中華三昧

中華三昧 トマト酸辣湯麺 食べてみました!トマトをトッピングした季節限定メニュー

中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺

中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺」を食べてみました。(2020年3月16日発売・エースコック)

この商品は、クオリティの高い一杯でお馴染み“中華三昧”シリーズの新商品ということで、今回は老舗中国料理店である東京・赤坂「榮林(えいりん)」の名物メニュー“酸辣湯麺(スーラータンメン)”に相性の良いトマトを加えた一品が期間限定で登場です!(実店舗ではトッピングとして取り扱いされているようです。)

それも…醤油ベースの後味すっきりとしたスープに、鶏の旨味やアサリ・ホタテなど魚介出汁を加え、さらに酸辣湯麺らしいしっかりとした酸味・辛みを合わせ、ごま油の風味が香り立つことで臨場感溢れる味わいに仕上げた一杯、“中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺”となっております。(税抜き223円)

中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺 パッケージ

ご覧の通り、パッケージには鶏や魚介の旨味をしっかりと利かせた醤油ベースの後味すっきりとしたスープに酸味や辛みを加え、香酢やごま油が風味良く漂う逸品といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…かきたま・チンゲン菜・トマト加工品が使用されているようです!

一方こちらには“季節限定 季節のおいしさ”と記載されているように、通年取り扱いされているトマトですが、中でも特に春夏シーズンに旬を迎えるこの食材を季節限定メニューとして取り入れ、実店舗でもトッピングとして提供されているトマトを酸辣湯麺に加えた味わいを再現しているようですね!

これは酸辣湯麺の酸味とトマトの旨味・酸味との組み合わせがどのような味わいに仕上がっているのか?非常に気になるところではないでしょうか?

他にも特徴として…麺はこちら容器側面にもさりげなく“スチームノンフライ製法”と記載されているように、明星食品独自の技術による丸刃・ノンフライ仕様によって、ほどよい弾力とつるっと滑らかな食感が印象的な仕上がりとなり、酸辣湯麺特有の旨味が凝縮された酸っぱ辛いスープとともに本格的な味わいが最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

ちなみにここ東京・赤坂「榮林(えいりん)」の創業は1956年、当時“まかない”として提供していた一品ををメニューに取り入れた「酸辣湯麺」が特に有名で今では看板メニューとして“榮林”を代表する人気メニューとなっているようですね!

実際に食べてみて…

酸っぱ辛さが特徴的な酸辣湯麺ですが、トマトを加えたせいか…酸味が全面に押し出された仕上がりとなっていて、辛みが若干弱く、酸っぱさだけが特に強調されているようにも感じられ、鶏や魚介の旨味はしっかりと利いてはいるものの、今ひとつ辛さに関して物足りなさを感じる仕上がりとなっていました!
これは特に、“榮林”の酸辣湯麺が好みの方はもちろん、名店が作り出す逸品を再現した酸っぱ辛さが特徴的な中華料理の人気メニューを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・赤坂の老舗中国料理店「榮林」人気メニュー“酸辣湯麺”に相性の良いトマトを加えた季節限定で楽しめる一杯、「中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺

今回ご紹介するカップ麺は、手軽に高級中華の味わいが楽しめる“中華三昧”シリーズの新商品ということで、東京・赤坂の人気店「榮林」の看板メニュー“酸辣湯麺”にトッピングとして提供されているトマトを合わせた味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、鶏の旨味や魚介出汁を利かせた醤油スープに醸造酢や黒酢といった酸味や辛さを加えた酸っぱ辛さがクセになる季節限定の一杯、“中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺”となっています。(※今回はビッグサイズとなっています。)

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…東京・赤坂の老舗中国料理店“榮林”の雰囲気あるロゴや今回の商品名“トマト酸辣湯麺”といった文字がしっかりと記載されていますね!

また、こちら容器側面には、“中国料理 赤坂 榮林”についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると…“創業1956年、東京・赤坂の老舗中華料理店。最高級の素材を使った伝統ある料理が人気のお店です。”と記載されており、さらに“麺好きな料理長が“まかない”として創作した料理をメニュー化した「酸辣湯麺(スーラータンメン)」が特に有名。今では赤坂の名物になっています。”とのことで、ここ“榮林”では相当“酸辣湯麺”が人気のようですね!

そんな人気メニューが今回季節限定のトマトを加えた逸品として登場!ということで、その相性の良さや旨味といった仕上がり具合なんかはかなり気になるところですが、実店舗でもトッピングとして提供されているほどですから、旨味を引き立てる組み合わせであることと思われます!

ちなみにこの“中華三昧”の中でも“名店の味”シリーズとして、今回ご紹介する東京・赤坂の老舗中国料理店「榮林(えいりん)」監修の“中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺”や、横浜中華街・四川料理の老舗店「重慶飯店(じゅうけいはんてん)」監修の“中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺”、さらに東京赤坂の名店“四川飯店”監修の“中華三昧タテ型 四川飯店 担々麺”なんかも発売されていましたね!

中でも特に“榮林”については、カップ麺(レギュラーサイズとビッグサイズ)だけでなく袋麺や春雨スープといった商品展開も行っています!

それでは、今回の“中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺”がどれほど鶏や魚介の旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?トマトを加えたことによる旨味の際立たせ具合やスープとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても明星食品独自技術によるノンフライ麺ならではの滑らかな食感の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り373kcal(めん・かやく316kcal / スープ57kcal)となっております。(塩分は7.0g)

カロリーは、旨味が凝縮された仕上がりということで素材の旨味をふんだんに活かしているせいか…ビッグサイズにもかかわらず割と低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり98g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは57kcalと思っていたよりも低めな数値のようですので、やはり鶏の旨味や魚介出汁など素材の美味しさを活かしたスープ作りをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • 香味調味料
  • 醸造酢
  • しょうゆ
  • 豚脂
  • 香辛料
  • 貝エキス
  • 黒酢
  • でん粉

といった、鶏の旨味や貝出汁を利かせた後味すっきりとした醤油ベースのスープに醸造酢や黒酢、そして香辛料による酸っぱ辛さが特徴的な酸辣湯麺らしい本格的な味わいを想像させる材料が並びます。(公式のPDFファイルには鶏の旨味を利かせたとのことでしたが、原材料には記載されていないようですね。)

JANコード4902881435888
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、卵粉、乳たん白)、スープ(デキストリン、食塩、たん白加水分解物、植物油脂、糖類、香味調味料、醸造酢、しょうゆ、豚脂、香辛料、貝エキス、黒酢、でん粉)、かやく(卵、チンゲン菜、トマトペースト加工品)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、トレハロース、酸味料、炭酸カルシウム、かんすい、微粒二酸化ケイ素、カラメル色素、ソルビット、グリセリン、乳化剤、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、ビタミンB2、ベニコウジ色素、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (98g) 当たり]
熱量373kcal
めん・かやく: 316kcal
スープ: 57kcal
たんぱく質8.3g
脂質7.7g
炭水化物67.7g
食塩相当量7.0g
めん・かやく: 2.6g
スープ: 4.4g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム123mg

引用元:明星 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺 | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“液体スープ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている液体スープとなっているんですが、触ってみた感じだと、さらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • かきたま
  • チンゲン菜
  • トマト加工品

が入っています。

原材料のスープの項目にはトマトといった記載がありませんでしたが、実店舗と同じくトマトが具材としてトッピングされているようですね!

さらに、麺はご覧の通りやや細めにも見える中太・ノンフライ仕様ということで、つるっと滑らかな舌触りが心地良い、コシのある食感が楽しめる麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:400ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺はもっちりとした弾力が加わり、ほどよいコシがより一層本格的な味わいを引き立てる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…赤みを帯びた油分となっていて、少量ではありますが、これを入れることによって特に酸味に際立った風味が一気に広がっていきます!

また、酸辣湯麺らしいほどよい香辛料による辛さも含まれているようで、見ためからも食欲そそりますね。。他にも具材に使用された“かきたま”とのコントラストが華やかさを演出しているように感じられます!

ちなみにこちらフタに“スープにとろみが出るまでカップの底からよくかき混ぜてください。”と記載されているように、酸辣湯麺の特徴のひとつ若干“とろみ”を付けたスープが表現されているようで、本格感を楽しむためにも容器底からしっかりと混ぜていきます!

ということで、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…パッケージに記載されていた通りほんのりと“とろみ”が付き、さらに原材料にも“でん粉”といった材料が記載されていましたから、食べ進めていくに連れてより一層“とろみ”も増していくものと思われます!

また、このスープ表面に浮かぶ赤みを帯びた油分が何とも食欲そそるのはもちろん、ふんわりと酸っぱさを感じさせる風味が漂ってきます!

他にも、“かきたま”をイメージした具材はふんわりと柔らやかな仕上がりとなり、さらに季節限定として加えられたトマト加工品なんかも見るからにスープに馴染むほど柔らかな仕上がりで、こちらは恐らく具材として楽しむ…というよりもしっかりと混ぜ込んでいき、スープに馴染ませて酸味・旨味を際立たせていった方が美味しくいただけるかと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…酸辣湯麺のベースとなる醤油ならではのシャープな飲み口には、爽やかな酸味が特に印象的で、そのすぐ後からは鶏や貝の旨味がしっかりと感じられます!

ただ、トマトや醸造酢、黒酢による酸味が特に際立っているようで、酸っぱさが強いせいか…辛さが控え目に感じられますね。。これはお好みで唐辛子や胡椒などを追加して味を調整してみても良いかもしれません!

また、春夏野菜のトマトを加えているんですが、やはり酸味だけが特に際立ち、トマトらしい味わいなどは感じられないため、その辺りに関してはうまくスープと馴染んでいるようですね!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・ノンフライ仕様によるもっちりとした弾力と、ほどよいコシを兼ね備えたすすり心地の良い仕上がりとなっていて、明星食品の独自技術によって密度感のある食べ応えのある仕様となっています!

そんな麺には、鶏や貝の旨味を利かせた醤油ベースのスープに酸味と辛みを加え、さらに季節限定のトマトを加えた酸辣湯麺らしい本格的なスープがよく絡み、一口ずつに酸っぱ辛い旨味が口いっぱいに広がっていき、醸造酢・黒酢など特有の酸味ある風味が後味よく抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの細くカットされた“かきたま”が入っていて、ふんわりと柔らかな食感に仕上がり、味付け自体は感じられないものの…本格中華麺料理にぴったりな見た目としての華やかさを演出しているように感じられます!

また、こちらのトマト加工品は、先ほどもお伝えした通り具材として楽しむのではなく、しっかりと混ぜていくことによってスープにも溶け込んでいきますから、そうすることによってより一層トマトの酸味・旨味が際立って感じられる季節限定の味わいが楽しめるものと思われます!

さらに、こちらのチンゲン菜は、大きくカットされたことによってシャキシャキとした食感が非常に心地良く、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、こちらもまた中華料理にぴったりな具材となっています!

スープについて

スープは、鶏や貝の旨味を利かせた醤油ベースのキリッとした口当たりが印象的で、酸辣湯麺ならではの酸味も後押ししたことによって後味すっきりとした味わいに仕上がっています!

また、今回は季節限定ということでトマト加工品が加えられているんですが、トマトそのものの味わいは感じられないものの…酸味がより際立って感じられ、その分若干辛みが控え目に感じられるかもしれません!

他にもごま油の風味なんかもしっかりと香り立ち、本格的な中華料理“酸辣湯麺”をより一層臨場感高く感じさせる味わい・風味に仕上げられ、辛さが弱いため、お好みによって各種香辛料を追加して調整してみると良いでしょう!

さらに、食べ進めていくに連れて“とろみ”も若干増していき、後味すっきりとした酸っぱ辛い酸辣湯麺にほどよいコクが加えられ、より一層深みのある味わいが楽しめるかと思われます!

ただ、個人的には酸っぱさが全面に押し出された仕上がりが印象的で、もう少し鶏や貝の旨味や辛みをバランス良く利かせてほしかったところではありますね。。

とは言え、酸辣湯麺ならではの酸っぱさはトマト加工品によって際立っているため、この本格中華の酸味が好みの方ならかなりハマるフレーバーと言えるでしょう!

このように、今回の“中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺”は、鶏や貝の旨味を利かせた醤油ベースのスープにしっかりとした酸味を加え、さらに実店舗でも提供されているトッピング“トマト”を加えたことによって、より一層酸味が引き立った酸っぱ辛さがクセになるごま油香る本格的な仕上がりとなっていたため、お好みによっては唐辛子や胡椒などの香辛料を加えて辛さを調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「中華三昧 赤坂榮林 トマト酸辣湯麺」を食べてみて、酸辣湯麺ならではの酸っぱ辛さがトマト加工品を加えることによってより一層酸味が際立って感じられ、キレの良い口当たりに感じられる酸味のすぐ後からは鶏や貝の旨味がほどよくコク深さを引き立て、なんと言っても酸味が突出しているせいか…若干辛みが控え目にも感じられる本格的な仕上がりとなっていました!

そのため、酸味・旨味・辛みといったバランスをもう少し考慮してほしかったところではありましたが…季節限定でトマトを加えたことによる酸味を強く利かせた味わいをじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!