カップ麺

「中華そば嘉一(かいち)」監修カップ麺 “極鶏だし中華そば” 老鶏を使用した旨味の強い拘りの一杯

中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば」を食べてみました。(2021年5月25日発売/2022年5月31日リニューアル発売・サンヨー食品/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、宮城県仙台市の人気行列ラーメン店“中華そば嘉一(かいち)”の鶏だけで“中華そば”を作るという…看板メニュー“中華そば 醤油味”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、鶏の旨味をしっかりと利かせた醤油スープといったシンプルながらもコク深く飽きの来ない風味豊かな一杯が登場です!

それも…若鶏よりも旨味の強い老鶏を使用したという拘りの醤油スープは、もはや“中華そば”の垣根を越えた透明度の高い淡麗系の極上鶏スープに仕上がり、あっさりとしていながらもコク深く上品な鶏の旨味が凝縮され、実店舗の方も“食べログ ラーメン EAST 百名店”に2017年から毎年選出される人気・実力を兼ね備えた宮城県・仙台を代表する人気ラーメン店であり、仕入れた鶏の状態に合わせた出汁の取り方・調理法を追求し続けた店主“及川 嘉則”氏監修によって最後まで飽きの来ない味わいをカップ麺に再現した一杯、“中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば”となっております。(税抜き228円)

ご覧の通りパッケージには宮城県・仙台の中でも特に人気の高い“嘉一(かいち)”といった店舗名が大きく掲載されており、鶏への拘りがとにかく強く、未だに追求し続けているという職人気質の高い店主が切り盛りする行列店とのことで、カップ麺ながらもその仕上がりには非常に期待したいところではないでしょうか?
※店舗名は日本の料理人“辻 嘉一”氏が由来とのこと。

中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば パッケージ

一方こちらには、まさに透明度の高い淡麗系とも言える醤油スープに手の込んだ下処理が施された鶏の旨味をしっかりと溶け込ませ、あっさりとしていながらも物足りなさといった印象は一切なく、むしろコク深くまろやかな旨味がじんわりと広がっていく…そんな飽きの来ない美しいスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付鶏肉・メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!特に味付鶏肉は割と小ぶりながらもジューシーな旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんな相性の良い具材が好印象といったところ!!

また、こちらには厚みもあり幅広な麺リフト写真が掲載されており、実店舗では手揉みしているという“ちぢれ”を軽く付けたことによってスープとの絡みも非常に良く、麺量70gの食べ応え抜群な仕様となっているようですね!これは鶏の旨味に拘り抜いた仙台屈指の名店“嘉一”監修による鶏出汁スープとともにボリューム感たっぷりと楽しめる縦型ビッグサイズのカップ麺ということで食欲もしっかりと満たしてくれそうです!

そして、ここ“中華そば嘉一”の看板メニューは“中華そば 醤油味”と“塩中華そば”といった非常にシンプルな2枚看板で、他にも“三陸わかめラーメン(醤油・塩)”があり、これらを元にセットメニューやサイドメニューが提供されており、“鶏飯”や“あさりご飯”なんかも楽しめるようで、今回“中華そば 醤油”をカップ麺に再現したという…内臓以外のほとんどを使用する鶏だけで作った“中華そば”ならではの“極鶏だし”といったイメージに相応しい味わいに仕上がっていると思われ、シンプルながらも最後まで飽きの来ない安定感のある一杯に期待できそうです!

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広な太麺(フライ麺)が採用されており、実店舗で手揉みしている“ちぢれ”をうまく表現したことでスープとの絡みも非常に良く、鶏の旨味を存分に感じられるコク深くまろやかで風味豊かな脂までもが旨味として醤油スープにバランス良く溶け込み、芳醇な香りが食欲そそる何度食べても飽きの来ない味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

鶏の旨味がしっかりと利いた透明度の高い淡麗スープは、仙台屈指の名店と呼ばれるだけあって…もはや醤油スープの概念すら覆す“純鶏スープ”といった品のある味わいに仕上がり、シンプルながらも物足りなさを感じさせないコク深さや芳醇な風味がバランス良くマッチし、キリッとしたシャープな飲み口とともに深みのある染み渡る味わいがたまらなく…もっちりとした弾力のある平打ち仕様の太麺が食欲をしっかりと満たす満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“中華そば嘉一”ファンはもちろん、鶏だけで作るというコク深く風味豊かな清湯スープに仕上がった“中華そば”ならではのシンプルながらも唸るほどの旨味をバランス良く合わせた極上の美味しさを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は宮城県仙台市青葉区国分町の人気行列ラーメン店“中華そば嘉一”の鶏だけで作られるという…看板メニュー“中華そば 醤油味”の奥深い味わいを同店監修によってカップ麺に再現した淡麗スープが鶏脂によって美しく光り輝く風味豊かな一杯、「中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は鶏の旨味をアップしたことで、さらにお店の味に近付けて2022年5月31日にリニューアル発売されています!

中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

今回ご紹介するカップ麺は、宮城県・仙台を代表するとも言っても過言ではない人気行列ラーメン店“中華そば嘉一”の味わいをカップ麺に再現したもので、鶏の旨味をしっかりと利かせたコク深く風味豊かな清湯スープに仕上げ、透明度の高い品のある芳醇な香りが食べ応えのある太麺とともにしっかりと食欲を満たしてくれる一杯、“中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば”となっています。
※売っている場所:今回はファミリーマートで購入

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面同様に“中華嘉一”、“極鶏だし中華そば”といった店舗名や商品名などが掲載されており、内臓以外のほぼ全ての部位を使用するという…老鶏ならではの強い旨味やコク深い“中華そば”が大変人気を博し、そんな淡麗系のシンプルなテイストながらも深みのある純鶏スープが臨場感高く再現されているようです!

そして、こちらには“中華そば嘉一(かいち)”の実店舗写真や営業時間などが記載されており、創業から10年を過ぎてもなお行列の絶えない人気店なんですが、営業時間は11:00〜15:00と昼の部のみの営業となっており、もちろんスープもなくなり次第終了とのことで1日に食べられる数にはかなり限りがありそうです!そんな名店の味わいがカップ麺で気軽に味わえるとあってどれほどの再現性かは定かではありませんが…鶏の旨味に拘った一杯にはかなり期待したいところ!!

ちなみにここ“中華そば嘉一”の創業は2009年10月、店主“及川 嘉則”氏が岩手県久慈市の名店“らーめんの千草”や山形県南陽市の名店“赤湯ラーメン 龍上海”での修行経験の後、2009年10月にオープンさせたのがはじまり、その後しばらくは“龍上海”で麺を作ってもらっていたようですが、2018年6月からは自家製麺を導入しているようです!

また、上記の通り店主の“及川 嘉則”氏は鶏の旨味に強い拘りを持ち、創業当時から純鶏100%で作る“中華そば”からブレることなく、仕入れた鶏の状態などを考慮した上で試作を繰り返し出汁の取り方を変えているという…手作りならではの若干の味の違いは生じるものの、それもまた醍醐味のひとつとして楽しめる仙台を代表とする名店となっています!

それでは、今回の“中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば”がどれほど素材の旨味を凝縮させた透明度の高い淡麗スープに仕上がっているのか?丁寧に抽出した鶏の旨味によるコクや深みのある味わい、そして醤油ダレの“かえし”と合わせた芳醇な風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広で手揉みしたかのような“ちぢれ”を付けた太麺によるコシの強い食感に仕上がった麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り435kcal(めん・かやく347kcal / スープ88kcal)となっております。(塩分は5.0g)

カロリーは、素材の旨味を活かした一杯ということで、鶏出汁をしっかりと利かせてはいるものの…縦型ビッグサイズの割に若干低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは88kcalと決して低い数値というわけではなく、鶏の旨味を余すことなく凝縮したことによるコク深く後味すっきりとした一杯が行列をなす名店に相応しい素材の旨味を活かした味わいを再現、そして透明度の高い淡麗スープに溶け込ませた鶏の旨味・風味が広がる純鶏100%の上品な仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、チキンエキスや植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • 鶏脂
  • しょうゆ
  • ゼラチン
  • 発酵調味料

といった、鶏の旨味を丁寧に利かせた醤油ベースの“中華そば”の垣根を越えた新たなジャンル“純鶏スープ”とも言える淡麗系・清湯スープには、臭みのないコク深い旨味がしっかりと溶け込み、鶏の脂がちょうど良い厚みや品のある風味を引き立て、シンプルながらも飽きの来ない上質な味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4901734042853
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、植物性たん白、食塩、砂糖、粉末卵)、スープ(チキンエキス、糖類、植物油脂、食塩、鶏脂、しょうゆ、ゼラチン、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付鶏肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、香料、かんすい、クチナシ色素、像粘剤(キサンタン)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量435kcal
たんぱく質10.9g
脂質19.4g
炭水化物54.2g
食塩相当量5.0g
めん・かやく: 1.6g
スープ: 3.4g
ビタミンB10.34mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム217mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…鶏の旨味・風味を引き立てる脂のようなサラッとした油分となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、かやくには…

  • 味付鶏肉
  • メンマ
  • ねぎ

が入っています。

この辺りに関しては変にチープなチャーシューが使用されるよりも鶏の旨味が滲み出す角形にカットされた鶏肉が採用されている辺りが好印象といったところ!

さらに、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な太麺仕様で、湯戻りする前からすでにもっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシを兼ね備え、実店舗での手揉みした自家製麺を再現しているかのように…ほどよい“ちぢれ”が付き、スープとの絡みも非常に良さそうなボリューム感のある食感が楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

スープの仕上がりが見えないほどしっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシが加わり、良い意味でガシガシと食べ進める食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…オイルと記載されていた通り無色透明な油分となっていて、特徴のある風味などは特にありませんが、恐らく鶏の旨味・脂を凝縮させたものと思われ、今回の一杯にちょうど良い油分や深みを引き立て、臨場感の高いテイストへと仕上げているようにも感じられます!

そのため、この調味料を加えても見た目としての変化は一切なく、スープ表面に鶏のオイリーな脂が広がっていき、これをしっかりと混ぜていくことによって恐らく鶏の旨味ならではの芳醇な香りが表現されることに間違いありません!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりスープ表面には上質な鶏の旨味・脂と思われる油分が浮き、透明感の非常に高い淡麗スープとも言える醤油ベースの清湯スープにはあっさりとしていながらもコク深く素材の旨味を最大限に活かした満足度の高い味わいが再現されたキラキラと光り輝く美しい仕上がりとなっています!

また、具材に使用された味付鶏肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、見た目からも醤油ベースの“中華そば”とは思えないほどの透明感で、もはや“純鶏スープ”といった新たなジャンルとも言えるキレの良さとコク深さ、そして芳醇な鶏の香り高い風味がほんのり漂い、一気に食欲を掻き立てていきます!!…これはちょっと想像以上の仕上がりで、かなり期待できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…旨味の強い老鶏に拘り、鶏だけで作る“中華そば”が大変人気を博す名店らしく鶏の旨味が非常に丁寧かつコク深く淡麗スープに溶け込み、キリッとした口当たりとともに鶏の脂がちょうど良いまろやかさを引き立て、個人的にいつも鶏の旨味を売りとするラーメン店の味わいはカップ麺に再現することが難しいと言っているんですが…ここ“中華そば嘉一”監修の一杯にはしっかりと鶏の旨味・コクが感じられます!

というのも…ここ“中華そば嘉一”は鶏だけを使用した“中華そば”を提供しているだけあって、鶏の旨味を引き立てる材料のみでシンプルに素材の旨味を最大限に活かしており、それによって鶏本来の美味しさが全面に押し出されているようです!この辺りは他の商品だとどうしても鶏100%ではありませんので鶏の旨味そのものが薄れているのかもしれませんね!一方今回の一杯に関しては鶏の旨味だけで“中華そば”を丁寧に仕上げていますから、しっかりと満足度も満たされることでしょう!

これはちょっと想像以上でしたね!仕上がりは非常に透明度の高い淡麗スープで鶏の旨味はもちろん、醤油感に関しても若干不安ではありましたが、実際食べてみると鶏の脂に対してしっかりとメリハリのある口当たりがバランス良く感じられ、奥行きのある鶏の旨味がたっぷりと楽しめることに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太麺で、手揉みしたかのような“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたすすり心地抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には、鶏の旨味をしっかりと利かせたコク深くまろやかで鶏脂とキレの良さが絶妙にマッチした醤油スープがよく絡み、一口ずつに名店ならではの上品な深みのある旨味が口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える鶏の風味が後味良く抜けていきます!…これはカップ麺ながらも鶏を感じる純鶏スープという名に相応しく、あっさりとしていながらも旨味が凝縮されているため、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏肉が入っていて、やや小さくカットされてはいたものの、じっくりと味わってみると…思いのほかしっかりとした味付けや鶏肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりとなっていたため、食べはじめはスープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層鶏の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマはコリコリとしたちょうど良い食感に仕上がり、使用されている数・サイズ感ともに全く申し分なく、名店が監修するフレーバーに合わせたかのような…スープの美味しさを損なわない味付けや素材本来の旨味がしっかりと感じられ、今回の一杯にほどよいアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされていたため、シャキシャキとまではいきませんが、ちょうど良い薬味となったことで鶏の旨味をさらに引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り老鶏を使用した鶏だけで作るという“中華そば”の味わいを再現したというだけあって、コク深くまろやかな旨味が透明度の高い美しい淡麗スープにしっかりと溶け込み、キリッとしたシャープな飲み口と絶妙にマッチしたことで鶏脂とのバランスも非常に良く、まさに鶏の旨味を最大限に引き立てるかのような上のある仕上がり具合となっています!

そして、大抵はここに様々な旨味が使用されたことで鶏自体の存在感が薄れてしまいがちなんですが…今回の“極鶏だし中華そば”に関してはまさに鶏のみで作られた一杯ということもあって鶏の旨味・コク・風味どれをとっても申し分のない仕上がりが印象的といったところ!

しかも醤油感も非常に丁寧で、“かえし”となる醤油ダレは鶏脂とのバランスが絶妙なため、そこまで塩気は強くなく、メリハリの利いたテイストや芳醇な鶏の風味が淡麗スープにバランス良く溶け込んでいるようです!これは仙台の名店というのも納得ですね!再現性は定かではありませんが…実店舗の方も味わってみたいものです。。

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された味付鶏肉からも良い旨味が滲み出していき、透明度の高い清湯スープといった見た目とは裏腹にコク深く喉越しの良いスープがさらに美味しさを増し、単純にあっさりとしているわけでもありませんから…ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

そのため、個人的には鶏の旨味を売りにした名店の味わいを再現したカップ麺の中ではトップクラスの部類に入る仕上がりと言えるでしょう!(他にも“塩中華そば”といった人気メニューも提供されているようでしたので、今後の商品展開にも期待したいですね。)

このように、今回の“中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば”は、旨味の強い老鶏だけで作るという“中華そば”が看板メニューなだけあって、素材本来の旨味に拘ったコク深い仕上がりが印象的で、淡麗系のあっさりとした中にも深みがあり、醤油ダレすら鶏の旨味を引き立てているかのように感じられるほど鶏の旨味を全面に押し出し、シンプルながらも最後まで飽きの来ない…幾度となく食べたくなる一杯となっていましたので、お好みによっては醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!(デフォルトでも十分美味しいです。)

まとめ

今回「中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば」を食べてみて、宮城県・仙台の人気行列ラーメン店“中華そば嘉一”の看板メニューの味わいをカップ麺に再現した一杯は、鶏だけで作る“中華そば”が大変人気というだけあって、鶏の旨味が丁寧かつ全面に押し出し、透明度の高い淡麗スープに臭みのない鶏の旨味がたっぷりと凝縮されたシンプルながらも素材の旨味を存分に活かした品のある味わいが印象的で、スープ表面に浮かぶ鶏脂が芳醇な香りを引き立てる名店に相応しい一杯となっていました!

当初そこまで期待していなかったんですが…内臓以外のほとんどの部位を使用するほど鶏に対する拘りが強い名店ということもあって、カップ麺とは思えないほどの鶏のコク深い旨味・風味が再現され、見た目以上に旨味が強く、スープ表面に浮かぶ鶏脂が輝く見た目も美しい純鶏スープが最後までたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!