カップ麺

和ラー かにすき風 食べてみました!北海道の“かにすき”を美味しくアレンジした味わい深い一杯!

和ラー かにすき風 食べてみました!北海道の“かにすき”を美味しくアレンジした味わい深い一杯!

2018年10月15日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」を食べてみました。

この商品は、各地域のご当地料理・郷土料理をラーメンにアレンジすることをコンセプトとした“和ラー”の新商品ということで、今回は北海道の“かにすき”を美味しく表現した一杯が登場です!

それも、昆布ダシを利かせた醤油ベースのあっさりとしたスープに、北海道産ズワイガニを使用したエキスを加えたことで、野菜の旨みも美味しく引き立った仕上がりが何ともたまらない“サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風”となっております!

ご覧の通り、パッケージには“カニエキスに北海道産ズワイガニを使用しています”と記載されているように、今回は“かにすき”を“和ラー”らしく美味しく表現し、存分にカニのダシ・旨味を楽しむことができる一杯に仕上がっているようですね!

また、こちらには今回も独自製法によって、もちっとしたコシのある仕上がりとなった“和ラー”ならではの麺などのイメージ写真なんかも確認できます!

他にも特徴として、昆布や帆立の旨味がベースとなったことで、カニの風味・旨味も美味しく引き立ち、“かにすき”らしく野菜にもぴったりなダシが決め手の一杯に仕上がっているようです!

実際に食べてみて…

2種類ものカニ風味かまぼこが入ったことで、カニの旨味が見た目からも楽しめる今回の“和ラー”には、ベースとなる旨味がしっかりと利いているため、比較的あっさりとした醤油スープではあるものの、北海道産のカニエキスが引き立ったことで、じんわりと染み渡るようなカニの旨味を存分に楽しめる仕上がりとなっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの北海道産のズワイガニを使用した「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」についてレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風について

今回ご紹介するカップ麺は、ご当地料理を美味しくラーメンにアレンジした“和ラー”シリーズの新商品ということで、北海道の“かにすき”をあっさりとした醤油スープに表現した“和ラー 北海道 かにすき風”となっています。

ちなみに今回は、以前ご紹介した“和ラー 博多 鶏の水炊き”と“和ラー 三重 伊勢海老汁風”がリニューアル発売されているようですね!

ご覧のように、パッケージには北海道の「かにすき」風に仕上がった今回の“和ラー”について簡単な説明が記載されていて、こちらによるとズワイガニの香りと旨味が特徴とのことで、ダシが楽しめる“和ラー”らしい仕上がりのようです!

また、“和ラー”では以前「北海道根室 かにの鉄砲汁風」といった商品も発売されていたようですが、北海道ならではの郷土料理がまた新たに美味しくラーメンにアレンジされて登場したというわけですね!これは実に美味しそうな一杯ではないでしょうか?

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り297kcalとなっております。(塩分は5.7g)

塩分はそれなりにあるようですが、カロリーはかなり低めにも感じられる数値のようですね!ちなみに1食72g、麺の量は58gと若干ではありますが、少なめにも感じられるボリュームとなっているようです。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、しょうゆやカニガラパウダーをはじめ…

  • チキンエキス
  • 昆布エキス
  • ホタテエキス
  • カニエキス
  • 野菜エキス

といった、昆布や帆立の旨味がベースとなったあっさりめの醤油スープに、北海道産のズワイガニの旨味・風味が利いたカニエキスによって、まさに“かにすき”を思わせる“和ラー”らしい美味い一杯を想像させる材料が並びます。

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵、チキンエキス)、スープ(食塩、デキストリン、たん白加水分解物、しょうゆ、カニガラパウダー、糖類、チキンエキス、昆布エキス、ホタテエキス、カニエキス、野菜エキス)、かやく(キャベツ、かに風味かまぼこ、かまぼこ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、クチナシ色素、レシチン、増粘多糖類、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、(一部にえび・かに・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)
引用元:サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • キャベツ
  • かに風味かまぼこ
  • かまぼこ
  • ねぎ

が入っています。

また、今回の“和ラー”の麺は、やや太めにも見える中細といった仕様で、独自製法によるもちっとしたコシがしっかりと表現された密度感のある麺が採用されているようです!

そして、この2種類も入ったカニかまぼこが何とも印象的ですね!
“和ラー”シリーズはこれまで発売してきた商品どれもダシが決め手とも言える美味しさがしっかりと表現されていましたからね!今回のカニの旨味がどう表現されているのか気になるところではないでしょうか?

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

具だくさんにも見えるそれぞれの具材がふっくらと仕上がり、昆布や帆立を利かせたという醤油スープは、ダシを楽しむ一杯らしく、かなりあっさりとした印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。

ご覧のように、スープはさらっとしていて透明度も高く、澄んではいるものの、しっかりと旨味を利かせたと思われる濃い目の色をしています!

食べてみた感想

一口食べてみると…あっさりめな醤油ならではのキレのある口当たりには、しっかりと昆布・帆立といったダシが利いていることが伝わってくるような染み渡る味わいが表現され、その後からは全く磯臭さのないカニの旨味・風味が満足度の高い仕上がりとなって美味しく表現されています!

このダシは良いですね!旨味そのものが濃すぎず、あっさりめの醤油スープと合わさったことで、今回の“和ラー”も素材の味をストレートに楽しむことができる仕上がりのようです!

麺について

麺は、ご覧の通り中細といった仕様で、細めながらも不思議ともちっとした弾力が表現されたすすり心地もまた良い麺となっています!

そんな麺には、昆布・帆立をベースにカニの旨味が美味しく表現された“かにすき”をイメージさせる味わい深いスープがよく絡み、一口ずつに染み渡るような美味いダシがじんわりと口に広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“かに風味かまぼこ”が入っていて、口に入れるとホロホロと崩れるような優しくも柔らかい仕上がりで、かまぼこではありますが、しっかりとカニの旨味を引き立てる相性抜群な具材となっています!

また、今回の一杯には2種類もの“かにかま”が使用されていて、こちらの形状の異なる“かに風味かまぼこ”もまた、“かにすき”といった味わいを見た目からも楽しませてくれる具材として、良い旨味をスープに滲み出しているように感じられます!

そして、“かにすき”といった旨味が凝縮されたカニ鍋をアレンジしたスープには、こちらのほどよく食感を残したキャベツなどの野菜なんかもぴったりで、野菜の旨味もまたカニエキスによって美味しく引き立っているようですね!

さらに、こちらの花形のかまぼこは、味付け自体はありませんが…今回の“かにすき”を美味しくアレンジした仕上がりを見た目からも彩り華やかに演出しているようです!

そして、こういった具材を一緒に絡めて食べてみると…ただでさえスープには昆布や帆立、さらに北海道産のズワイガニを使用したカニエキスがたっぷりと利いたことで、旨味そのものを存分に堪能できる仕上がりではありますが、さらにカニや野菜といった旨味を一回りも二回りも美味しく感じさてくれます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えしたように、昆布や帆立などをベースにしたあっさりめな醤油スープということで、ご覧の通りどちらかと言うと透明感のあるスープではありますが、一口味わってみると、煮詰まったような凝縮された旨味が表現され、野菜にもぴったりなカニの旨味を存分に楽しむことができます!

そして、こういったあっさりめの醤油スープだからこそ、素材そのものの旨味が美味しく引き立ち、最後まで全く飽きの来ない染み渡るようなスープを味わうことができるんでしょうね!(ダシが美味しいので追い飯なんかで、雑炊にするのもぴったりです!)

また、あっさりめのスープとは言え、カニをはじめとする様々な旨味がしっかりと利いているため、物足りなさは全くありません!

まとめ

今回「サッポロ一番 和ラー 北海道 かにすき風」を食べてみて、昆布や帆立をベースにした醤油スープには、あっさりとした口当たりにもかかわらず旨味がしっかりと表現され、そこに北海道産のズワイガニを使用したカニエキスを利かせたことで、カニならではの甘みなんかも感じられる“かにすき”の味わいを美味しく楽しめる一杯となっていました!

やはり“和ラー”の商品は美味しいですね!こういったダシを引き立てたことで、素材の味がストレートに感じられ、染み渡るような味わいとなっていたため、満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!