カップ麺

一風堂とんこつまぜそば!味変が楽しめる2種類の“ふりかけ”を加えて再発売!

一風堂とんこつまぜそば

一風堂とんこつまぜそば」を食べてみました。(2019年7月22日発売・セブンプレミアム)

この商品は、博多とんこつラーメンの名店「一風堂」提案・監修のカップ麺で、以前セブンプレミアム10周年を記念して2017年5月8日に発売され、お店では味わうことができない特別メニューであり、2018年5月21日にも再発売されていたんですが、2019年・今年の“一風堂とんこつまぜそば”には、2種類の「かさね味ふりかけ」が加わりリニューアルしての登場です!

それも…クリーミーな豚骨の旨味が印象的な豚骨ダレに食欲そそる香ばしい“焦しにんにく”を使用した黒香油(黒マー油)を加え、一風堂らしい旨味を活かし、さらに別添された2種類の“ふりかけ(白丸/赤丸)”によって一味違った味わいを何度も楽しむことができる風味豊かな一杯“一風堂とんこつまぜそば”となっております。(税込235円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染み“一風堂”のロゴが大きく配置され、背景には…細いながらもほどよくコシのある麺の上に豚骨のまろやかな旨味をベースに濃厚な黒香油を利かせた食欲そそる風味豊かなタレが乗せられた仕上がりイメージがインパクトあるパッケージデザインとなっていて、こちらを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉・キクラゲが使用されているようですね!

一風堂とんこつまぜそば パッケージ

また、こちらには“とんこつまぜそば 濃厚黒香油とんこつだれ”と記載されているように、この一杯には“一風堂”ならではの豚骨の旨味が凝縮・調和され、その味わいをより一層引き立てるかのように“にんにく”の旨味がたまらない…濃厚な黒香油が加えられているようで、少し想像しただけでも何とも食欲そそる味わいに期待できそうですね!!

一方で、こちらには今回新たに追加となった2種類の“が“かさね味ふりかけ”として表現されていて、各種異なる味わいを食べ進めていく途中の味変としても楽しむことができる贅沢仕様となっているようです!

  • 白丸ふりかけ(白ごま&ガーリック)
  • 赤丸ふりかけ(唐辛子)

これこそ“やみつきになる味わいの変化”と記載されているように、ベースとなる“一風堂”ならではの豚骨の旨味にもぴったりな白丸・赤丸それぞれの特徴をうまく合わせ、クセになる味の変化がこの一杯で何パターンも楽しめるというわけです!これは考えましたね!
※どちらも“白丸元味”、“赤丸新味”として実店舗のメニューにて提供されています!

他にも特徴として…麺には油揚げ麺が採用されているものの、一風堂の豚骨ベースのタレにも相性ぴったりな歯切れの良い強いコシが表現されており、すすった時に香る黒香油の食欲そそる香ばしい“にんにく”の風味によってついつい箸が止まらなくなるような美味しさが引き立ち、それによって最後まで飽きることなく豚骨の旨味と白丸・赤丸それぞれの味変が楽しめ…まさに一風堂の美味しさを存分に楽しむことができる一杯というわけです!

実際に食べてみて…

“濃厚黒香油とんこつだれ”と記載されているものの、黒香油の“にんにく”の香りはそこまで強烈な仕上がりではなく、あくまで食欲そそる一風堂ならではの豚骨の旨味を引き立てる相性の良さが抜群にマッチした仕上がりとなり、単純に今回追加となった2種類の“ふりかけ”を入れる前ですでにまろやかな豚骨ダレが納得の美味しさとなっていて、そこに白丸・赤丸それぞれの“ふりかけ”を追加することによって、またひと味違った一風堂の美味しさが楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“一風堂”ファンはもちろん、上質な豚骨の旨味にほどよい黒香油を利かせた濃厚かつ白丸・赤丸といった味変を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

「一風堂とんこつまぜそば」を検索

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの“一風堂”のお店では食べることのできないカップ麺限定メニュー“とんこつまぜそば”が新たに2種類の“ふりかけ”を加えてのリニューアルとなったことで、豚骨の旨味や白丸・赤丸の特徴なんかも一緒に楽しめる一杯「一風堂とんこつまぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

一風堂とんこつまぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、元々は2017年にセブンプレミアム10周年を記念して博多・豚骨ラーメンの名店“一風堂”提案によって実店舗では提供していないメニューをカップ麺に表現したもので、“一風堂”ならではのクリーミーな豚骨の旨味を利かせ、濃厚な黒香油ダレを加えた旨味溢れる味わいに2種類もの“ふりかけ”を加えたことによって最後まで“一風堂”の味わいを堪能することができる一杯“一風堂とんこつまぜそば”となっています。

ちなみにこの“一風堂”のカップ麺と言えば…“一風堂 赤丸新味 博多とんこつ”が1年を通して店頭に陳列されていて、こちらも人気の一杯ということで馴染み深い一杯でありますが、そもそも“一風堂”とは、豚骨ラーメンをメインの看板メニューとして日本だけでなく海外にも数多く出店しているほどの大規模な店舗展開を行っている人気ラーメン店です!今回はそんな“一風堂”の実店舗では食べることのできない汁なしの“とんこつまぜそば”が装い新たに2種類の“ふりかけ”を加えてのリニューアル発売ということです!

また、基本的には“一風堂”お馴染みの豚骨ダレ、黒香油の味わいはそのままで、あくまで一風堂らしさを活かした“まぜそば”を表現し、汁なしとは言えども“一風堂”らしさや人気メニュー“白丸元味”や“赤丸新味”を思わせる味わいが贅沢に味変仕様としてじっくりと堪能できる仕上がりとのこと!

それでは、今回の“一風堂とんこつまぜそば”がどれほど豚骨の旨味を利かせた仕上がりとなっているのか?黒香油の香ばしい“にんにく”との相性や具合、そして今回新たに加わった2種類の“ふりかけ(白丸・赤丸)”によって、どのように味が変化するのか?また、“一風堂”らしいコシのある細麺とのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り804kcalとなっております。(塩分は6.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺とは言えかなり高めの数値のようで、塩分もまた同じくやや高めの数値のようですね!
ちなみに1食当たり169g、麺の量は130gの大盛り仕様となっています!

また、以前ご紹介した2017年の“とんこつまぜそば”と比較してみると…カロリーが増しているのが確認できますね!これは旨味に磨きがかかってのことでしょうか?仕上がりの方もブラッシュアップされているようで期待できそうです!!

一風堂 とんこつまぜそば【2019年版】
一風堂 とんこつまぜそば【2017年版】
f:id:yuki53:20170509195459j:plain

原材料について

では原材料も見てみます。

“たれ”には、ポークエキスや動物油脂(豚、鶏)をはじめ…

  • 香味油
  • チキン調味料
  • ポーク調味油
  • 香辛料

といった、“一風堂”らしく豚骨の旨味をベースに濃厚な黒香味ダレを合わせ、食欲そそる“にんにく”の風味はもちろん、タレそのものにコクや深みが加えられ、今回追加となった2種類の“ふりかけ”を入れる前からすでに上質な豚骨の旨味がカップ麺に再現された仕上がりを想像させる材料がシンプルに並びます。

また、麺の項目を見てみると…“しょうゆ”や香辛料といった若干味付けなんかも施されているような材料も確認できますね!これは濃厚な“黒香油とんこつだれ”との相性なんかも気になるところではないでしょうか?

JANコード4902105252819
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、たれ(ポークエキス、動物油脂(豚、鶏)、香味油、チキン調味料、ポーク調味油、たん白加水分解物、糖類、香辛料、食塩、酵母エキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉、キクラゲ)、ふりかけ(ごま、赤唐辛子、ガーリック)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、かんすい、香料、増粘剤(加工でん粉)、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、炭酸Mg、ビタミンB2、カロチノイド色素、ビタミンB1、くん液、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (169g) 当たり]
熱量804kcal
たんぱく質13.9g
脂質41.8g
炭水化物93.1g
食塩相当量6.8g
ビタミンB10.51mg
ビタミンB20.49mg
カルシウム258mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体だれ、赤丸ふりかけ、白丸ふりかけといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、以前はかやく・液体だれ・ふりかけ・特製黒香油の構成だったのに対して、今回は具材などはすでに入っていて、液体だれの方に特製黒香油がまとめられた形となっているようです!

また、麺はご覧の通り“一風堂”実店舗でも採用されている博多らしい細麺・丸刃仕様ではありますが、細いながらもしっかりとしたコシや歯切れの良さが表現されていると思われる油揚げ麺が130gの大盛り仕様となって採用されているようです!

その細麺の裏側には、ご覧の通り具材として…

  • キャベツ
  • 味付豚肉
  • キクラゲ

が入っています。

若干このパッケージからすると具材の量が少なめにも感じられるかもしれませんが…今回の一杯は“一風堂”の濃厚かつクリーミーな豚骨の旨味や黒香油による“にんにく”の香ばしさ、そして2種類もの加えられた“ふりかけ”による味変ですからね!

この辺りは、濃厚な黒香油豚骨ダレの旨味を引き立てるものとしておくと良いでしょう!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの細麺に若干ふっくらとした仕上がりとなり、さすが130gともなると細麺ながらもかなり食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの液体だれを注いでいきます!
すると…まずはじめに豚骨の脂でしょうか?若干色の付いた透明度の高い油分が出てきます!

続いて濃厚さを物語る黒香油と思われる若干どろっとしたタレが出てきます!
そしてこの“液体だれ”そのものの量もやや多めとなっていて、豚骨の旨味もしっかりと含まれているようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

すると…今回の“液体だれ”に含まれる黒香油が濃厚すぎるのでしょうか?なかなか細麺、そして容器底へ沈んでいきませんね!!ただただ黒香油に含まれる“にんにく”の香ばしい旨味が風味として広がっていきます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“液体だれ”はややドロッとした状態ですが、しっかりと調理中に温めておいたせいで大盛り仕様の細麺にもすんなんりと濃厚な豚骨ダレが馴染んでいきます!

では続いてこちらの“赤丸ふりかけ”を加えていきます!
ちなみにこちらには…唐辛子が含まれています!

また、実店舗で提供されている“赤丸新味”の方には辛味噌が加えられているようで、この“ふりかけ”によって豚骨ベースの濃厚なタレにピリッとした辛みが表現されているようですね!

続いて味が混ざらないように“白丸ふりかけ”を加えていきいます!
そしてこちらには…白ごまとガーリックが含まれています!

また、実店舗で提供されている“白丸元味”とは、“一風堂”創業当初から引き継がれている原点の味とのことで、そういった旨味をより一層リアルに楽しむことができる“ふりかけ”のようです!

こうして完成となるわけですが、このように最初から2種類の“ふりかけ”を入れなくても全く問題ないかと思われます!お好みによって後ほど味変のようにして楽しんでみるのも良いでしょう!

しかし、液体だれは思ったよりも薄めの色に仕上がっているようで、濃厚さを思わせる黒香油ならではの食欲そそる風味は確認できるものの…ここにどれほど豚骨の旨味が凝縮されているのか?気になるところ。。

また、具材に使用されたキャベツ・味付豚肉・キクラゲなども、こうして見てみるとそこまで量的に少なく感じることもなく、ほどよい肉の旨味、そしてキャベツやキクラゲならではの食感が黒香油を利かせた豚骨ダレの旨味を引き立てているようにも見えますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…“一風堂”ならではの臭みのない豚骨の旨味をベースに“かえし”が利いているのでしょうか?豚骨の旨味だけでなく黒香油の香ばしくも食欲そそる“にんにく”の旨味にちょうど良いキレが口当たりに感じられ、脂っこさも当然なく、すっきりとした後味がほどよい香辛料が加えられたことによって再現されています!

ちなみにこの黒香油に含まれる“にんにく”は、そこまで強烈な臭いというわけではなく、あくまで豚骨の旨味との相性抜群な具材・材料であり、全体の美味しさを最大限に引き立てる程度のものですので、そこまで“にんにく”臭さを気にすることもないかと思われます!

また、後ほど詳しくご説明しますが、今回から追加された2種類の“ふりかけ”による味変は少しずつ楽しんでみると良いかと思われます!白丸・赤丸といった毛色の異なる“ふりかけ”ですから、通常の味わいを楽しみつつそれぞれの違いを確かめ、最後には全体を混ぜ込んでいっても良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り実店舗でも使用されている細麺・丸刃仕様の歯切れの良さが印象的な麺に仕上がっていて、細いながらもしっかりとしたコシが楽しめる食感の良い麺となっています!

そんな細麺には、豚骨の旨味を利かせた濃厚な黒香油豚骨ダレが思った以上によく絡み、見た目以上にしっかりとした旨味がガツンと口いっぱいに広がっていき、黒香油に含まれる“にんにく”の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

ではまず、“赤丸ふりかけ”をちょっと多めに付けて食べてみると…この見た目通りのピリッとした辛みが加わり、辛さ自体はそこまで強烈なものではありませんので、あくまで食欲そそる黒香油の味わいにちょうど良いアクセントとなるような刺激的な辛みとなっていて、これはこれでキリッとした味の締まりが良い味変になりますね!

さらにこちら!“白丸ふりかけ”を多めに付けて食べてみると…“白ごま”の香ばしさやガーリックがより一層旨味を引き立て、“一風堂”の原点であるという“白丸元味”とも言えるベーシックな味わいを引き立てて楽しむことができるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、噛むと思ったよりもしっかりとした肉の旨味が表現されているようで、もちろん単品で楽しむよりも豚骨の旨味を利かせた黒香油豚骨ダレをしっかりと絡めた細麺と一緒に楽しんでみることによって、その旨味も増して味わうことができるかと思われます!

また、こちらのキクラゲは、シャキシャキ・コリコリといったちょうど良い食感に仕上がり、これはこれで豚骨ベースのテイストには欠かせない相性抜群な具材となっています!

さらに、こちらのキャベツはシャキシャキとした食感をほどよく残した仕上がりとなり、上記のキクラゲとともに今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントをプラスしているようです!

“たれ”について

“たれ”は、“一風堂”らしい臭みのない豚骨の旨味がベースとなり、そこに黒香油(黒マー油)ならではの“にんにく”の旨味を利かせた香ばしい食欲そそる風味が絶妙なバランスとなってマッチし、塩加減や香辛料も後押ししたことで、ついつい箸が止まらなくなるようなメリハリが付き…やみつきになる味わいが表現されています!

そこに今回別添された2種類の“ふりかけ(白丸・赤丸)”による味変を楽しむことができ、それによって最後まで飽きることなく“一風堂”の美味しさを十二分に堪能することができるでしょう!

このように、今回の“一風堂とんこつまぜそば”は、丁寧に処理された上質な豚骨の旨味がベースとなり、黒香油が旨味を引き立て、“にんにく”の香ばしい風味が最後まで飽きることなく楽しめるカップ麺としてもワンランク上を行く仕上がりとなっていたため、後はお好みによって香辛料を追加アレンジして、自分好みにの味変なんかも楽しんでみると良いでしょう!

まとめ

今回「一風堂とんこつまぜそば」を食べてみて、臭みのない豚骨の旨味が黒香油によって香ばしく旨味が引き立ち、思ったよりも濃い目に仕上がったタレがすでに美味しく感じられるにもかかわらず、今回はさらに2種類のもの味変を楽しむことができる“ふりかけ”が別添され、辛みや香ばしさに際立ったひと味違った味わいが堪能できる満足度の高い一杯となっていました!

そして、今回久しぶりに“一風堂とんこつまぜそば”を食べてみて、正直こんなに旨味がバランス良く表現されていたかな?と思うほど絶妙な旨味が表現されていたため、リニューアルと言っても単純に2種類の“ふりかけ(白丸・赤丸)”を加えただけでなく、カロリーも以前のものと比べてみて多少高くなっていたため、ベースとなる味わいそのものも改良を重ねているものと思われます!

この様子だと毎年恒例になりそうな商品かと思いますので、また来年発売される仕上がりに期待して良いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

「一風堂とんこつまぜそば」を検索