カップ麺

「博多元気一杯」監修カップ麺 “博多クリーミー豚骨ラーメン” 看板の無い人気店がカップ麺に登場

全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン

全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン」を食べてみました。(2019年11月25日発売・エースコック)

この商品は、知る人ぞ知る福岡市博多区の人気ラーメン店“博多元気一杯!!”の看板メニュー“博多クリーミー豚骨ラーメン”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、看板や暖簾なども一切出さない代わりに表にかかっているミニ水色バケツが開店中の印だという…強い拘りを持つ隠れ家的名店の一杯が登場です!

それも…脱サラ後にラーメンを独学したという店主“土井 一夫”氏によって作られる数種類もの豚骨の旨味を丁寧に利かせたことによって臭みのないまろやかでクリーミーな豚骨スープを再現し、味わい深くも後味すっきりとした一杯、“全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通り、パッケージには“看板の無い人気店”といった文字が印象的で、今回の商品名“博多クリーミー豚骨ラーメン”、そして店舗名である“博多元気一杯!!”の文字が記載されています!看板の無い人気ラーメン店ということで、本当にここのラーメンが食べたい人だけが集まる人気店であることが伝わってきますね!

全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン パッケージ

そしてこちらには、丁寧に処理された臭みのないまろやかな乳化感のある白濁とした“とろみ”のある豚骨スープといったクリーミーな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キクラゲ・ねぎ・大豆そぼろが使用されているようです!
※以前は高菜が有名だったようですが、具材には使用されていません。

他にも特徴として…麺には中太・丸刃仕様によってほどよい弾力とコシが表現され、食感滑らかなすすり心地の良さに加えまろやかでクリーミーな豚骨の素材本来の旨味が凝縮されたスープとの絡みも非常に良く、それによって一口ずつにコク深い味わいが口一杯に広がり、臭みのない豚骨本来の味わいがストレートに感じ取るとことができ、濃厚でありながらもすっきりとした後味が楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

非常にまろやかでクリーミーな豚骨スープにはほどよい“とろみ”が付き、全く臭みのない上品とも言える豚骨の旨味が丁寧に表現されていて、コクがありながらもキレの良い口当たりによって“くどさ”といった印象はなく、むしろ後味すっきりと感じさせることで最後までじっくりと豚骨の旨味が堪能できる仕上がりとなっていました!
これは特に、“博多元気一杯!!”ファンはもちろん、臭みのないクリーミーな豚骨の旨味を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は看板・暖簾が一切無い代わりに“青いバケツ”が営業中の印だという博多の人気ラーメン店“博多元気一杯!!”の味わいをカップ麺に再現した臭みのない豚骨の旨味が存分に味わえるコク深い一杯、「全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

「博多元気一杯!!」のカップ麺 “全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン”

今回ご紹介するカップ麺は、看板も暖簾も出していないのにもかかわらず連日行列を作るというラーメン激戦区博多の人気ラーメン店“博多元気一杯!!”の看板メニューを同店監修によって再現したもので、臭みのない上質な豚骨の旨味を凝縮したクリーミーな一杯、“全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン”となっています。

ご覧の通り、一見なんのことかわからない方も多いかもしれませんが…パッケージには白を基調に店の営業中の印だという“青いバケツ”がシンボルマークのように配置され、“看板の無い人気店”という点からも、かなりの拘りがある豚骨ラーメン店であることが推測できるかと思われます!
※青いバケツは並んでいるお客さんの灰皿なんだとか?

また今回の一杯は、全国各地の人気ラーメン店の味をカップ麺に再現したエースコックの人気シリーズのひとつ“全国ラーメン店マップ”でもあり、ご覧の通り今回は“博多編”が登場ということです!

最近で言うと…“旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン(2019年9月30日再発売)”や“奈良編 天理スタミナラーメン しょうゆ味(2019年4月22日発売)”なんかが登場していましたね!

ちなみに“博多元気一杯”の創業は1999年、当時“高菜コピペ”といった“高菜、食べてしまったんですか?”の名言とも取れる一言があまりにも衝撃的で、卓上に置かれている高菜をラーメンよりも先に食べたら即退店という厳しいルールなどが話題で“伝説の退場ラーメン店”とも呼ばれていた有名な豚骨ラーメン店です!

そしてこちらパッケージ側面にも“博多元気一杯!!”についての簡単な説明文が記載されていて、これによると…ラーメン激戦区“博多”に店を構える豚骨ラーメン店“博多元気一杯!!”は、看板などは一切なく、営業中の目印として“青いバケツ”が店先に掲げられているとのことで、上質・上品な風味とクリーミーな口当たりの豚骨スープが特徴であり、国内外問わず客足の絶えない人気店のようですね!

他にもスープから飲まないと退店させられる、メニューを聞くなどの一見さんお断り、店内撮影禁止など様々な条件によって退店を余儀なくされる強い拘りのあるお店だったようですが、今現在は撮影もOK、ラーメンの食べ方にも特にうるさくないとのこと!(例の高菜は現在不作で取り扱っていないのがちょっと残念ですが。。)

とは言え…ここまで拘っていたのは、“ラーメンのスープからじっくりと味わいたい”というお客さんが集まるお店といった強い思いがあったようですね!そんな希少価値の高い一杯がカップ麺化されたとのことで、その臭みのないクリーミーでまろやかな豚骨スープはカップ麺とは言えどもかなり気になります。。

それでは、今回の“全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン”がどれほど豚骨の旨味を丁寧に利かせているのか?コク深くまろやかな口当たりはもちろん、濃厚感にメリハリを付けるキレと後味、そしてなんと言っても中太・丸刃仕様による滑らかな食感の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り430kcal(めん・かやく355kcal / スープ95kcal)となっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、豚骨の旨味を活かしたまろやかでクリーミーなスープとのことでしたが、そこまで高い数値ではないようで、塩分の方がやや高めな数値となっています!
ちなみに1食当たり97g、麺の量は70gとのこと。

ただ、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで95kcalもありますから、やはりコク深く濃厚な豚骨スープには旨味が凝縮され、“とろみ”の付いた存在感の強い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや乳化油脂をはじめ…

  • 植物油脂
  • 食塩
  • しょうゆ
  • ポーク調味料
  • 動物油脂
  • チキンエキス
  • でん粉
  • ポークコラーゲン
  • 香味油

といった、丁寧に処理された複数の部位から作られる臭みのない上品な豚骨スープを再現し、まろやかでクリーミーな舌触りを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071246631
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白)、スープ(ポークエキス、乳化油脂、植物油脂、食塩、しょうゆ、ポーク調味料、動物油脂、たん白加水分解物、チキンエキス、でん粉、ポークコラーゲン、香味油、酵母エキス、全卵粉)、かやく(キクラゲ、大豆加工品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、酒精、炭酸カルシウム、重曹、香料、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、カラメル色素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (97g) 当たり]
熱量430kcal
たん白質9.7g
脂質20.8g
炭水化物50.9g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.6g
(2.3g/4.3g)
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.41mg
カルシウム244mg

引用元:全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一別添されている調味料となっていて、触った感じだと…若干どろっとした豚骨ならではの旨味が凝縮されているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、具材には…

  • キクラゲ
  • 大豆加工品
  • ねぎ

が入っています。

豚骨スープと相性の良い高菜や紅生姜を加えたい方は、事前に用意しておくと良いでしょう!

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃仕様の油揚げ麺となっていて、ほどよい弾力とコシがしっかりとした食べ応えを感じさせる濃厚な豚骨スープとの絡みも良さそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの中太麺にしっかりとした弾力が加わり、何やらずしっとした重量感なんかも思わせ、まろやかでクリーミーな豚骨スープもさることながら…しっかりとした食べ応えなんかも表現された一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…ご覧の通り調理中にしっかりとフタの上で温めておいたにもかかわらずドロッとした豚骨の旨味が凝縮されたスープが一気に流れ込み、透明感のあるほどよい油分なんかも含まれていたようでしたので、しっかりと絞り込んでいきましょう!

すると…重みのある液体スープのせいか…すぐにスープ底に沈んでいき、表面にはうっすらと旨味エキスと思われる油分が浮いているのが確認できます!

そして、臭みのない丁寧かつ上質な豚骨の旨味が表現されているとのことで、文字通り豚骨ならではの臭みはどこにも感じられませんね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…すでにスープには“とろみ”が付き、“博多元気一杯!!”の最大の特徴である臭みのないまろやかでクリーミーな豚骨スープが臨場感溢れる一杯として再現されているようです!

良いですね!このしっかり乳化感のある白濁した豚骨スープに“とろみ”が付いたまろやかでクリーミーなスープの仕上がり!

後はこのスープにどれほど豚骨の旨味が濃厚感を表現しているのか?まろやかな仕上がりだけでなく、飽きの来ない口当たりや後味の良さなんかも気になるところではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…なるほど。。まろやかでクリーミーな上品かつ上質な豚骨の旨味というのも納得の味わいですね!!しかもここまでしっかりと豚骨の旨味が利いているのにもかかわらず不思議と豚骨の臭みは全くありません!(まずは…お店に倣ってスープから味わってみましょう!)

しかもこの豚骨の旨味にはギトギト感などの脂っこさといった印象もなく、旨味としてしっかりと溶け込んだことで純度の高い…濃厚とも言える豚骨スープに仕上がり、気になる口当たりは豚骨のまろやかさに加え、飲み飽きることのないキリッとした醤油・食塩などの塩加減が非常にバランス良く利き、素材本来の旨味を思う存分に楽しむことができるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様によってほどよい弾力とコシがあり、“とろみ”が付いたまろやかな豚骨スープなんかもよく絡み、すすり心地の良いしっかりとした食べ応えを感じさせる仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、“博多元気一杯!!”ならではのまろやかでクリーミーな豚骨スープがよく絡み、一口ずつに臭みのないストレートに豚骨の旨味が伝わって来るような味わいが口いっぱいに広がっていき、豚骨の炊き出し感のある風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏挽肉を思わせるかのような小ぶりな大豆加工品が入っていて、具材自体に旨味が…というわけではななく、スープ底に沈めておくことによって今回の濃厚な豚骨スープをしっかりと吸い、後ほど食感の良さと一緒に楽しんでみると良いでしょう!

また、こちらのキクラゲも若干小さめな仕様となっていて、そのせいか…そこまでコリコリとした印象・食感ではありませんでしたが、今回のような豚骨の旨味をしっかりと利かせた王道豚骨ラーメンには欠かせない具材のひとつとしてさりげなく添えられています!

さらに、こちらの“ねぎ”はやや大きめにカットされているため、割とシャキシャキとした食感があり、ちょうど良い薬味にもなったことで豚骨の旨味がより一層引き立って感じられ、まろやかでクリーミーな豚骨スープを最後まで飽きさせないひとつの具材とも言えます!

スープについて

スープは、ご覧の通り脂っこさとはまるで無縁とも言える仕上がりですが、臭みのない豚骨の旨味が丁寧にしっかりと利き、この“とろみ”も後押ししたことによって、まろやかでクリーミーな味わいがより一層引き立って感じられます!

そのため、このストレートに豚骨の旨味が伝わって来るスープは王道でありながらも上品・極上な味わいとも言え、絶妙な旨味の利かせ方やちょうど良い塩加減によるキレの良い口当たりがまた飲み飽きることのないスープに仕上げ、麺にもしっかりと絡むことによって一口すするごとに豚骨の絶品な旨味が利いた熱々のスープが広がっていくことでしょう!

また、食べはじめからすでに“とろみ”は付いていたものの…原材料にも“でん粉”と記載されていたように、食べ進め行くに連れてコク深いまろやかさがますます際立ち、麺にもしっかりと豚骨スープが絡み付いてきます!!これがまた美味い!

さらに、この丁寧に表現された豚骨の旨味には、先ほどもお伝えした通りちょうど良いキレと後味の良さが表現されていたものの、やはり高菜や紅生姜といったアクセントが合いそうな感じでしたので、お好みであればぜひ予め用意して途中の味変なんかも楽しんでみると良いでしょう!

他にも“博多元気一杯!!”実店舗の方では現在、高菜の代わりに一味唐辛子が卓上調味料として置かれているようですので、ピリッとした辛みを加えてみても良いかもしれません!

このように、今回の“全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン”は、丁寧に処理された複数の豚骨部位から作り上げられるまろやかでクリーミーな豚骨スープを全く臭みのない上品な味わいとしてカップ麺に再現し、ほどよい塩加減によって最後まで飽きの来ない素材本来の旨味がストレートに堪能できる仕上がりとなっていたため、上記のようにお好みによっては豚骨ラーメンにぴったりな具材や香辛料などを追加してみると、またひと味違った美味しさが楽しめるかと思われます!

まとめ

今回「全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン」を食べてみて、看板・暖簾を出さない拘りのラーメン店らしく、豚骨の旨味に徹底的にこだわった臭みのない上質な豚骨の旨味がクリーミーかつまろやかに再現され、優しい口当たりに加えほどよいキレの良さや脂っこさのない後味の良さによって最後までじっくりと豚骨の旨味が楽しめる臨場感溢れる一杯となっていました!

特に今回の一杯には…豚骨特有の臭みが一切なく、想像以上に丁寧・上品な豚骨の旨味が表現されていたため、幅広い層に好まれる豚骨ラーメンと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!