カップ麺

ホテイフーズ監修カップ麺 “やきとり 塩味風味ラーメン” 香ばしくさっぱりとした味わいを再現

ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン

ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン」を食べてみました。(2020年3月16日発売・サンヨー食品)

この商品は、焼き鳥の缶詰でお馴染みホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをカップ麺に再現したもので、炭火焼きした焼き鳥風味の食欲そそる香ばしさが特徴的な一杯が登場です!

それも…チキンの旨味をしっかりと利かせた塩ベースのさっぱりとしたスープには、炭火焼きで炙った風味とコクが表現され、塩味らしいあっさりとした味わいの中にもしっかりとした味わいが感じられる一杯、“ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン”となっております。(税抜き193円)

ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン パッケージ

ご覧の通り、パッケージには“「ホテイのやきとり」の炭火焼の香りとさっぱりとした塩味の味わいをイメージしたラーメンです。”と記載されているように、“おつまみ”としてたまに食べるとクセになる…あの後味さっぱりとしていながらもしっかりとした肉質が感じられる塩味の旨味をカップ麺に再現した一杯のようで、塩気といい旨味といい濃いめの味わいをイメージさせますね!

一方こちらには、ホテイフーズ“やきとり 塩味”らしいキレの良さとコクのある味わいをうまくカップ麺に再現したと思われるチキンの旨味をしっかりと利かせた濃いめの塩スープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付鶏肉そぼろ・ごま・ねぎ・ピーマンが使用されているようです!(なぜにピーマン…笑)

また、こちら容器側面には“「ホテイのやきとり」を使用した製品ではありません。”と記載されているように、あくまでホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをイメージし、アレンジ・再現したカップ麺のようで、実際にホテイフーズ“やきとり 塩味”をトッピングとして加えてみても良さそうです!

他にも特徴として…麺は、ほどよく“ちぢれ”を付けた黄色みの色合いが印象的で、喉越しも良く、さらにほんのりと味付けを施したことによって塩スープとも馴染みやすく、それによってチキンの旨味と香ばしさが香り立つコク深い塩スープとともに濃いめの味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ホテイフーズ“やきとり 塩味”ならではのさっぱりとしていながらも濃いめな味わい、そしてほどよく香ばしさを感じさせるスープには、しっかりとチキンの旨味が凝縮され、それによって味付けされた麺との馴染みも非常に良く、濃厚とも言える塩テイストのスープといった印象で…味の濃い缶詰らしい美味しさがうまく再現された一杯となっていました!
これは特に、あっさりとした塩ラーメンが好みの方はもちろん、香ばしい焼き鳥の塩味をカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は焼き鳥の缶詰でお馴染みホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをカップ麺に再現した濃いめのスープに香ばしい風味が絶妙にマッチしたあっさり感とコク深さが特徴的な一杯、「ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、サンヨー食品と株式会社ホテイフーズコーポレーションとのコラボカップ麺ということで焼き鳥の缶詰でお馴染みホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをカップ麺に再現したもので、あっさりとしていながらも濃いめのスープにチキンの旨味を凝縮し、食欲そそる香ばしさが特徴的な一杯、“ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン”となっています。

ご覧の通り、フタにはホテイフーズ“やきとり 塩味”の缶詰と同じくシンプルなデザインが踏襲され、つまみにもぴったりな後味さっぱりとした鶏肉の旨味・香ばしい風味が伝わってきますね!

ご覧の通り、容器側面には今回再現元となったホテイフーズ“やきとり 塩味”のイメージ画像とともに、カップ麺の簡単な特徴なんかも記載され、こちらによると…“鶏肉を炭火で焼き上げた「ホテイのやきとり」。素材のうまみをいかし、塩味でさっぱりと仕上げた逸品です。”と記載されているように、想像通りのさっぱりとしていながらも濃いめなスープに仕上がり、チキンの旨味をしっかりと利かせたコク深い味わいが表現されているようですね!

ちなみに今回は、同じくホテイフーズ「やきとり たれ味」の味わいをカップ麺に再現した一杯、“ホテイフーズ監修 やきとり たれ味風味そば”も同時発売されています!

それでは、今回の“ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン”がどれほどチキンの旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?ホテイフーズ“やきとり 塩味”らしい香ばしく旨味溢れる味わいと塩スープならではの後味の良さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けが施された喉越しの良い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り311kcal(めん・かやく254kcal / スープ57kcal)となっております。(塩分は5.5g)
※“やきとり たれ味風味そば”は、カロリー299kcal・塩分は5.8g

カロリーは、若干少なめな仕様ということもありますが、塩味の割に“たれ味風味そば”よりも若干高い数値のようで、塩分の方は平均的といったところ。
ちなみに1食当たり71g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで57kcalとのことで、一食当たりのカロリーを考慮するとやはりホテイフーズ“やきとり 塩味”らしいコク深く濃厚な味わいが表現されていることがイメージできますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、チキンエキスや食塩をはじめ…

  • 糖類
  • しょうゆ
  • 香辛料

といった、チキンの旨味をしっかりと利かせたコク深い塩スープに仕上げ、ホテイフーズ「やきとり 塩味」らしい香ばしさが食欲そそる味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、野菜エキスや“しょうゆ”といったほどよく味付けが施されていることが確認できますね!

JANコード4901734039624
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、野菜エキス、しょうゆ)、スープ(チキンエキス、食塩、糖類、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、酵母エキス)、かやく(味付鶏肉そぼろ、ごま、ねぎ、ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、炭酸カルシウム、クチナシ色素、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、酸味料、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、ビタミンB2、くん液、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (71g) 当たり]
熱量311kcal
たんぱく質8.5g
脂質13.0g
炭水化物39.9g
食塩相当量5.5g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 3.8g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム226mg

引用元:ホテイフーズ監修 やきとり塩味風味 ラーメン | サンヨー食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付鶏肉そぼろ
  • ごま
  • ねぎ
  • ピーマン

が入っています。
今回の一杯には、特に別添されている調味料などは一切入っていないようです。

そして、麺はやや細めにも見える中太といった仕様で、原材料にも記載されていた通りほどよく味付けが施されたことによってコク深く風味豊かな塩スープとの絡みも良く、ホテイフーズ「やきとり 塩味」らしい…さっぱりとした中にも旨味・コクを感じられる濃いめの味わいが楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:340ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、味付けが施された麺の仕上がりが確認できないほど豊富に使用された“味付鶏肉そぼろ”や“ねぎ”が非常に印象的で、こちらからも良い旨味が滲み出すことで、塩味ながらもコク深く濃いめの一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ぱっと見は塩味ならではのシャープな口当たりや後味の良さに際立ったスープにも感じられますが、スープ表面にはほどよいチキンの旨味・脂が浮き、コク深く濃厚な味わいをイメージさせるのはもちろん、この豊富に使用された“肉そぼろ”からも良い味が出ているようにも見えますね!他にも香ばしさを後押しする“ごま”なんかもポイントとなりそうです!

また、この時点でようやく味付けが施された麺の仕上がりが確認でき、黄色みのある麺とのことでしたが…そこまで色味は付いていないようで、若干“ちぢれ”が付いたすすり心地の良い麺に仕上がっているようです!

そして風味としては、ホテイフーズ“やきとり 塩味”らしいコク深く香ばしさに際立っており、やはり後味すっきりとしていながらも焼き鳥らしいチキンの旨味が感じられる濃厚とも言える一杯のようで、想像以上にしっかりとした食べ応えなんかも期待したいところ!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり塩ラーメンらしい後味すっきりとしたキレの良さがありますが、チキンの旨味がしっかりと利いているため、喉越しの良いコク深さと厚みのある旨味が絶妙にマッチしていますね!これは塩テイストのラーメンとは言え…かなり濃いめな味わいと言えるでしょう!

しかも口当たりに感じられる塩気は割と強く、ちょっとしょっぱく感じられるほどなんですが…そこはチキンの丸みを帯びたまろやかな旨味によってちょうど良く調和され、キレの良さとコク深さがバランス良く仕上がり、全体としても非常に旨味が凝縮された一杯といったところ!

また、香ばしい風味はあくまでほんのりと香る程度で、この食欲そそる炭火焼きで炙ったような風味が非常に相性良く、まさにホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをイメージさせる逸品となっています!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・ほどよく“ちぢれ”を付けた仕上がりとなり、割と軽やかな麺となっているため、すすり心地も非常に良く、それによってテンポ良く食べ進められます!

そんな麺には…ホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをイメージした後味すっきりとした塩味ながらもコク深く風味豊かなスープがよく絡み、一口ずつに飽きの来ないチキンの旨味が口いっぱいに広がっていき、ほんのりと香り立つ炭火焼きしたかのような香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付鶏肉そぼろ”が入っていて、“肉そぼろ”という割に意外とサイズは大きく、使用されている数もかなり多く、じっくりと噛んで味わってみると…鶏肉らしい淡白な旨味がホテイフーズ“やきとり 塩味”を再現した味わいとともにじゅわっと滲み出て来る美味しい具材となっていましたので、食べはじめはよーくかき混ぜて鶏肉の旨味をスープに滲み出してもらうと良いでしょう!

また、こちらの“ねぎ”は、思っていたよりも大きめにカットされていて、それによってシャキシャキ感が心地良く、ちょうど良い薬味によってスープの味わいも引き立てられ、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらのピーマンが使用されていて、じっくりと噛んで味わってみると…素材本来の味わいが確かに感じられるんですが、今回の一杯にはちょっと合わないような気もします。。なぜ塩ラーメンにピーマンを合わせたのか謎です…笑

他にも香ばしさを際立たせる“ごま”なんかもさりげなく使用されていて、素材本来の食感や風味が加えられ、ホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいを臨場感高く再現するにふさわしい具材となっています!使用されている量にも申し分ありませんね!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り炙った香ばしさを伴うチキンの旨味がしっかりと利いたコクのある仕上がりとなり、塩味ならではのすっきりとしたキレの良さ、後味の良さなんかもありつつ、濃いめな味わいがじっくりと楽しめるメリハリの利いたスープが最後まで飽きることなく楽しめるでしょう!

ただ、若干しょっぱめな仕上がりではありましたので、熱湯を少し足して調整してみても良いかもしれません!…というくらい塩気の強い口当たりに仕上がっており、チキンの旨味もしっかりと利いているため、割と力強い味わいにも感じられるかもしれませんね!

また、食べ進めていくに連れて“味付鶏肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、それによってコク深さもどんどん増し、それと同時に満足度も増していきます!これだけ味が濃いと残ったスープに追い飯してもちょうど良いかもしれません!まさに“おつまみ”に最適な味わい!

そしてなんと言ってもチキンの旨味がしっかりと利いていますから…脂っこさといった“くどさ”は全くなく、コク深く濃厚とも言える厚みのある美味しさがガツンと来ますね!

ちなみに量も若干少なめということもあって、このちょうど良いサイズ感もまた好印象といったところ!

このように、今回の“ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン”は、焼き鳥の缶詰でお馴染みホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをカップ麺に再現し、香ばしく焼き上げたチキンの旨味をしっかりと利かせたコク深く濃いめな仕上がりとなり、あっさりとしていながらも物足りなさを一切感じさせない旨味溢れる存在感の強い仕上がりとなっていましたので、お好みによっては残ったスープに追い飯で楽しんでみたり、塩ラーメンにぴったりなペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ホテイフーズ監修 やきとり 塩味風味ラーメン」を食べてみて、焼き鳥の缶詰で馴染み深いホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいを臨場感高くカップ麺に再現し、鶏肉を炭火で焼き上げたような食欲そそる香ばしさが香り立つことで、コク深いチキンの旨味と絶妙にマッチし、若干塩気が強いキレのある口当たりが気にはなりましたが…チキンならではのまろやかな旨味によってうまく調和され、最後までじっくりと再現性の高い味わいを堪能できる一杯となっていました!

やはりホテイフーズ“やきとり 塩味”の味わいをカップ麺に再現すると、味そのものはかなり濃いめではありますね。。そのため塩ラーメンと相性の良い胡椒などの香辛料や“刻みねぎ”などをたっぷりと加えていただくとちょうど良いメリハリが付き、最後まで濃いめの味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています! 詳しいプロフィールはこちら