読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

webproduct-lab-blog

Webproduct-labのサブブログで、ラーメン・カップ麺を中心とした雑記ブログです。

山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」食べました!

山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」食べました!美味い豚骨塩ラーメン!

山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」がセブンイレブンで発売されていますが、個人的にはかなり昔に食べたここの実店舗のラーメンがあまり好みのタイプではなかったので。。食べずにいました。(その時は「みそ」を食べました。)

www.nissin.com

しかし、こないだのジョブチューンのカップ麺のベスト10にこの山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」が4位にランクインしていたということもあって、ちょっと気になって買ってみました!

その時の評価としては、塩の中では一番美味い!というほどのラーメン評論家からの評価も高いものでしたね。

そして、このカップ麺は以前からも発売されていましたが、2012年に改めてセブンゴールドシリーズとして発売されているカップ麺のひとつで、今もまだ販売され続け、評価も高いことを知りました。

blog.webproduct-lab.com

そもそも旭川が発祥の山頭火の売りは「しお」ですからね!私のようにすみれのような「味噌」好きには少し好みが異なるのかもしれません。

www.santouka.co.jp

では、今回は山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」についてレビューしてみたいと思います。

7premium.jp

山頭火 旭川とんこつ塩

開封してみた

さっそくフタを開けてみると、中には下記のようにかやく、粉末スープ、液体スープ、チャーシューの4つの小袋が入っています。

f:id:yuki53:20170214091428j:plain

かやくにはさらに小袋に入った小梅が封入されています。

特にチャーシューが通常のカップ麺と比べてかなり完成度が高く、本格的に作り込まれていることがわかります。

そして、こちらのカップ麺は調理時間が4分となっています。
小梅以外のかやくとチャーシューを入れて熱湯を注ぎます。

調理してみました

この手の麺はほぐれにくかったりしますから、箸で様子を見ながら調理時間を調整してみると良いでしょう。※ここで粉末スープを入れてしまうと麺がほぐれにくくなってしまいます。

そして、麺をほぐしてから粉末スープと液体スープをよく混ぜて出来上がったものがこちらです!最後に小梅を浮かべます。

f:id:yuki53:20170214093811j:plain

冒頭にもお話した通り、以前食べた印象が強かったせいか、正直あまり期待していなかった所もあったのですが。。この「旭川とんこつ塩」は意外にもスープの脂の感じなど良いですね!

やっぱり豚骨スープともなるとコクも旨味も出ますからね!見た目からして、塩とは思えないほどのこってりとした印象です。

食べてみた感想

実際に一口食べてみると…これは想像以上に美味しいスープです!
ラーメン評論家の方の評価が高いのも納得ですねー!

「この味、まさに店味。」と書かれたパッケージも決して言い過ぎではありません。
甘く感じるマイルドな豚骨スープの心地よい風味が鼻から抜けて、あっさりとした塩の感じがクセになり、どんどん飲み進めてしまいます。。

麺の感じは?

ノンフライ麺の中太といったところでしょうか?

個人的にはコシのあるちぢれ麺が好みなんですが、山頭火の麺はもともとストレート麺というか…ちぢれてはいないので、一応忠実に再現されているものと思われます。

f:id:yuki53:20170214094505j:plain

しかし、この山頭火のカップ麺は、麺よりもスープが特に美味しいです!

スープのお味の方は?

次に気になるスープです!

こってりとした見た目のスープは、豚骨の臭みがなく、マイルドな旨味だけが塩によく合っています!これは、実店舗にも全く引けを取らないのではないでしょうか?

非常に美味しく、さらにこってりしていますが塩ということもあってあっさりと飲み干すことができます!

私は、いつもラーメンといえば味噌を食べていましたが、塩とんこつも良いですね!これは美味い!

f:id:yuki53:20170214100945j:plain

こちらの公式サイトにも記載されていますが、創業当初から豚骨白湯スープの「しお」が人気の定番メニューということでした。

低温でじっくり丁寧に下処理した白湯(豚骨)スープは、「最後の一滴まで美味しく飲める」ことを意識し、適塩を心がけています。

引用:山頭火物語 | らーめん山頭火

その他特徴など

先ほども言いましたが、チャーシューが他のカップ麺と比較しても本格的です。

さすがに実店舗のチャーシューとは異なりますが、これはこれで美味しくいただけます。これはスープ以外に特筆したいところですね!

f:id:yuki53:20170214102602j:plain

その他にも、山頭火の特長となる小梅がとんこつ塩によく合います。
このカリカリ梅が、スープと一緒に少しずつ食べ進めていくとそれがよくわかります。

f:id:yuki53:20170214103738j:plain

その他にも、メンマとキクラゲの歯ごたえが食感に良いアクセントとなり、テンポよく食べ進めることができます。

個人的にもう少し麺に歯ごたえが欲しい所でしたからね!ちょうど良いトッピングでありがたいですね。

まとめ

非常に美味しくいただくことができた今回の山頭火のカップ麺「旭川とんこつ塩」はかなり完成度が高く、カップ麺のランキングに入るのも納得の味でした。

味噌だけではなく、たまに豚骨ベースの塩も良いですね!これなら今度、店舗にも行ってみようかな?と思ってしまいます。

そして、この山頭火は旭川発祥ですが、現在は全国にも店舗を構えているようなので、食べ比べてみると面白いかもしれませんよ?

さらに国内のみならず、海外にも数多く出店されているようなので、世界中から支持されている日本のラーメンと言っても良いでしょう。

いやー…改めて食べてみましたが、これは一度食べておいて損はないでしょう!

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.