サンヨー食品

「井出商店」監修カップ麺 “和歌山中華そば 豚骨醤油味” 名店の味を再現したコク深くまろやかな一杯

井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味」を食べてみました。(2023年12月19日発売・サンヨー食品/ファミリーマート限定)

この商品は、昭和28年創業・“和歌山ラーメン”を代表とする老舗有名店“井出商店(いでしょうてん)”の看板メニュー“中華そば”を同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、臭みのないポークとチキンの旨味をベースに濃口醤油や香辛料で味を調え、カップ麺ながらも臨場感の高いコク深くまろやかな豚骨醤油スープに仕立て上げ、そこに食感滑らかな細麺がしっかりと絡む名店の一杯、“井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味”となっております!(値段:税別239円)

井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味 パッケージ

ご覧の通り、パッケージには“昭和28年創業の人気店”と記載されているように、ここ“井出商店”は1953年(昭和28年)の創業以来70年以上も愛され続けている老舗人気ラーメン店であり、そもそも“和歌山ラーメン”というのは…和歌山県の“ご当地ラーメン”で、その中でも特に人気の高い名店ということもあって恐らく間違いない味わいが再現されているものと思われます!(“和歌山ラーメン”は“中華そば”と言ってもコク深くまろやかな豚骨醤油スープとなっています。)

一方こちらには“和歌山中華そば 豚骨醤油味”といった今回の商品名が記載され、その背景にはポークやチキンをベースに濃口醤油や香辛料で味を調えたコク深くまろやかな豚骨醤油スープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…味付豚肉・メンマ・かまぼこ・“ねぎ”が使用されているようです!

というか…スープはやや乳化感のあるコクが加わっているようで、厚みのある豚骨ベースに濃口醤油を使用した醤油ダレを合わせたことによってメリハリのある後味スッキリとしたテイストに仕立て上げているようにも感じられ、カップ麺としては“どんぶり型”の“サッポロ一番 名店の味 井出商店 和歌山濃厚豚骨醤油”が2018年9月25日に発売されており、2022年10月24日には縦型の“和歌山ラーメン 井出商店監修 豚骨醤油中華そば”が発売、今回は改めてファミマルからの登場となっていて、“和歌山ラーメン”を代表とする老舗人気店が監修する一杯ですから、恐らく本格感のある仕上がりに間違いありません!

他にも特徴として…麺はすすり心地の良い丸刃の細麺(フライ麺)が使用されていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、細いながらもほどよい弾力とコシがあり、それによってポークやチキンをベースに濃口醤油や香辛料をバランス良く合わせたコク深くまろやかな“和歌山ラーメン”らしい濃いめの豚骨醤油スープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

スープは乳化感のあるコク深くまろやかな舌触りが印象的で、濃厚ながらも濃口醤油や香辛料で味を調えたことによって脂っこさや“くどさ”といった感じは一切なく、臭みのない上質な豚骨の旨味が相性良く馴染み、むしろキリッとした口当たりが心地良く感じられ、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、そこに丸刃の細麺が絡むことでひと口ずつに感じられる満足度は一際高く、“和歌山ラーメン”ならではのコク深くも最後まで飽きの来ないまろやかな一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年12月19日にサンヨー食品からファミリーマート限定で発売された「井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味

今回ご紹介するカップ麺は、“和歌山ラーメン”を広めた立役者としても知られる昭和28年創業の老舗人気店“井出商店(いでしょうてん)”の看板メニュー“中華そば”の味わいを再現したもので、ポークやチキンの旨味をベースに濃口醤油や香辛料などで味を調えたコク深くまろやかな豚骨醤油スープに仕上げ、そこにすすり心地抜群な丸刃の細麺が絶妙にマッチした最後まで飽きの来ない一杯、“井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味”となっています。
※売っている場所:今回はファミリーマートで購入

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには今回の仕上がりイメージは掲載されていないものの…“昭和28年創業の人気店”、“井出商店”、“和歌山中華そば”といった店舗ロゴや商品名などがシンプルに記載されており、創業当初は醤油味の澄んだスープとのことですが…創業者の“井出 つや子”氏が偶然スープを炊き込みすぎて濁らせてしまったことをきっかけに生まれたというコク深い豚骨醤油スープにはかなり期待できそうです!

ちなみに、ここ“井出商店”の創業はパッケージにも記載されていた通り1953年(昭和28年)、先代である“井出 つや子”氏が屋台から創業したのがはじまり。当初は屋号もなく営業し、1968年(昭和43年)8月には“井出商店”として現在の住所に店舗を構えています。

そして上記の通り当初は“和歌山中華そば”ならではの澄んだ醤油スープだったものの…偶然スープを炊き込みすぎたことがきっかけで現在の“井出系”と呼ばれる“和歌山ラーメン”のルーツとなり、公式サイトにも記載されている通りコク深くまろやかな豚骨醤油スープを完成させ、現在では2代目としてご子息である“井出 紀生”氏がその味を受け継いでいるようです!

試行錯誤を重ね、豚骨のゼラチンがスープと脂をトロリと乳化させ、醤油味がうまくマスキングする『コク深くまろやか、あと味あっさり』の現在の井出商店の味となりました。
引用元:当店について | 和歌山中華そば 井出商店

また、1998年10月1日~1999年5月30日には“新横浜ラーメン博物館”にも出店し、なんと出店中には一度も行列が途切れることなく約8ヶ月の期間を終了するという伝説を残した“和歌山ラーメン”の老舗有名店です!(※“和歌山ラーメン”発祥のラーメン店というわけではありません。)

さらにこちら容器側面には…“井出商店”の実店舗写真や住所、簡単な説明書きが記載されていて、これによると…“昭和28年、屋台から始まった井出商店。長年営業してきた中で偶然できたスープ。これが井出商店の歴史の味です。”と記載されているように、コク深くまろやかでありながらも、濃口醤油や香辛料で味を調えた後味の良い豚骨醤油スープは、シンプルながらも複雑で繊細な旨味が凝縮されているようで、何度食べても来ないテイストが多くのリピーターからの支持を獲得しているものと思われます!

それでは、今回の“井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味”がどれほどポークやチキンをベースに濃口醤油で味を調えたコク深くまろやかな豚骨醤油スープに仕上がっているのか?さり気なく利かせた香辛料によるメリハリとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地抜群な丸刃の細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認してみたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り408kcal(めん・かやく335kcal / スープ73kcal)となっております。(塩分は6.9g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・コク深くまろやかな豚骨醤油スープの割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮してもやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり94g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと73kcalと低すぎず高すぎずといった数値で、じっくりと炊き出した豚骨の旨味は濃厚こってりというよりもコク深くまろやかで濃口醤油や香辛料によって味を調えた最後まで飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やポークエキスをはじめ…

  • しょうゆ
  • チキンエキス
  • チキン調味料
  • ポーク調味料
  • クリーミングパウダー
  • ゼラチン
  • 香辛料

といった、臭みのない豚骨スープに濃口醤油を使用した醤油ダレや香辛料によってメリハリのある口当たりが絶妙にマッチし、特別脂っこさや“くどさ”もなく、もちろん臭みのない上品にも感じられる“和歌山ラーメン”ならではの味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:太平食品工業株式会社 本社工場(群馬県)

JANコード4901734052289
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、粉末卵)、スープ(糖類、食塩、ポークエキス、しょうゆ、チキンエキス、チキン調味料、ポーク調味料、クリーミングパウダー、酵母エキス、ゼラチン、香辛料)、かやく(味付豚肉、メンマ、かまぼこ、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類、アルギン酸ナトリウム)、カラメル色素、加工でん粉、炭酸カルシウム、かんすい、香料、酒精、重曹、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (94g) 当たり]
熱量389kcal
たんぱく質11.3g
脂質14.1g
炭水化物54.3g
食塩相当量6.6g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム160mg

開封してみた

開封してみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…非常にサラッとした醤油ダレのような状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

また、かやくには…

  • 味付豚肉
  • メンマ
  • かまぼこ
  • ねぎ

が入っています。

さらに、麺はすすり心地の良さげな丸刃の細い仕様となっていて麺量は70g、コク深くまろやかな豚骨醤油スープと相性良くマッチしたことでボリューム感も申し分ありません!

調理してみた

熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には細いながらもほどよい弾力やコシが加わり、まだ別添されている“仕上げの小袋”を加える前の状態ではありますが、ポークやチキンをベースに濃口醤油や香辛料で味を調えた後味の良い豚骨醤油スープにすすり心地抜群な細麺が絡む満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…非常にサラッとした醤油ダレのような濃口醤油や旨味エキスを凝縮した液体スープが少量ながらもでてきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体が馴染むと…ご覧の通りスープは乳化感のある豚骨醤油ということもあって透明度も低く、ぱっと見だと濃厚さに際立っているようにも感じられるかもしれませんが、実際にはサラッとした状態で脂っこさは一切なく、濃口醤油らしいキリッとした口当たりがコク深くまろやかなスープとうまく調和したことによって、素材本来の旨味を存分に活かした最後まで飽きの来ないテイストのようです!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出しているようで、シンプルながらも豚骨の旨味をしっかりと活かしたコク深くまろやかなスープがすすり心地の良い丸刃の麺によく絡み、食欲をガツンと満たしてくれる満足度の高い一杯といった印象で、個人的に“どんぶり型”の方がしっかりと作り込まれているような気がするんですが…今回の縦型タイプは思いのほか臨場感の高い仕上がりとなっています!

食べてみた感想

一口食べてみると…じっくりと炊き出したかのような豚骨のコク深くまろやかな旨味が溶け込んでいるものの、濃口醤油や香辛料で調和したことで全体のバランスは非常に良く、濃厚でこってりというよりも最後まで飽きの来ない豚骨醤油スープに仕上がり、まさに素材の旨味を存分に活かした丁寧なテイストで、塩気といい旨味といいちょうど良いメリハリが心地良く、コク深さもあって幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

また、ポークだけでなくチキンの旨味も使用したことで複雑・繊細な味わいを再現し、そもそも味が濃いめなんですが、決して塩気が強いだけではなく素材の旨味をうまく抽出したことで作られるコク深いスープとなっており、このまろやかさとキリッとした口当たりが個人的にはかなり好印象といったところで、ついついスープが止まらなくなりますね!

そしてなんと言ってもスープ自体がサラッとしている点も特徴的で、後味すっきりとしている割にしっかりとした旨味が凝縮され、厚みのあるスープと言うんでしょうか?単純に豚骨のこってりさだけが際立っているわけではなく、そもそも豚骨の旨味が非常に丁寧で…コク深さ・まろやかさを濃口醤油がバランス良く調和し、ほどよい香辛料でアクセントを加えたことによって想像以上にクオリティの高い豚骨醤油スープが再現されているようです!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の細い仕様の油揚げ麺が採用され、前作とは異なり味付けされていませんが、すすり心地抜群な仕上がりとなっていてボリューム感も抜群です!

そんな細麺には、ポークやチキンの旨味をベースに濃口醤油で味を調えたことで“和歌山ラーメン”を代表とする老舗人気店“井出商店”ならではのコク深くまろやかな豚骨醤油スープがよく絡み、臭みのない豚骨の旨味やコク、そしてキリッとしたシャープな口当たりなどが口いっぱいに広がっていき、醤油ならではの芳醇な風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの小さくカットされたチャーシューが入っていて、カップ麺でよく見かける若干チープな仕様ではありますが、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、単品で味わうというよりも、まずはスープと馴染ませながら食べ進め、後ほどすすり心地の良い細麺と一緒に味わってみると、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのメンマは、やや小さめにカットされているものの、厚みがあり使用されている数も申し分なく、コリコリとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…メンマ特有の味付けはもちろん、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

そして、こちらの花形の“かまぼこ”は、もちろん味付け自体ありませんが、今回のコク深くまろやかな豚骨醤油スープに華やかな彩りとしてのアクセントをプラスしているようです!

他にもこちら様々な部位の“ねぎ”が使用されているものの、やや小さくカットされたことによってシャキシャキ感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の豚骨醤油スープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、ポークやチキンの旨味をベースに濃口醤油で味を調えたことで“和歌山ラーメン”を代表とする老舗人気店“井出商店”ならではのコク深くまろやかな味わいを再現、臭みのない豚骨の旨味がコク深さを引き立て、キリッとした醤油ダレが絶妙にマッチしたことで全体のバランスは非常に良く、サラッとした仕上がりにも関わらず物足りなさを感じることもなく、後味すっきりとした味わいがクセになる名店ならではのテイストとなっています!

そのため、決して濃厚・こってりとした印象ではなく、あくまでコク深さ・まろやかさが強調されており、じっくりと丁寧に炊き出したかのような豚骨の旨味によって脂っこさや“くどさ”といった感じもなく、乳化感のあるスープに旨味の強い濃口醤油でメリハリを付け、そもそも濃いめの豚骨醤油ということもあって残ったスープに追い飯したくなりますね!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出していき、容器底に溜まっている粉末スープなどをしっかりと混ぜながらいただくことによってコク深さ・厚みのある旨味が際立ち、物足りなさを感じさせない味わいがボリューム感たっぷりと楽しむことができ、それと同時に食欲をしっかりと満たしてくれるクオリティの高い一杯に間違いありません!

そして、たいてい豚骨醤油スープと言えば…濃厚・こってりとしたテイストなんですが、ここ“井出商店”が提供する“中華そば(豚骨醤油ラーメン)”は豚骨の旨味が丁寧に利いていて、そこに濃口醤油や香辛料で味を調えたことで脂っこさや“くどさ”もなく、コク深くまろやかな味わいを再現しているようで、他にもフライ麺特有の香ばしさが広がっていき、カップ麺ながらも非の打ち所がない仕上がりとなっているようです!

まとめ

今回「井出商店監修 和歌山中華そば 豚骨醤油味」を食べてみて、和歌山県を代表とする老舗人気店“井出商店”の看板メニュー“中華そば”の味わいを再現した一杯には…ポークやチキンをベースに濃口醤油で味を調えたことで、シンプルながらも複雑で繊細な味わいに際立ち、思ったよりサラッとした仕上がりながらも物足りなさといった感じは一切なく、なんと言っても素材本来の旨味をうまく活かしたことによって想像以上にクオリティの高い味わいが印象的で、すすり心地抜群な丸刃の細麺が食欲を満たす臨場感溢れる上品な一杯となっていました!

やはりこの一杯はスープのバランスが秀逸で美味しいですね!豚骨醤油といったシンプルながらも安定感のある美味しさが再現されたスープには…豚骨をじっくりと炊き出したかのような臭みのないコクやまろやかさが引き立てられ、そもそもサラッとしたことで後味の良さも非常に良く、何度でも食べたくなるような味わいに仕上がり、長らく愛され続ける老舗店ならではの味わいが気軽に楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です