チャルメラ

チャルメラ 宮崎辛麺!ポークをベースにガーリックや唐辛子を利かせたパンチのある旨辛な一杯

チャルメラカップ 宮崎辛麺

チャルメラカップ 宮崎辛麺」を食べてみました。(2021年3月29日発売・明星食品)

この商品は、お馴染み“チャルメラ”シリーズの新商品ということで、今回は宮崎県のご当地ラーメン“宮崎辛麺”の味わいをカップ麺に再現したもので、食欲そそるガーリックやローストチリ、さらに唐辛子でパンチのある醤油スープに仕上げ、さらに半分食べたら別添されている“コクうまトマト味の味変パック”を加えることによって深みのあるコク・ほんのりとした酸味が加わり、後味すっきりとした味変が楽しめる一杯が登場です!

それも…ポークをベースにキリッとした醤油味のスープに仕上げ、非常にサラッとしているにも関わらず食欲そそる香味野菜やローストチリ・唐辛子といった香辛料をバランス良く合わせたことでコク深くメリハリの付いたクセになる宮崎のご当地ラーメンの味わいをシリーズらしく再現した1度で2度楽しめる縦型の一杯、“チャルメラカップ 宮崎辛麺”となっております!(税抜き193円)

ご覧の通り今回は縦型のカップ麺となっていて“チャルメラ 宮崎辛麺”といった商品名がシンプルに掲載されており、後ほどご説明しますが…これまで発売されていたレギュラー商品がいくつかリニューアルされ、それと同時に今回の新フレーバー“宮崎辛麺”が登場となっています!(“どんぶり型”の“チャルメラどんぶり 宮崎辛麺”もこれまで同様に発売されています。)

チャルメラ 宮崎辛麺 パッケージ

一方こちらには、“トマト味でコクうま 半分食べたら3秒味変!”と記載され、その背景には…ポークをベースに食欲そそるガーリックやローストチリ・唐辛子などの香味野菜や香辛料を利かせた赤みを帯びた“宮崎辛麺”を彷彿とさせるスープに様々な具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…豚・鶏味付肉、卵、ニラ、赤唐辛子が使用されているようです!

宮崎辛麺と言えば…動物系の旨味がベースとなっているんですが、比較的サラッとした軽やかなスープが特徴的で、挽肉やニラ、ピリッとした辛さを和らげるかのような“かきたま”のような卵が豊富に使用されており、今回の“チャルメラカップ 宮崎辛麺”に関しては…さらに“コクうまトマト味の味変パック”が別添され、半分食べた辺りでこちらを加えることによってコク深くトマトの酸味が相性良く溶け込み、ひと味違った美味しさが楽しめる仕様となっています!

また、こちらには辛さレベルが記載されていて、今回は5段階中「4」ということで…割としっかりとした辛さに期待できそうです!そのため、“辛みが強いので注意してお召しあがりください。”といった辛みの強いカップ麺ではお馴染みの注意書きなんかも掲載されていますね!

他にも特徴として…麺は幅広なフライ麺が採用されており、つるっと滑らかな食感が印象的で、ほどよく“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、それによってポークをベースにガーリックやローストチリ・唐辛子といった食欲を掻き立てる香味野菜や香辛料をバランス良く合わせた宮崎県延岡市発祥と言われているご当地ラーメン“宮崎辛麺”ならではの味わいを再現したピリッと後引く辛さ・旨味がクセになる味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

辛さレベル「4」という数値が疑問に思ってしまうほど食べはじめはピリッとした程度のアクセントとなっているんですが…容器底に香辛料などがたっぷりと溜まっていたため、こちらをしっかりと混ぜながら食べ進めていくと…納得の辛さが心地良く、食欲そそる“にんにく”やローストチリといった風味豊かな香りがポークを利かせた醤油スープと相性良く馴染み、半分食べた辺りで加える“コクうまトマト味の味変パック”を加えることによってコク深くほんのりトマトの酸味がひと味違った美味しさを表現、まさに1度で2度美味しい“宮崎辛麺”らしい後味すっきりとした一杯となっていました!
これは特に、宮崎のご当地ラーメン“宮崎辛麺”が好みの方はもちろん、ポークをベースに相性抜群な香味野菜や各種香辛料を加えた後引く辛さ・旨味がクセになるメリハリの利いた醤油スープをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“チャルメラ”シリーズの縦型仕様から新たに登場した新フレーバー“宮崎辛麺”の味わいを再現した刺激的な辛さに食欲そそるガーリックやローストチリを加えた醤油スープに味変パックが別添されたコク深くトマトの酸味が心地良い最後まで飽きの来ない一杯、「チャルメラカップ 宮崎辛麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チャルメラカップ 宮崎辛麺

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“チャルメラ”シリーズの中でも縦型仕様の新商品ということで、宮崎県延岡市発祥と言われているご当地ラーメン“宮崎辛麺”の味わいをカップ麺に再現、ポークをベースに食欲そそるガーリックや“辛麺”には欠かせない唐辛子やローストチリなどの香辛料をたっぷりと加えたことで後味すっきりとした醤油スープに仕上げ、さらに別添されている“コクうまトマト味の味変パック”を途中から加えることによってほどよいコクとトマトの酸味によってひと味違った美味しさが楽しめる後引く辛さがクセになる一杯、“辛麺”を再現した“チャルメラカップ 宮崎辛麺”となっています。
※袋麺でも大変人気の“宮崎辛麺”が気軽に味わえるというわけですね!

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…“オススメの食べ方ニャ!”と記載されているように…半分食べた辺りから別添されている“コクうまトマト味の味変パック”を加えてコク深いテイストやトマトの酸味を引き立てたひと味違った美味しさが楽しめるとあって、どれほど味変となるのか?非常に気になるところではないでしょうか?

  1. 最初は普通に食べる
  2. 半分食べたら味変パックを入れる

他にも、“カップの底までよくかき混ぜてください。”と記載されているように、今回の一杯には…唐辛子やローストチリといった“宮崎辛麺”には欠かせない刺激的な香辛料がたっぷりと使用されているため、しっかりと容器底から混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!

ちなみに今回は、お馴染み“明星 チャルメラカップ”シリーズの“しょうゆ”・“しお”・“みそ”・“博多バリカタ豚骨”が“半分食べたら「味変パック」で3秒味変!”とのことで2021年3月29日にリニューアル発売され、それと同時に今回の新フレーバー“チャルメラカップ 宮崎辛麺”が登場しています!(それぞれに味変パックが別添されています。)

また、この“明星 チャルメラカップ”シリーズは1986年に発売して以来、30年以上愛され続けている袋麺の美味しさが簡単・手軽に楽しめるタテ型カップ麺シリーズとなっています!

そのため、これまでの“チャルメラ”の縦型シリーズが一新され、今までになかった味変パックが別添された新しい食べ方を提案し、以下の通りそれぞれ異なる味変が楽しめる仕様としてリニューアル発売されているようですね!

  • チャルメラカップ しょうゆ…生姜風味の味変パック
  • チャルメラカップ しお…レモン風味の味変パック
  • チャルメラカップ みそ…バター風味の味変パック
  • チャルメラカップ 博多バリカタ豚骨…焦がしねぎラー油の味変パック

それでは、今回の“チャルメラカップ 宮崎辛麺”がどれほどポークをベースに食欲そそるガーリックを利かせた仕上がりとなっているのか?唐辛子やローストチリによる後引く刺激的な辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっと滑らかな幅の広いフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り292kcal(めん・かやく280kcal / スープ12kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、ポークを利かせているとは言え…レギュラーサイズのお手頃なボリュームということもあってかなり低めな数値のようで、同じく塩分もやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり67g、麺の量は55gとのこと。(これなら夜食にも良いですね!)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと12kcalとやはり“宮崎辛麺”らしく後味すっきりとした軽やかなテイストに仕上がり、唐辛子やローストチリなどの香辛料をたっぷりと加えた後引く辛さがクセになり、別添されている味変パックによる“コクうまトマト味”といった1度で2度美味しい醤油スープをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やポークエキスをはじめ…

  • 香辛料
  • トマトペースト
  • しょうゆ
  • ローストオニオン粉末
  • 醸造酢
  • 豚脂
  • 香味調味料

といった、ポークの旨味をベースに食欲そそるガーリックを利かせ、さらに“宮崎辛麺”らしく唐辛子やローストチリといった香辛料をたっぷりと使用したことで、後引く辛さと旨味がクセになるメリハリの利いた後味の良い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881450904
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(食塩、ポークエキス、香辛料、トマトペースト、デキストリン、糖類、しょうゆ、たん白加水分解物、酵母エキス、ローストオニオン粉末、醸造酢、豚脂、香味調味料)、かやく(豚・鶏味付肉、卵、ニラ、赤唐辛子)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、増粘多糖類、ソルビット、酒精、香料、グリセリン、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (67g) 当たり]
熱量292kcal
めん・かやく: 280kcal
スープ: 12kcal
たんぱく質7.9g
脂質11.2g
炭水化物39.8g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 2.6g
ビタミンB10.20mg
ビタミンB20.19mg
カルシウム82mg

引用元:明星 チャルメラカップ 宮崎辛麺 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに粉末スープなどが入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“コクうまトマト味の味変パック”と記載された調味料が別添されています!
※“半分食べたら入れてください。”と記載されていますが、少しずつ加えて味を確かめてみても良いでしょう。

そして、こちらが今回唯一使用されている味変用の調味料となっていて、この“チャルメラカップ 宮崎辛麺”には“コクうまトマト味”が加わることによって文字通りほんのり酸味のあるコクがプラスされ、ほどよい味変が楽しめるものと思われ、トマトペーストのような若干“とろみ”の付いた状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • 豚・鶏味付肉
  • ニラ
  • 赤唐辛子

が入っています。

使用されている具材は若干少なめにも見えますが…“宮崎辛麺”らしさを引き立てる各種具材が取り揃えられているようです!

さらに、麺はご覧の通りやや厚みもあり幅広なフライ麺が採用されており、まだ湯戻りする以前の状態ではありますが…つるっと滑らかな食感やほどよい“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、麺量55gのちょうど良いボリューム感ながらもしっかりと食欲を満たしてくれる仕様となっています!

調理してみた

では熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:270ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に幅広な麺にはほどよい弾力やコシが加わり、ポークをベースにガーリックを合わせた“宮崎辛麺”ならではの後引く辛さと旨味がクセになる一杯…といった印象の出来上がりです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりポークをベースにしているとは言え非常にサラッとした状態が箸先から伝わっていき、相性抜群なガーリックの風味はそこまで強くはなく、唐辛子やローストチリをたっぷりと加えたことで刺激的な辛さがクセになる“宮崎辛麺”ならではの後味すっきりとした仕上がりとなっています!

また、具材に使用された豚・鶏味付肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、しっかりと容器底から混ぜてスープの美味しさを引き立てながら食べ進めていくと良いでしょう!…というか、パッケージに掲載されていた非常に赤みの強い仕上がりイメージとは若干異なるようですね!そのため、場合によっては唐辛子などをさらに加えるために予め用意しておいても良いかもしれません!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にサラッとしている割にポークの旨味が物足りなさを感じさせないコクのある醤油スープを表現し、相性抜群なガーリックを利かせたことでやみつき感のある味わいを引き立て、なんと言っても“宮崎辛麺”には欠かせない唐辛子やローストチリをたっぷりと加えたことで想像以上にしっかりとした辛みがあり、これはこれでデフォルトのままでも十分美味しいですね!素材の旨味をそれぞれうまく活かし、メリハリのあるテイストは決して脂っこさといった感じもありませんから…1食当たりのボリュームも考慮すると夜食やちょっと小腹が空いた時にもちょうど良いかもしれません!

ちなみに気になる辛さの強さに関してはというと…辛さレベル「4」と強めの辛さをイメージするかもしれませんが、決して激辛というほどの強烈な辛みではなく、万人受けするかのようなメリハリやちょうど良いアクセント程度となっていて、後引く辛さ・旨味が食欲そそる“宮崎辛麺”ならではのクセになる味わいを引き立てているようです!

そして…半分ほど食べ進めたら、先ほどの“コクうまトマト味の味変パック”を加えていきます!するとトマトペーストのような状態となっていて、スープとの馴染みも良さそうな印象でしたので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り量自体はそこまで多くはありませんが、“半分食べたら3秒味変!”といった“チャルメラ”の縦型シリーズの新たな食べ方の提案とのことで、今回のフレーバーにはほどよいコクやトマトの酸味がひと味違った美味しさをプラスしているようです!

そして、“3秒味変”というだけあって非常にスープとの馴染みも良く、すんなりと全体に溶け込んでいき、実際食べてみると…トマトの酸味はそこまで主張していませんね!個人的に“宮崎辛麺”にトマト??と思っていましたが、この程度の利かせ具合ならちょうど良いかもしれません!

また、コクとはどういったものなのか?気になっていたんですが、要はこのトマトペーストによってスープにほんのり厚みが引き立ち、それによってほどよいコクが生まれるようで、半分食べてから加えるというのも納得ですね!(最初から加えてもそこまで味わいに影響しないと思われます。)

麺について

麺は、ご覧の通りやや厚みもあり幅広なフライ麺が採用されており、つるっと滑らかな食感が心地良く、ほどよく“ちぢれ”が付いたことでスープとの絡みも非常に良く、麺量55gですが、思いのほかしっかりと食欲を満たしてくれる仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースに食欲そそるガーリックを利かせ、さらに“宮崎辛麺”には欠かせない唐辛子やローストチリといった香辛料をたっぷりと加えたことで後引く辛さ・旨味がクセになる醤油スープがよく絡み、一口ずつにポークを利かせたコクのある旨味や唐辛子ならではのアクセントなどが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!…やはり“宮崎辛麺”はこういった軽やかなスープに唐辛子や香味野菜をたっぷりと加えたスタミナ感溢れるテイストがたまりませんね!脂っこさといった印象も全くありませんので飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚・鶏味付肉が入っていて、使用されている数に関しては若干少なめではありますが…じっくりと味わってみると、ホロホロと崩れていくほどの食感柔らかな仕上がりとなっていて、それと同時にほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、食べはじめはスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのニラはまさに食欲そそる香味野菜として今回の一杯に良い旨味を引き立て、スープの方にもガーリックが利いていますから合わないはずがなく、部位の異なる仕様によって食感も良く、やはり“宮崎辛麺”はこういったニラや“にんにく”といったポカポカと体温まる材料が合いますね!

さらにこちらの卵は、やや量的に少なく感じられますが…唐辛子の辛みをマイルドに感じさせる彩りの良い具材となっていて、そもそも“宮崎辛麺”にはこういったふわっとした卵を大量に入れるのが主流で、今回の一杯に見た目としてのちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに食欲そそるガーリックが旨味を引き立て、さらに“宮崎辛麺”には欠かせない唐辛子やローストチリといった香辛料をたっぷりと加えることによって後引く辛さ・旨味がクセになる後味すっきりとした醤油スープに仕上がり、食べ進めていくに連れて刺激的な辛さや香味野菜によって汗を誘い・体がポカポカと温まってきます!

そして、“宮崎辛麺”らしい非常にサラッとした仕上がりの割にポークの旨味が物足りなさを感じさせることもなく、半分食べた辺りに別添されている“コクうまトマト味の味変パック”によってひと味違った美味しさが楽しむことができ…この飲みやすさ・やみつき感のある味わいによって、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された豚・鶏味付肉からも良い旨味が滲み出していき、他にも容器底に溜まっていた香辛料なんかもスープにしっかりと馴染むことでパンチのあるテイストがどんどん際立っていき、しっかりと食欲を満たしてくれます!

これは“宮崎辛麺”らしさでもあるんですが…非常にすっきりとしたテイストということもあって濃厚感に関しては若干物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんね!ただ…このジャンルはこういった後味すっきりとしたキレ・後味の良さが醍醐味でもありますから、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

このように、今回の“チャルメラカップ 宮崎辛麺”は、臭みのないポークの旨味をベースに食欲そそるガーリックや唐辛子・ローストチリといった刺激的な辛さをバランス良く合わせたことでパンチのある口当たりを表現し、脂っこさといった感じも全くなく、後味すっきりとした飲み飽きることのないメリハリのある醤油スープに仕上がり、なんと言っても半分食べてから加える“コクうまトマト味の味変パック”のコク深い酸味によって1度で2度味わえる一杯となっていたため、お好みによってはさらに唐辛子などの香辛料を加えて刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「チャルメラカップ 宮崎辛麺」を食べてみて、宮崎県のご当地ラーメン“宮崎辛麺”の味わいを縦型のカップ麺に再現した一杯は、旨味を下支えするポークが食欲そそるガーリックや豊富に使用された唐辛子・ローストチリなどの香辛料と絶妙にマッチし、キリッとした口当たりと刺激的な辛さがクセになる後味すっきりとした醤油スープに仕上がり、さらに別添された味変パックでひと味違った美味しさが楽しめる1度で2度美味しいやみつき感のある一杯となっていました!

また、基本は非常にシンプルなんですが、このすっきりとした醤油スープに利かせた香味野菜や香辛料といった組み合わせが食欲を掻き立て、そして別添された“コクうまトマト味の味変パック”による美味しさが後半に楽しめるとあってシリーズとしても大変好評なフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!