カップ麺

日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん!黒酢の酸味が利いた“酸”のメニュー

日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん

日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」を食べてみました。(2019年7月29日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、今回は様々な甘辛から激辛、そして花椒由来の痺れる辛さといった様々な辛さがブームということで“麻・辣・酸”といった3つの辛さが楽しめる「夏の辛口トリオ」が登場です!

それも…今回ご紹介する商品は、そのトリオの中でも「酸っぱ辛の“酸(サン)”」の味わいを表現した一杯で、チキンやポークの旨味をベースに黒酢の酸味をコク深く利かせたスープに後味すっきりとしたアクセントとしてラー油の辛味を加えたことによって、本格的な酸っぱ辛さがクセになる味わいに仕上がった一杯“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには中華料理のスープのひとつ酸辣湯(サンラータン)には欠かせない溶き卵がふんわりとした食感をイメージさせ、赤みを帯びたスープにはほんのり“とろみ”が付き、黒酢を加えたことによって酸味引き立つ酸っぱ辛さが“どん兵衛”ならではのもっちりとした“うどん”に絡む仕上がりイメージなんかが掲載されていて、これを見る限り具材には…卵・味付しいたけ・ねぎ・赤唐辛子が使用されているようです!

日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん パッケージ

なるほど…旨味を利かせた醤油ベースのスープに黒酢の酸味とラー油の辛みを加えたことによって中華料理のひとつ酸辣湯(サンラータン)の味わいを“どん兵衛”らしくアレンジした一杯ということですね!

しかも今回は黒酢が加わっていますから…酸味の方も想像以上に強いと思われますが、こういった酸っぱ辛い味わいは意外とクセになって、ついつい箸が止まらなくなるんですよね。。

ちなみに今回の“夏の辛口トリオ”は、以下3種の異なる辛さがテーマとなっていて、その中のひとつ“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん”は、この中の酸っぱ辛の“酸(サン)”を表現した商品ということです!

  • シビ辛の“麻(マー)”
  • 旨辛の“辣(ラー)”
  • 酸っぱ辛の“酸(サン)”

そこに今回はラー油によるほどよい辛みも加わっているようですので、心地よい汗を誘う食欲そそるピリ辛な味わいがバランス良く“黒酢酸辣湯うどん”に表現された仕上がりに期待できそうです!!

また、こちらには“酸”、“黒酢の酸味”と記載されているように、そもそも酸辣湯には酢の酸味が利いていたはずなんですが…今回の一杯にはさらに風味豊かな黒酢を使用したことによって酸っぱさが増し、さらにピリッとした辛みとなるラー油を加えたことによって本格的な味わいに仕上げ、ついつい箸と汗が止まらなくなる…そんなコク深く酸味の利いたピリ辛スープのようですね!

…というか、この“どん兵衛”と言えば、お出汁を利かせたシリーズとしてお馴染みですので、酸辣湯の味わいと聞くとある意味新鮮であり、若干違和感すら感じさせますね!

他にも特徴として…麺には“どん兵衛”お馴染みの厚み・幅広なもっちりとした食感が印象的な太めの“うどん”が今回も同じく採用されているようで、それによってラー油の利いた酸っぱ辛い酸辣湯の本格的とも言える味わいが表現されたスープとともに食べ応えのある“うどん”をじっくりと楽しむことができる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

黒酢による酸味が想像以上に強く利き、それによってラー油の辛みも引き立ち、さらに“かきたま”の風味や椎茸の味わいがほどよく旨味を引き立て、まさしく本格的とも言える酸っぱ辛い酸辣湯の味わいがスープに味濃く表現され、そこに“どん兵衛”ならではのもっちりとした食感の“うどん”が絡むことで、食べ応えと後引く酸っぱ辛さと旨味がクセになる後味さっぱりとした一杯となっていました!
これは特に、酸辣湯といった酸っぱ辛いスープが好みの方はもちろん、黒酢とラー油を利かせた本格な味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“夏の辛口トリオ”として登場した中のひとつ、「酸っぱ辛い“酸(サン)”」を表現した本格的な仕上がりとなった一杯「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、チキンやポークを利かせたスープに健康食品としても広く知られる黒酢ならではの風味豊かな酸味を利かせ、さらにピリッとした辛みであるラー油を加えたことによって酸っぱ辛さがクセになる酸辣湯の味わいを“どん兵衛”らしいもっちりとした“うどん”と楽しめる本格的な仕上がりとなった一杯“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん”となっています。

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名である“黒酢酸辣湯うどん”といった、まさしく中華料理をイメージさせるデザインとして表現され、黒酢による酸っぱさはもちろん、本格的とも言える辛みもしっかりと利いていることがよーく伝わってきますね!

ちなみに今回は“麻・辣・酸”といった「夏の辛口トリオ」”ということで、他にも旨辛な“辣(ラー)”のメニュー“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”や“麻(マー)”のメニュー“日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば”といった箸と汗が止まらない…それぞれひと味違った辛みのテイストも同時発売となっています!

それでは、今回の“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん”がどれほどの旨味を利かせたスープに仕上がっているのか?黒酢による酸っぱさの具合やラー油の辛み、そしてチキンやポークを利かせたスープとの兼ね合い、そして何と言っても“どん兵衛”らしいもっちりとした“うどん”とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り376kcal(めん・かやく317kcal / スープ59kcal)となっております。(塩分は5.6g)

カロリーは、酸辣湯といった濃い目の仕上がりの割にかなり低めにも感じられる数値のようで、塩分に関しては平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり97g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは59kcalとチキンやポークがしっかりと利いたことによって、比較的さらっとしたスープですが、ほどよいコクなんかも楽しめる厚みのある仕上がりを想像させます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • 醸造酢
  • チキンエキス
  • 香辛料
  • ポークエキス
  • 鶏脂
  • しいたけ粉末

といった、チキンやポークなど動物系の旨味を利かせたことで、黒酢の酸味によるコクがより一層引き立ち、さらに椎茸の旨味や“かきたま”の風味豊かな本格的な酸辣湯を想像させる材料が並びます。

また、もっちりとした食感が特徴的な“うどん”には、今回も同じく“こんぶエキス”といった材料が確認できますね!

JANコード4902105255216
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類)、スープ(しょうゆ、植物油脂、食塩、醸造酢、チキンエキス、香辛料、糖類、ポークエキス、鶏脂、しいたけ粉末)、かやく(卵、味付しいたけ、ねぎ、赤唐辛子)/加工でん粉、増粘多糖類、酸味料、調味料(核酸等)、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (97g) 当たり]
熱量376kcal
めん・かやく: 317kcal
スープ: 59kcal
たんぱく質6.1g
脂質17.5g
炭水化物48.6g
食塩相当量5.6g
めん・かやく: 1.0g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.40mg
ビタミンB20.49mg
カルシウム150mg

引用元:日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやくといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープは触った感じだと、脂っこさのないさらっとしたスープとなっているようですが、原材料にも動物系の旨味や豚脂といった材料が記載されていましたから、念のため調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り厚みもあり、幅広な“どん兵衛”らしいもっちりとした食感がすでに伝わって来るようなつるっと滑らかな太めの“うどん”が採用されているようで、酸っぱ辛い本格的な味わいが表現された黒酢酸辣湯スープと一緒にほどよい食べ応えなんかも楽しめそうな油揚げ麺仕様の“うどん”となっています!

そして、その“うどん”の裏側には、具材として使用されている“ねぎ”がすでに入っています!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付しいたけ
  • 赤唐辛子

が入っています。

これを見る限り、特に溶き卵・“かきたま”をイメージしたと思われる卵が豊富に使用されているようで、ふんわりとした食感の卵がスープ表面に浮くパッケージ通りの仕上がりを想像させ、風味に関しても“かきたま”ならではの風味が椎茸とともに本格中華料理を思わせる雰囲気ある香りを引き立てる…まさにそんな仕上がりが伝わって来そうです!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“うどん”にもっちりとした弾力ある食感が加わり、さらに“かきたま”を思わせる具材の卵と“味付けしいたけ”からすでに雰囲気ある中華料理ならではの風味がふわっと香り、本格的な酸辣湯が楽しめる汗を誘う一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…ラー油の赤みを帯びた油はもちろん、思っていた以上に濃厚なチキンやポークなど動物系の脂を含んだドロッとしたスープとなっていて、黒酢の酸味とコクが利いた酸っぱ辛さの中にもしっかりとした旨味が凝縮された酸辣湯に仕上がっているようです!

そして、黒酢ならではの酸味が一気に広がっていき、濃厚とも言える酸辣湯を思わせる液体スープは重みがあるものの量もそれなりに多いせいか…なかなか容器そこにも沈んでいきませんね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどのドロッとしたスープの印象よりも意外とさらっとした仕上がりではありますが、原材料にも“加工でん粉”といった記載がありましたから、食べ進めていくに連れてほどよく“とろみ”やコクが増していくものと思われます!

それにしても酸味は思った以上に強いですね。。

また、個人的にはこの酸っぱ辛さはもちろん特徴的な味わい・風味を表現していると思いますが、特に“かきたま”ならではの卵の風味や椎茸粉末によって本格的とも言える酸辣湯の味わい・風味を表現しているように感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり風味からすでに伝わるものはありましたが、黒酢による酸味は思っていた以上に強いですね!その酸味がラー油による辛み、そして動物系の旨味とうまくマッチし、酸っぱ辛さが際立ったことで本格的な味わい“酸辣湯”が表現されているようです!

また、気になる辛さについては…そもそもラー油ということもあってピリ辛程度でありますが、黒酢による酸味が思った以上に強めに利いているため、その酸味に引き立てられているかのように若干辛みも強めに感じられるかもしれません!

そもそも酸辣湯とは中国料理のスープとして酸味や唐辛子などの香辛料を利かせ、さらに椎茸や肉類をはじめとする様々な具材を使用した旨味溢れる仕上がりということで、今回の“黒酢酸辣湯(くろずさんらーたん)うどん”にも酸っぱ辛さの中にもしっかりと動物系や椎茸、“かきたま”といった旨味・風味が表現されていて、それによってついつい箸が止まらなくなるのと同時に汗を誘う辛みがむしろ心地良くも感じられます!

麺について

麺は、ご覧の通り“どん兵衛”ならではのもっちりとした滑らかで弾力のある食感が印象的な“うどん”に仕上がり、太めの仕様ということもあって、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめる仕上がりとなっています!

そんな太い“うどん”には…黒酢の酸味を動物系の旨味によってコク深く仕上げた“酸辣湯”の味わいを表現した酸っぱ辛いスープがよく絡み、一口ずつに強めに利いた酸味をはじめコク深い旨味やラー油の辛みが口いっぱいに広がっていき、酸辣湯ならではの酸味や椎茸の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“卵”が使用されていて、若干麺の下に隠れてしまっているんですが…実際には量も比較的多く含まれ、見てわかるようにふんわりと優しい食感に仕上がり、“かきたま”らしい風味がうまく表現されています!

さらに、こちらの“味付けしいたけ”は、食感柔らかな仕上がりとなっていて、味付け自体はそこまで感じられなかったものの…素材本来の風味が本格的な酸辣湯といった中国料理を思わせる雰囲気ある風味を表現し、黒酢の酸味とともに今回の一杯の旨味・風味を引き立てているように感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り仕上がりは若干さらっとした状態ではありますが、しっかりとチキンやポークが利いたことで深み・コクのあるスープが表現され、そこに黒酢の酸味がコク深く加わったことで、酸っぱ辛さの中にもじっくりと旨味が楽しめます!

そのため、単純に酸味だけが際立った仕上がりというわけではなく、椎茸の旨味も絶妙なバランスで加わったことで本格的な酸辣湯が表現され、後引く酸っぱ辛さがクセになり、つい箸と汗が止まらなくなるような味わいとなっています!

ただ、この酸辣湯の特徴でもある酸っぱ辛さに際立った仕上がりは、好き嫌いがはっきりと分かれそうなテイストでもあるかと思われますので、好みの方にはかなりハマる味と言えるのではないでしょうか?

また、スープを混ぜながら食べ進めていくと…少しずつ・若干ではありますが“とろみ”が付き、それによってコク深く濃厚とも言える旨味溢れる味わいに変化していき、満足度も同じく増していく…そんな本格的な酸辣湯の味わいが楽しめるでしょう!

ただ、先ほどもお伝えした通り思っていたよりもラー油の辛みが徐々に利いてきて、箸と汗が止まらなくなりますね!酸っぱさが強いので辛みの程度がわからないのかもしれません。。

やはり今回の一杯は単純な酸辣湯というわけではなく、敢えてそこに黒酢を加えたことによって風味豊かな酸っぱさがプラスされ、スープ自体もラー油の辛みによる赤み以外にも、この黒酢による琥珀色が食欲そそる色合いを表現しているようですね!

このように、今回の“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん”は、黒酢の酸味をコク深く表現し、椎茸や卵や動物系の旨味によって風味豊かな酸っぱ辛さがクセになる本格的な酸辣湯に黒酢による酸味が際立った仕上がりとなっていたため、お好みによってラー油をちょい足しして酸っぱ辛さのバランスを調整してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」を食べてみて、チキンやポークといった動物系の旨味をしっかりと利かせた黒酢の酸味をコク深く酸辣湯ならではの酸っぱ辛いスープに表現し、特に黒酢の風味豊かな酸味が際立った本格的と言える味わいに仕上がっていました!

そして、今回の“夏の辛口トリオ”のひとつ“酸(サン)”のメニューは、黒酢の酸味とコクが際立った後味さっぱりとした仕上がりでしたので、ついつい箸が止まらなくなる…そんな酸っぱ辛さが最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!