カップ麺

「青葉中野本店」カップ麺!“中華そば ゆず唐辛子ペースト付き”!風味豊かな名店の味

東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き

東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてみました。(2019年7月8日発売・サンヨー食品)

この商品は、東京・中野に本店を中心に店舗展開する名店“青葉(あおば)”の人気メニュー“中華そば”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、鰹や鯖、煮干しなどふんだんに使用された魚介系の旨味をポークとチキンの動物系の旨味によって引き立てられた染み渡るような一杯が登場です!

それも…名店“青葉”らしいシンプルながらも動物系・魚介系によるWスープによる深いコクと味わいが表現された“中華そば”ならではの味わいに、今回は“ゆず唐辛子”ペーストが別添され、こちらを加えることによってピリッとした辛みや柚子ならではの爽やかな風味が香る上品さに際立った一杯“東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには白を基調にシンプルな“青葉”のロゴが配置され、素朴ながらも動物系・魚介系によるWスープが上品な仕上がりであることをイメージさせます!

東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き パッケージ

そして、その“青葉”の看板メニューはコク深い旨みが特徴的な“中華そば”であり、今回の一杯にはサンヨー食品ならではの“仕上げの小袋”によって実際の店舗でも提供されている“ゆず唐辛子”を再現したペーストが別添されています!

これによって鯖・煮干しなど魚介系の旨味が動物系の出汁によってコク深く仕上がったスープに上品な柚子の風味が香り立ち、ピリッとした辛みが味に締まりを加え、後味の良さに際立った味わいが楽しめるようです!

また、パッケージにはこの赤みを帯びた“ゆず唐辛子”ペーストを加えた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これによると…唐辛子ならではのピリッとした辛みが想像以上にしっかりと表現されているようにも見えます!

ただ、後ほど詳しくお伝えしますが…この“ゆず唐辛子”は最初から入れるのではなく、途中から少しずつ足していくと“青葉”ならではの旨味が凝縮されたWスープを楽しみつつ、ピリッとした辛みと爽やかな風味といった味の違いが楽しめるかと思われます!

他にも特徴として…麺にはつるっと滑らかな食感が印象的な中太麺が採用され、すすった時に香る魚介系の出汁の旨味はもちろん、“ゆず唐辛子”を加えた際には爽やかな柚子の風味が“青葉”ならではのWスープとともに楽しめるというわけです!!

実際に食べてみて…

鰹や鯖、煮干しなど魚介系の旨味とポークとチキンによる動物系の旨味によるWスープは、どちらとも主張が強いわけではなく、互いに旨味を引き立てるかのような上品・上質な“中華そば”に仕上がり、そもままでも十分楽しめますが、今回別添されている“ゆず唐辛子”ペーストによる食欲そそるピリッとした辛みと柚子のさわやかな風味が心地良いメリハリの利いた風味とコクを兼ね備えた一杯となっていました!
これは特に、“青葉”ファンはもちろん、魚介系×動物系のWスープに“ゆず唐辛子”を加えた風味豊かな“中華そば”を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの東京・中野区の名店“青葉”の人気メニュー“中華そば”を再現し、さらに“ゆず唐辛子”によるピリッとした辛みと柚子ならではの爽やかな香りが楽しめるシンプルながらも何度でも味わいたくなる洗練された一杯「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き

今回ご紹介するカップ麺は、東京・中野区に本店を置く名店“青葉”の人気メニューの味わいを再現したもので、今回は“青葉”で無料で提供されている“ゆず唐辛子”を再現したペーストが別添され、それによってコクのある名店“青葉”らしいWスープにピリっとした辛み、そして爽やかな風味を上品に楽しむことができる一杯“東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“青葉の人気トッピング「ゆず唐辛子」香るWスープの味わい”と記載されているように、今回の一杯には実店舗でも店員さんに伝えると小皿でいただける無料のトッピング“ゆず唐辛子”が別添されています!

そして…こちらを少しずつスープに溶かし込むことによって魚介系・動物系のWスープによるコク深い味わいにピリッとした辛みと柚子の香りが加わり、旨味をさらに増して堪能することができる絶妙なトッピング付きでの登場のようですね!

ちなみにこの名店“青葉”は店主“芳賀 良則”氏によって1996年10月に創業、冒頭でもお伝えした通り東京・中野区に本店を置き、現在では東京だけでなく、埼玉・千葉・神奈川・茨城にも出店しているとのこと!

さらにこの“青葉”、本店である“中野本店”は“ミシュラン東京2015”のビブグルマン部門に掲載された経歴を持つ実力店でもあります!

また、ご覧の通りパッケージ側面には“青葉 中野本店”に関する簡単な説明文が記載されていて、これによると…“青葉”は“中華そば本来の味を提供したい”という思いで創業し、魚介系だし・動物系だしを合わせたWスープの元祖と言われ、この“青葉”に影響を受けた名店も数多く存在するとのこと!

そのため、“青葉インスパイア系”と呼ばれるラーメン店が存在するほど影響力のある人気ラーメン店のようですね!

そして、この“青葉”と言えば…2017年9月4日にも以前ご紹介した“どんぶり型”のカップ麺「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」が発売されていましたが、今回はタテ型としての登場となっています!

サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油 食べてみました!魚粉香る豚骨醤油!
サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油 食べてみました!魚粉香る豚骨醤油!2017年9月4日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油」を食べてみました。 今回...

この際も動物系と魚介系のWスープによって非常にまろやかでありながらも魚介系らしいキリッとした口当たりが相性良く仕上がっていた濃厚なスープだった記憶があります!

それでは、今回の“東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き”がどれほど魚介系・動物系による旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?別添された“青葉”名物のトッピング“ゆず唐辛子”の辛みや柚子ならではの爽やかな風味とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り397kcal(めん・かやく321kcal / スープ76kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、魚介系・動物系の濃厚なWスープの割にそこまで高い数値ではないようで、塩分は若干高い程度の数値のようですね!
ちなみに1食当たり90g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで76kcalとのことで、そこまで高いわけではありませんが、素材本来の旨味を存分に活かした旨味溢れる“中華そば”に期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料やポークエキスをはじめ…

  • 魚介エキス(魚介類)
  • 魚粉
  • しょうゆ
  • チキンエキス
  • クリーミングパウダー
  • 昆布エキス

といった、魚介の旨味をポークやチキンによって味わい深く引き立て、シンプルながらも何度でも食べたくなるようなコクのある絶妙なバランスといった仕上がりを想像させる材料が並びます。

また、これを見る限り麺にも“野菜エキス”や“しょうゆ”といった多少の味付けが施されていることが確認できますね!

JANコード4901734037743
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(食塩、香辛料、糖類、ポークエキス、魚介エキス(魚介類)、魚粉、しょうゆ、チキンエキス、クリーミングパウダー、酵母エキス、昆布エキス、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、ナルト、メンマ、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、炭酸カルシウム、カラメル色素、レシチン、酒精、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、香料、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・魚介エキス(魚介類)を含む)

栄養成分表示 [1食 (90g) 当たり]
熱量397kcal
たんぱく質8.1g
脂質15.4g
炭水化物56.4g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.88mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム226mg

引用元:東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き | サンヨー食品

開封してみた

ではまず、フタの上に別添されているサンヨー食品お馴染みの“仕上げの小袋”をはがしてみます。

すると…こちらにもパッケージ側面同様、名店“青葉”のシンプルなロゴとともに、今回の特徴でもある“ゆず唐辛子”ペースト付きとの記載があり、名店と呼ばれる魚介系・動物系のWスープとピリッとした辛みと爽やかな柚子の風味が楽しめる上品な一杯であることが確認できます!

ではフタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料“ゆず唐辛子”ペーストが別添されています。

そして、具材には…

  • 味付豚肉
  • ナルト
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

このように、“中華そば”にぴったりな具材がそれぞれ取り揃えられているようですね!

また、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様でしょうか?つるっと滑らかな食感を想像させ、ほどよいコシが加わった麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力とコシを思わせ、麺の量は今回70gですが、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめそうな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“仕上げの小袋”に使用された名店“青葉”で無料トッピング(別皿)することができる“ゆず唐辛子”ペーストを絞り込んでいきます!

ただ、こちら味変のように後から入れても十分楽しめる調味料となっているため、今回は最初から入れてしまいましたが…最初は“青葉”ならではのコク深く濃厚なWスープの味わいを楽しんでみても良いかもしれません!

そして、この“ゆず唐辛子”ペーストは量的には若干少なめではありますが、一気に柚子ならではの爽やかな風味が広がっていき、“青葉”のようなコク深い“中華そば”にもぴったりですね!そして何と言ってもこの風味からもピリッとした辛みが伝わってきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどの“ゆず唐辛子”は完全にスープに溶け込み、風味としてはやはり爽やかな柚子の香りが強調された仕上がりとなっていて、特に魚介系が強いといった感じでもないようですね!それによって非常に上品、爽やかな一杯といったところ!

また、スープの仕上がり自体は旨味が凝縮された濃厚なWスープとは言ってもドロッとした仕上がりというわけでは決してなく、“中華そば”らしいどちらかと言うとさらっとした仕上がりとなり、幾重にも利いた旨味によって厚み・コクのある“中華そば”といったところでしょうか?飲み応えなんかも楽しめそうな仕上がりとなっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…魚介出汁の旨味がチキンやポークによってどちらの主張が強いわけでもなく絶妙な旨味となって深いコクを表現しています!そして濃厚ではりますが、魚介系の出汁が利いた醤油ベースならではのキレの良い口当たりによって後味は非常にすっきりとした印象で、これは飽きが来ませんね。。

ただ、若干しょっぱくも感じられるものの…このシンプルながらもついスープが止まらなくなるようなWスープは、さすが名店と言われるだけあって出汁とコクによる味わいが互いの良さを引き立てる仕上がりというのも納得です!

さらに…今回別添されている“ゆず唐辛子”は、ピリっとした辛みは濃厚な“中華そば”のスープにキレを引き立て、さらに食べ進めていくうちに徐々に利いてくることで、後引く旨味・辛みがさらなる食欲をかき立てられ、この柚子の風味豊かな爽やかな香りもまた強すぎず上品さを思わせるふんわりと漂います!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様のつるっと滑らかな食感が特徴的なすすり心地の良い麺に仕上がり、ほどよい弾力とコシが楽しめる麺となっています!

そんな中太麺には、東京・中野区の名店“青葉”の味わいを再現したコクのあるWスープがよく絡み、一口ずつに魚介系の出汁・動物系の出汁がうまく調和された旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、追加した“ゆず唐辛子”による爽やかな風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、スープに合わせてのことでしょうか?しょっぱめの味付けにも感じられ、さらに食べはじめは若干湯戻りも足りないようでしたので、今回のスープに旨味を滲み出してもらうためにもスープそこにしばらく沈めておくと良いかもしれません!

また、こちらのメンマはやや小ぶりではありますが…コリコリとした食感に仕上がり、“中華そば”といったテイストに相性抜群な具材となっています!

さらに…こちらの“なると”はもちろん味付け自体は感じられないものの、“中華そば”らしいどこか懐かしさを感じさせる彩りとしてのワンポイントとなっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鰹や鯖、煮干しなど魚介系の旨味、そしてポークとチキンの動物系による濃厚とも言えるコク深いWスープに仕上がっているんですが、ここ“青葉”のスープは元々「東京ラーメン」と「九州ラーメン」の良さを取り入れたというスープということで、魚介系の香り高い和風出汁と動物系の濃厚なコクがうまく融合したことで、シンプルながらも納得の美味しさが表現されています!

そのため、一瞬シンプルにも感じられるかもしれませんが、じっくりと味わってみると実際はそんなことも一切なく、ついついスープが止まらなくなるような美味しさが詰め込まれた名店ならではの仕上がりとなっています!

また、今回は別添された“ゆず唐辛子”を最初から入れてしまいましたが…これはまず“青葉”らしい旨味溢れるWスープをじっくりと堪能してから味変のように徐々に足していくと味の変化なんかも楽しめ、柚子ならではの爽やかな風味が後味良く感じられるのではないでしょうか?

このように、今回の“東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き”は、名店ならではの魚介系・動物系によるWスープがコク深く仕上がり、そこにピリッとした辛みと後味爽やかな柚子の風味がクセになる一杯となっていたため、ぜひ“ゆず唐辛子”ペーストは途中から徐々に加えるようにして、“青葉”のコク深い味わいをじっくりと楽しむと良いでしょう!

まとめ

今回「東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き」を食べてみて、魚介系による風味と動物系によるコクがうまく調和し、絶妙なバランスとなって醤油ベースの“中華そば”ならではのスープに仕上がり、そこに今回は実店舗でも無料でいただける“ゆず唐辛子”ペーストを加えることによって、ピリッとした辛みが味に締まりを加えるのはもちろん、柚子ならではの爽やかな風味が上品に香る上質な一杯となっていました!

この“青葉インスパイア系”が存在するほどのWスープは、魚介系・動物系とのバランスが非常に良いため、油っこさなんかも一切なく、最後まで飽きることなくじっくりとコクのある味わいが爽やかな風味とともに楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!