一平ちゃん

ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き!恒例のフレーバーにチーズを加えた濃厚な一杯

ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き

ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き」を食べてみました。(2021年11月29日発売・明星食品)

この商品は、2014年から毎年恒例となっているお馴染み“一平ちゃん”の“カレーうどん”が“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトにした新シリーズ“ラブこめ一平ちゃん”第2弾として発売されたもので、今回はポークをベースに“にんにく”を利かせた粉末スープとカレーオイルペーストや“焦がしにんにく”、チーズのコクを凝縮させたオイルをバランス良く合わせたまろやかでスパイス感抜群なカレースープに仕立て上げ、別添された“チーズ入りふりかけ”によって濃厚感が増した白飯必須の一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をベースに“にんにく”の旨味・風味を利かせた濃厚なカレースープにローストガーリック入りの“チーズふりかけ”を最後に加えることによってコク深さ・まろやかさが増し、カレー×チーズによる味わい深くもキリッとした口当たりが心地良いスパイシーなスープを表現、そこに厚みもあり幅の広い“うどん”が絡むことで食欲をガツンと満たし、残ったスープに追い飯したくなる濃い味・香ばしい風味が特徴的な一杯、“ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き”となっております。(税別230円)

ご覧の通り、パッケージには“お米が食べたくなる!”、“LOVE米(ラブこめ)一平ちゃん”といった文言が記載され、第1弾に登場した“ラブこめ一平ちゃん大盛 ブラック醤油ラーメン(2021年7月26日発売)”に続くフレーバーということで、一応“LOVE米(ラブこめ)一平ちゃん”がシリーズ名のようで…やはり第2弾も登場しましたね!

ただ、7年連続発売されてきた“カレーうどん”が8年目にしてまさかの“ラブこめ一平ちゃん”として登場するとは思ってもみませんでしたから…来年はどういった形で登場するのか?非常に気になるところではあります。。

一方こちらには…ポークの旨味に“にんにく”を利かせた粉末スープ、カレーオイルやチーズのコクを利かせた調味油をバランス良く合わせた濃厚かつスパイシーなカレースープがもっちりとした弾力のある“うどん”に絡み、最後にローストガーリック入りの“チーズ入りふりかけ”をたっぷりと盛り付けた仕上がりイメージなんかも掲載されており、これによると具材には…味付油揚げ・人参が使用されているようです!
※“ふりかけ”には…チーズ・クリーミングパウダー・ローストガーリック・乳等を主要原料とする食品が使用されています。

こういった濃厚なカレースープにまろやかなコクを引き立てるチーズを合わせたスパイシーなカレースープに“にんにく”の旨味や風味をたっぷりと加えた濃い目のテイストに仕立て上げたことによってそもそも相性抜群な“ご飯”と一緒に味わいたい一杯とのことで、なんと言ってもスパイス感のあるカレースープ×チーズによって前作よりもパワーアップさせた旨味溢れる仕上がりはかなり期待したいところではないでしょうか?

さらに、こちらには“カレーうどん”といった今回の商品名が大きく記載されており、2014年に初登場した当初は“バケツ型”だったんですが、再発売やリニューアル発売を繰り返し毎年恒例のフレーバーとなり、2017年からは現在の“どんぶり型”へと変更され、2021年となる今年はポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”を合わせたスパイシーなカレースープといった仕様は概ね踏襲されているものの…まろやかさ・コクを引き立てる“チーズ入りふりかけ”が別添されていますからね!最後まで飽きの来ない美味しさとスパイシーな風味も楽しむことができ、厚みのある旨味・深みのあるテイストはまさにコンセプト通り白飯必須の一杯に間違いありません!

他にも特徴として…麺は今回の濃い味にも負けじともっちりとした弾力や噛み応え抜群な強いコシを併せ持つ“うどん”が採用されており、ポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”や別添されている粉末スープ・調味油による風味豊かな香ばしさが食欲をそそり、さらに“チーズ入りふりかけ”を加えることによってより一層コク深さを引き立て、濃厚ながらもキリッとしたシャープな飲み口が最後まで飽きることもなく、何より濃いカレースープにぴったりな白飯必須の一杯が最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトとしたシリーズ“ラブこめ一平ちゃん”待望の第2弾(“一平ちゃん”の“カレーうどん”としては8作目)ということで毎年恒例の“カレーうどん”に“チーズ入りふりかけ”を別添したことによって、より一層濃く深さ・まろやかさが際立ったスパイシーなカレースープには…ポークの旨味や“焦がしにんにく”よるやみつき感のある旨味が後引くスパイス感と絶妙にマッチし、何より濃いめに仕上がったこともあって白飯必須の一杯であり、たっぷりと使用されたチーズが少しずつ溶け出すことで食べ進めいてくに連れてやみつき感が増していく…そんなデフォルトでも十分すぎるほどの美味しさが表現され、ついつい白飯を加えたくなるコンセプト通りの一杯となっていました!
これは特に、“カレーうどん”のようなポークを利かせた濃厚なカレースープが好みの方はもちろん、王道とも言える味わいに食欲そそる“焦がしにんにく”やチーズのまろやかさを加えたことで白飯を合わせて食べたり、残ったスープに追い飯したくなるような…濃い目の味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“明星 一平ちゃん”ブランドから新たに“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトにした“ラブこめ一平ちゃん”シリーズ第2弾として登場した…ポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”やカレーオイル、さらに別添されている“チーズ入りふりかけ”をたっぷりと加えることによって白飯必須の濃いめなカレースープがクセになる一杯、「ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“明星 一平ちゃん”ブランドから“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトに新たに登場したシリーズ“ラブこめ一平ちゃん”第2弾として登場したもので、2014年から毎年恒例となっている“カレーうどん”にローストガーリック入りの“チーズ入りふりかけ”を別添したことで、より一層コク深くまろやかさが際立ったコクのあるカレースープに仕上がり、カレーならではのスパイス感や食欲そそる“焦がしにんにく”がメリハリのある口当たりを表現、そこにもっちりとした弾力や噛み応え抜群な強いコシを併せ持つ“うどん”が絶妙にマッチし、濃いめの醤油スープだからこそ白飯が欲しくなる…シリーズらしい最後まで飽きの来ない一杯、“ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き”となっています。

ご覧の通りパッケージは、これまで発売されてきた“カレーうどん”のデザインをそのままに“明星 一平ちゃん”ブランドから新たに誕生した新シリーズ“ラブこめ一平ちゃん”、“米が食べたくなる!”といったロゴや特徴が記載され、その背景にはポークの旨味をベースに様々な旨味をバランス良く合わせたコク深くもスパイス感の強いカレースープにたっぷりとチーズが盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載され、見るからに味も濃く…それがゆえに白飯必須の一杯であることがよーく伝わってきますね!

ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き パッケージ

ちなみに今回の一杯にはこちらに“辛さレベル”が掲載されていて、5段階中「2」ということで、チリなどのカレースープにぴったりな香辛料を加えたことでピリッとした程度のアクセントが加わっているようですね!もちろん“カレーうどん”にぴったりな香辛料であり、今回で8年連続となる安定感のある好評のフレーバーですから、単純にポークを利かせたカレースープというわけではなくメリハリの付いた味わいが食べ応えのある“うどん”や“ご飯”とともに楽しむことができ、この一杯でかなり食欲も満たされることと思われます!

他にも今回の容器は、希に採用されている“しおケアカップ”仕様となっており、内側下線までスープを残すことで食塩相当量の摂取を調整することができ、それによって5.4gまで塩分を控えることが可能とのこと。(ただ…今回の一杯に関してはポークの旨味に食欲そそる“焦がしにんにく”やまろやかなチーズがたっぷりと利かせた旨味溢れるスパイシーなカレースープなので残すのはちょっと気が引けます。。)

さらに…ご存知の通り“一平ちゃん”シリーズは、“焼そば”を中心に商品展開され、今回の“ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き”以外にも数多くのフレーバーが発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「一平ちゃん」シリーズ一覧

それでは、今回の“ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き”がどれほどポークの旨味や“焦がしにんにく”を利かせたコク深く濃いめのカレースープに仕上がっているのか?別添されたローストガーリック入りチーズによるコク深さやまろやかさとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えた“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り547kcalとなっております。(塩分は7.5g)

カロリーは“どんぶり型”で濃いめのテイストの割に思ったよりも低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり120g、麺の量は90gとのこと!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと84kcalと高すぎず低すぎずといったところで、これまでの“カレーうどん”を彷彿とさせる濃厚でスパイシーなカレースープにローストガーリック入りの“チーズ入りふりかけ”を加えることで、より一層コク深さが際立った仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やカレー粉をはじめ…

  • 豚脂
  • カレー調味料
  • 豚・鶏エキス
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • ローストオニオン粉末
  • 香味油
  • 植物油脂

といった、ポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”を利かせたカレースープに仕上げ、粉末スープ・調味油による本格感のあるテイストが際立ち、そこに別添されたローストガーリック入りの“チーズ入りふりかけ”を加えることによってコク・まろやかさがプラス、さらにチリなどの香辛料によるアクセントを加えたことで後引く旨味・辛さが心地良く、まさに白飯が欲しくなる…濃いめのスープといった深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902881402835
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、酵母エキス)、スープ(糖類、食塩、カレー粉、豚脂、カレー調味料、豚・鶏エキス、乳等を主要原料とする食品、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、でん粉、ローストオニオン粉末、ねぎ、香味油、植物油脂)、ふりかけ(チーズ、クリーミングパウダー、ローストガーリック、乳等を主要原料とする食品)、かやく(味付油揚げ、人参)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、リン酸塩(Na)、香料、炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム、ソルビット、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量547kcal
めん・かやく: 463kcal
スープ: 84kcal
たんぱく質10.3g
脂質24.6g
炭水化物71.2g
食塩相当量7.5g
めん・かやく: 2.9g
スープ: 4.6g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム150mg

引用元:明星 ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き | 明星食品

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、ふりかけ、調味油といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、今回は味の濃いめのフレーバーということで粉末・調味油のWスープ仕様で、特に調味油にはカレーオイルペーストや“焦がしにんにく”、さらにチーズのコクを含む割とサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

そして、具材には…

  • 味付油揚げ
  • 人参

がすでに入っています!
これまではフライドガーリックなんかも使用されていましたが、今回はスープの方に旨味として凝縮されているようですね!

また、麺はご覧の通り湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や噛み応え抜群な強いコシを併せ持つ幅広な“うどん”が採用されており、濃いめの味わいを表現したコク深いカレースープにも負けじとしっかりとした食べ応えに期待できそうです!!

調理してみた

ではまず先ほどの粉末スープを加えていきます!
こちらは使用されている量も非常に多く、見るからにスパイシーなカレースープを思わせる香辛料を豊富に含んでおり、すでに食欲そそる香りが一気に広がっていきます!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”に関してはひと回り太さを増し、もっちりとした弾力や強いコシが加わり、まだ別添されている各種調味料を加える前ではありますが…“カレーうどん”ならではの幅広い層に好まれる味わいに仕上がり、チーズのまろやかさがコクを際立たせたことで白飯が欲しくなるコンセプト通り濃いめのフレーバーがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…カレーオイルや“焦がしにんにく”の風味がしっかりと溶け込んだ油分がたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!!

すると…この調味油を加えてもそこまで見た目としての変化はありませんが、今回のフレーバーの特徴である“焦がしにんにく”の風味が際立ち、食欲そそる香りによって安定感のあるカレースープに仕上がり、辛さレベルも「2」ということでかなり幅広い層に好まれそうな安定感のある美味しさが表現され、さすが2017年から恒例の一杯というだけあって申し分のない味わいが楽しめることと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体がしっかりと馴染んだら、最後に“チーズ入りふりかけ”を加えて完成となります!こちらにはローストガーリックが含まれており、少しずつスープに溶け込ませていくことによって、まろやかさやコクが際立っていくものと思われます!

こうして完成となるわけですが、思ったよりも“チーズ入りふりかけ”の量は多く、こちらにもローストガーリックが含まれていますから、少しずつカレースープに馴染ませていくことによって“焦がしにんにく”ならではの旨味や風味も際立っていき、それによってガツンとした濃い味を楽しむことができるため、デフォルトの味わいとまろやかさが際立った違いを比べてみても良いかもしれません!

また、この“チーズ入りふりかけ”は非常に粒子の細かい仕様となっているため、恐らく普通に食べ進めていくだけでも自然とスープに馴染んでいくかと思われますが、実際には変な“くどさ”などはありませんから…お好みによっては最初からしっかりとスープと馴染ませてみても良いでしょう!それによって食欲そそる“焦がしにんにく”の旨味も際立ち、濃い目のカレースープとまろやかな濃厚感が絶妙にマッチし、白飯が欲しくなる定番の“カレーうどん”がたっぷりと楽しめるはずです!

食べてみた感想

一口食べてみると…“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトとしているだけあって味の濃さはかなりのものですね!…というかそもそもカレースープですから白飯が合わないはずがなく、“カレーうどん”ならではのコク深くもスパイシーな味わいが印象的で、ポークの旨味や“焦がしにんにく”を合わせた濃厚なスープに仕上がったことで単純なテイストというわけではなく、旨味も伴った深みのある美味しさがたまらなく、まさに白飯が欲しくなる一杯というのも納得です!(容器底に粉末スープがダマになっていることがありますので、しっかりと混ぜてください。)

さらに今回の一杯には“チーズ入りふりかけ”が別添されたことでコク・まろやかさが際立ち、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のある仕上がりとなっていて、白飯が合わないはずがない濃いめのカレースープとなっているため、思いのほかスープが止まらなくなってしまい、スパイスの利いた後味も非常に良く、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りもっちりとした弾力や噛み応え抜群な強いコシを兼ね備えた“うどん(フライ麺”となっていて、麺量90gの食べ応えのあるボリューム感によってしっかりと食欲を満たす満足度の高い仕上がりとなっています!(もちろんスープは白飯が欲しくなるほどの濃厚でコク深いカレースープですので、もっちりとした“うどん”にもぴったりです。)

そんな幅広な“うどん”には、ポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”を利かせ、カレーオイルやチリ、チーズのコクをバランス良く合わせ、別添された“チーズ入りふりかけ”がさらにまろやかさをプラスしたカレースープがよく絡み、一口ずつにコク深い味わいやスパイス感のある旨味、キリッとしたチリなどの香辛料によるアクセントが口いっぱいに広がっていき、“焦がしにんにく”特有の食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!…というかこれは白飯必須ですが、デフォルトでも十分楽しめますね!味も濃いめ・まろやかでコク深い…クセになるやつです。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“味付け油揚げ”が入っていて…使用されている数・サイズともに申し分なく、しっかりとスープと馴染ませていくことで“油揚げ”特有の旨味・油分が滲み出していくため、単品で味わうというよりもスープの旨味を引き立てる相性抜群な具材として味の濃いカレースープと一緒に混ぜながら食べ進めていくと、より一層やみつき感のある美味しさが楽しめるかと思われます!

また、こちらの人参は、かなり小ぶりで非常に柔らかい食感となっているため、そこまで存在感はありませんが…カレーテイストにぴったりな具材として彩り良く添えられているようです!

他にもこちら!今回新たに別添された“チーズ入りふりかけ”がたっぷりと使用されていて、少しずつスープに馴染ませていくことによってコクやまろやかさが際立ち、変な“くどさ”は全くなく、濃いめのテイストをさらに濃厚感を加える相性抜群な“ふりかけ”となっていたため、徐々に溶かしながら味の違いを楽しんでみると良いでしょう!(粒子が非常に細かいのでスープとの馴染みもかなり良いです。)

スープについて

スープは先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに相性抜群な“焦がしにんにく”をバランス良く合わせ、さらにカレーオイルやチリ、チーズのコクを融合させたコク深くもスパイシーなカレースープに仕上がり、さらに別添されている“チーズ入りふりかけ”を加えることによって濃厚感・コク深さが際立ち、キリッとした口当たりの後からは、奥行きのある旨味が喉越し良く感じられ、栄養成分表示にも記載されていた通り塩分がやや高め(1食当たり7.5g)なだけあって塩気も確かに強いものの…単純に濃いだけでなくそれに伴った旨味が凝縮されているため、物足りなさといった感じは一切ありません!

ただ…シリーズらしく濃い目の仕上がりということもあって、白飯は当然必須になることに間違いありませんが、個人的に濃いめなテイストが好みなので、これくらい濃いスープでも普通に美味しく食べ進めることができます…笑(もちろん白飯との相性は抜群であることは明確です。)そのため、デフォルトのままで味わっても“うどん”の仕上がりが非常に良いせいか…十分美味しくいただけるのではないでしょうか?

ではまだ途中ですがスープに白飯を追加してみます!
すると…スープが非常に濃いめの仕上がりということもあって合いますね!
むしろ麺より相性が良いかもしれませんので、第1弾と同じく“おにぎり”にぴったりなスープタイプの“一平ちゃん”が登場しても良いくらいです!

というのも今回のシリーズは白飯が欲しくなる一杯ではあるんですが、麺量が90gで“どんぶり型”の大盛り仕様なので人によっては追い飯する以前に食欲が満たされてしまう可能性があります。。しかし味が濃いので“おにぎり”にもぴったりなのは確かですね!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“味付け油揚げ”からも良い旨味が滲み出していき、さらに想像以上にたっぷりと使用された“チーズ入りふりかけ”が全体に馴染んでいくことで旨味・コク深さともに際立っていき、それによって満足度も増していくため、今年の“カレーうどん”はひと味違った満足感に満たされるのではないでしょうか?

このように、今回の“ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き”は、お馴染み“明星 一平ちゃん”ブランドから新たに登場した白飯必須の濃い味がコンセプトの“ラブこめ一平ちゃん”第2弾ということで、ポークの旨味をベースに“焦がしにんにく”をバランス良く合わせた安定感のあるカレースープを表現、さらに別添されているローストガーリック入りの“チーズ入りふりかけ”を加えることによってコク深くまろやかな旨味が際立った白飯必須の一杯となっていたため、お好みによっては残ったスープに追い飯して“チーズカレーリゾット”風にして味わってみても良いでしょう!

まとめ

今回「ラブこめ一平ちゃん大盛 カレーうどん チーズ入りふりかけ付き」を食べてみて、“明星 一平ちゃん”ブランドから“お米と一緒に食べたくなるラーメン”をコンセプトとした“ラブこめ一平ちゃん”第2弾ということで、毎年恒例の“カレーうどん”らしくポークをベースに“焦がしにんにく”をバランス良く利かせ、カレーオイルやチリ、さらに別添されている“チーズ入りふりかけ”を加えることによってコク深さ・まろやかさが一気に際立ち、濃厚とも言える味わいだからこそ白飯が欲しくなるシリーズらしいスープに仕上がり、ほどよい弾力や強いコシを併せ持つ“うどん”との相性も非常に良いんですが、残ったスープに追い飯しても楽しめる濃い目の一杯となっていました!

また、このシリーズは味の濃いスープによって白飯が欲しくなる一杯といったコンセプトなんですが、そもそもカップ麺の残ったスープと追い飯はかなり相性の良いついついやってしまう食べ方かと思われますので続く第3弾、4弾といった今後の商品展開にも期待したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!