チャルメラ

チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば!ピリッとした辛みと柚子の風味豊かな一杯

チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば

チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば」を食べてみました。(2020年10月12日発売・明星食品)

この商品は、お馴染み“チャルメラ”シリーズの新商品ということで、ご当地の味が楽しめるチャルメラシリーズとして新潟の伝統的な発酵調味料“かんずり”とコラボし、醤油ベースのタレにジンジャーやガーリックなどの香味野菜を利かせ、柚子胡椒ならではの風味豊かな辛みがちょうど良いアクセントとなった一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースに新潟のご当地調味料”かんずり”を使用したことで、ピリッと辛い醤油ダレに仕上がり、さらに柚子胡椒による爽やかな香りや糀を合わせた風味豊かな一杯、“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“かんずり入りソース”と記載されているように、今回の一杯には3年もの歳月をかけてじっくりと熟成・発酵して作られる新潟の伝統的なご当地調味料が使用されており、香味野菜が深みを際立たせ、さらに柚子胡椒を利かせた辛いオイルによるピリッとしたアクセントがクセになるテイストに仕立て上げた“まぜそば”を表現しているようですね!これはなかなか他にはない味で期待できそうな一杯!
※液体ソース中3%配合とのこと。

また、このフレーバーはお馴染み“チャルメラ”シリーズの商品となっているんですが、その中でもご当地調味料にスポットを当てたシリーズのひとつで、第1弾としては2019年1月14日に以下の2商品が発売されており…

  • チャルメラどんぶり 新潟かんずり 旨辛みそラーメン
  • チャルメラどんぶり 大分柚子胡椒 鶏白湯ラーメン

その後、シリーズ第2弾として2019年6月17日に“チャルメラ 青森スタミナ源たれ にんにく醤油まぜそば”と“チャルメラどんぶり 青森スタミナ源たれ にんにく甘旨醤油ラーメン”が発売されています!

そして2019年11月4日には以下の“新潟かんずり 旨辛みそラーメン”のリニューアルと新フレーバーとなる“新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”が同時発売され、今回はこれまで大変好評だったという“まぜそば”2種類がさらに美味しくなってリニューアル発売されたというわけです!

…というか、なんと言ってもこのパッケージに大きく掲載されている“かんずり”の商品そのものがインパクトありますね!ちなみにこの調味料自体の取り扱いは東京や大阪などの百貨店などで販売されているようですが、各種通販サイトや“かんずり”の公式ページからも通販可能なので、気になる方は利用してみてください!(この“かんずり”は、種類問わず様々な料理に合うようで、隠し味といった使い方もあるようですね。)

さらに、パッケージの端には辛さレベルがさり気なく掲載されており、これによると辛さレベル「2」ということで、あくまで唐辛子や柚子胡椒らしいピリッとしたアクセントが利き、柚子の風味香る後味すっきりとした仕上がりをイメージさせます!

一方こちらには、醤油ベースのタレにジンジャーやガーリックなどの香味野菜の旨味、そして“かんずり”を使用した風味豊かな味わいを表現したタレがすすり心地の良い中細麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・鶏肉ダイスが使用されているようです!

他にも特徴として…麺は中細・フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、“かんずり”を使用した柚子胡椒の風味豊かな醤油ベースのタレがしっかりと絡むことによって、後味すっきりとしたテイストに香味野菜、そしてピリッとした辛みを利かせたオイルがクセになる味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークを利かせた醤油ベースのタレに新潟のご当地調味料“かんずり”を使用したことによってピリッとした辛みと風味豊かな柚子の香りが印象的で、辛みも辛さレベル「2」というだけあって非常に控えめなアクセントとなったことで味に締まりが際立ち、最後まで全く飽きの来ない中細麺ながらも食べ応えのある“まぜそば”となっていました!
これは特に、“かんずり”の味わいが好みの方はもちろん、ポークをベースに香味野菜や唐辛子、さらに柚子胡椒などを利かせた香り豊かな“まぜそば”を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は新潟県妙高市の伝統的な発酵調味料“かんずり”を使用した醤油ベースの濃厚なタレに香味野菜や柚子胡椒を利かせた辛いオイルを合わせ、すすり心地の良い“まぜそば”として再現した食べ応えのある一杯、「チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、新潟発祥のご当地調味料“かんずり”とのコラボカップ麺ということで、以前にも発売されていたフレーバーがさらに美味しくなってリニューアルし、ポークを利かせた醤油ベースのタレに生姜や“にんにく”などの香味野菜を利かせた後味の良い味わいに新潟のご当地調味料“かんずり”を使用したことによってピリッとした辛みと柚子の風味豊かな香りがクセになる一杯、“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”となっています。

ご覧の通りパッケージには“かんずり”そのものを彷彿とする赤を基調にまとめられており、新潟で古くから親しまれてきたピリッとした辛みと柚子の風味がどんな料理にもぴったりだという発酵調味料が濃いめのタレにしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも大きく背景に掲載され、なんと言っても“かんずり”の実際の商品画像が一際目を惹くデザインが印象的ですので、気になっている方も多いのではないでしょうか?

チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば パッケージ

ちなみにこの“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”は2019年11月に初登場した時に大変好評だったようで、今回は2019年6月17日に発売された“チャルメラ 青森スタミナ源たれ にんにく醤油まぜそば”とともに装い新たに再発売に至ったわけです!

また、こちらには“かんずり”についての簡単な説明が記載されていて、これによると…“新潟県妙高市の伝統的な調味料。まろやかな辛みと糀の旨味、柚子の香りが特長です。”とのことで、妙高市産の唐辛子を雪にさらし、糀や柚子、塩などを混ぜて3年間もじっくりと熟成発酵させたたことで、どんな料理にもぴったりな万能調味料として親しまれているようです!
※この“かんずり”は、1960年創業の“有限会社かんずり”から発売されております。

一方こちらにも“かんずり”のロゴが掲載されており、特に“毘沙門(びしゃもん)”の「毘」が印象的なんですが、気になったメーカーに問い合わせたところ…なにやらその昔、上杉謙信が寒さを凌ぐために持ち歩いていたとのことで、その証としてイメージ付けているとのこと。このように元を辿るとかなり歴史のある発酵調味料であることがわかりますね!

それでは、今回の“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”がどれほど生姜や“にんにく”などの香味野菜を利かせた旨味溢れる仕上がりとなっているのか?新潟のご当地調味料“かんずり”によるピリッとした辛さや爽やかな風味を加えた後味の良さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても中細・フライ仕様のすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り500kcalとなっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺の割にそこまで高い数値ではないようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり109g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、豚脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香辛料(かんずりペースト(かんずり(唐辛子、麹、柚子、食塩)、糖類、食塩、キムチ粉末)、唐辛子、ペッパー、ジンジャー、ガーリック)
  • 食塩
  • 豚・鶏エキス
  • 香味調味料

といった、ポークの旨味を利かせた醤油ベースのタレに新潟で親しまれているご当地調味料“かんずり”に含まれる実に様々な香辛料などがピリッとしたアクセントを加え、さらに柚子ならではの風味豊かな香りが印象的な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩やソースといった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されていることが確認できます。

JANコード4902881438360
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、ソース)、ソース(豚脂、香辛料(かんずりペースト(かんずり(唐辛子、麹、柚子、食塩)、糖類、食塩、キムチ粉末)、唐辛子、ペッパー、ジンジャー、ガーリック)、しょうゆ、糖類、食塩、豚・鶏エキス、たん白加水分解物、香味調味料)、かやく(味付鶏肉、キャベツ)/加工デンプン、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、かんすい、酒精、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、酸味料、乳化剤、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (109g) 当たり]
熱量500kcal
たんぱく質10.0g
脂質23.3g
炭水化物62.5g
食塩相当量4.4g
ビタミンB10.29mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム142mg

引用元:明星 チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かんずり入り液体ソース”と記載された調味料がひとつ入っています。(カップ麺に使用されている調味料のパックがフルカラーというのもまた大変珍しいですね!新潟のご当地調味料“かんずり”を使用していることを大きくアピールしているようにも感じられます。)

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…予想通りかなりサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。(ただし量はやや多め。)

また、麺はご覧の通り中細・フライ仕様となっていて、特段気になる特徴などはないものの…歯切れ・すすり心地も良く、すすった際に感じられるピリッとした辛みや柚子胡椒の爽やかな風味なんかも楽しめそうです!

そしてその麺の裏側には、かやくとして…

  • 鶏肉ダイス
  • キャベツ

が入っています。

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:550ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺がふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力が加わったことで、思ったよりもしっかりとした食べ応えなんかもありそうなボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“かんずり入り液体ソース”を加えていきます!
すると…新潟発祥のご当地調味料“かんずり”に含まれる唐辛子のピリッとした辛みを思わせる赤みを帯びた状態で、柚子胡椒ならではの爽やかな風味が一気広がっていきます!

そしてご覧の通り使用されている液体ソースは量も多く、割とさらっとした状態でしたので、すぐに容器底へと沈んでいき、どんな料理にも合うという“かんずり”特有の旨辛な味わいをはじめ様々な旨味成分を含むソースからは、最後まで飽きの来ない柚子の風味が何とも後味の良さを表現しているように感じられます!“かんずり”という調味料には馴染みがありませんが…食欲を掻き立てられます。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ほどよい豚脂による脂・油分なんかも含まれているせいか、すんなりと麺にも“かんずり”を使用した旨辛なソースが絡んでいきます!

こうして液体ソースが全体に馴染むと…色味は先ほどのソースから想像していたほど濃くはありませんが、唐辛子のピリッとした辛みを利かせた醤油ダレに含まれる香味野菜や風味豊かな柚子胡椒による後味すっきりとした一杯に仕上がっているようで、刺身や隠し味など…実に様々な料理にも合うという“かんずり”を使用したことで風味からすでに食欲そそります。。

また、具材に使用されている味付鶏肉なんかも肉の旨味を引き立て、そもそも今回の“まぜそば”に使用されている濃厚なタレにもジンジャーやガーリックなどの香味野菜など…十分すぎるほどの旨味が凝縮されているんですが、そういった旨味をさらに際立たせるかのような肉の具材が満足度をより一層高め、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味がほどよい濃厚感を演出しているものの…新潟のご当地調味料である“かんずり”を加えたことによってピリッとした唐辛子の辛みがちょうど良いメリハリとなり、さらに柚子胡椒による風味豊かな柚子の香りが華やかに香り立ちます!これは個人的にもはじめての味わいで新鮮ですね!どんな料理にも合うというだけあってポークを利かせた“まぜそば”にもぴったりです!

そして、“まぜそば”と言うと濃厚こってりといったイメージがあるんですが…今回の“新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”は、そこまで濃厚なテイストというわけではなく、物足りなさを一切感じさせないポークの旨味を利かせた醤油ベースのソースに食欲そそる“かんずり”を加えたことでパッケージにも記載されていた通り辛さレベル「2」ならではの…あくまでピリッとしたアクセント程度の辛みが最後まで全く飽きさせません!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めの中細・フライ麺となっていて、すすり心地も非常に良く、ほどよい弾力と歯切れの良い食感に仕上がっています!

そんな麺には、醤油ベースに香味野菜の旨味や新潟のご当地調味料“かんずり”を使用したことで食欲そそる辛み・爽やかな風味がバランス良く合わさったタレがよく絡み、一口ずつにポークやジンジャーやガーリックなどの旨味や唐辛子のピリッとした辛みなどが口いっぱいに広がっていき、柚子胡椒ならではの風味豊かな柚子の香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏肉が入っていて、使用されている数は若干少なめではありますが…じっくりと味わってみると、ふっくらと柔らかな仕上がりとなっていて、鶏肉ならではの淡白な旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、柚子の爽やかな風味が香り立つ旨味溢れるタレをしっかりと馴染ませた麺と絡めていただくと、より一層旨味が増して楽しめるものと思われます!

また、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの、ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて彩りも非常に良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

そして、これら具材を麺と一緒に絡めて食べてみると…ポークの旨味が利いた濃厚なタレに肉の旨味や食感の良さが際立ってき、より一層旨味が増した味わいとして楽しめるかと思われます!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通り、醤油をベースにガーリックやジンジャーなど香味野菜やポークの旨味が凝縮され、さらに新潟の伝統的な発酵調味料“かんずり”を加えたことによってピリ辛で柚子の爽やかな風味が香り立つ仕上がりとなっていて、ほどよい濃厚感と後味すっきりとした爽やかな風味が相性良くマッチし、最後まで全く飽きの来ないテイストとなっています!

そしてなんと言ってもこの“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”は、どんな料理にも合うというだけあって、ポークや香味野菜の旨味とも相性良く馴染み、素材本来の美味しさを存分に活かしたことによって決して単調ではなく、タレ全体のバランスが非常に良く感じられるのでしょう!

このように、今回の“チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば”は、ポークの旨味をベースに後味すっきりとした醤油ダレに仕上げ、そこにガーリックやジンジャーなど香味野菜の旨味が深みを引き立て、さらに新潟のご当地調味料“かんずり”に含まれる唐辛子によるピリッとした辛みや柚子胡椒の爽やかな柚子の風味がほんのり香り立つ飽きの来ない“まぜそば”となり、辛みレベル「2」というだけあってピリッとした程度のアクセントとなっていたため、お好みによっては唐辛子をちょい足しして辛さを増してみても良いでしょう!

まとめ

今回「チャルメラ 新潟かんずり ゆず香る旨辛まぜそば」を食べてみて、ポークの旨味をベースに相性抜群な香味野菜を利かせたコクのある醤油ダレには、新潟のご当地調味料“かんずり”を使用したことによって唐辛子のピリッとした辛みや柚子胡椒の風味豊かな香りが最後まで飽きさせることもなくすすり心地抜群な中細麺に絡み、思ったよりもしっかりとした食べ応えを表現した“まぜそば”となっていました!

やはりどんな料理にもぴったりな“かんずり”をポークをベースにした醤油ダレに加えた“まぜそば”は間違いありませんね!旨味・辛み・風味が絶妙なバランスで仕上がり、ついつい箸が止まらなくなるような旨辛な一杯はかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!