どん兵衛 どリッチ 全部のせそば 食べてみました!
カップ麺

中華三昧 酸辣湯麺 食べてみました!爽やかな酸味と強い辛みによる本格中華が手軽に楽しめる美味い一杯!

中華三昧 酸辣湯麺 食べてみました!爽やかな酸味と強い辛みによる本格中華が手軽に楽しめる美味い一杯!

2018年10月1日に明星食品から発売された「中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」を食べてみました。

この商品は、クオリティの高い一杯でお馴染み“中華三昧”シリーズの新商品ということで、今回は老舗中国料理店である東京・赤坂「榮林(えいりん)」の看板メニューをコラボによって再現した一杯“中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺”となっております!

特徴としては、こちらに“爽やかな酸味と辛み”と記載されているように酸辣湯麺(スーラータンメン)ならではの強い酸味と辛みが“中華三昧”らしい本格的な味わいとなって表現されているようですね!

また、こちらには“ふわふわかきたま三昧”と記載されているように、すっきりとした酸味とは対照的とも言えるふっくらとした“かきたま”がたっぷりと使用されているようです!

そして、実際に食べてみると…名店“榮林”の味わいを再現しているとのことで、強い酸味と辛みが本格的な仕上がりを感じさせ、ほんのりととろみが付いたことで、とろりとした“かきたま”との相性抜群な舌ざわりがたまらない…非常に美味しい一杯となっていました!

では、今回はこの「中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」についてレビューしてみたいと思います。

中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺について

今回ご紹介するカップ麺は、手軽に本格中華が楽しめるお馴染み“中華三昧”シリーズの新商品ということで、赤坂「榮林」の看板メニューを再現した、酸味と辛みが本格中華の味わいとなって美味しく仕上がった“中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺”となっています。

ちなみに、この商品は以前からも発売されていたようですが、今回改めて“ビッグ”となって登場したようですね!

そして、ご覧のようにパッケージには、今回の再現の元となった東京・赤坂“榮林”についての簡単な説明が記載されています!

こちらによると…“榮林”の麺好きな料理長が“まかない”として創作していた料理が“酸辣湯麺”としてメニュー化し、それが今回カップ麺として再現されたようです!

そして、今では赤坂の名物にもなっているとのことで、その仕上がりには期待したいところ!

カロリー・原材料について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り354kcalとなっております。(塩分は7.5g)

カロリーはやや低めにも感じられる数値のようですが、塩分はかなり高めとなっていますね。。ちなみに1食93g、麺の量は65gとのこと。

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香味調味料をはじめ…

  • とろみでん粉
  • 醸造酢
  • 豚脂
  • 香辛料
  • 貝エキス
  • 黒酢

といった、酸味に際立った酸辣湯麺ならではの爽やかかつ強い酸っぱさに加え、しっかりとした旨み、そして中国料理らしい風味と辛みが表現されたとろーりとした仕上がりを想像させる材料が並びます。

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“液体スープ”と記載された調味料が別添されていました。

そして、具材には…

  • チンゲン菜
  • 味付しいたけ

が入っています。

また、麺はかなり細めではありますが、細いながらもしっかりとしたコシを想像させるノンフライ麺が採用されているようですね!

これは、細麺にとろみが付いたスープがよく絡みそうです!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ4分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

この液体スープは、ラー油を思わせる赤みを帯びた油となっていて、スープに一気に広がることで、強い酸味と辛みが本格的とも言える仕上がりを思わせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
スープ底に溜まっている粉末スープをしっかりとかき混ぜることで、ほんのりととろみが付き、すっきりとしたキレのあるスープには味わい深い口当たりを感じさせます!

そして、風味は椎茸などの旨みでしょうか?酸味と辛みにぴったりな雰囲気ある香りが何とも食欲そそられます…!!
また、このラー油による赤みを帯びた仕上がりも良いですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…お!けっこう酸味は強めですね!さらに辛みも負けじと利いています!

そして、ほんのりととろみが付いたスープには、しっかりと旨みが感じられ、このとろみによって、非常にコク深くも本格的な味わいとなって美味しく仕上がっています!

麺について

麺は、ご覧の通り細麺仕様ではありますが、細いながらもしっかりとしたコシを感じさせるノンフライ麺となっています!

そのおかげで、全く物足りなさを感じさせない弾力があり、細麺ならではのすすり心地もまた良いですね!

そんな細麺には、ほんのりととろみが付いた強い酸味と辛みが利いたスープがよく絡み、さらにとろりとした“かきたま”も絡んでくることで、旨みが増した味わいとなって美味しく口に広がり、椎茸などの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチンゲン菜が入っていて、見るからにサイズは大きく、シャキシャキとした食感が非常に良く再現された具材として、良いアクセントとともに素材本来の味わいも美味しく表現されています!

また、こちらの“かきたま”はふっくらと仕上がり、量も多く、とろみの付いた酸味豊かなスープにもよく絡むことで、マイルドさが加わり、酸味と辛みもまた引き立って感じられますね!

さらに、味付け椎茸も入っていて、こちらは今回の酸味と辛みを利かせた一杯に良い旨味と風味をプラスした具材として、本格中華を美味しく引き立てています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、爽やかにも感じられる強い酸味としっかりとした辛みが利いたキレのある仕上がりとなっていて、すっきりとした口当たりの後には、味わい深い旨みもぎゅっと凝縮されたことで非常に満足度の高い味わいが表現されています!

また、この酸味豊かなすっきりとしたスープには、ほんのりととろみが付き、“かきたま”とともに麺にとろりと絡むことで、旨みが増して感じられますね!まさに“中華三昧”のクオリティ高い仕上がりといったところ!

まとめ

今回「中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」を食べてみて、赤坂“榮林”の看板メニューを再現した仕上がりは、爽やかな酸味と強い辛みがコク深いとろみの付いたスープに絶妙なバランスとなって表現され、想像以上に本格的な味わいが楽しめる一杯となっていました!

そして、具材ひとつとっても手の込んだ仕上がりを思わせ、食感や風味などが酸味の利いたスープとも相性抜群な仕上がりでしたので、クオリティの高い酸辣湯麺が手軽に味わえる貴重な一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です