どん兵衛

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛!4種の具材が入った肉だしうどん

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん」を食べてみました。(2020年3月2日発売・日清食品)

この商品は、和風カップ麺のトップブランド“日清のどん兵衛”の新商品ということで、シニア層や女性層をターゲットに通常よりも味わいをあっさりに仕上げ、さらに量も通常よりも7〜8割少なめといったちょうど良いサイズで楽しめるる新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”が登場です!

それも…新シリーズとして3品同時発売となっているんでが、今回ご紹介するのは昆布出汁をしっかりと利かせた、後味すっきりとした関西風の“つゆ”に仕上げ、もっちりとした太い“うどん”がシリーズらしい染み渡る旨味と絶妙にマッチし、あっさり・少なめ、しかも大変リーズナブルな価格設定として楽しめる一杯、“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん”となっております。(税抜き125円)

ご覧の通り、パッケージには“4種の具材が入った”と記載されているように、今回の新シリーズは味もあっさり・量も少なめといった代わりに豊富な具材が使用されているようで、これによって物足りなさを感じさせない美味しさが楽しめるようですね!

一方こちらには、甘めに利いた牛出汁の旨味がしっかりと溶け込んだ濃いめな“つゆ”に鰹や煮干しなど魚介出汁も同じく利かせた染み渡る一杯といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆ビーフ・揚げ玉・ワカメ・ネギが使用されているようです!
※“大豆ビーフ”は、大豆たん白を主原料とした具材となっています。

あっさりとした中にもシリーズらしい出汁の旨味がしっかりと感じられ、さらにレギュラーサイズだとちょっと多い…でもミニだと物足りない…といった味と量を考慮されたちょうど良いミドルサイズが登場ということですね!

“どん兵衛”シリーズはそもそも出汁の美味しさに定評ありますから、恐らくあっさりとは言っても薄味というわけではない旨味が表現されていると思われます!

他にも特徴として…麺には通常よりも若干幅の狭い厚みのある“うどん”が採用されていて、シリーズらしいもっちりとした食感が肉出汁や魚介出汁の利いた甘みが特徴的な“和風つゆ”とともにちょうど良いサイズ感として楽しめ、上記のように“あっさり”とは言っても出汁がしっかりと利いていますから、物足りなさを全く感じさせない旨味が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

実際に食べ比べてみると従来の“日清のどん兵衛 肉うどん”よりも若干あっさり目な仕上がりかもしれませんが…それがわからないくらいしっかりとした味わいが表現されており、なんと言ってもシリーズらしい出汁の旨味がしっかりと利いていたため、全く物足りなさを感じさせないじんわりと染み渡る濃いめの味わいが同じく楽しむことができ、しかも量がちょうど良いサイズ感となっており、まさにミニサイズではちょっと足りない…といった時に最適な一杯となっていました!
これは特に、鰹や煮干しなど魚介出汁に加え、肉の出汁を利かせた甘めの“和風つゆ”をちょうど良いサイズで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“日清のどん兵衛”から新たにシニア層や女性層に向けたシリーズ第1弾ということで、ミニでは物足りない…そして味もあっさり目な仕上がりとなったちょうど良いサイズと豊富な具材が楽しめる「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”の新商品ということで、ちょうど良い味とサイズが豊富な具材とともに楽しめる新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”から3種類同時発売されたのうちの一杯、“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん”となっています。

ご覧の通りパッケージは、レギュラー商品として発売されているものと比べて“あっさり感”を思わせるかのように若干色が薄く、“あっさりおだし”と“4種類の具材が入った”といった文言が表記されたわかりやすいデザインにあしらわれているのが印象的ですね!!

日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん パッケージ

ちなみに今回は、豊富な具材とあっさりおだしでちょっと少なめが特徴的な新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”として、“5種の具材が入ったきざみ揚げうどん”と“5種の具材が入った揚げ玉そば”も同時発売されています!
※“4種の具材が入った肉だしうどん”のみ通常よりも約8割の内容量となっています。(他は約7割)

また、以前ご紹介した下記の商品なんかも“あっさり・少なめ”といったシニア層や女性層に向けたミニではちょっと物足りない…といった商品が2018年4月9日に発売されていましたね!(2018年7月には“あっさりおいしいカップヌードル”に改名)

そういったコンセプトによる新シリーズがロングセラーブランド“日清のどん兵衛”からも登場ということで、量が少なめな変わりに豊富に使用された具材なんかも嬉しい一品は評価も高いんじゃないでしょうか?何せ商品価格が希望小売価格で税抜125円ですから…安売りされている時に買い溜めしておいたいところではないでしょうか?

それでは、今回の“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん”ががどれほど鰹や煮干し、さらに肉の旨味・出汁が凝縮された濃いめの仕上がりとなっているのか?あっさりとした味わいについてや、ちょうど良いサイズ感、そして豊富に使用された具材との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいもっちりとした弾力ある“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り313kcal(めん・かやく298kcal / スープ15kcal)となっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、あっさりとした味わいや食べやすいサイズ感ということもあってかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり72g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは15kcalとかなり低い数値となっていることからも従来の“どん兵衛”よりもあっさりとした仕上がりであることがイメージできます!
※レギュラー商品は43kcal

他にもレギュラー商品として発売されている“日清のどん兵衛 肉うどん”と比較してみても麺量が70gあるところ、今回の“4種の具材が入った肉だしうどん”は60gと少なめであることが確認できますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、糖類や食塩をはじめ…

  • 粉末しょうゆ
  • 香味調味料
  • ビーフ調味料
  • にぼし調味料
  • かつおぶし粉末
  • 香辛料

といった、“日清のどん兵衛 肉うどん”らしい甘めに利いた肉の旨味に魚介出汁をしっかりと合わせたことによって、あっさりとは言え物足りなさを感じさせないコク深く染み渡る味わいを想像させる材料が並びます。

また、通常の“肉うどん”と比較してみても…スープの項目は表記や順序などが若干異なるものの、むしろ今回の“4種の具材が入った肉だしうどん”の方には“ビーフ風味調味料”や“にぼし調味料材料”が加わったことで旨味が増しているようにも感じられ、一方で麺に使用されている植物性たん白や昆布エキス、大豆食物繊維や糖類が含まれていないようですね!これはちょっと“うどん”の仕上がりにも若干違いがありそうです!

JANコード4902105262825
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(糖類、食塩、粉末しょうゆ、香味調味料、ビーフ風味調味料、にぼし調味料、かつおぶし粉末、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(大豆たん白加工品、揚げ玉、わかめ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、増粘剤(アラビアガム)、カラメル色素、香料、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (72g) 当たり]
熱量313kcal
めん・かやく: 298kcal
スープ: 15kcal
たんぱく質5.3g
脂質12.2g
炭水化物45.5g
食塩相当量5.2g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 3.7g
ビタミンB11.14mg
ビタミンB20.22mg
カルシウム100mg

引用元:日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、粉末スープといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、左側の“かやく”には、バラエティに富んだ具材とのことでしたが…若干物足りなさを感じさせますね。。
特に揚げ玉は後乗せ仕様にしてほしかったところ。。
※“日清のどん兵衛 肉うどん”には、味付牛肉・揚げ玉・ねぎ・わかめが使用されています。

また、麺はご覧の通り厚みのある幅広な“うどん”となっているんですが、従来使用されている仕様よりも若干幅は狭くも感じられ、この辺りもターゲット層を考慮した工夫が施されているようにも感じられますね!

調理してみた

では、念のため調理方法を確認してみると…“かやく”はもちろん、粉末スープも先入れタイプとなっていて、特に注意点はなさそうです!

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • 大豆ビーフ
  • 揚げ玉
  • ワカメ
  • ネギ

が入っています。
※“大豆ビーフ”は、大豆たん白を主原料とした具材となっていて牛肉のような食感や味付けが施されています。

熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:360ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“うどん”がふっくらとした仕上がりとなり、もっちりとした弾力が加わり、粉末スープもすでに溶け込んでいるようで、この時点ではまだあっさりとした印象はなく、じんわりと染み渡る甘みのある肉の旨味が風味として香り立ち、煮干しや鰹など魚介出汁が絶妙にマッチした味わいがしっかりと楽しめるシリーズらしい一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、出汁の利いた甘みのある“和風つゆ”が全体に馴染むと…見た目や風味からは、あっさりとした味わいをイメージさせることもなく、その分出汁の旨味が際立ち、さらに豊富に使用された具材からもちょうど良い旨味が滲み出たことによって、まさにちょうど良い味とサイズが楽しめる仕上がりのようですね!

また、“肉うどん”との具材の違いは、“味付牛肉”が“大豆たん白加工品”に変更されている程度なので、昆布による相性抜群な磯の風味、そしてしっかりと味付けがほどこされた“大豆ビーフ”によって旨味を引き立てているようにも感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…若干甘さが際立っているようにも感じられますが、決して薄味といった印象は全くなく、鰹や煮干しなど魚介出汁がしっかりと活かされていることが伝わってきます!そのため、この“あっさりおだしがおいしい”とは、油分を控え目に出汁の旨味をストレートに味わえるテイストといった意味なのかもしれませんね!(元々脂っこさといった感じはないんですが…)

そして、あっさり目だからといっても醤油ならではのキレと甘みのある肉の旨味が絶妙にマッチした喉越しの良いじんわりと染み渡る味わいはそのままに、後味すっきりとした和風テイストの美味しさがちょうど良いサイズとして楽しむことができるでしょう!

また、意外だったのが豊富という割にちょっと量が少なめにも感じられた4種類の具材からも良い旨味や風味が引き立てられていて、シニア層や女性層だけでなく、レギュラーサイズではちょっと多い、けどミニサイズではちょっと少ない…といった時に幅広く好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?これで税別125円はかなり魅力的かと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通り“どん兵衛”シリーズらしいもっちりとした弾力のある食感に仕上がっているんですが、“5種の具材が入ったきざみ揚げうどん”の仕上がりも同じく従来の商品と材料が異なるせいか…調理時間5分だと柔らか過ぎる仕上がりとなっていたため、今回は3分弱にしてみたところ、ほどよいもっちり感と弾力あるコシがしっかりと表現されていました!
※この辺りはお好みで調理時間を調整してみると良いかもしれません!

逆にもちもち感が好みという方には、調理時間を5分にしてみることによって、かなりハマる“うどん”に仕上がっているものと思われます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大豆たん白を主原料とした“大豆ビーフ”が入っていて、噛み応えのある食感と大豆感を思わせない味付けがしっかりと施され、肉の旨味なんかも感じられる美味しい具材となっていたため、食べはじめはスープ底に沈めておき、後ほど“うどん”と絡めていただくことによってより一層肉の旨味が引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの揚げ玉は、先入れタイプとなっているため、サクサクとした食感はありませんが…ほどよい油分や香ばしさを引き立て、甘みのある出汁を利かせた“つゆ”にちょうど良い旨味を引き立てているようにも感じられます!

さらに、こちらの“わかめ”は、ちょうど良い磯の風味が加えられ、肉の出汁による甘みだけでなく、魚介出汁の旨味を引き立てているようにも感じられる相性抜群な具材となっています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、若干細かくカットされているためシャキシャキ感といった食感は感じられないものの…ほどよく後味を引き立てる具材としてちょうど良い薬味となって“つゆ”の旨味を際立たせているようです!

“つゆ”について

“つゆ”は、“肉だしうどん”というだけあって、甘みのある肉の出汁がしっかりと溶け込み、さらに甘さだけではなく鰹や煮干しなど魚介出汁を合わせたことで、深みのある味わいに仕上がり、コク深く喉越しの良い味わいは逆にどの辺りが“あっさり”なのか疑問に思ってしまうほど!

しかし、今回の新シリーズ“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛”は、あっさりとした味、そして少なめの量、さらに豊富に使用された具材が特徴的となっていて、調理する際の熱湯を少なくすることなくしっかりとした味わいで楽しむことができ…“日清のどん兵衛 肉うどん”と同時に食べ比べてみると若干あっさりとした仕上がりに気付くのかもしれませんね!(個人的には調理時間短めがおすすめです!)

というくらい素材の旨味が活かされた満足度の高い味わいが思う存分楽しめるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて“大豆ビーフ”をはじめ…各種具材からも良い旨味が滲み出し、より一層コクも増していく…そんな満足度の高い一杯がちょうど良いサイズとして楽しめるため、かなり幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ただ、“肉うどん”もそうですが、今回の“4種の具材が入った肉だしうどん”も若干甘みに際立った仕上がりであることに間違いありませんから、その辺りに関しては好き嫌いが分かれそうなフレーバーとも言えます。

そしてなんと言ってもリーズナブルな価格設定はかなり魅力的とも言え、希望小売価格が税別125円ですが、スーパーだとそれよりも若干安く購入することもできるかと思われますから、夜食なんかにも常備しておきたくなりますね!(特に小腹が空いた時だとミニだとちょっと物足りないんですよね。。)

このように、今回の“日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん”は、従来のレギュラー商品“肉うどん”と比べて内容量約8割程度で、まさにあっさりおだしでちょっと少なめといったちょうど良いサイズ感で豊富に使用された具材が加わったことによって出汁の旨味がしっかりと楽しめる絶妙な仕上がりとなっていたため、お好みによって調理時間を調整してみたり、出汁の利いた“つゆ”と相性抜群な七味などの香辛料を加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のあっさりおだしがおいしいどん兵衛 4種の具材が入った肉だしうどん」を食べてみて、あっさり目な味といい、ちょっと少なめな量といい、ミニではちょっと足りない…といった時にちょうど良いサイズ感で、あっさり感が感じられないほどしっかりとした味わいに仕上がり、4種類のバラエティに富んだ具材が加わったことによって、シリーズらしい肉の旨味・甘みや魚介出汁がしっかりと楽しめる仕上がりとなっていたため、幅広い方に好まれる一杯となっていました!

やはり“肉うどん”は若干甘みが特徴的なんですが、しっかりと鰹や煮干しのキリッとした出汁が醤油ならではのコクと絶妙にマッチしたことによって最後まで飽きの来ない…そんな満足度の高い味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!