カップ麺

カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味!本格スパイスを加えた辣油の辛みがクセになる一杯

カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味

カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」を食べてみました。(2019年7月29日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、今回は甘辛や激辛、そして花椒由来の痺れる辛さといった昨今の様々な“辛さ”がブームということで、“麻・辣・酸”といった3つの辛さが楽しめる「夏の辛口トリオ」が登場です!

それも…今回の商品はチキンの旨味をベースに“よだれが出るほど美味しい”と例えられる中国の四川料理“よだれ鶏”の甘辛いタレをイメージさせるスープに仕上げ、そこに別添された特製ラー油による辛みを意味する“辣(ラー)”といった本格スパイスが加わったことで、まさに後引く旨味・辛みが楽しめる刺激的でありながらも風味豊かな“よだれ鶏”の旨味が引き立つ一杯“カップヌードル 四川麻辣(しせんまーらー)よだれ鶏味(どりあじ)”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“四川よだれ鶏味”といった文字が大きく記載され、その特徴を“思わずよだれが出るほど旨い四川麻辣鶏だしスープ”と端的に記載されているように、今回の一杯は、よだれが出るほどの鶏の旨味にピリッとした本格的な辣油の辛みが相性良くマッチした仕上がりのようです!

カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味 パッケージ

ちなみに今回発売されたのトリオ商品は…以下3種の異なる辛さがテーマの「夏の辛口トリオ」となっていて、その中のひとつ“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”は、この中の辣油(ラー油)の辛みに当たる“辣(ラー)”を表現した商品ということです!

  • シビ辛の“麻(マー)”
  • 旨辛の“辣(ラー)”
  • 酸っぱ辛の“酸(サン)”

ご覧の通り、パッケージ側面には“ラー油の辛味”と記載され、“辣”といったラー油の辛みをイメージさせる刺々しい文字が大きく表示されたことで、甘みのある“よだれ鶏”の旨味にちょうど良いメリハリが加わった相性抜群な甘み・旨味、そして辛みがバランス良く調和された仕上がりをイメージさせますね!

ちなみに気になる辛さの程度についてですが…こちらに“辛さレベル2”と記載されているように、そこまで強い辛さというわけではないようで、あくまで“よだれ鶏”のタレをイメージしたスープにスパイス・ラー油を利かせたことで、旨味を引き立てる程度のラー油らしい唐辛子のピリッとした風味豊かな心地良い辛みのようです!!

また、今回の一杯にはフタの上に“四川よだれ鶏味 特製ラー油”と記載された調味料が別添されていて、こちらを剥がしてみると…ご覧の通り“よだれ鶏味”を表現した旨味をベースとしたスープに本格的とも言えるラー油を利かせた赤みを帯びた食欲そそる具だくさんな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、こちらを見る限り具材には…味付鶏ミンチ・きくらげ・赤唐辛子・ごま・ねぎが使用されているようです!

他にも特徴として…今回レギュラーサイズとして登場となった“四川麻辣よだれ鶏味”の麺には…やや薄め・幅も狭めの表面つるっとした仕様の麺が採用されていて、すすり心地の良い非常に軽やかな麺となったことによって、本格的なスパイスと特製ラー油が加わったスープから香る風味が“よだれ鶏”の旨味をより一層引き立てる相性抜群な仕上がりとなっていました!

実際に食べてみて…

“よだれ鶏”の旨味と思われる甘み・深みのある味わいをベースにコクのある口当たりが非常に印象的なスープには、別添された特製ラー油以外にもいくつかのスパイスが利いているようで、風味豊かなスパイシーさが“よだれ鶏”の旨味を引き立て、この甘みと辛みとの対称的とも言えるメリハリがクセになる…まさに箸と汗が止まらない仕上がりとなっていました!
これは特に、“よだれ鶏”のタレをイメージした甘みのある旨味に汗を誘う本格スパイス・ラー油を利かせた後味すっきりとしたスープを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの四川料理のひとつ“よだれ鶏”のタレをイメージしたスープに本格スパイス・特製ラー油を加えたことで、後引く辛さと旨味が汗を誘い…ついつい箸が止まらなくなる味わいを表現した一杯「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、“麻・辣・酸”といった“夏の辛口トリオ”のひとつラー油ならではの“辣(ラー)”の辛みを“よだれ鶏”のタレ風スープをベースに本格スパイスや別添された特製ラー油を加えることによって、鶏の旨味とスパイスの利いたラー油の辛味がクセになる一杯“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”となっています。

そして、この“よだれ鶏”とは?こちらにも簡単な説明が記載されているように、“「この料理のことを思い出すだけでよだれが出るほどおいしい」”といった意味が料理名の由来であり中国の四川料理のひとつとしてご存知の方も多いのではないでしょうか?

また、こちらによると…“茹でて冷やした鶏肉、薬味、香辛料がきいた風味豊かな旨くて辛いソースをかけた冷菜です。”とのことで、スライスした鶏肉に薬味・香辛料を利かせた旨辛ソースをかけた冷菜とともに楽しむ料理のようで、鶏の旨味はもちろん、この旨辛なソースが特に“よだれ”が出そうな美味しさのポイントとなっているような気もしますね!

ちなみに今回は“麻・辣・酸”といった「夏の辛口トリオ」”ということで、他にも“酸(サン)”のメニュー“日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯(くろずさんらーたん)うどん”や“麻(マー)”のメニュー“日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば”といったどれも箸と汗が止まらない…それぞれひと味違った辛みのテイストも同時発売となっています!

それでは、今回の“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”がどれほどの旨味が表現された仕上がりとなっているのか?“よだれ鶏”のタレをイメージした味わいについて、さらに本格スパイスに別添された特製ラー油、それら全体が合わさったスープのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り383kcal(めん・かやく305kcal / スープ78kcal)となっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、今回レギュラーサイズということもあってやや低めにも感じられる数値のようで、塩分もまた同じく平均的といったところ!
ちなみに1食当たり80g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープが78kcalとなっていて、お馴染み“カップヌードル”のスープが18kcalですから、テイストは全く異なるものの…かなり濃厚さを思わせる仕上がりに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、豚脂やチキン調味料をはじめ…

  • 香辛料
  • 調味油脂
  • 香味油
  • 粉末しょうゆ
  • 唐辛子みそ
  • 香菜

といった、チキンの旨味を引き立てるかのように豚脂を合わせたスープをベースに本格スパイス、さらに別添されている特製ラー油を加えることによって“よだれ鶏”のタレを思わせる旨辛なスープに仕上がり、さらに冷菜を添えて楽しむ味わいを“香菜”によってうまく表現しているようで、かなりの旨味・風味が凝縮された仕上がりを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105258521
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料)、スープ(糖類、豚脂、小麦粉、チキン調味料、香辛料、植物油脂、でん粉、香味油、粉末しょうゆ、食塩、乳化油脂、唐辛子みそ、香菜)、かやく(味付鶏ミンチ、きくらげ、赤唐辛子、ごま、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、炭酸Ca、香料、かんすい、香辛料抽出物、増粘多糖類、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、炭酸Na、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (80g) 当たり]
熱量383kcal
めん・かやく: 305kcal
スープ: 78kcal
たんぱく質9.0g
脂質17.4g
炭水化物47.5g
食塩相当量4.4g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 2.4g
ビタミンB10.81mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム106mg

引用元:カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り豊富に使用された具材はもちろん、粉末スープがかなり多く使用されているといった印象で、フタの上には“四川よだれ鶏味 特製ラー油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一別添されている特製ラー油となっていて、今回の一杯には特製スパイスがすでに容器の方に粉末スープとともに含まれていて、さらにこの特製ラー油を加えることによってピリッとした辛みが加わり、スパイスと合わさったことで本格的な辛さとなって表現されるわけですね!

それによって“よだれ鶏”らしい旨辛いスープが楽しめるようで、ラー油ということもあって恐らくさらっとした仕上がりかと思われますが、念のため調理中にはフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • 味付鶏ミンチ
  • きくらげ
  • 赤唐辛子
  • ごま
  • ねぎ

が入っています。

ちなみに今回使用されている“カップヌードル”には欠かせない“謎肉”は“よだれ鶏”の旨味に合わせて鶏ミンチ仕様となっていて、鶏肉らしい白っぽい具材となっています!

そしてこの時点ですでにいくつかの香辛料が使用されていることが伝わって来るような…本格スパイシーな風味が確認できます!

さらに、麺はご覧の通りカップヌードルのレギュラーサイズらしくやや薄め・幅も狭めな軽やかな麺が採用されているようで、実はこの“カップヌードル”、いつも同じ仕様の麺が採用されていると思われているかもしれませんが、以前お問い合わせした際にそのフレーバー毎に厚み・幅などをスープに合うように細かく調整・開発しているとのことで、今回はこのような軽やかな麺が使用されているようですね!これはスープとの絡みなんかも気になるところ。。

調理してみた

熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、スープや麺だけでなくしっかりと具材から滲み出る旨味なんかも楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。(※原材料に“香菜”と記載されていましたが、特にパクチー感が強いというわけではありませんので、ご安心を。)

そして、ここに先ほどの“四川よだれ鶏 特製ラー油”を注いでいきます!
すると…まさしくラー油を思わせる赤みを帯びた油分となっていて、恐らくフタの上で温めなければ若干固まっていたような雰囲気の状態の油となっています!

すると…鶏の旨味に本格スパイスを利かせたスープにピリッとしたラー油ならではの辛みを思わせる風味豊かな香りが一気に広がっていき、見た目からも食欲そそられますね。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“よだれ鶏”のタレをイメージしたスープは完全にさらっとした仕上がりというわけではなく、旨味が凝縮されたことによるコク深さと言うんでしょうか?若干厚みのある仕上がりとなっていて、鶏の旨味が十二分に楽しめるコク深いスープが見るからに旨辛く表現されているようです!

また、今回使用されている鶏ミンチからも鶏肉ならではの淡白な旨味が少しずつ滲み出ているようにも感じられ、原材料にも“でん粉”といった材料が記載されていましたから、食べ進めていくに連れて少しずつコク深さも増していくものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏の旨味はしっかりと利いてはいるものの、若干甘みのある旨味となっていて、そこに本格スパイスと別添された特製ラー油による風味豊かなピリッとした辛みが加わったことで非常にバランスの良いメリハリとなり、余計鶏の旨みが際立ち、まさに“よだれ鶏”に使用する旨辛いタレをイメージしたスープにぴったりな濃厚とも言える仕上がりとなっています!

また、パッケージには“辛さレベル2”と記載されていましたが、個人的にはこの本格スパイスが利いたことによって3〜3.5くらいにも感じられるような…想像以上にピリッとした本格的な辛みがスパイシーさが加わったことによって表現されているようにも感じられます!

とは言っても、激辛の部類に入るほどのものではありませんので、気になる方は少しずつ足して味を調整してみても良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り今回は薄め・幅狭な麺となっているため、お好みによっては調理時間を2分程度にしてみても良いかもしれません!

というのも…“カップヌードル”シリーズのこういった若干軽やかな麺の場合、すすり心地は非常に良いんですが、食べ進めていくとすぐに柔らかくなってしまうため、個人的には調理時間を短めにして先に麺を楽しむと良いかと思われます!

ただ、今回のスープには本格スパイスや特製ラー油がしっかりと利いているため、一応思い切りすするのだけは止めた方が良さそうです!

そしてそんな麺には…今回“よだれ鶏”のタレを思わせる甘みのある旨味がベースとなり、そこに本格的な香辛料によるスパイス感、そして別添されたラー油を加えたことによる旨辛に仕上がったスープがよく絡み、一口ずつに鶏の旨味とスパイスの利いた風味豊かなラー油の辛味が口いっぱいに広がっていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらの鶏ミンチが入っていて、噛むと鶏肉ならではの淡白な旨味がじゅわっと滲み出てくるんですが、こちらにも今回の“よだれ鶏”のタレをイメージした旨辛なスープがしっかりと染み込んでいるため、想像以上に旨みと辛さを兼ね備えた旨味溢れるテイストも同時に楽しめる美味しい具材となっています!

また、こちらのキクラゲは、シャキシャキ・コリコリといった非常に食感の良い仕上がりとなっていて、今回のような四川料理の味わいをイメージしたスープにも相性良く馴染み、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらにこちらの“ねぎ”も、上記のキクラゲと同じくシャキシャキとした食感に仕上がり若干小さくカットされてはいたものの…使用されている数もやや多めということもあって、ちょうど良い薬味にもなっているように感じられます!

スープについて

スープは、鶏の旨味がベースとなり、そこに本格スパイスを利かせたことによって“よだれ鶏”の濃厚とも言えるタレをイメージさせ、別添されていた特製ラー油を加えることによってピリッとした辛みが若干甘みのある鶏の旨味とちょうど良くマッチし、鶏の旨味が引き立つコク深く風味豊かな仕上がりとなっています!

また、他にもさりげなく“ごま”なんかも使用されたことによって、ほどよい香ばしさなんかも今回の“よだれ鶏味”を臨場感溢れる味わいへと引き立てているようにも感じられ、ご覧の通り想像以上に強い辛みが表現されているような色合いではありますが…“辛さレベル2”ということもあって、食欲そそるラー油の辛味となっているため、まさしく“よだれ鶏味”をイメージしただけあって箸と汗が止まらなくなるような…後引く辛みと旨味がたまりませんね!

そして、原材料のスープの項目に記載されていた“香菜”は、ご覧の通り細かくカットされて目視できる程度にカットされた状態でスープに含まれています!

ただ、そこまでクセのある風味などは表現されているわけではないものの…じっくりと風味を確かめてみると…後味の風味に微かに感じられる程度のものとなっています!

このように今回の“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”は非常に手の込んだスープの仕上がりのようで、鶏の旨味に本格スパイス、さらに特製ラー油に香菜といった実に様々な材料の組み合わせによって旨味溢れるスープを表現しているようですね!

このように、今回の“カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味”は、特製ラー油と本格スパイスが合わさったことで風味豊かな辛さが想像以上に強い辛み、そして四川料理にぴったりな本格的な辛みとなって“よだれ鶏”のタレをイメージしたスープと絶妙にマッチした仕上がりとなっていたため、お好みによってはラー油や唐辛子をさらに追加してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」を食べてみて、鶏の旨みをベースに本格スパイスを加えたことで、中国の四川料理“よだれ鶏”のタレをイメージさせる旨辛なスープが表現され、そこに特製ラー油を加えることによって、さらに本格的な辛みが楽しめる絶妙なバランスとなって後引く辛み・旨味がクセになる…ほんのり汗を誘う一杯となっていました!

そして今回のような“麻・辣・酸”から好みの辛さのテイストが選べる“夏の辛口トリオ”は面白いですね!個人的にはこの“辣(ラー)”をイメージした一杯が一番好評のような気もしますが…もちろん他の商品に関してもその仕上がりが気になってしまうのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!