カップ麺

カップヌードル 蘭州牛肉麺!パクチー香る蘭州発祥の定番メニューをアレンジ

カップヌードル 蘭州牛肉麺

カップヌードル 蘭州牛肉麺」を食べてみました。(2019年4月8日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、今回は蘭州発祥・中国の定番メニュー「蘭州牛肉麺」の味わいをカップヌードルらしくアレンジした一杯が登場です!

それも…、たっぷりと使用したビーフをベースにキレのあるスープに仕上げ、さらにラー油による辛みや爽やか・エスニックな風味が特徴的なパクチーの風味を加えたことで、日本で人気急上昇だという中国の麺料理のひとつ“蘭州牛肉麺”の味わいを美味しくアレンジした一杯“カップヌードル 蘭州牛肉麺”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通り、パッケージには「トムヤムクンヌードル」や「シンガポール風ラクサ」、「ブラックペッパークラブ」などと同じ“エスニックヌードル”シリーズお馴染みのデザインがあしらわれ、ビーフの旨味を贅沢に利かせ、コク深いスープに薬味として加えられたパクチーならではの香りが伝わってくるような仕上がりイメージなんかも確認できます!

一方、こちらには“旨みたっぷりの牛肉スープに爽やかなパクチーと辣油の辛み”と記載されているように、今回の一杯にはビーフの旨味をしっかりと利かせたことによって、牛肉ならではの風味・旨味がコク深さを表現し、そこにエスニックな雰囲気を感じさせるパクチーならではの爽やかな風味がほんのりと香ることで、ラー油の辛みとともに最後まで飽きの来ないクセになる味わいに仕上がっているようです!

また、こちらには今回の“蘭州牛肉麺”についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると“蘭州牛肉麺”とは…後味すっきりとしたスープの中にもコクがあり、さらにパクチーならではの爽やかな香りとラー油によるピリ辛なアクセントがやみつきになる味わいとのことで、そういった特徴を“カップヌードル”らしくアレンジした一杯のようですね!
※蘭州牛肉麺とは、中国・西北部の甘粛省蘭州(かんしゅくしょうらんしゅう)が発祥とのこと。

他にも特徴として、“カップヌードル”お馴染みの謎肉には今回“味付牛ミンチ”が使用され、旨味が滲み出たことによってビーフを利かせたスープをさらに味濃い味わいに引き立て、本場現地のエスニックなトレンドである中国のソウルフードを存分に楽しめる満足度の高い仕上がりとなっています!

実際に食べてみて…

ビーフをしっかりと利かせたスープとのことでしたが、牛特有の変な臭みや“くどさ”といった脂っこさは一切なく、心地良いコクとなって味濃いスープに旨味として溶け込み、そこにラー油によるピリッとしたアクセントやパクチーならではの爽やかにも感じられる風味がほのかに香ることによって、雰囲気あるエスニックな味わいを最後まで楽しめるやみつきな仕上がりとなっていました!
これは特に、蘭州ラーメンといった牛肉の旨味を利かせたエスニックな味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの中国・蘭州の定番メニュー“蘭州牛肉麺”の味わいを“カップヌードル”らしくアレンジした一杯「カップヌードル 蘭州牛肉麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル 蘭州牛肉麺

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“カップヌードル”の新商品ということで、ビーフの旨味をベースにキレとコクをバランス良く仕上げ、そこにラー油によるアクセントとパクチーを添えたことによって、蘭州発祥の中国定番メニューであり、日本でも人気急上昇中だという“蘭州牛肉麺”の本場エスニックな味わいを気軽に楽しめる一杯“カップヌードル 蘭州牛肉麺”となっています。

このように、エスニック料理好きの若い女性を中心に非常に好評な“エスニックヌードル”から久しぶりに登場した一杯ということで、気軽に本場の美味しさが楽しめる仕上がりは個人的にも好みのテイストでして、特に薬味として使用されたパクチーならではの香りがポイントにもなりそうな一杯ではないでしょうか?

それでは、今回の“蘭州牛肉麺”がどれほどエスニック感に際立った仕上がりなのか?パクチーならではの風味の具合や全体のバランス、ラー油の辛さなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り356kcal(めん・かやく317kcal / スープ39kcal)となっております。(塩分は5.3g)

今回は1食当たり76gのサイズということもあってカロリーはやや低めにも感じられる数値のようで、塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに麺の量は60gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ビーフ調味料や植物油脂をはじめ…

  • 牛脂
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • チキン調味料

といった、ふんだんに使用したビーフの旨味をベースにコク深い味わいに仕上げ、そこにラー油によるピリッとしたアクセント、さらにパクチーを加えての風味豊かなエスニックな雰囲気が楽しめる仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

JANコード4902105244982
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料)、スープ(ビーフ調味料、植物油脂、牛脂、香味調味料、香辛料、チキン調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付牛ミンチ、味付卵、ねぎ、赤唐辛子、パクチー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、香料、カラメル色素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、香辛料抽出物、くん液、炭酸Na、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (76g) 当たり]
熱量356kcal
たんぱく質10.8g
脂質15.9g
炭水化物42.4g
食塩相当量5.3g
めん・かやく: 2.6g
スープ: 2.7g
ビタミンB10.51mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム118mg

引用元:カップヌードル 蘭州牛肉麺 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、フタの上には“特製辣油”と記載された調味料が別添されています。

そして、具材には…

  • 味付牛ミンチ
  • 味付卵
  • ねぎ
  • 赤唐辛子
  • パクチー

が入っています。

ちなみにこの時点ではパクチー特有の香りは確認できないようで、牛の旨味と思われる風味が食欲そそります。。

また、麺はご覧の通り“カップヌードル”ならではのやや幅広・なめらかな食感が特徴的な油揚げ麺が今回も採用されているようですね!

調理してみた

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりがこちら!

豊富に使用されたそれぞれの具材がふっくらと仕上がり、牛ならではの食欲そそる香りが一気に広がっていき、パクチーの風味がほんのりと香ることで、本場の美味しさを表現したエスニックな一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどの“特製辣油”を注いでいきます!
こちらはピリッとしたアクセントとなる辛みを思わせる赤みを帯びた油となっていて、量も少ないため、調理中にフタの上で温める必要はそこまでないようにも感じられます!

そして、この“特製辣油”を加えることによって、牛の旨味をベースに後味すっきりとした味わい深いスープと相性の良い辛みが加わり、こちらもまたエスニックな味わいを引き立てるには欠かせないアクセントとなっているようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…非常に味濃い仕上がりを思わせる色の濃い仕上がりとなっていて、牛の旨味がしっかりと利いたことで想像以上に深みのある味わい、そしてラー油とパクチーによるエスニックな雰囲気が存分に楽しめる旨味溢れる一杯となっています!

ちなみに、この時点でもパクチーらしい風味はそこまで強いわけではなく、やはり今回の“蘭州牛肉麺”は牛の旨味が全面に押し出した仕上がりのようで、恐らくパクチーの風味は後味などにほんのりと香ることで、まさに薬味のような香り付けのようなアクセントがラー油とともに表現されているものと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは美味いですね!!牛の旨味は全くクセがないというか、牛ならではの変な臭みなど一切なく、コク深い旨味としてスープに溶け込み、さらに“カップヌードル”らしい香ばしさやジャンク感が加わったことで、塩分濃度もちょうど良い切れのある口当たりが印象的な仕上がりとなっています!

そして、そこに特製辣油によるピリッとした辛みが味に締まりをプラスし、さらにパクチーならではのエスニック感を表現するには欠かせない風味が雰囲気ある“蘭州牛肉麺”の味わいをうまく表現していますね!

特にこのパクチーの風味は、ほんのりといった感じで薬味として添えられ、個人差はあるものの…非常に心地良い程度のものとなっています!

麺について

麺は、ご覧の通りつるっとなめらかな“カップヌードル”らしい麺となっていて、すすり心地は当然抜群ですが、やや柔らかめな仕上がりとなっているため、この辺りはお好みで調理時間を調整してみると良いかもしれません!(今回は2分程度にしてみましたが、全く問題ありませんでした。)

そんな麺には、今回“蘭州牛肉麺”の味わいを“カップヌードル”らしくアレンジしたことによる牛の旨味が特徴的な味わい深いスープがよく絡み、一口ずつに特製辣油によるピリッとしたアクセントが利いた牛の美味しさが口いっぱいに広がっていき、さらにパクチーならではのエスニックな雰囲気が楽しめる香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“カップヌードル”シリーズには欠かせないお馴染みの“謎肉”が入っていて、今回“蘭州牛肉麺”の味わいを表現するために“味付牛ミンチ”仕様となったことで、牛の旨味がスープにも滲み出し、それによって食べ進めていくに連れて旨味も増していく相性抜群な具材となっています!

そして、もちろん噛んでみると牛ならではの旨味が滲み出す美味しい具材となっていて、噛み心地も非常にほどよく、弾力ある食感もまた楽しめるのは“カップヌードル”シリーズならではといったところではないでしょうか?

また、こちらの小さく刻まれたパクチーは、思ったよりも量が多く使用されてはいるものの…そこまで強烈な風味というわけではなく、ほんのりと後味に香ることによって今回の“蘭州牛肉麺”ならではの特徴をうまく表現し、雰囲気あるエスニックな一杯を香りからも楽しませてくれる具材となっています!

さらに、こちらの卵は、ふんわり優しい食感に仕上がり、味付け自体はそこまで感じられないものの、パクチーとともに見た目としての彩りの良いアクセントとなっているようです!

他にも、赤唐辛子や“ねぎ”といった具材が豊富に使用され、これによって牛の旨味を利かせたスープには非常に後味すっきりとしたキレのある口当たりが印象的な仕上がりとなり、最後まで全く飽きることなくエスニックな雰囲気のスープを楽しむことができます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り臭みのない牛の旨味をしっかりと利かせたことで、比較的さらっとした仕上がりにもかかわらず非常に味わい深い厚みのある旨味が表現され、そこに相性抜群なラー油による辛み、そして具材として添えられたパクチーならではの風味が絶妙なバランスとなったことによって、コク深くも本場の美味しさといったエスニックな雰囲気が楽しめる仕上がりとなっています!

そして、気になる特製辣油による辛さの程度についてですが、あくまで牛の旨味を引き立て、味に締まりを加える程度…ピリ辛といった感じでしたので、辛さが苦手な方でも十分“蘭州牛肉麺”の味わいを楽しめるのではないでしょうか?

また、パクチーの風味に関しても、メインとして香るのはあくまで牛の旨味が全面に出ているようにも感じられ、こちらもまた薬味としてふんわりと後味に香ることで、まさに雰囲気あるエスニックな味わいが表現されているものと思われます!

このように、今回の“蘭州牛肉麺”は文字通り牛の旨味が別添された特製辣油によってキレのあるピリ辛なアクセントが利き、それによって飽きの来ないクセになる味わいが表現されていたため、このままでも十分エスニックな味わいを楽しむことができるかと思われますが、お好みによっては追いパクチーやラー油を追加してみて、より味濃くアレンジしてみても良いでしょう!

まとめ

今回「カップヌードル 蘭州牛肉麺」を食べてみて、ベースとなるスープには全く臭みのない牛の旨味がしっかりと溶け込み、そこにピリッとしたラー油によるアクセント、さらには雰囲気あるパクチーの風味がバランス良く仕上がったことによって、満足度の高い“蘭州牛肉麺”らしい味わいをじっくりと楽しめる味濃い一杯となっていました!

やはり“エスニックヌードル”シリーズは間違いない美味しさが表現されていますね!ほんのりとパクチーの香りがプラスされたことで、本場の美味しさが気軽に楽しめ、想像以上に満足度も高いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!