの“富山ブラック”とは思えないほどの数値のようですね!
ちなみに1食当たり116g、麺の量は80gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、動植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香味油
  • 香辛料
  • チキンエキス
  • しょうゆもろみ
  • ポークエキス
  • 魚介エキス
  • 魚醤
  • ローストガーリックペースト

といった、富山ブラックらしい味濃い漆黒スープに仕上がり、単純にしょっぱいだけでなくしっかりと旨味を楽しむことができ、そこにたっぷりと使用された黒胡椒などの香辛料によってパンチの強いインパクトのある一杯を想像させる材料が並びます。

JANコード4901677082503
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、小麦たん白、たん白加水分解物)、スープ(動植物油脂、しょうゆ、たん白加水分解物、香味油、食塩、砂糖、香辛料、チキンエキス、しょうゆもろみ、ポークエキス、ごま、魚介エキス、魚醤、ローストガーリックペースト)、かやく(キャベツ、大豆たん白加工品、粗挽き胡椒)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、クチナシ、フラボノイド、炭末)、乳化剤、かんすい、炭酸カルシウム、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、香料、酸味料、ソルビット、酸化防止剤(V.E)、(一部に小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (116g) 当たり]
熱量427kcal
たん白質9.9g
脂質13.3g
炭水化物66.8g
食塩相当量5.0g
カルシウム128mg

引用元:富山ブラック風まぜそば:即席めん:ノンフライめん:寿がきや食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、あとのせかやく、液体スープといった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り“寿がきや食品”らしい弾力と強いコシを想像させる太めのノンフライ麺が採用されているようで、これによって濃厚な富山ブラックらしいスープにも負けじと満足度の高い食べ応えを表現しているものと思われます!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

ご覧の通り、まだこの時点ではキャベツのみとなっていますが、量そのものはやや多めにも感じられますね!

また、このキャベツの量によって全体を調和させているとしたら…相当濃厚な“富山ブラック”らしい味の濃い仕上がりなのでは?と勘ぐってしまいます。。

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺が一回りふっくらと仕上がり、味濃いスープにもぴったりな強い食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです!“寿がきや食品”はこういった麺もまた美味しいのが特徴と言えるでしょう!

では、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
ちなみにこの液体スープは、比較的さらっとした状態ではありましたが、やや量も多かったため、せっかくの麺を冷まさないためにも調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

すると…“富山ブラック”らしい色の濃いスープが容器底へと沈んで行き、チキンやポーク、魚介の旨味なんかを合わせたスープのようですが、風味自体はそこまで強烈な仕上がりではないようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りスープの量がやや多めということもあって、プリッとした張りのあるノンフライ麺にも漆黒スープがすんなりと馴染んでいきます!

そして、スープが全体に馴染み終えたら、最後にこちらの“あとのせかやく”を加えていきます!

ちなみにこの“あとのせかやく”には…

  • 大豆たん白加工品
  • 粗挽き胡椒

が含まれていて、原材料によると“ごま”や赤唐辛子なんかも使用されているようです!

そして、この“あとのせかやく”を加えることで一気に黒胡椒ならではの刺激的な風味がプラスされ、この“富山ブラック”らしい味濃い醤油スープの美味しさもまた引き立ってくるように感じられます!

…というか漆黒スープに仕上がった真っ黒な見た目も十分インパクトありますが、さらにこの黒胡椒などが印象的ですね!!

このように、今回の“富山ブラック風まぜそば”に使用された黒胡椒などの香辛料はかなり量が多めとなっているようで、濃厚なスープの味わいとともにスパイシーさを通り超した刺激的とも言えるインパクトある富山ブラックが表現されているようですね!これは“まぜそば”ならではといったところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…想像通り味濃い醤油ベースのシャープな口当たりがガツンと感じられ、そのすぐ後からはチキンやポーク、魚介の旨味とともに強烈とも言える黒胡椒ならではの強い辛みが一気に汗を誘い、清々しいほどに後味すっきりとした仕上がりとなっています!

“富山ブラック”はこういった味濃い仕上がりが特徴的ではありますが、それがまた良いんですよね!濃厚とも言える味の濃さの割に油っこさが全くないため最後まで飽きが来ることもなく、“富山ブラック”を存在感抜群な“まぜそば”に表現した一杯を十二分に堪能することができるでしょう!

ちなみに、この小さな黒い粒が原材料にも記載されていた“大豆たん白加工品”と思われる具材となっていて、こちら全体を麺に絡めていただくと旨味もさらに増して楽しむことができます!

麺について

麺は、ご覧の通り太麺仕様のもっちりとした食感に仕上がり、ノンフライ麺ならではの強いコシが心地良い歯応えを演出し、力強い濃厚な醤油スープにもぴったりです!

そんな太麺には、“富山ブラック”ならではの黒胡椒をたっぷりと使用した味濃く刺激的なスープがよく絡み、一口ずつにキレのある口当たりとともにチキン・ポークなどの旨味が黒胡椒の辛さとともに口いっぱいに広がっていき、後引く辛さと黒胡椒ならではの風味が心地良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、サイズも大きく、シャキシャキとした食感がしっかりと感じられる仕上がりとなり、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

…というか、こちらにも今回のスープがしっかりと絡むことで、ほどよい食感とともに、じんわりと汗を誘う辛さなんかも感じられますね!

また、こちらの“大豆たん白加工品”は、“あとのせかやく”ということもあって、食べはじめはサクサクな食感が楽しむことができますが、こちらにもしっかりと黒胡椒が染み込んでいるため、噛むと胡椒ならではの刺激的な辛みが口に広がっていきます!

また、食べ進めていくうちにほどよく“大豆ミート”のような食感に変わり、これがまた量も多いせいか、今回の一杯に具材としての物足りなさを全く感じさせません!

そして、これら具材を一緒に絡めて食べてみると…ただでさえ味の濃い“富山ブラック”ならではの味わいに加え、“まぜそば”ならではのストレートに味が伝わるインパクト抜群な後引く辛みや歯応えの良い食感などが楽しめるでしょう!

スープについて

スープは、醤油ならではのキレはもちろん、口に入れた瞬間しょっぱいと感じるほどの味の濃さに仕上がり、そのすぐ後からはチキンやポークなどの旨味とともに黒胡椒ならではの刺激的な辛さが押し寄せてきます!

しかし、この後引く辛さがむしろ心地良くも感じられ、味が濃いとは言っても単純に塩分濃度が高いわけではなく香辛料も後押ししたことによるところも大きく、それ以外にもしっかりと旨味を堪能できることで、最後まで飽きの来ない食べ応え抜群な仕上がりと言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“富山ブラック風まぜそば”の黒胡椒による辛さは、“あとのせかやく”によるものでしたので、お好みによってこの量で辛さを調整してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「富山ブラック風まぜそば」を食べてみて、“富山ブラック”らしい味濃い醤油スープがしっかりと“まぜそば”として表現され、そこに大量に使用された黒胡椒などの香辛料によってインパクトある辛さを表現し、食べ応え抜群な味わいとともに後引く辛みを堪能することができる力強い仕上がりとなっていました!

“富山ブラック”はスープタイプとして味濃いイメージがありましたが、今回“まぜそば”にアレンジしたことで、より一層インパクトのある胡椒の辛さが楽しめる仕上がりに感じられ、個人差はあるものの…汁なしタイプの方が美味しく楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!