カップ麺

「ばんから」カップ麺!サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン 食べてみました!

「ばんから」カップ麺!サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン 食べてみました!

2018年11月19日にサンヨー食品から発売された「サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン」を食べてみました。

このカップ麺は、池袋に本店を置き、東京を中心に国内のみならず海外にも店舗展開しているこってり系・濃厚な豚骨醤油で有名な“東京豚骨拉麺ばんから”で人気メニューの味わいを再現したもので、たっぷりと使用した大粒の背脂によって、カップ麺とは思えないほどのコク深く濃厚な仕上がりとなった“サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン”となっております。(税抜き240円)

ご覧の通り、今回の一杯は“背脂豚骨醤油味ラーメン”ということで、すっきりとした醤油ならではのキレと後味、そして豚骨による厚みを表現したこってり感、さらには実店舗でこだわりの背脂の甘みを再現したことで、非常にコク深い味わいに仕上がっていて、そもそもこの“ばんから”は、東京・池袋発祥の濃厚な一杯が人気のラーメン店のようですね!

そのため…濃いめのラーメンが好みの方には見逃せない一杯がカップ麺に登場というわけです!!

一方、こちらには大粒の背脂が入ったことでコク深く仕上がった濃厚なイメージ写真が確認できますね!…というか背脂もさることながら、これを見る限り油もたっぷりと含まれているようで、コク深さに加え、食べ応えのある良い意味でのギトギト感なんかもしっかりと表現されているようです!!これは期待できそうな一杯ではないでしょうか?

個人的にもこういった濃厚なテイストは好みなわけですが、今回の一杯は、甘さやコクを表現した豚骨ベースのこってりとした濃厚スープにたっぷりと入った背脂によってインパクト抜群な仕上がりのようですからね!そんな濃厚・こってり好きにも満足の旨み・甘みが存分に楽しめるカップ麺のようです!

実際に食べてみて…

ギトギト・油分たっぷりなスープには、臭みのない豚骨ベースによる厚みのある旨み・甘みがしっかりと表現されていて、醤油ならではのキレとコクがまた相性抜群な濃厚さに仕上がり、そこに大粒の背脂が入ったことで、コク深い味わいがさらに引き立ち、これでもかというほどの“こってり”な一杯となっていました!
これは特に、こってりとした濃厚豚骨醤油が好みの方におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの東京・池袋の人気店“ばんから”の味わいを再現した「サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメンについて

今回ご紹介するカップ麺は、1998年創業、東京・池袋に本店を置く濃厚な豚骨醤油が人気のラーメン店「東京豚骨拉麺ばんから」の味わいを再現したもので、大粒の背脂がたっぷりと入ったコク深い仕上がりが特徴的な“サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン”となっています。

ちなみにこの“ばんから”、実店舗では今回再現となった“豚骨醤油”の他にも、“とんこつ”といったメニューも人気のようで、どちらも濃厚さが際立った2種類のテイストが売りのラーメン店のようですね!

そして、東京を中心に店舗展開しているチェーン店としても数多くの店舗を出店しているようなので、その実力もまた確かなものと思われます!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り500kcalとなっております。(塩分は5.7g)

スープタイプのカップ麺の割にカロリーはかなり高めな数値となっていることからも、今回の濃厚さを想像させますね!一方で、塩分はそこまで高い数値ではないようです!

そして、スープの内訳を見てみると…なんとスープだけで215kcalとなっています!

これは豚骨の旨みをガツンと利かせたことの現れなのでしょうか?濃厚さに際立った上に今回は大粒の背脂が使用されていますからね!素材の旨みをふんだんに使用し、その味わいを極限まで引き立てているようにも感じ取ることができます!

ちなみに1食121g、麺の量は60gとのことで、麺自体はそこまで多くはないようですが、今回の一杯は濃厚コク深い豚骨醤油スープを存分に楽しめる一杯のようです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やポークエキスをはじめ…

  • 植物油脂
  • しょうゆ
  • 香辛料

といった、ふんだんに豚骨の旨みを利かせたことで濃厚な口当たりに仕上がったスープには、醤油ならではのコクとキレがバランス良く表現され、そこにたっぷりと使用された背脂によって、濃厚に仕上がったコクがさらに磨きがかかり、満足度抜群な一杯を想像させる材料が並びます。

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(豚脂、糖類、ポークエキス、植物油脂、しょうゆ、食塩、発酵調味料、香辛料、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく(背脂加工品、チャーシュー、ねぎ)/加工でん粉、酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、かんすい、香辛料抽出物、増粘剤(キサンタン、加工でん粉)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:サッポロ一番 | 製品情報 – サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく、特製調味油といった3つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り存在感抜群な濃厚スープとは対照的にも見えるやや細めな麺が採用されているようで、なめらかな食感と歯切れの良いコシを想像させるノンフライ麺となっています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 背脂加工品
  • チャーシュー
  • ねぎ

が入っています。

チャーシューはやや小さめではありますが、よくある薄っぺらいチャーシューよりも若干厚みを感じさせる仕様のようです!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

今回のカップ麺に使用する調味料などは、まれに見る“麺をほぐしてから入れる”タイプのようで、背脂入り、そして濃厚なタレといった粘度のある調味料となっているようでしたので、調理中にはしっかりとフタの上で温めておきましょう!

そして、麺をほぐして、先ほどの2つの調味料を入れたところがこちら!!

特製調味油の方には、豚骨の旨みが凝縮されている脂などが含まれているようで、一方の液体スープには、醤油とは思えないほど濃厚さに際立ったどろっとしたタレが含まれていて、どちらもずしっとした重量感のある調味料となっているため、入れるとすぐに容器底へと沈んで行きます!

この様子からも、かなりの濃厚さが表現されていることを思わせますね…!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りスープが全体に馴染むと、醤油ならではのコクに加え、たっぷりと使用された大粒の背脂が非常に印象的な仕上がりとなっています!

これは、まさにぶ厚い旨みを思わせる豚骨醤油ラーメンが表現されているようです!

そして、何と言ってもこのスープの表面に浮かぶ油の層!!
少々油臭さを感じるほどに使用されたこの油がまた濃厚さをさらに引き立て、コク深い豚骨醤油スープをインパクトある味わいに表現しているようにも見えますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…まさに濃厚の一言!非常にこってり感の強い豚骨の旨みがしっかりと利いたことで、厚みのあるスープはもちろん、口のまわりがギトギト油まみれになるほどに使用されたスープに浮かぶ油の層が濃厚さをより一層際立たせていますね!

そして、醤油ならではのコクがたっぷりと使用された大粒の背脂によって引き立ち、一口に感じる満足度はかなりのものとなっています!!

ただ、このスープの表面に浮かぶ油が“くどさ”を想像させますが…、意外にも醤油のコクや背脂のコクといったこってりとはまたひと味違った旨みを含んだコクが表現されているため、見た目以上にすっきりとした後味なんかも感じられるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めにも感じられる中太といった麺となっていますが、細めながらもノンフライ麺ならではのしっかりとしたコシや、つるっとしたなめらかな食感が表現されています!

そんな今回の麺には、幾重にも豚骨の旨みが重なったことで、コク深さに際立ったスープがよく絡み、一口ずつに背脂のコク深さがプラスされた豚骨の濃厚な旨み・甘みが口に広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが入っていて、カップ麺ならではのやや小ぶりな仕上がりではありましたが…単品ではなく、濃厚な豚骨醤油スープや麺を絡めて食べてみると、より肉の旨みがプラスされたことで美味しく楽しめるかと思われます!

そしてこれですね!背脂です!!
これは、背脂としてはかなり大きなサイズのものがスープに浮かび、変な脂っこさではなく、豚骨の旨みを引き立てるかのようなコクが加わりますね!

また、コクだけでなく、背脂ならではの甘さなんかも今回の濃厚なスープにもぴったりです!

スープについて

スープは、この見た目通りかなりのこってり感のある仕上がりとなっていて、まずはこのスープに浮かぶ厚みのある層となった多めの油によって、重量感すら感じさせるこってりとしたスープが表現されています!

しかし、今回のスープは豚骨がベースとなっているため、そもそもが凝縮されたかのような豚骨の旨みもまたしっかりと感じられますね!

ただ、豚骨自体には臭みがなく、醤油味と相性良く仕上がってはいるんですが…この油が気になりますね。。多少油臭さというんでしょうか?豚骨以外の風味なんかも確認できます!

また、表面に浮かぶ油のすぐ下には、ご覧の通り醤油ならではのコク深いスープが存在しているため、全体のバランスとしては旨みとコク、そしてこってり感がちょうど良く感じられるのではないでしょうか?

これは…どれほどの再現性なのか?実店舗の方も気になりますね。。

まとめ

今回「サッポロ一番 東京豚骨拉麺ばんから 背脂豚骨醤油味ラーメン」を食べてみて、たっぷりと使用された背脂によって豚骨の旨み・コクが引き立ち、こってり感も強めに感じられたことで、当然パンチの強い口当たりとなって満足度の高い一杯に仕上がっていました!

それにしても今回の商品、カップ麺の中では脂っこさで言うとかなりの上位に位置する仕上がりといっても過言ではない濃厚さが表現されていましたね!まさに濃厚好きにはたまらない一杯ではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です