カップ麺

銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば!本格スパイスを利かせた旨味溢れる濃厚な一杯

銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば

銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば」を食べてみました。(2019年12月9日発売・明星食品)

この商品は、東京・銀座の人気カレー専門店“銀座デリー”を代表する人気No.1メニュー“カシミールカレー”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、今回はその味わいをなんと“まぜそば”としてアレンジした食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…「超スパイス系まぜそば」ということで、クミンやターメリック、コリアンダーなど本格的な香辛料をベースにガーリックやチリを合わせ、カレー専門店ならではのスパイシーな辛さと苦味を加えた一杯、“銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには強い辛さをイメージさせる赤を基調にシンプルながらも濃厚な味わいが伝わってくるデザインがあしらわれ、カレー専門店ならではのスパイス感や凝縮された旨味など…見るからに食欲そそる存在感のある一杯となっているようですね!

銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば パッケージ

一方こちらには、ビーフの旨味に香ばしい真っ黒なオニオンソースが絶妙にマッチし、本格香辛料がたっぷりと使用された専門店ならではの旨味・辛みが繊細に混ざり合う力強い“まぜそば”ソースといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…挽肉・赤ピーマンが使用されているようです!

他にもチリなどがたっぷりと含まれた“ふりかけ”に使用された香辛料によってスパイスの利いたカレーならではの本格的な強い辛みなんかも伝わってきます!

そしてその気になる特徴としては、十数種類ものスパイスを豊富に利かせたことで、本格的なスパイス感が楽しめるのと同時に“極辛”という名にふさわしい突き抜ける辛さがクセになる味わいに仕上げ、そこに別添された焦がしオニオンを利かせた“香ばしオニオンソース”を加えることによって、さらに旨味が際立った真っ黒い極辛カレーソースとなっています!

ご覧の通り、パッケージには“仕上げの香ばしオニオンソース付き(特製ソース)”と記載されているように、今回の一杯には通常の液体ソースによってしっかりとビーフなどの旨味を利かせた濃厚な下味を付け、それに加えこの“香ばしオニオンソース”が食欲そそる香ばしさやオニオンならではの旨味・甘みを引き立てる2段階仕様による厚みのある味わいが楽しめるということですね!これはかなり手の込んだ一杯!

また、パッケージのイメージ通りこちらには“辛さレベル5”と記載され、“辛みによる刺激が大変強いので、十分に注意してお召しあがりください。”といった辛さの強いカップ麺特有の注意書きなんかもしっかりと記載されているのが確認できます!

そしてその辛さはというと…こちらパッケージ側面にさりげなく“極辛”と記載されているように、想像以上に強い辛さが表現されていると思われ、さらに今回はカレー専門店ならではの本格香辛料がたっぷりと使用されていますから、より一層辛さに際立った味わいが楽しめそうです!これは“超スパイス系まぜそば”というのも納得の仕上がりではないでしょうか?

さらにこちらにはすでに十数種類ものスパイスやビーフなど動物系の旨味を濃厚に利かせたソースが極太麺に絡み、真っ黒な仕上げの“香ばしオニオンソース”が印象的で、なんと言っても“ふりかけ”に含まれるチリがさらなる強い辛みを後押しするかのような極辛仕様の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、ガツンとした旨味・辛み、そして強烈な食べ応えなんかも楽しめそうです!

このように今回の一杯は、とにかく濃厚で食べ応えのある極辛カレー味に香ばしい風味がアクセントとなったインパクトある“まぜそば”に仕上がっているとのことで、辛くて美味いスパイシーな味わいは非常に気になるところ。。

他にも特徴として…麺には“まぜそば”にぴったりな極太仕様のもっちりとした弾力が表現され、この食べ応えのある食感によって濃厚で旨味溢れる本格香辛料が利いたソースにも負けじとしっかりとした噛み応えがマッチし、かなりの満足度に満たされる一杯が最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ビーフなどの動物系の旨味を利かせた濃厚なソースには、確かにたっぷりと使用された香辛料によってスパイシーな味わいに仕上がり、さらに極辛と記載されていたように突き抜けるような汗を誘う辛さが心地良く、仕上げに加えた香ばしオニオンソースによる香ばしさやオニオンならではの旨味・甘みがスパイシーな辛さとうまく調和され、そんな旨味溢れるソースが極太麺に絡む食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、“銀座デリー”ならではのスパイスをふんだんに使用した本格的なカレーの味わいを“まぜそば”といった食べ応え抜群な極太麺とともに思う存分楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京・銀座の人気カレー専門店“銀座デリー”の人気メニュー“カシミールカレー”の味わいを食べ応え抜群な“まぜそば”にアレンジした旨味・辛み、そして濃厚感に際立ったパンチのある一杯、「銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、東京・銀座の人気店「銀座デリー」の人気メニュー“カシミールカレー”を同店監修によって食べ応え抜群な“まぜそば”にアレンジしたもので、本格香辛料を十数種類も使用したスパイス感溢れる味わいにと汗を誘う極辛な辛みが加わり、さらに仕上げとして別添されている“香ばしオニオンソース”によってじっくりと煮込んだようなオニオンの旨味と香ばしさがクセになるインパクトある一杯、“銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば”となっています。

ちなみに、この“銀座デリー”監修のカップ麺と言えば…これまでも以下のように一番人気の“カシミールカレー”を中心に限定メニューやアレンジメニューをスープタイプや汁なしタイプなどカップ麺にうまく再現した商品が発売されてきたんですが、今回はかなり久しぶりの登場のようですね!

そして今回のカップ麺もお店の人気No.1メニュー“カシミールカレー”をベースにしたもので、大胆にも“まぜそば”にアレンジしたということで、辛さの方も“極辛”仕様の後引く辛さが魅力的なカレー専門店ならではの本格香辛料を利かせた汗を誘う一杯となっています!!

また、ご覧の通りパッケージ側面には、“銀座デリー”の簡単な説明文が実店舗写真とともに記載されていて、こちらによると…インド・パキスタン料理専門店として1956年に創業した“銀座デリー”は、カシミールカレー発祥のお店とも言われている東京・銀座にある老舗有名店であり、現在では“銀座店”以外にも上野店と六本木ミッドタウン店といった3店として店舗展開を行い、他に暖簾分けとして営業している店舗もあるようですね!

さらに今回ベースとなった“カシミールカレー”は秘伝の味を受け継ぐデリー代表人気No.1メニューとのこと!(インドの手法をそのままに、日本に合うように味を改良しているという点も大きなポイントとなりそうです。)

それでは、今回の“銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば”がどれほど旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?十数種類もの本格香辛料を利かせたスパイス感際立つ突き抜ける辛さの具合や仕上げに使用された“香ばしオニオンソース”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても極太仕様の噛み応え抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り719kcalとなっております。(塩分は7.3g)

カロリーは、ボリュームのある一杯ということもあって非常に高い数値のようで、塩分もまた同じくかなり高めの数値のようです!
ちなみに1食当たり165g、麺の量は130gの大盛り仕様となっています!

極太仕様の麺に濃厚な味わい、そして本格的な香辛料によるスパイシー感のある突き抜ける辛さが表現された“まぜそば”ともなると…かなりの満足感が得られることが予想されますね。。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、豚脂や植物油脂をはじめ…

  • 食塩
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • ビーフエキス
  • 香味調味料
  • ローストオニオンペースト
  • 香味油
  • カレー粉
  • トマトケチャップ

といった、カレーらしいトマトケチャップなんかも確認できますが、カレー専門店らしくたっぷりと本格香辛料が使用され、ポークやビーフなど動物系の旨味がしっかりと利きいた濃厚なカレーソースがベースとなり、そこに仕上げの“香ばしオニオンソース”による食欲そそる香ばしさやオニオンならではの旨味・甘みがソースの美味しさを引き立て、極辛仕様の突き抜ける辛さがソース全体をバランス良く感じさせる旨味溢れるガツンとした味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…こちらにも“しょうゆ”や粉末油脂、香辛料や香味調味料などが確認できることから、麺にもほどよく味付けが施されていることが伝わってきますね!

JANコード4902881438391
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、でん粉、粉末油脂、香辛料、卵粉、香味調味料)、ソース(糖類、豚脂、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料、ビーフエキス、香味調味料、ローストオニオンペースト、香味油、たん白加水分解物、カレー粉、トマトケチャップ、発酵調味料)、かやく(豚・鶏味付肉、赤ピーマン)、ふりかけ(香辛料、パセリ)/加工デンプン、カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、かんすい、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、カロチノイド色素、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (165g) 当たり]
熱量719kcal
たんぱく質11.0g
脂質31.3g
炭水化物98.3g
食塩相当量7.3g
ビタミンB11.01mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム198mg

引用元:明星 銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば: 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、特製ソース、ふりかけといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料など3パックとなっていて、まずは液体ソースをしっかりと混ぜ込んでいき、最後の仕上げとして特製ソース(香ばしオニオンソース)を加え、部分的な味の違いなどをじっくりと楽しんだ後に全体をしっかりと混ぜ込んでいき、濃厚な味わいを楽しむことをおすすめします!

そしてどちらのソースも触った感じだと割とドロッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通り見るからに“まぜそば”にぴったりな極太仕様の強いコシといったしっかりとした噛み応えを感じさせる弾力のある食感をイメージさせ、今回の濃厚かつスパイシーな辛さが表現されたソースにも負けじと抜群な食べ応えが楽しめそうです!

そしてその極太麺の裏側には、ご覧の通り今回使用されている具材…

  • 豚・鶏味付肉
  • 赤ピーマン

がすでに入っています。

麺量130gの大盛り仕様としては若干物足りなさを感じるかもしれませんが。。今回のソースはかなりインパクトありそうな仕上がりですからね!この辺りは全く問題なさそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:770ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの極太麺がさらにふっくらとした仕上がりとなり、ほどよい弾力や噛み応えなんかが加わったことによって満足感に満たされる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを注いでいきます!
すると…調理中にしっかりと温めておいたんですが、それでも若干コク深く濃厚感に際立った真っ黒なソースとなっていて、カレーらしい食欲そそる本格スパイシーな風味が一気に広がっていきます!

そして、スパイシー感だけが際立っているわけでは決してなく、今回“まぜそば”にアレンジしたというだけあってポークやビーフの旨味なんかも感じさせるこのバランスの良さが個人的にはかなり印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“カシミールカレー”の特徴のひとつ、すでに真っ黒なソースがたっぷりと使用されていて、コク深く濃厚な感じではありますが、ドロッとした状態ではありませんので、すんなりと極太麺にもソースが馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、仕上げに先ほどの特製ソース(香ばしオニオンソース)を加えていきます!

さらに先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”には…

  • パセリチップ
  • チリ
  • パプリカ
  • クミン

などの本格香辛料などが含まれているようです!

これによって、パッケージの仕上がりイメージ通り部分的に真っ黒なオニオンソースに本格香辛料が食欲そそり…見るからに濃厚感・ガツンとした口当たりを思わせる“超スパイス系まぜそば”といった一杯に仕上がっていますね!“カシミールカレー”を“まぜそば”にアレンジするとは…なかなか大胆な発想と言えるのではないでしょうか?

また、この“ふりかけ”に含まれるチリやパセリをはじめ…様々な香辛料が使用されたことによって色とりどりの華やかさなんかも演出されています!

そしてこの風味からは…本格的なカレーならではのスパイス感だけでなく、“まぜそば”にもぴったりな動物系の厚みのある旨味を思わせる香りもあり、仕上げに加えたオニオンならではの香りなんかも印象的で、カップ麺としてはかなり贅沢仕様とも言える一杯に仕上がっているようです!

ご覧の通り、“ふりかけ”には思っていた以上に豊富な香辛料がたっぷりと使用されているようで、ベースとなるソースに仕上げの“香ばしオニオンソース”、さらに“ふりかけ”を加えるといった旨味に旨味を重ねるかのような満足度の高い味わいにはかなり期待できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ベースとなるソースはまず濃厚な旨味がぎっしりと詰まっていて、ポークやビーフが使用されているようでしたが、決して脂っこさはなく、カレーソースの味わいを引き立てる厚みのある旨味としてしっかりと溶け込み、十数種類ものスパイスを利かせているという点も単純にスパイシーさだけが際立っているわけではなく…旨味と香辛料、そして濃厚感が絶妙なバランスとなって飽きの来ない味わいに仕上がっています!これは美味いですね!

また、“仕上げの香ばしソース”の部分には、確かにオニオンならではの旨味・甘みが表現されてはいるものの、こちらもまたスパイス感やしっかりとした辛さによって変に甘ったるい…といった味わいではなく、まさにベースとなるソースをより一層美味しく引き立てるにふさわしい旨味が加わっているようです!

…というか今回の一杯はかなり手が込んでいますね!動物系の旨味を利かせた濃厚感はもちろん、さらに旨味を増すオニオンの旨味、それらが本格香辛料によるスパイシーさに際立った突き抜ける辛さによってちょうど良く調和され、ガツンとした旨味溢れる味わいの割に最後まで飽きの来ない後味の良さをうまく表現しています!

麺について

麺は、ご覧の通り極太使用の噛み応え抜群な食感に仕上がり、ベースとなるソースとの絡みも非常に良く、まさしく食べ応え抜群な満足度の高い“まぜそば”にぴったりな麺となっています!

そんな極太麺には…ポークやビーフをほどよく利かせ、さらにたっぷりと本格香辛料を利かせたスパイシーなソースがよく絡み、一口ずつにカレーならではの香辛料・強い辛さが加わった旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、いくつものスパイスを使用した風味豊かなカレーの香りが後味良く抜けていきます!

ちなみに…こちら“香ばしオニオンソース”を濃い目に付けて食べてみると…こちらには辛さなどは一切なく、見るからにじっくりと煮込まれたかのようなオニオンならではの旨味・甘みが加わり、豊富に使用されたスパイス・強い辛みがそれをうまく調和しているのが好印象といったところ!

これはぜひ部分的に味の違いを楽しみ、その後“まぜそば”らしく豪快に混ぜ込んでガツンとした旨味を極太麺とともに楽しむと良いでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“豚・鶏味付肉”が入っていて、若干サイズや使用されている数に物足りなさを感じるものの…今回のソースが非常に濃厚でスパイシーかつ突き抜ける辛さが絶妙なバランスとして仕上がっていたため、全く気になることもありません!

そしてじっくりと噛んで味わってみると、ほどよい肉の旨味を引き立てる美味しい仕上がりとなっていたため、全体をしっかりと“まぜそば”らしく混ぜ込んでいき、極太麺はもちろん、様々な香辛料などと一緒に絡めて食べてみるとより一層美味しさが増して感じられるのではないでしょうか?

また、こちらの赤ピーマンも、じっくりと味わってみると素材本来の味わいがしっかりと表現されていて、こちらもまた本格的な味わいに仕上がった“超スパイス系まぜそば”にほどよい苦味を加える相性の良い具材となっています!

そしてこちら!最後にふりかけたチリやパセリ、クミンなどが豊富に使用された香辛料を絡めて食べてみると…風味の良さはもちろん、チリならではのピリッとした辛みがまた良いアクセントとなって汗を誘うスパイシーな香辛料を後押しするかのように辛さを風味良く引き立てているようにも感じられるでしょう!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークやビーフなど動物系の旨味がほどよく利いたことによって厚みのある旨味が“くどさ”を感じさせない程度にうまく溶け込み、“銀座デリー”ならではの本格香辛料によるスパイシーな味わいと絶妙にマッチしています!

そこに、仕上げの“香ばしオニオンソース”が加わったことによってオニオンならではの香ばしい旨味や甘みが加わるわけですが、スパイシー感に際立っているため、甘ったるさといった印象は全くなく、むしろ旨味をさらに引き立てる決め手のソースとなっているようです!

また、気になる辛さについてですが…“辛さレベル5”というだけあってしっかりとした強い辛さが表現されてはいるものの、個人的には本格カレー専門店ならではの香辛料がたっぷりと使用されていることが原因で辛さが引き立っているように感じられたため、“極辛”といったイメージほどの強烈な激辛仕様というわけではなく、むしろスパイスの利いた心地良い辛さが後引く旨味を際立たせているようにも感じられますね!

このように、今回の“銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば”は、濃厚でありながらもスパイスをしっかりと利かせた突き抜ける辛さによってちょうど良く旨味・辛さが調和され、ガツンとした“超スパイス系まぜそば”に仕上がっていますが、“くどさ”といったこってり感もなく、カレーならではのスパイシー感際立つ後味が最後まで飽きさせない満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては“香ばしオニオンソース”や“ふりかけ”を少しずつ加えて味の違いを楽しんでみても良いでしょう!

まとめ

今回「銀座デリー監修 ホットカシミールカレーまぜそば」を食べてみて、ベースとなるソースにそもそもたっぷりと香辛料や動物系の旨味が加えられ、それによって満足度の高い味わいが表現されていて、そこに仕上げのソースとして“香ばしオニオンソース”が旨味・甘みを際立たせる濃厚感を加えているものの…本格香辛料を使用した突き抜ける辛さによってバランスの良い仕上がりとなり、最後まで“超スパイス系まぜそば”といったガツンとした味わいが楽しめる一杯となっていました!

このように、今回の“ホットカシミールカレーまぜそば”は、部分的に旨味やスパイス感を楽しみ、後に“まぜそば”らしくしっかりと混ぜ込んで食べることによってガツンとした厚みのある味わいが十二分に堪能できたため、かなり満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!