カップ麺

どん兵衛 豚汁うどん 食べてみました!豚肉と根菜の旨みが利いた豚汁うどん!

どん兵衛 豚汁うどん 食べてみました!豚肉と根菜の旨みが利いたこの季節にぴったりな豚汁うどん!

2018年11月12日に日清食品から発売された「どん兵衛 豚汁うどん」を食べてみました。

この商品は、お馴染み“どん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回は寒いこの季節にぴったりな“豚汁”と“うどん”を合わせた一杯が登場です!

ちなみにこの商品は以前にも発売されていたようですが、その際に大変好評で“また食べたい”といった声に応え、実に3年ぶりの季節限定で復活となった“どん兵衛 豚汁うどん”となっております。(税抜き180円)

ご覧の通りパッケージには、根菜と豚肉の旨みが利いた味わい深くもコクのある“つゆ”と、“どん兵衛”らしいもちっとしたコシのある“うどん”が相性良く仕上がったイメージ写真が記載され、熱々な仕上がりを想像させる湯気がまた、この寒い季節にもぴったりと思われる体温まる一杯を想像させますね!

そして、この“季節限定”といった文字には惹かれます。。

豚汁と言えば…やはりゴボウや人参など根菜の旨味をしっかりと利かせ、その味わいを引き立てるかのように豚肉が厚みを持たせた味噌ベースの“つゆ”がじんわりと染み渡るように感じさせるコク深い一杯が寒い季節にぴったりですからね!馴染み深い味ということもあって、嫌いな人も少ないのではないでしょうか?

そんな豚汁をイメージした一杯に“うどん”を合わせた“どん兵衛”が以前発売され、その後数多くの要望があったところを見ると、その味わいも日清らしいクオリティ高い仕上がりだったようで、復活となった今回の味わいにも自然と期待感も高まりますね!

こちらには、“豚肉と根菜の旨みが溶け込んだ”と記載されているように、豚汁には欠かせない根菜の旨みがしっかりと表現された一杯であることが確認できます!

他にも特徴としては、“豚汁”ならではの味噌味の“つゆ”には、今回赤味噌と白味噌を合わせたとのことで、根菜の旨味を利かせたつゆに、ほどよいキレとコクをバランス良く表現し、最後まで飽きることのない寒い季節にぴったりな味わいが表現されているようです!

さらに、麺も“どん兵衛”ならではのもちっとした弾力のあるコシがたまらない“うどん”が今回も採用されているようで、染み渡るような旨味が表現された豚汁とも相性抜群な一杯を想像させますね!

実際に食べてみて…

“豚汁”ならではの根菜と豚肉の甘みと旨みがしっかりと表現され、さらに別添されている“彩り七味”をふりかけることで、味に締まりが出て、メリハリ付いた味わいが最後まで飽きることなく熱々な豚汁をもちっとした食感の“うどん”とともに楽しめる仕上がりとなっていました!
これは、豚汁好きなら誰もが納得の寒い時期におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの根菜と豚肉の旨みをしっかりと利かせた「どん兵衛 豚汁うどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

どん兵衛 豚汁うどんについて

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“どん兵衛”の新商品ということで、以前大変好評だったという一杯が3年ぶりの復活となって登場した“どん兵衛 豚汁うどん”となっています。

この根菜と豚肉の旨みでお馴染みの“豚汁”と言えば、年中美味しいんですが…冬の寒い時期には特に七味なんかをプラスすることで体も温まりますからね!こういった人気商品の復活は待ち遠しかった方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、今回3年ぶりの復活として登場したわけですが、この“どん兵衛 豚汁うどん”は以前は毎年定番の商品として発売されていたようですね!

カロリーについて

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り398kcalとなっております。(塩分は5.0g)

カロリーはやや低めにも感じられる数値のようで、塩分も同じくそこまで高いわけではなさそうですね!
ちなみに1食98g、麺の量は66gとのこと。
そしてこの辺りは、前回とほぼ同じ数値となっているようです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープと記載されている豚汁の“つゆ”には、“みそ”や“しょうゆ”をはじめ…

  • ポークエキス
  • 豚脂
  • 香味油
  • 野菜調味料
  • 粉末みそ
  • 香辛料
  • 七味唐辛子
  • 野菜エキス
  • かつお節粉末

といった、根菜や豚肉といった豚汁には欠かせない旨みがしっかりと利き、さらに赤味噌・白味噌を合わせたコク深い“どん兵衛”ならではの美味しさも後押ししたじんわりと染み渡るような美味しさを想像させる材料が並びます。

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維)、スープ(みそ、しょうゆ、ポークエキス、豚脂、香味油、糖類、発酵調味料、食塩、野菜調味料、粉末みそ、香辛料、七味唐辛子、野菜エキス、酵母エキス、かつお節粉末、植物油脂)、かやく(味付油揚げ、味付豚肉、人参、ねぎ、味付ごぼう)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、カラメル色素、香料、グリセリン、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
引用元:日清のどん兵衛 豚汁うどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、かやく、彩り七味といった3つの調味料などが入っています。

そして、豚汁の旨みをしっかりと吸った仕上がりを想像させる“味付油揚げ”がすでに入っていて、麺はご覧の通り“どん兵衛”お馴染みのもちっとした食感が表現された厚みのある“うどん”となっています!

このコシと弾力ある食感が“どん兵衛”らしくもあり、出汁の利いた“つゆ”にも合うんですよね!それが今回の豚汁といった馴染み深い味わいにも相性良くマッチしていることを期待しましょう!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 味付豚肉
  • ねぎ
  • 人参
  • 味付ごぼう

が入っています。

豚汁は、地域や家庭ごとに使用される具材などに違いがあり、個人的には“じゃがいも”が溶け出した、どろっとした仕上がりなんかが好みだったりするんですが、今回の一杯は比較的さらっとした仕上がりを想像させる具材が使用されているようですね!

続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。
そして出来上がりに先ほどの液体スープを入れたところがこちら!

この液体スープは、主に味噌が含まれているようで、想像以上にどろっとしたものでしたので、調理中はしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう。

そして、液体スープの量もやや多めということもあって、味噌感の強いどっしりとした味に仕上がっているといった印象です。

あとは、ここにどれほどの根菜と豚肉の旨みが表現されているのかがポイントとなると思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
液体スープが全体に馴染むと…思っていたようなどろっとした仕上がりではないものの、つゆの表面には豚肉の旨みがしっかりと利いていることを想像させる脂が浮き、根菜の旨みをよーく引き立てていることが伝わってきますね!

この見た目からは、比較的さらっとした味わいを想像させますが、根菜などの具材や良い油分によって旨みがしっかりと表現され、コクなんかも感じられる豚汁に仕上がっているようにも見えますね!何より根菜ならではの野菜の風味が食欲そそります!

食べてみた感想

一口食べてみると…2種類の味噌を合わせたという豚汁の“つゆ”には、醤油がバランス良く含まれているため、コク深くもキレのあるすっきりとした口当たりが表現されているように感じられます!

さらに、そのすぐ後からはゴボウをはじめとする根菜の旨みがしっかりと感じられ、豚肉の旨みが甘くも感じられる味わいとなって根菜の旨みと相性良く溶け込んでいますね!これはじんわりと染み渡ります。。

また、個人的には生姜といったアクセントも好みではあるんですが、今回の一杯は特にゴボウならではの風味・旨みが良い具合に馴染み深い豚汁の味わいを表現していて、さらに七味が良い辛みをプラスしたことで、物足りなさといった感じは全くありませんね!

麺について

麺は、ご覧の通り“どん兵衛”ならではのもちっとした弾力のある“うどん”となっていて、豚汁ならではの根菜・豚肉の旨みが利いた“つゆ”と一緒に合わせたことで、味わい・食べ応えともに満足度の高い一杯に感じられます!

そして、この表面つるっとしたなめらかな“うどん”には、豚汁ならではの根菜の旨みをしっかりと利かせた“つゆ”がよく絡み、一口ずつにどこかほっこりと感じさせる味わいが口に広がり、ゴボウをはじめとする根菜ならではの風味が後味良く抜けていきます!

ただ、“つゆ”が美味しく仕上がっているため、すすり心地抜群な“うどん”ではありますが、“つゆ”と同時にすすりたくなりますね…!火傷注意です。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付油揚げ”が入っていて、やや小さめではありましたが…数も特に少ないわけではなく、想像通り豚汁の“つゆ”をしっかりと吸っているため、噛むと油揚げならではの旨みとともにじゅわっと豚汁の味わいが滲み出てきます!

また、こちらの味付豚肉もまたやや小さめにカットされてはいたものの…しっかりと豚肉の旨みが表現された具材となっていて、今回の豚汁に良い旨味を滲み出しているものと思われます!

そもそも液体スープ自体にも豚の旨みも含まれているようですからね!この辺りも特に物足りなさといった感じはないですね!

そして、こちらの味付ごぼうは、しっかりと灰汁抜きされているようで、豚汁に相性抜群なゴボウならではの旨みが非常に良く出ています!

豚汁と言えばこの具材は欠かせませんからね!何と言うんでしょうか?良い意味でのゴボウ臭さは豚汁に合うんですよね!この具材によって今回の一杯を非常に美味しく引き立てているように感じられます!

さらに、こちらの人参なんかも使用されていて、小さめにカットされてはいたものの、豚汁といった一杯には欠かせない具合として根菜の旨みを引き立てているようで、見た目の彩りも良く添えられています!

では、ここで先ほどの“彩り七味”を追加して違った味を楽しんでみましょう!

すると…これによって甘みも感じられる豚汁の味わいに締まりがプラスされ、食べ進めていくうちに気付けばポカポカと体が温まってきますね!

この変化を食べ比べてみると違いがわかるため、お好みで調整しながら食べてみると良いかもしれません!量的には少なめではあるんですが、意外と風味といい、辛みといい、良いアクセントになりますね!

つゆについて

“つゆ”は、赤味噌と白味噌を合わせたことでコクとキレのある豚汁ならではの味噌ベースの“つゆ”となっていて、そこに根菜と豚肉の旨みがしっかりと利いたことで、安定感のある馴染み深い味わいが美味しく仕上がり、特にゴボウの旨みが豚汁らしい旨み・風味をよーく表現しているように感じられます!

豚汁って、お好みの野菜をたっぷり入れるヘルシーな点もまた人気の一品で、使用する具材によって味もそれぞれ違いがあるかと思われますが、今回の一杯にはそんな豚汁には欠かせない根菜の旨みがしっかりと表現されているため、非常に満足度も高いのではないでしょうか?

あとは、お好みで生姜を追加してみたり、手軽さで言うと…“豆腐”なんかも追加してアレンジしてみても良いかもしれませんね!

このさらっとした仕上がりの豚汁には、想像以上にしっかりと根菜と豚肉の旨みが詰まっていて、要望が多かった人気の一杯というのも納得の味わいが表現されています!これは寒いこれからの季節にもぴったりの味わいに感じられます!

まとめ

今回「どん兵衛 豚汁うどん」を食べてみて、豚汁ならではの旨みである根菜をしっかりと利かせ、さらにその味わいを豚肉の旨みによって美味しく引き立ったことで、赤味噌・白味噌を使用した豚汁の“つゆ”には、馴染み深い旨みが凝縮されたかのような安定感のある美味しさが表現されていました!

こういった根菜の旨みを利かせた豚汁は、実際食べてみるとやはり今の季節にぴったりですね!

さらに彩り七味をアクセントに加えることで、味に締まりとほどよい辛み・風味がプラスされ、より豚汁の味わいを楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です