東洋水産

【マルちゃん】濃厚カレーきつねそば でか盛!出汁の利いた“カレーつゆ”にお揚げを加えた濃厚な一杯

濃厚カレーきつねそば でか盛
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

濃厚カレーきつねそば でか盛」を食べてみました。(2023年10月9日発売・東洋水産

この商品は、スパイシーで出汁の利いた“カレーつゆ”と甘い味付けの“お揚げ”を合わせたという…ありそうでなかった一品で、ポークをベースに野菜と鰹節の旨味を合わせ、スパイスを利かせた濃厚な“つゆ”に“そば粉”を練り込んだ蕎麦が絶妙にマッチした“でか盛”仕様の一杯、“濃厚カレーきつねそば でか盛”となっております。(値段:税別271円)

ご覧の通り、パッケージには“鰹節が利いた濃厚なカレーつゆ!”と記載されているように、出汁の利いた“カレーつゆ”と“お揚げ”の組み合わせはもちろん、“うどん”ではなく蕎麦という点に関しても珍しく、大きな“お揚げ”から滲み出す甘みがスパイシーな“つゆ”とどれほど相性良く馴染んでいるのか非常に気になるところではないでしょうか?

一方こちらにはポークをベースに野菜と鰹節の旨味やスパイスを利かせ、“とろみ”を付けた濃厚な“カレーつゆ”に大きな“お揚げ”の組み合わせといったありそうでなかった仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…味付油揚げ・かまぼこ・“ねぎ”が使用されているようです!

また、このマルちゃんの“和風丼シリーズ”は、パッケージの大半を商品名で占める非常にインパクトのあるデザインとなっていて、特に今回は“濃厚カレーきつねそば”の中でも特に“カレー”が強調されているのが印象的で、“カレーきつね”の文字通り今回は出汁の利いた“カレーつゆ”と大きな“お揚げ”の組み合わせで、“でか盛”仕様なのでボリュームに関しても申し分ありません!

他にも特徴として…麺は“そば粉”や“とろろ芋”などを練り込んだ角刃の蕎麦が採用されており、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味を利かせたじんわりと染み渡るカレー風味豊かな“つゆ”、そしてありそうでなかった組み合わせの大きな“お揚げ”からも旨味や甘みが滲み出し、濃厚とも言える味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

和風出汁が利いた“カレーつゆ”はイメージ通り濃厚で旨味も強く、ポークや野菜の旨味が相性良く融合したことで味わい深く風味豊かなテイストとなっており、今回は“きつね”ということで従来使用されている豚肉などの具材ではなく大きな“お揚げ”を組み合わせたことによって“お揚げ”の旨味や甘みとカレーによる相乗効果で旨味引き立つ味わいが歯切れの良い蕎麦とともに最後までたっぷりと楽しめる一杯となっていました!
これは特に、旨味溢れる濃厚な“カレーつゆ”といったテイストが好みの方はもちろん、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味を利かせ、スパイスで味を調えた“カレーつゆ”に大きな“お揚げ”や蕎麦が絶妙にマッチした珍しい組み合わせのテイストをボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年10月9日に東洋水産株式会社から発売された「濃厚カレーきつねそば でか盛」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

濃厚カレーきつねそば でか盛

今回ご紹介するカップ麺は、出汁の旨味に定評のある“赤いきつねうどん”や“緑のたぬき天そば”などの“和風丼シリーズ”からありそうでなかった組み合わせのフレーバーが登場ということで、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味を利かせたスパイシーな“カレーつゆ”に大きな“お揚げ”を組み合わせたことによって良い旨味・甘みが滲み出し、“そば粉”を練り込んだ蕎麦とともに食べ進めていくに連れて満足度も増していく味わい深い一杯、“濃厚カレーきつねそば でか盛”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りパッケージには“カレー”を強調した“濃厚カレーきつねそば”といった今回の商品名や、ほんのり“とろみ”が付いたコク深いカレー風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、組み合わせとしてありそうでなかったという…“お揚げ”ならではの旨味や甘みが“カレーつゆ”に広がっていき、食べ進めいていくに連れてコクも増していく…そんな安定感のある一杯はぜひ試しておきたいところ!(実際には“お揚げ入りのカレーそば”というだけなんですが…)

濃厚カレーきつねそば でか盛 パッケージ

また、今回は豆乳のまろやかさと“ごま”の香ばしさを利かせた味噌味の一杯、“マルちゃん 豆乳ごまみそうどん”も同時発売されています!

それでは、今回の“濃厚カレーきつねそば でか盛”がどれほど安定感のある出汁の旨味が凝縮されたカレー風味豊かな“カレーつゆ”に仕上がっているのか?ありそうでなかったという大きな“お揚げ”を使用したことによる旨味・甘みとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても“そば粉”を練り込んだ歯切れの良い蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り588kcal(めん・かやく510kcal / スープ78kcal)となっております。(塩分は8.8g)

カロリーは、“でか盛”仕様・ポークをベースにした濃厚な“カレーつゆ”ということで、割と高めな数値のようで、塩分も同じくボリューム感があるせいか高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり134g、麺の量は100gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと78kcalと“でか盛”仕様で濃厚なテイストの割にそこまで高い数値というわけではなく、ポークをはじめ野菜や鰹節の旨味などをうまく活かし、後引くスパイス感がクセになるカレー風味豊かな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

“添付調味料”と記載されている“つゆ”には、食塩や香辛料をはじめ…

  • 粉末野菜
  • ポークエキス
  • しょうゆ
  • 粉末かつおぶし

といった、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味、スパイスを利かせた風味豊かな“カレーつゆ”に仕上げ、具材に大きな“お揚げ”を使用したことによって食欲そそる旨味や甘みが滲み出し、ありそうでなかった“お揚げ”入りの“カレーそば”といった絶妙な組み合わせを表現、最後まで飽きの来ない安定感のある味わいを想像させる材料が並びます。(なぜか“カレー粉”が表記されていないんですが、香辛料で一括りにされているのかもしれません。)
※製造工場:株式会社酒悦 房総工場(千葉県)

JANコード4901990376020
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、とろろ芋、卵白)、添付調味料(食塩、香辛料、粉末野菜、ポークエキス、砂糖、たん白加水分解物、しょうゆ、粉末かつおぶし、ねぎ)、かやく(味付油揚げ、かまぼこ)、/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸カルシウム、リン酸塩(Na)、香料、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部に小麦・そば・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・やまいもを含む)

栄養成分表示 [1食 (134) 当たり]
熱量588kcal
めん・かやく: 510kcal
スープ: 78kcal
たん白質18.4g
脂質23.5g
炭水化物75.7g
食塩相当量8.8g
めん・かやく: 3.8g
スープ: 5.0g
ビタミンB13.28mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム241mg

引用元:濃厚カレーきつねそば でか盛 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り大きな“お揚げ”がすでに入っていて、他には“粉末スープ”と記載された調味料が2つ入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、“でか盛”仕様ということもあって粉末の量も多く、先入れタイプですので調理時に温める必要もなく、熱湯を注ぐ際にしっかりと溶かしていきましょう!

また、かやくには、

  • 味付油揚げ
  • かまぼこ

が入っています。

こうして見ると…“かまぼこ”は麺の裏側に隠れてしまっているようで、“赤いきつねうどん”に使用されている大きな“お揚げ”がインパクトあり、風味豊かな甘みが旨味を引き立てる…そんな特別感のある一杯にも見えます!

さらに、麺はご覧の通り“そば粉”が練り込まれていることがはっきりとわかる色の濃い蕎麦が採用されており、歯切れの良い食感はもちろんのこと、蕎麦ならではの風味が香り、スパイシーで濃厚な“カレーつゆ”との馴染みも良さそうです!

調理してみた

ではまず先ほどの粉末スープ2つを入れてみます。
すると…やはり内容は同じで、“でか盛”・濃厚というだけあって粉末も非常に多く、原材料には記載されていなかったカレー粉が見るからにたっぷりと使用されているようで、ほんのりスパイシーな香りが確認でき、この時点からすでに食欲を掻き立てられますね。。(こちらにはさり気なく“ねぎ”が含まれています。)

熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:540ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に大きな“お揚げ”によってジューシーな旨味や甘みが際立ち、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味をしっかりと利かせた“カレーつゆ”の美味しさを引き立てる組み合わせによってひと味違った風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして粉末スープが全体に馴染むと…やはり豚肉などの代わりに使用した大きな“お揚げ”が見た目としてのインパクト抜群で、さらにこの“お揚げ”から良い旨味・甘みが滲み出してくことによって食べ進めていくに連れてコクも増していく…そんな風味豊かな一杯に仕上がっているようで、すでにこの時点でほんのり“とろみ”が付き、カレー風味が香る“つゆ”を染み込ませてじっくりと旨味を滲み出すのも良し、歯切れの良い蕎麦と絡めて旨味を増した味わいを楽しむのも良いでしょう!

また、基本的にはポークをベースに野菜や鰹節の旨味を合わせたことで“カレーそば”を表現、そこに“お揚げ”を組み合わせたことで旨味・甘みが引き立ち、特別真新しさはないものの…実際の仕上がりを見てみるとこの“お揚げ”が良い旨味を際立たせてくれることに間違いなく、臨場感の高い旨味溢れるテイストがたっぷりと堪能できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークをベースに野菜や鰹節、ほんのりスパイシーなカレー風味が相性良く馴染み、“とろみ”が付いた“カレーそば”ですから、そこまで意外性のあるテイストではありませんが、安定感のある香り高い“カレーつゆ”に仕上がっており、そこに大きな“お揚げ”を使用したことで旨味や甘みがじんわりと滲み出していき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな安定感のある味わいとなっています!

そして、“和風丼シリーズ”お馴染みとも言える魚介出汁が利いた安定感のある味わいはそのままに、カレーの要素が絶妙にマッチしたことによって染み渡る味わいが心地良く、そこに大きな“お揚げ”から滲み出す甘みによって食欲そそるジューシーな旨味が引き立てられているように感じられ、非常にさり気ない組み合わせではありますが…実際に食べてみると、たっぷりと滲み出す“お揚げ”の甘みによってコクが一層増し、それによって通常の“カレーそば”とはひと味違った風味豊かな味わいが“でか盛”らしくたっぷりと味わえることでしょう!

ただ、この大きな“お揚げ”は先入れ仕様にも関わらずふっくら感が微妙で、しっかりと“カレーつゆ”に浸しても比較的硬めの食感が気になりましたので、最初は蕎麦の下に沈めておき、“お揚げ”の旨味を滲み出して後半に少しずついただいた方が個人的にはおすすめです!…この辺りの仕様はやはり他社の“お揚げ”の方が上かもしれません。。そのため、“カレーつゆ”と馴染ませてふっくらとした状態で蕎麦と一緒に味わってみた方がより旨味が増して楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“そば粉”が練り込まれていることが目視できる歯切れの良い蕎麦が採用されており、もちろん蕎麦ならではの風味なんかも感じられるんでしょうけど、“カレーつゆ”の味・風味が強いので正直出汁の利いた“カレーつゆ”には“うどん”の方が合っているような気がします!ただ、すすり心地が良いので“つゆ跳ね”には注意です。

そんな蕎麦には…ポークをベースに野菜や鰹節の旨味、カレー由来のスパイスなどをバランス良く合わせた“カレーつゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る安定感のある旨味に加え、大きな“お揚げ”から滲み出す甘みなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるカレー風味や“お揚げ”特有の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの大きな“お揚げ”が入っていて、“お揚げ”特有のジューシーな旨味・甘みが滲み出していき、今回の濃厚な“カレーつゆ”をしっかりと染み込ませていただくと…より一層旨味が増して楽しめることと思われます!

ただ、甘みに関してはちょうど良い感じですね!
他社製品の“お揚げ”は甘すぎるんですが、こちらはちょうど良い味付けで“カレーつゆ”との馴染みも絶妙です!

また、こちらの“かまぼこ”も使用されていて、味付け自体は感じられないものの…今回の一杯に彩りの良い具材として華やかなアクセントがプラスされているようです!ただし数枚程度です。。

他にもこちらの小さくカットされた“ねぎ”が入っていて、シャキシャキ感こそありませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の風味豊かな“カレーつゆ”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!ただ、こちらも小さすぎて存在感もないので無理に使用しなくても良かったような気はしますね。。

“カレーつゆ”について

“カレーつゆ”は、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味、各種スパイスなどをバランス良く合わせたことによってほんのり“とろみ”が付いた濃厚な仕上がりで、ありそうでなかった組み合わせとして使用された大きな“お揚げ”からも良い旨味や甘みが滲み出し、じんわりと染み渡るかのような安定感のある美味しさが際立ったことでシンプルながらも飽きの来ない味わいとなっています!

やはりこのシリーズは出汁が美味しいですね!ポークをベースに野菜や鰹節の旨味が凝縮され、じんわりと染み渡る“カレーつゆ”には安定感があり、そもそも東洋水産にはレギュラー商品として“黒い豚カレーうどん”があるんですが、“お揚げ”や蕎麦と合うように“つゆ”の構成を若干変更しており、珍しい組み合わせとは言え全く違和感なく馴染んでいるようで、“とろみ”も付いたことでひと口ずつに感じられる満足度は一際大きく感じられます!(どうしても真新しさといった感じはありませんが…)

まとめ

今回「濃厚カレーきつねそば でか盛」を食べてみて、ポークをベースに野菜や鰹節の旨味、各種スパイスを利かせたことによって濃厚な“カレーつゆ”に仕上げ、大きな“お揚げ”から滲み出す旨味・甘みが美味しさそのものを引き立て、食べ進めていくに連れて“とろみ”も増していき、“カレーつゆ”と“お揚げ”といったありそうでなかった組み合わせに麺重量100gもの蕎麦が食欲をしっかりと満たしてくれる食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはりこういった素材の旨味を活かしたテイストは美味しいですね!さらに今回は大きな“お揚げ”を使用したことで旨味・甘みが際立つ仕上がりとなっていましたので、想像以上に満足できる風味豊かな味わいがボリューム感たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です