カップ麺

「8番らーめん」監修カップ麺 “野菜らーめん 塩” 野菜の旨味を存分に楽しむ北陸のソウルフード

8番らーめん監修 野菜らーめん 塩

「8番らーめん」のカップ麺、「8番らーめん監修 野菜らーめん 塩」を食べてみました。(2021年8月3日発売・サンヨー食品/ローソン限定)

この商品は、石川県や富山県、福井県など北陸を中心にチェーン展開している人気ラーメンチェーン“8番らーめん”の看板メニュー“野菜らーめん 塩”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、ポークやチキンの旨味をベースに風味豊かな香味野菜を合わせ、もっちりとした角刃・太麺仕様のフライ麺が絶妙にマッチした後味の良い一杯が登場です!(“8番らーめん”が商品化されるのは今回が初とのこと。)

それも…上記の通り野菜の旨味を存分に活かした塩味のスープには、ポークやチキンの旨味を利かせたことで物足りなさを感じさせないコクがあり、別添されている“仕上げの小袋”を加えることによって食欲そそる香味野菜の香りが広がることで地元民から熱愛されているという“8番らーめん”の人気No.1メニューがカップ麺として気軽に楽しめるボリューム感のある一杯、“8番らーめん監修 野菜らーめん 塩”となっております。(税込228円)

ご覧の通りパッケージには“北陸のソウルフード”、“8番らーめん(HACHIBAN-RAMEN)”といった店舗名やロゴはもちろん、北陸を中心に店舗展開する人気ラーメン店であることが記載されており、実店舗で使用している丼(通称「青丼(あおどん)」)をイメージした色でまとめられているため、“8番らーめん”ファンなら一瞬で目に付くカップ麺と言えるのではないでしょうか?

8番らーめん監修 野菜らーめん 塩 パッケージ

一方こちらには…ポークやチキンを利かせた透明度の高い塩スープに“野菜らーめん”らしく豊富に使用された各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉・かまぼこ・もやし・人参が使用されているようです!特に“かまぼこ”には創業してすぐにユニークな仕様となった通称“ハチカマ”が採用されたことで“8番らーめん”ならではの特徴が細かく再現されているのが伝わってきますね!

また、こちらには“野菜らーめんは「8番らーめん」で一番人気のメニューです。”と記載されているように、ここ“8番らーめん”ではあっさりとした塩スープの中にもポークやチキンの旨味がコクを引き立て、さらに香味野菜や具材にたっぷりと使用された一杯が非常に好評とのことで、今回のカップ麺にどれほどそういった野菜の旨味が凝縮されているのか気になるところ。。

他にも特徴として…麺は角刃・太麺仕様のフライ麺となっていて、野菜の旨味を活かしたコクのある塩スープとは裏腹に噛み応え抜群な食感が心地良く、ポークやチキンを利かせた塩味のスープに香味野菜をバランス良く合わせたコクのある味わいが想像以上にボリューム感たっぷりと楽しめる…そんな素材本来の美味しさを存分に活かしたテイストがたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

塩味のスープに香味野菜を合わせ、ポークやチキンの旨味がコクを引き立てるといった非常にシンプルながらもタンメンのような優しい味わいが表現され、“野菜らーめん”というだけあって健康志向の高い方が特にハマりそうなあっさりとした中にも物足りなさを感じさせない深みのある塩スープと噛み応え抜群な角刃の太麺が絶妙にマッチし、北陸のソウルフードだという“8番らーめん”の一番人気メニューが気軽に楽しめるボリューム感抜群な一杯となっていました!
これは特に、石川県や富山県、福井県など北陸を中心にチェーン展開している人気店“8番らーめん”ファンはもちろん、丁寧に利かせたポークやチキンをベースに風味豊かな香味野菜をバランス良く合わせ、そこに食べ応え抜群な太麺によってがっつりと食欲を満たしたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は北陸を中心に愛され続けている人気ラーメンチェーン“8番らーめん”の人気No.1メニュー“野菜らーめん 塩”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したあっさりとした中にも深み・コクがあり、食べ応えのあるボリューム感抜群な一杯、「8番らーめん監修 野菜らーめん 塩」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

8番らーめん監修 野菜らーめん 塩

今回ご紹介するカップ麺は、石川県に本店を置き、富山県や福井県など北陸を中心にチェーン展開する北陸のソウルフードとも呼ばれている人気店“8番らーめん”の人気No.1メニュー“野菜らーめん 塩”の味わいをカップ麺に再現、ポークやチキンの旨味をベースに香味野菜をバランス良く利かせ、豊富に使用された野菜からも良い旨味が滲み出し、極太とも言える噛み応えのある太麺が絶妙にマッチした食べ応え抜群な縦型ビッグサイズの一杯、“8番らーめん監修 野菜らーめん 塩”となっています。

ご覧の通り、フタの上に別添されている調味料“仕上げの小袋”を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく“北陸のソウルフード”、“野菜らーめん 塩”といった商品名や特徴が記載され、その背景には“8番らーめん”で人気No.1だという味わいをカップ麺に再現したことで、あっさりとした中にもコクもあり香味野菜の香りが食欲を掻き立てる…そんな最後まで飽きの来ない仕上がりイメージが掲載されており、上記の通り創業翌年から使用されている「8」の数字が描かれている“かまぼこ(ハチカマ)”がなんとも印象的といったところ!

ちなみにここ“8番らーめん”の創業は1967年2月、店主“後藤 長司(ごとう ちょうじ)”氏によって石川県加賀市桑原町の国道8号線沿いにオープン(2016年8月には現在の加賀市西島町に移転)したのがはじまり、炒めた野菜をたっぷり盛り付けた看板メニュー“野菜らーめん”は当時1日1,300杯もの売上げを記録するほど大盛況し、現在の経営母体は“株式会社ハチバン”が取り仕切り、FC展開によって北陸を中心に日本国内だけでなくタイや香港など海外進出にも積極的に展開するグループ企業となっています!
※店舗名となる“8番らーめん”は一号店が国道8号線に位置したことが由来とのこと。

そして、そもそもこの“8番らーめん”の看板メニューは“野菜らーめん”で、フレーバーとしては…味噌・塩・醤油・豚骨・バター風味から選ぶことができ、その中でも特に塩が一番人気ということで今回初のカップ麺化となり、比較的ファミリー層に好まれる優しい味わいが数多くの方からの高い支持を獲得しているものと思われます!(実店舗の“野菜らーめん”は税別590円といった非常にリーズナブルな価格設定となっています。)

ご覧の通りこちら容器側面には今回商品化された“8番らーめん”に関する簡単な説明書きが記載されており、これによると…昭和42年創業・北陸のソウルフードであり、“スープがよく絡むちぢれ太麺とたっぷり野菜の野菜らーめんが定番”とのことで、北陸を中心に国内では117店舗、さらに海外にはタイに138店舗、香港に6店舗、ベトナムに1店舗といったかなり幅広く展開するラーメンチェーンのようです!

それでは、今回の“8番らーめん監修 野菜らーめん 塩”がどれほどポークやチキンの旨味を利かせたコクのある仕上がりとなっているのか?あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない香味野菜の風味やたっぷりと使用された野菜から滲み出る旨味や全体をバランス良く調和させる香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても食べ応え抜群な角刃・太麺仕様のフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り448kcal(めん・かやく356kcal / スープ92kcal)となっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、塩味の“野菜らーめん”ということもあって縦型ビッグサイズにも関わらずそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分はそれなりに高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり99g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで92kcalと思っていたよりも高めな数値を占めているようで、あっさりとした塩スープの割にポークやチキンによるコクや香味野菜の旨味を利かせたというだけあってメリハリのある口当たりと繊細な美味しさが絶妙に燐寸した仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や植物油脂をはじめ…

  • 香辛料
  • 豚脂
  • ポークエキス
  • チキンエキス
  • クリーミングパウダー
  • 油脂加工品
  • 香味油
  • 野菜粉末

といった、想像以上にたっぷりと旨味成分が凝縮されており、ポークやチキンをベースに香味野菜など野菜の旨味を存分に活かしたことで、シャープな飲み口が印象的な透明感のある塩スープらしくあっさりとした中にもコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901734043584
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(食塩、糖類、植物油脂、香辛料、豚脂、ポークエキス、チキンエキス、クリーミングパウダー、油脂加工品、香味油、たん白加水分解物、野菜粉末、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉、かまぼこ、もやし、人参)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、炭酸カルシウム、増粘剤(キサンタン)、乳化剤、かんすい、クチナシ色素、微粒二酸化ケイ素、香料、カラメル色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (99g) 当たり]
熱量448kcal
たんぱく質7.0g
脂質19.7g
炭水化物60.7g
食塩相当量6.6g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.59mg
カルシウム241mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“仕上げの小袋”と記載された調味料が別添されています。
※「8」の数字が入ったカマボコ(通称:ハチカマ)が非常に印象的。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみた感じだと…かなりサラッとした香味野菜の旨味・風味を利かせた油分のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、かやくには…

  • キャベツ
  • 味付豚肉
  • かまぼこ
  • もやし
  • 人参

が入っています。

このように今回の一杯には、“野菜らーめん 塩”の旨味を引き立てる数多くの野菜などの具材が豊富に使用されているようで、なんと言っても「8」の数字が印象的な“ハチカマ”が一際目を惹きますね!!

さらに、麺はご覧の通り極太とも言える太め・角刃仕様のフライ麺で、歯切れの良い強いコシ・食べ応え抜群な食感に仕上がり、ほどよく“ちぢれ”を付けたことによってあっさりとした中にもコクのある塩スープとの絡みも良さそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は角刃仕様ながらもほどよい弾力が加わり、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめる野菜の旨味を存分に活かした風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“仕上げの小袋”を加えていきます!
すると…ほぼ無色透明な油分となっていて、香味野菜らしい香りや調理感のある風味が広がっていき、ポークやチキンの旨味を引き立てる調味料となっているようですね!

そのため、この調味料を加えても見た目としての変わりは一切ないものの…食欲そそる風味がたっぷり野菜と相性良く馴染み、“野菜らーめん”といったイメージ通りかなり落ち着いた雰囲気で、北陸のソウルフードと呼ばれるだけあって幅広い層に好まれる味わいに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりベースは“塩味”というだけあって非常にさらっとした品のある透明度の高い仕上がりとなっていて、ポークやチキンなどをうまく利かせたことでキレの良い塩スープにちょうど良いコクをプラス、それによってあっさりとしていながらも深みのある味わいをイメージさせます!

また、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、それによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなボリューム感のある一杯に仕上がり、タンメンにも似通ったシンプルながらも野菜の旨味がたっぷりと楽しめる最後まで飽きの来ない美味しさが再現されてるようにも感じられますね!特に今回は縦型ビッグサイズですから、ボリュームもあるんですが…紙パック仕様ということで熱々です。。

食べてみた感想

一口食べてみると…“野菜らーめん 塩”というだけあって非常にあっさりとした塩スープにも感じられましたが、しっかりと混ぜながら食べ進めていくに連れてポークやチキンの旨味がコクを引き立て、そこに香味野菜などの風味や具材にたっぷりと使用された野菜からも良い旨味が滲み出していき、キリッとした後味と深みのある旨味がバランス良く融合し、まさに塩味だからこそストレートに素材の美味しさを感じさせる品のある一杯となっていました!

ただ…再現性に関しては定かではありませんが、野菜の旨味が特に際立っていて、そこにポークやチキンがコク深さを引き立てるといった非常にシンプルなテイストでしたので、あっさり系が好みの方におすすめの一杯であることに間違いなく、個人的にはどうしても濃厚なテイストが好きなのでレギュラーサイズでも良かったような気も否めません。。

そのため、動物系と野菜の旨味を塩味のスープにバランス良く溶け込ませ、香辛料でキリッとした口当たりをプラスしたことで満足度もそれなりに高いんですが…なんと言うか個性がないようにも感じられ、品良くまとまりすぎている感はありますね!この辺りに関しては地元民から熱愛されているとのことでしたので、実店舗を知る方の感想なんかも聞いてみたいところ。。

麺について

麺は、ご覧の通り太麺・角刃仕様によってもっちりとした弾力と歯切れの良い強いコシを併せ持った食感が心地良く、麺量も70gとボリューム感たっぷりと楽しめる仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークやチキンの旨味をベースに香味野菜など野菜の旨味を存分に活かしたコク深くキレの良い塩スープがよく絡み、一口ずつに野菜の旨味や深みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、別添されていた“仕上げの小袋”に含まれる香味野菜ならではの風味が後味良く抜けていきます!…というかあっさり感と野菜の旨味がうまく共存しているため、あっさりとしたテイストに感じられるかもしれませんが、やはりポークやチキンがさり気なく深み・コクを引き立てている辺りがまた良いですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの小さくカットされた味付豚肉が入っていて、スープの方にもさり気なくポークの旨味が使用されているせいもあって不思議と美味しくマッチしており、じっくりと味わってみると…カップ麺でよく見かける若干チープな仕様ではありましたが、それなりに味付けされた豚肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出て来る仕上がり具合となっていましたので、しっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていき、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層旨味が増して楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは、割と大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、使用されている数も多く、今回の“野菜らーめん 塩”には欠かせない具材のひとつとしてちょうど良い食感や彩りとしてのアクセントがプラスされているようです!

さらにこちらの“もやし”は、やや短めにカットされていたものの…シャキシャキとした食感が感じられ、上記のキャベツとともに野菜の旨味を滲み出すのはもちろん、テンポ良く食べ進められるこの仕上がり具合が絶妙といったところ!

そして、こちらの人参はかなり細かくカットされていましたが、こちらもまた食感の良い仕上がり具合で、じっくりと味わってみると素材本来の味わいが伝わり、“野菜らーめん 塩”の美味しさを引き立てる彩りの良いアクセントとなっています!

他にもこちらの「8」の数字が描かれた実店舗でもお馴染みの“ハチカマ”が豊富に使用されており、もちろん味付けは感じられないものの、見た目の可愛らしさや“8番らーめん”であることをしっかりとアピールしているように感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り、ポークやチキンをベースに別添されている“仕上げの小袋”を加えることによって香味野菜ならではの風味が香り立ち、さらに豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出していくことで塩味ならではのあっさりとしたキレの良いテイストにも関わらずコク深い仕上がりとなっています!

また、個人的には特に動物系×野菜の旨味を合わせた塩スープということもあってタンメンにも似通ったテイストに感じられ、大盛り仕様にも関わらず最後まで飽きの来ないあっさりとした中にも深みのある美味しさが秀逸で、もちろん濃厚な味わいが好みの方には合わないかもしれませんが…子供から大人まで幅広い層に好まれる一杯であることに間違いありません!

そして、この一杯は食べ進めていくに連れてポークやチキン、野菜の旨味が増していき、まさにあっさりとした中にも野菜本来の美味しさがストレートに楽しめるため、しっかりと全体を馴染ませながらいただくと良いでしょう!

この辺りに関しては、元々粉末スープが容器に入っていて、それを引き立てる調味料として“仕上げの小袋”が別添されているため、粉末・液体のWパック仕様とも言えるキリッとした香辛料と喉越しの良い動物系のコクが楽しめると思われます!(容器底に香辛料が溜まっているので、そういった意味でもしっかりと混ぜながら食べ進めていくべきです。)

このように、今回の“8番らーめん監修 野菜らーめん 塩”は、ポークやチキンの旨味をベースに別添されている“仕上げの小袋”による香味野菜の風味、そして豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出していくことで、動物系×野菜の旨味が絶妙にマッチし、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない安定感のある優しい旨味が後味すっきりとしたキレの良い塩スープと相性良く馴染んでいたため、お好みによっては塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!(容器底にも香辛料が溜まっているため、それでも足りなければ少しずつ加えていくと良いかもしれません。)

まとめ

今回「8番らーめん監修 野菜らーめん 塩」を食べてみて、石川県や富山県、福井県など北陸を中心に国内だけでなく海外にもチェーン展開している人気店“8番らーめん”の人気No.1メニュー“野菜らーめん 塩”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯は、ポークやチキンをベースに野菜の旨味をしっかりと利かせた後味の良い仕上がりで、あっさりとした中にも何度食べても飽きの来ない安定感があり、まさに幅広い層に好まれる野菜の美味しさをたっぷりと堪能できる一杯となっていました!

また、ここ“8番らーめん”には他にも様々なメニューが提供されているようでしたので、今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!