一度は食べたい名店の味

「ど・みそ」カップ麺 “味噌まぜそば” 看板メニューを“まぜそば”に再現したがっつり系の一杯

一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば

一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば」を食べてみました。(2020年8月24日発売・エースコック)

この商品は、東京を中心に店舗展開する人気ラーメン店“東京スタイルみそらーめん ど・みそ”監修によって店の看板メニュー“特みそこってりラーメン”を汁なしメニューにアレンジしたもので、カップ麺限定で楽しめる夏にもがっつりと食べたい一杯が登場です!

それも…豆味噌の味わいが印象的な数種類の味噌を合わせた濃厚な味噌ダレに背脂やガーリック、さらに花椒や唐辛子などの香辛料でメリハリのあるアクセントをプラスしたことによって最後まで飽きの来ないがっつり系の一杯、“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば”となっております。(税抜き240円)

ご覧の通り、パッケージには都内の人気行列店“東京スタイルみそらーめんど・みそ”の実店舗写真が掲載されており、そもそもエースコックの人気シリーズでもあるため、“一度は食べたい名店の味”のロゴなんかもしっかりと掲載されているのが確認できますね!

また、ここ“ど・みそ”の看板メニューである“特みそこってりラーメン”をカップ麺に再現した一杯、“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん”が度々登場しているので、東京の名店としてご存知の方も多いのではないでしょうか?

一方こちらには、数種類もの味噌を合わせた繊細な味わいに花椒や唐辛子による刺激的なアクセントを利かせたコク深い味噌ダレが噛み応え抜群な太麺に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…コーン・唐辛子・もやし・ニラが使用されているようです!

まさにこういった香味野菜や背脂を利かせた濃厚な味噌ダレはこの暑い季節にもぜひがっつりと食べたくなるテイストと言えるでしょう!

しかも恐らく花椒や唐辛子などの香辛料を利かせたことによってキレ・後味の良さは際立っているはずですから、旨味が凝縮された濃厚な味わいながらも最後まで飽きの来ないがっつり系の一杯がたっぷりと楽しめると思われます!

他にも特徴として…麺は太麺・角刃使用のフライ麺となっていて、ほどよい弾力と歯切れの良い強いコシを兼ね備えた食感に仕上げ、複数の味噌に背脂やガーリック、さらに花椒や唐辛子を合わせたピリッと辛い後味抜群な味噌ダレがしっかりと絡み、夏にもがっつりと食べたくなる濃厚な味わいが最後まで思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

数種類もの味噌を合わせた深みのある濃厚な味噌ダレには、豆味噌の味わいが特徴的というだけあって独特の風味・旨味が表現され、“まぜそば”ならではのドロッとしたタレには香味野菜や各種香辛料がしっかりと利き、こってりとしていながらも後味すっきりとした飽きの来ないテイストに仕上がり、そんな濃厚感のあるタレにも負けじと強いコシを表現した太麺が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、東京の名店“ど・みそ”ファンはもちろん、数種類もの味噌に相性抜群な香味野菜や各種香辛料を詰め込んだ旨味溢れる濃厚なカップ麺限定メニューをがっつりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はエースコックの人気シリーズ“一度は食べたい名店の味”から新登場した都内の名店“ど・みそ”の看板メニュー“特みそこってりラーメン”の味わいを“汁なし”としてアレンジ・カップ麺に再現した濃厚な一杯、「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、東京を中心に店舗展開を行う濃厚な味噌ラーメン“特みそこってりらーめん”が人気の行列ラーメン店“東京スタイルみそらーめん ど・みそ”の看板メニューを濃厚な“まぜそば”として再現した一杯、“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば”となっています。

そしてその特徴としては…豆味噌の味わいが特徴的な数種類もの味噌を合わせ、そこに背脂によるコクや食欲そそるガーリック、さらに花椒や唐辛子によるほどよい痺れる辛みがアクセントに利いた濃厚・がっつり系の“まぜそば”に仕上げ、そこに食べ応え抜群な太麺が絡むことによってガツンと食欲を満たしてくれる一杯といったところ!
※そのため、今回の一杯に関しては湯切りが必要となるため、お忘れなく!

また、今回商品化された“ど・みそ”は東京を中心に店舗展開する行列店とのことで、こちらには“熱湯5分で行列回避!?”と記載され、行列を作る人気店であることがよーく伝わってきます!

ちなみに、“ど・みそ”とのコラボカップ麺と言えば…2017年12月11日に“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん”が登場し、翌年2018年12月10日には背脂を20%増量して再発売しており、ここ最近では毎年恒例とも言えるカップ麺のひとつなんですが、2019年12月9日には“特みそこってりらーめん”ではなく、ひと味違った“こってりビリ辛みそらーめん”が登場し、さらに今年は“まぜそば”ですから、毎年少しずつ味のテイストに改良を加えての登場は好感持てますね!

そしてここ“東京スタイルみそらーめん ど・みそ”の創業は2006年3月、東京都中央区京橋に本店を置き、東京を中心に10店以上もの店舗展開を行う人気行列店であり、店主である“齋藤 賢治”氏によって作られる北海道の味噌ラーメンとはひと味違った“濃厚味噌ラーメン”を求め連日長蛇の列を作る有名店のようですね!これまでも度々カップ麺化されてきたので、その辺りに関しては周知の通りです!

それでは、今回の“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば”がどれほど味噌の旨味・コクを引き出したコク深く濃厚な仕上がりとなっているのか?相性抜群な背脂やガーリック、さらに花椒や唐辛子との兼ね合いはもちろん、何と言ってもがっつりと食欲を満たしてくれる角刃仕様の太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り621kcalとなっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、食べ応えのある“まぜそば”・汁なしカップ麺ということもあってかなり高い数値のようですが、一方で塩分に関しては平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり138g、麺の量は100gとのこと。

やはりポークなど動物系の旨味をベースに数種類もの味噌を合わせた濃厚な“まぜそば”らしくカロリーは高く、しっかりとした食べ応えが表現されていることに間違いなさそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、“みそ”や動物油脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • 香味調味料

といった、ポークなど動物系の旨味をベースに数種類もの味噌を合わせ、そこに食欲そそるガーリックの旨味やコクを引き立てる背脂を加え、さらに爽やかな風味と痺れを表現する花椒がプラスされた濃厚ながらも後味の良いこってりとした味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071207816
原材料名

揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、たれ(みそ、動物油脂、植物油脂、果糖ぶどう糖液糖、ポークエキス、香辛料、発酵調味料、ポーク調味料、香味調味料、酵母エキス)、かやく(コーン、もやし、ニラ、唐辛子)、ふりかけ(香辛料、カツオブシパウダー)/加工でん粉、炭酸カルシウム、酒精、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (138g) 当たり]
熱量621kcal
たんぱく質10.2g
脂質29.9g
炭水化物77.7g
食塩相当量5.2g
ビタミンB10.68mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム351mg

引用元:一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、調味たれ、“ふりかけ”といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“調味たれ”にはポークなど動物系の旨味を利かせ、数種類もの味噌が含まれた非常にドロッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り太麺・丸刃仕様となっていて、見るからにずしっとした重量感を思わせる食べ応え抜群なボリューム感、そしてつるっと滑らかな食感や噛み応えのある強いコシを兼ね備えているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • コーン
  • 唐辛子
  • もやし
  • ニラ

が入っています。

湯戻りする以前の状態とは言え…ちょっと物足りなさを感じてしまうのは否めませんね。。

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:670ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの太麺がさらに太さを増し、“まぜそば”らしいがっつりと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…まずはこってり感を際立たせるポークなど動物系の旨味・脂などの油分がたっぷりと出てきます!

そしてそのすぐ後からは…数種類もの味噌を合わせたコク深く繊細な味わいを表現した味噌ダレがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

続いて先ほどの“ふりかけ”も加えていきます!
恐らくこちらには花椒や唐辛子などが含まれているものと思われ、これを追加した途端、一気に花椒ならではの風味豊かな香りが広がっていきます!

ご覧の通り、“ふりかけ”はあくまで香辛料などが含まれているため、若干少なめではありますが、“液体たれ”の方にはたっぷりと味噌ダレがポークの旨味とともに含まれていますから…ぱっと見だけでかなり濃厚なテイストであることがイメージできますね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り濃厚な味噌ダレとなっているんですが、ほどよい動物系の油分なんかも含まれているため、思ったよりもすんなりと太麺にも馴染んでいきます!

そして、濃厚な味噌ダレが全体に馴染んだところがこちら!
冒頭でもお伝えした通り豆味噌が特徴的な味わいとのことで、風味からは豆味噌特有の風味なんかも若干感じられるわけですが、爽やかな花椒の香りなんかもしっかりと確認できます!

また、この仕上がりの色合いからしてかなり濃厚な仕上がりをイメージさせ、一方で花椒や唐辛子などの香辛料がしっかりとキレ・後味の良さを際立たせているようですので、まさに濃厚でありながらも最後まで飽きの来ないがっつり系の“まぜそば”がバランス良く表現されているようです!

ただ、若干気になるのが具材の量で、食感の良い“もやし”や旨味を際立たせるニラなどはかなり少なめ・小ぶりな印象でしたので、お好みの具材などを追加してみても良いかもしれません!(味噌テイストなので“もやし”など食感の良い野菜などに限定されてくるかと思いますが…)
※“まぜそば”自体、お好みの具材を加えて思い切り混ぜていただくのが醍醐味でもあります。

食べてみた感想

一口食べてみると…都内で連日行列を作る人気店で、北海道の味噌ラーメンとはひと味違った味わいというだけあって数種類もの味噌にポークなど動物系の旨味を利かせた濃厚なテイストは同じですが、やはり豆味噌の風味が個人的には特に印象的な仕上がりとなっています!

そしてそこに食欲そそるガーリックがほどよく利き、背脂も同じくこってり感を感じさせない程度に旨味を際立たせ、さらに花椒や唐辛子による痺れる辛みがちょうど良いアクセントとなり、まさにキレとコクが絶妙なバランスとなって仕上がり、ガツンとした濃厚な味わいが楽しめるでしょう!

また、気になる辛さの強さに関してですが、花椒とは言ってもビリビリと痺れるほどではなく、あくまで唐辛子と合わせて食欲そそるアクセント程度となっているため、辛さ自体はそこまで強くななく、万人受けするとも言える刺激的なテイストのようですね!

ただ…この豆味噌の旨味・風味が若干特徴的というか、クセがあるので、その辺りで好き嫌いが分かれそうな気もします。。

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり若干幅広な太麺・フライ仕様となっていて、もっちりとした弾力や噛み応えのある強いコシを兼ね備えた“まぜそば”にぴったりな食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな太麺には、数種類もの味噌を合わせた深みのある濃厚な味わいに背脂がこってり感を際立たせ、さらに食欲そそるガーリックなんかも利いたガッツリ系の味噌ダレがよく絡み、一口ずつに旨味が詰め込まれたパンチのある味わいが口いっぱいに広がっていき、爽やかな花椒の風味や豆味噌ならではの香りが後味良く抜けていきます!やはり動物系の旨味をベースにした味噌ダレということもあってかなり濃厚ですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“もやし”が入っていて、使用されている数・サイズともに物足りなさを感じざるを得ない仕上がりで、小ぶりであるがためにシャキシャキ感もなく、ちょっと残念な具材となっていましたので、こちらはお好みによっては別途用意してみても良いかもしれません!

また、こちらのニラも上記の“もやし”と同じくかなり使用されている量は少なく、非常に小ぶりでしたので、素材本来の味わいなんかも主張が弱く感じられたため、こちらに関してはお好みで、“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いでしょう!

さらに、こちらのコーンは、じっくりと味わってみると素材ならではの甘味なんかも感じられるんですが、濃厚な味噌ダレの味わいを損なうことなく彩りの良さとしてのアクセントとしてプラスされているように感じられます!

他にも、こちらの輪切り唐辛子が使用されており、花椒や唐辛子を利かせたちょうど良いアクセントを後押しするかのようなピリッとした辛みが感じられる相性抜群な具材となっています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りポークなど動物系の旨味をベースに数種類もの味噌を合わせ、中でも特に豆味噌の旨味・風味が特徴的で、そこに食欲そそるガーリックや背脂が加わったことで、“まぜそば”にぴったりな濃厚感のあるこってり味噌ダレが表現されています!

また、花椒や唐辛子によるピリッとした痺れる辛みなんかもキレ・後味の良さを際立たせ、濃厚でありながらもキリッとした印象で、最後まで飽きの来ないがっつりとした味わいが楽しめるでしょう!

ただ、やはり個人的にはこの豆味噌の風味が若干気になるところでしたので、“東京スタイルみそらーめん ど・みそ”といった店名なんかも納得のテイストで、好みは割と分かれるところかと思われます。。

このように、今回の“一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば”は、ポークの旨味をベースに数種類もの味噌を合わせたことによって繊細な味わいを表現、さらに食欲そそる“にんにく”など香味野菜の旨味や背脂が深みを際立たせ、花椒や唐辛子によるピリッとした痺れる辛みが後引く旨味を引き立てる濃厚で風味豊かな仕上がりとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足ししたり、お好みの具材を追加してたっぷりと濃厚な味噌ダレを味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 味噌まぜそば」を食べてみて、動物系の旨味が味噌ダレを濃厚・こってりとした味わいへと際立たせた仕上がりは、数種類の味噌を使用した中にも特に豆味噌ならではの風味が特に特徴的で、ガーリックや背脂などはあくまでパンチのある口当りを表現する程度にうまく馴染み、花椒や唐辛子によるキリッとした辛みが最後まで飽きさせない食べ応え抜群な一杯となっていました!

やはり“ど・みそ”の味わいは濃厚ですね!カップ麺限定メニュー“まぜそば”にアレンジ・再現したということもありますが、動物系の旨味と味噌の合わせ具合などは非常にバランスが良く、花椒や唐辛子などの香辛料がしっかりと利いていたため、がっつりと食欲を満たしてくれる満足度の高いテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!